島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ:日本の政治 > 日本国憲法

安倍首相が、安保法制によって、改憲の必要性がなくなった、と、感想をもらしたことが言われています。 ならば、やっぱり、あの安保法制は、今の憲法に違反する内容であることを示している、と、思います。 と、同時に、安倍首相の憲法改正の意欲は、日本人の独立心とか、…
>>続きを読む

古屋氏は、安倍首相の応援団、ですのでね。 ポスト安倍をめぐり、自民党内が波立ってきました。 イエスマンたちに負けず、石破さん、がんばってください。 読売新聞から 改憲案、唐突ではない…石破氏批判に古屋氏反論  自民党の古屋圭司選挙対策委員長は20日、札幌市…
>>続きを読む

私たちは、あの大戦争のあと、軍備をつかって、他国をけん制すること、はしない、と、世界に誓ったのではないか、と、思っています。 「専守防衛」の自衛隊の、今の装備は、その範囲を超えている、と、私は思っています。 つまり、今の自衛隊は憲法違反の存在になっている…
>>続きを読む

民進党の野田幹事長の存在感が増している、と、感じています。 政治家は、優先順位の決定のため、妥協や調整が仕事だとも言えるのですが、そこに、ゆるぎない信念や価値観、政治信条がないと、信用されません。 安倍首相は、そこがしっかりしていない、と、思います。 河…
>>続きを読む

政権運営につまづきがあるのでしょうか。 拙速な改憲促進の提案、その背景になにがあるのか。 そもそも、自民党が出している憲法草案にも、憲法9条の加憲の内容はありません。つまり、安倍首相の提案は、党内の論議を丁寧に行ったものではない、ということになります。 安…
>>続きを読む

絶大、とも言われた、安倍首相の求心力ですが、次第に低下してきた、と、感じます。 今後をうらなうには、二階氏、菅氏、の動きをしっかりと見ておかねばなりません。石破氏、岸田氏、それに、小池都知事か。残念ながら、蓮舫氏ではないかねえ。 河北新報から 首相の改憲…
>>続きを読む

もし、自衛隊の存在が、いまの憲法と合わないのであれば、それは、政府が憲法違反の政策を行ってきたことを意味するのではないか、と、私は思います。 安倍首相の発言が、どのぐらい、憲法について研究したことを反映しているのか、大いに疑問があります。 NHKのニュース…
>>続きを読む

もっと平和的な活動に貢献する組織として、位置付けたいと思います。 遭難者の捜索や救助、大災害や大事故の救援を、主目的とするような組織。 日本国内だけでなく、海外にも出動できるような。 だから、戦車は不要。 今の自衛隊は、平和憲法にはふさわしくない規模にな…
>>続きを読む

安倍内閣は、憲法の字句は一文字も変えずに、解釈変更、屁理屈と詭弁で、実質的な憲法改正をしている、と、思っています。 こんな不誠実な政治を続けさせてはいけない、と、私は思います。 沖縄タイムスから 巡航ミサイル導入を本格検討 政府、北朝鮮脅威に対処  政府…
>>続きを読む

宗教団体の信徒の組織を有力な支持団体とする公明党が、今の強権的で保守的な安倍自民党と一緒に政治を行ってきたことに、ずっと、違和感を持っています。 憲法改正についても、それに前のめりな安倍自民党を公明党が支えたからこそ、今の政治状況が生み出された、とも言え…
>>続きを読む

安倍首相は、この憲法草案のどこが問題なのか、そのポイントをしっかりと説明すべき、と、思います。 この批判の多い憲法草案が報道されるときには、「野党時代の」自民党が、というフレーズを使うようですが、それは、ごまかし、まやかし、だと思います。 これを出したと…
>>続きを読む

いつか、この国の総理大臣になってもらいたい、そういう資質のある政治家だと思っています。 離党はしない、とのことなので、安心しました。 政治家であり続けて欲しい、と、思っています。 政党の枠組みはともかく、よい政治家を政治の場に送り出すことが、有権者である私…
>>続きを読む

自民党の憲法草案は、何度も、読ませていただいていますが、絶対に、許容できないものだと思っています。 というか、自民党は、このグロテスクな憲法草案、早く、撤回すべき、と、思っています。 下村氏は、本気で、こんなことを言っているのかしら。まさかね。 河北新報…
>>続きを読む

国として治安が安定していて、新しい国づくりに貢献する、という形であるなら、自衛隊が協力する、というのは理解できるのですが、今の南スーダンの状況は、それとは異なると考えられます。 私も、自衛隊は撤収をすべき、と、思っています。 今、派遣されている施設隊が、宿…
>>続きを読む

憲法を守る、という考えからは、やはり、皇室典範の改正でないと違憲になるリスクがある、という考えは正しいと思います。 私は、もう、憲法改正をするのであれば、象徴天皇制を廃止して、気の毒な一族を、晴れて日本国民として、自由にしてあげたい、と、願っていますが。…
>>続きを読む

官僚機構には、様々な特性がありますが、その一つに組織防衛があります。 官僚機構の最大の目的、かつ、唯一の目的が、その組織の存続、なのですが、それに支障があるような障害を排除することが官僚機構という組織の目的となります。 たとえば、水害から街を守る、という…
>>続きを読む

内閣法制局長官は、人事院総裁と並んで、日本の官僚機構の頂点とされていますが、横畠氏は、その任にない人物、と、私は思っています。 憲法解釈の変更による、安保法制容認は、日本の歴史的なターニングポイントであり、現在の国民有権者たちへの説明責任は当然、少なくと…
>>続きを読む

かなり思い切った発言と思います。 「専守防衛」ですから、敵地攻撃能力の保持はありえません。憲法違反です。 歴史上、多くの戦争が、「国家防衛」を理由に行われてきたことも、私たちは忘れてはなりません。 あの真珠湾攻撃すら、防衛的な理由で行われた、のです。 また…
>>続きを読む

横畠氏という存在が、この大きな政治案件と平和憲法との溝を埋めるために、行政側として後押しする調整作業を行った、と、私は思っています。 行政官、官僚というのは、個人として仕事をしているのではなく、組織としてやっている、ので、誰がそのポストについても、責務や…
>>続きを読む

横畠裕介氏、それから、故小松一郎氏の歴代の内閣法制局長官の名前は忘れてはいけない、と、私は思っています。 この職種が、官僚機構のトップの栄誉が与えられているのは、その社会的責任の重さゆえ、であり、ときに、政治家と対峙してでも、その責任を全うすることが求め…
>>続きを読む

私たちの日本国憲法が、当時、熱い支持を受けて、国民の間に浸透し、改正する必要性を問う声がごく少数派だったこと、そして、その状態がずっと長く続いてきたこと、を、石破氏は言っているのか、と、思います。 当時の昭和天皇ですら、この憲法を進んで受け入れた、と、思…
>>続きを読む

憲法に自衛隊を規定したい、という自衛隊の悲願については、自民党の中の改憲に熱心なグループは努力しているように思いますが、なかなか、簡単ではない、と思われます。 トルコの状況をみても、緊急事態条項で、首相に絶大な権限を与えるのは、私は反対です。 私たち日本人…
>>続きを読む

いま、南スーダンには、自衛隊の施設部隊すなわち工兵部隊が派遣されていると想いますが、治安が悪いために、首都ジュバの飛行場の近くにある自衛隊の基地から外に出ての支援活動ができていない状態ではないか、と、思っています。 つまり、新任務付与が必要な不安定な地域…
>>続きを読む

二階氏の政治手腕には期待している部分も多いのですが、この件は、岸田派としては、受け入れがたいことと思うので、自民党内で、波紋が広がるかもしれません。 保守リベラルを自認してきた岸田派の弱体化に、二階氏が手を貸すことは、二階氏自身本意ではない、と、私は信じ…
>>続きを読む

現状での自衛隊の派遣自体が、意見状態、と、私は思っていますが、今回の新任務付与により、自衛隊員が、現地の人々を殺傷したり、また、自衛隊員にも被害が及ぶ可能性が高まる、つまり、リスクがああがる、と思います。 そのような、恐ろしい事態が起きないことを祈るばか…
>>続きを読む

私は、今の日本国憲法が大好きです。 素晴らしい憲法を持った国に生まれた、と、誇りに思っています。 この憲法は、連合国に占領された下で成立した、という経緯が、自主的な憲法とは言えない、という批判がありますが、GHQの言いなりで、意見をはさめなかった、ということ…
>>続きを読む

自衛隊自身にも、新たな任務付与には慎重な考えがあるようです。 さて、「駆けつけ警護」の任務付与、できるでしょうか。 そもそも、今派遣されている自衛隊の部隊は、施設部隊と思いますが、その本来の任務である、道路や学校などの補修、できているのかしら? 施設部隊と…
>>続きを読む

三笠宮さまのご冥福をお祈りしております。 皇族の減少が、社会や経済に大きな不安や影響を与える事態は避けたいと思いますし、そもそも、天皇をはじめ、皇族の方々にも、きちんと、日本国民が持っている基本的人権を保証してあげたい、と、思うのです。 こんな、非人道的な…
>>続きを読む

この文章を世に送り出した、当時の谷垣総裁の責任は重い、と、私は思っています。 野党だった、という言い訳は、では、今の野党にも使わせてもいいのですか? 21世紀のこの日本で、公党がこのような文書を憲法草案として世に送り出したことは、本当に恥ずかしいことと、私は…
>>続きを読む