島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 外交と政治

ツイッターがよくないのか、それとも、トランプ大統領自身の問題か。 このニュースをきいて、とても、さみしく思います。 NHKのニュースサイトから トランプ大統領「とても恩知らずだ」 中国で逮捕の選手帰国で アメリカのトランプ大統領は、中国で万引きの疑いで逮捕さ…
>>続きを読む

写真は、今回の事故とは無関係です。 今回は、動けなくなった民間のタグボートに、訓練中のイージス駆逐艦が接触した、という内容のようです。 きちんと詳細を公表してもらうか、日本の海上保安庁の調査をきちんと受けてもらいたい、と思います。 けが人がなかったそうで、…
>>続きを読む

北朝鮮の危機をあおり、トランプ大統領が訪日して、結果として、日本からむしり取ったものは、なんだったのか。 安倍首相は、せっせとそれに報いた、という感じがします。 安倍首相は、日米外交では、どちらを向いているのでしょうかね。 もちろん、私たち日本の納税者たち…
>>続きを読む

朝鮮半島周辺に展開したアメリカ空母3隻は、トランプ大統領の帰国に合わせるように、朝鮮半島周辺海域から離れたそうです。 つまり、トランプ大統領のアジア歴訪を防護していた、というのが、今回の3隻同時展開の目的だった、ということでしょうね。 河北新報から 全国…
>>続きを読む

以前から、私は、安倍首相の政治家として、いや、人間としての器の大きさには疑問をもっていますが、今回のことからもそれが透けて見える、と、私は思います。 大変、長い期間、総理大臣の座にありますが、歴史的な名宰相という称号には程遠い、と、いつも感じています。 …
>>続きを読む

トランプ大統領と安倍首相との間で、日米の貿易について、どんな会話があったのかはよくわかりませんが、ロス商務長官は、アメリカに対する日本車の完成車の輸出を減らすように求めたようです。 日本国内の工場からだけでなく、メキシコやカナダの工場も含めているようです。…
>>続きを読む

トランプ大統領のアジア歴訪ですが、中国での様子をみていますと、中国側の演出も巧みで、すごいなあ、という感じがします。 明確に伝わって来る、中国の意思は、世界は、今後、2つの超大国が仕切るんだ、それは、アメリカと自分たち中国だ、ということ、だと思いました。 …
>>続きを読む

今のドイツ政府は、ナチスの断罪やアウシュビッツの話について、一緒に批判することはあっても、不快に感じることはない、と思います。 今の日本政府は、ポツダム宣言を受け入れて、それでできた今の日本国憲法に基づく政体ですから、戦前の大日本帝國とは無関係の存在のは…
>>続きを読む

安倍首相は、トランプ大統領に、防衛予算による莫大な兵器購入の約束をしたようです。 ふう。 さて、安倍首相は、「最大限の圧力」と、盛んに口にしますが、そんなことが可能なのでしょうか? もし、安倍首相が言う「最大限の圧力」をかけても、北朝鮮がその危険な政策を変…
>>続きを読む

大統領補佐官という公的な立場を持っているとはいえ、トランプ大統領の娘への支援が、大統領の歓心を買っていることになる、ということかと思いますけれど、あまり、美しい外交ではないなあ、と、感じます。 もっと、ほかに、大切な使い道がある、と、私は信じています。 ま…
>>続きを読む

アメリカは、他国からの大統領選挙への介入について、大変敏感な対応をしている、と、思います。 もちろん、それはそれで正しいのですが、逆に、アメリカが他国の選挙などに対して行ってきたこと、は、不問になるのでしょうね。 政治的な駆け引きのなかで、捜査が行われて…
>>続きを読む

恥ずかしい大統領だと私は思いますが、選挙で選ばれたのだから仕方がない、ということなんでしょうか。 こんな大統領と「蜜月」という安倍首相にも嫌悪感を感じてしまいます。 河北新報から 米大統領、共和党批判議員を攻撃 与党との溝深まる  トランプ米大統領は25日…
>>続きを読む

宮中晩餐会がネックになっているのかもしれません。 私は国賓でなくてよい、と、思いますけれどね。 安倍首相は、天皇や皇族の政治利用が激しすぎると思います。 その割には、今の天皇陛下のお気持ちを無視する行動が目に余りますし。 超保守派の政治家を自認し、日本を…
>>続きを読む

電話ですから、記録がありません。録音でもあれば、真偽ははっきりするのですが。 すでに、トランプ大統領には、求心力も働かず、熱狂的な支持層だけが残っているのだろう、と、想像しています。 心配なのは、不人気な大統領が、それを挽回するために、とんでもないことを…
>>続きを読む

三重県津市の対応をNHKが報道していました。 津市には、陸上自衛隊駐屯地や航空自衛隊のミサイル基地などもありますが、民進党系が強い地盤でもあります。 この津市の方針が、全国の自治体にも広がるといいな、と、私は思っていますが、今後、政府からもいろいろなアプロー…
>>続きを読む

今、北朝鮮の問題では、互いの誤解に基づく「偶発的事象」を恐れる声が高いと思います。 それは、主に、血気にはやる現場の兵士や指揮官たちの情報把握に誤解が生じることで起きる、と、思われていますが、ここにもう一つ、「偶発的事象」を招くリスク要因が存在することが…
>>続きを読む

トランプ大統領のイランとの核合意破棄発言、びっくりしています。 政権が変わっても、過去の外交結果や他国との約束は、尊重し継続すること、は、最低限のマナーと思います。 そうでなければ、今のトランプ政権と、きちんと真面目に外交交渉をすることに意味がなくなる、…
>>続きを読む

前原氏、小池氏の影に隠れるようになってしまって、残念ですが、今でも、肩書きは、民進党代表です。 保守派の議員として、名が通っていて、アメリカ政界とのパイプもあるのですが、核兵器禁止条約への対応について、発言したようです。 朝日新聞から 民進・前原氏「唯一…
>>続きを読む

安倍首相の、対中国外交戦略には、不満と不信を持っていましたので、最近の、親中路線への変更は、歓迎しているのですが、このダライ・ラマ氏の訪日中止については、違う考えを持ちます。 日本が、中国と大人の未来関係でつながっていくことには大賛成、なのですが、中国の…
>>続きを読む

とりあえず、今回は、国務長官側がトランプ大統領に忠誠を誓った、という形になったようです。 でも、ティラーソン国務長官が、バランス良く、アメリカの外交戦略を担っているのだろう、と、感じています。 そもそも、アメリカ人は、世界をあまり知りません。 それは、どこ…
>>続きを読む

中国が、東シナ海で、日本の了解を得ずに、ガス田開発を拡大している、と、アメリカのシンクタンクが発表したようです。 もともと、東シナ海に埋蔵されている天然ガスの量は大したことはない、と、されていますので、中国が開発を拡大していることに驚きも感じますが、猛烈…
>>続きを読む

アメリカの原子力空母ロナルド・レーガンが、香港に寄港したそうです。 すごいことです。これは。 アメリカは、最終的には、中国と手を結びます。 そのことを、私たち日本人はしっかりとわかっておかねばなりません。 まちがっても、先に二階に上がってしまい、振り返った…
>>続きを読む

シリアでISに対する軍事作戦に従事していたアメリカ軍のオスプレイ1機が墜落したそうです。 敵の攻撃によるものではない、ということで、機体の異常か、パイロットの操縦ミスか、どちらか、ということになるかと思います。 報道されやすい、ということもあるかもしれません…
>>続きを読む

トランプ大統領は、国民、いや、自分の支持者たち、の批判に対して敏感なようです。 アメリカの会社経営者たち、にとっては、出張などで、高額なプライベートジェット機を利用することは、普通のことなんだろう、と、思いますけれどね。 朝日新聞から トランプ政権の厚生…
>>続きを読む

どんな政治的思惑があるのか、ということが気になりますけれど、隣国と敵対関係を増悪させたくない、ということは正しいことだと私は思います。 しかも、その国は、いまや、そのポテンシャルを考えれば、世界一の経済大国かもしれませんし。 いままで、中国との敵対関係を「…
>>続きを読む

ナショナリズムのぶつかり合いは、結果として、双方に利益をもたらすことはなく、逆に、不幸な結果になります。 ナショナリズムにポピュリズム、双方の国民に、ルサンチマンが根底にあるのかなあ、と、心配になります。 知恵で解決していかねばなりません。 東京新聞から…
>>続きを読む

麻生氏の発言は、日本国の政府職員が、他国の人民を射殺する可能性について、述べたのもので、大いに批判の対象と思います。 もちろん、私たち日本人も、このようなことを許容してはいけない、と、思います。 河北新報から 韓国、難民射殺発言に強い不快感 北朝鮮有事の…
>>続きを読む

太平洋を、自らの「内海」と位置付けるアメリカにとって、北朝鮮の「太平洋で水爆実験」発言は、看過できないものだったようですが、トランプ大統領自身による「ロケットマン」発言、しかも、国連の場で、というのも、大人気のない、下品なものだった、と、私は感じています…
>>続きを読む

トランプ大統領やその支持者ががめざす国家像は、様々な人種が統合された国の形とはかなり違うように思います。 大統領選挙の結果に伴う、社会の混乱は、まだまだ続きそうです。 NHKのニュースサイトから トランプ大統領 アメフト選手非難で波紋広がる アメリカのプロフ…
>>続きを読む