島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 外交と政治

安倍首相の浮かれ具合には、辟易しています。 本当に、日本を守る気概があるのか。 国連の晩餐会で、トランプ大統領の隣に座り、ワイングラスを合わせる映像、恥ずかしい限り、と、私は思いました。 誰も、トランプ大統領の隣には座りたくなかった、のではないでしょうか。…
>>続きを読む

軍部や軍人、それにつながる軍事産業の浮かれ具合には十分に注意が必要と思います。 そもそも、原子力潜水艦という軍備は、戦略的な要素の強いもので、朝鮮半島での局地的な戦闘には不要なものだと思います。 しっかりと、アメリカ軍やアメリカの軍事産業の動きをチェック…
>>続きを読む

大多数の北朝鮮の国民には罪はない、と、思うのです。 あの国には、民主主義はありません。恐怖政治により統治が行われています。 だから、北朝鮮の国民と、金正恩王権とを、しっかりと切り離して考えていかねばならない、と、私は思います。 朝日新聞から 韓国、北朝鮮…
>>続きを読む

市場に潤沢な資金を供給するために、猛烈な資産を蓄積したようです。 これを、今度は売却する方向に政策を変更する、と、明言したようです。ということは、金利は、しばらくあげることはないだろう、と、思われますね。 トランプ大統領としては、経済が縮小するリスクのあ…
>>続きを読む

トランプ大統領が、北朝鮮を完全に破壊することができる、と、国連で演説したそうです。 その考えに、大いに反感を持ちます。 ベトナム戦争でも、北ベトナムを空爆するアメリカ空軍の司令官が、北ベトナムを、石器時代に戻してやる、と、言いましたが。 悪いのは、金正恩…
>>続きを読む

写真の艦艇は、今回の件とは無関係です。 西太平洋を担当する第七艦隊は、アメリカ海軍の最強の部隊とされていますが、駆逐艦2隻の事故で、すでに、司令官は更迭されています。 今回、その司令官の部下の司令官の少将と、やはり部下の駆逐艦部隊の司令官が、更迭されたそう…
>>続きを読む

矢継ぎ早に外交日程を入れる安倍首相。 国会開会の日程を妨害するかのように。 国会から逃げ、国民ときちんと向き合わない首相、もう、限界です。 政権末期と思います。 NHKのニュースサイトから 官房長官「首相ニューヨーク訪問 安保理決議の完全履行訴える」 菅官房…
>>続きを読む

ヒラリー・クリントン氏が、大統領選挙時のFBIの政治的な動きを批判したそうです。 当時のFBI長官だったコミー氏を強烈に批判した、と、感じます。 その後、コミー氏は、トランプ大統領に擦り寄りましたが、大統領に選ばれたトランプ氏によって、その任を免じられました。 …
>>続きを読む

臨時国会の日程も決まらず、まるで、国会の開会を妨害するかのような、安倍首相の外遊。 安倍首相の説明責任だけでなく、安倍昭恵氏にも国政停滞の責任がある、と、思います。夫婦で、にこやかに手を振っている場合か、と、憤りのような気持ちになってしまいます。 朝日新…
>>続きを読む

トランプ大統領のすることを全て支持し、容認する、という共和党議員はあまりいない、ということでしょうか。 是々非々、なのかな。 議員内閣制の日本とは違い、アメリカの大統領と議会との関係は、なかなか、興味深いものがある、と、思います。 河北新報から 白人至上…
>>続きを読む

きちんと知らされていない国民にその賛否を聞くのは、おかしい、と、思っています。 イージスショアの賛否や、北朝鮮への圧力重視政策の賛否について、私たちの国民は、きちんと知らされているでしょうか。 支持率低下、求心力低下に悩む、安倍首相にとっては、北朝鮮の金…
>>続きを読む

北朝鮮がやることをみて、安倍首相の外交が失敗、と、評価するのはよくないかもしれませんが、結果的になにも解決せず、問題が複雑化しエスカレートしている、ように思われますから、安倍首相の対北朝鮮外交は成功していない、と、思います。 北朝鮮で、一貫して、日本外交…
>>続きを読む

北朝鮮の暴挙が、アメリカの軍事企業に恩恵をもたらす、という構図、おかしいと思います。 もし、トランプ政権が、今の北朝鮮危機が、アメリカ経済にプラスだ、というような政策をとるのであれば、日本は反対すべき、と、思います。 もし、アメリカの軍事企業が希望するな…
>>続きを読む

一番、忙しい部隊の隊員が、一番優れている、ということでもない、ということが興味深いです。 太平洋は、アメリカ合衆国の内海として位置づけられ、その西半分を管轄する第七艦隊は、世界最強となっています。太平洋の東半分を担当しているのは第三艦隊。 その世界最強の…
>>続きを読む

北方領土の返還、が、最大の目標だと思いますけれど、安倍首相は、プーチン大統領と直接会談して、なにか、国益に資するものを得たのでしょうか? 安倍外交は、成果がありましたか? 首相が言うほど、外交成果がある、とは思えないのですけれど。 逆に、あしもとをみられて…
>>続きを読む

トランプ大統領が就任して何ヶ月になるのかなあ。 まだまだ、アメリカ政府は、トランプ体制にはなりきっていない、という感じですね。 しかし、やっぱり、アメリカの中央銀行の理事には、イスラエルの中央銀行の総裁を務めた方がいるんですね。 ここに、日本人がいたら、す…
>>続きを読む

北朝鮮を理由にした、軍備拡大、米軍の権限拡大、が叫ばれている、と、感じます。 違和感を感じます。 あ、でも、アメリカ軍は、核兵器を日本に持ち込んでいますよね。事前に、日本政府と話し合いをしないだけで。黙認通過、という感じかな。 北朝鮮が、核兵器開発をやめ…
>>続きを読む

民主主義がきちんと機能するために、もっとも大事なことは、主権者である国民にきちんと知らされていること、です。 もともと、政府やそのリーダーは、大変な発信力を持っています。その権限も絶大です。 だから、政府やリーダーは、自分たちに都合のよい情報だけを国民に…
>>続きを読む

そもそも、本当に、核の傘、日本の安全に必要なのですか? アメリカの核の傘の下にいることが、日本の安全に不可欠ですか? わかりません。 そして、日本の核武装には、「絶対に」反対です。 どんな理由があるとしても。 絶対に反対します。 先日も、長崎大学の学長だっ…
>>続きを読む

安倍首相は、外交が得意、と、自他共に認めている、と、されていますが、まったくそんなことはない、と、私は思っています。 福田元総理が、日本政府がとるべき外交戦略について、意見を述べたようです。 国連の安全保障委員会の常任理事国ではない日本が、今の状況で果たせ…
>>続きを読む

ロシアが、アメリカに対して行った、外交団の人数の削減要求に対抗したもののようです。 トランプ大統領の指示ではなくて、ロシアと近いとされるトランプ大統領へのアメリカ議会からの政治的な圧力でもある、と思います。 経過をしっかりとみておかねばなりません。 NHK…
>>続きを読む

北朝鮮の目的は、アメリカを攻略したいのでも、また、日本を占領したいのでもない、と、思います。 それを考えれば、なにをすべきか、なにを話し合えばよいのか、は、明確なことと思います。 経済制裁は、どのような役割を持つのでしょうか? かえって、危険を呼び寄せては…
>>続きを読む

昨日、北朝鮮が、弾道ミサイルの発射を行いましたが、防衛大臣が交代していて、本当によかったと思います。 もし、稲田氏が防衛大臣のままだったとしたら、と、想像すると、ゾッとします。 北朝鮮の指導者より、稲田氏の方が、何をするかわからず、本当の戦争が始まるリスク…
>>続きを読む

安倍首相自身、北朝鮮の危険な緊張戦略に依存している、のではないか、とさえ、心配してしまいます。 河野外務大臣が述べているように、北朝鮮は、アメリカの出方をみながら、彼らなりに慎重に行動をしている、と、感じます。 小野寺防衛大臣がいうように、今回は、グアム…
>>続きを読む

訪中するのは、クシュナー氏だけでなく、妻のイバンカ氏と子供たち、の一家総出だそうです。 トランプ大統領の訪中が実現するかどうか、が、ポイントに思われます。 トランプ大統領、北朝鮮も訪れてほしいなあ。 読売新聞から クシュナー氏訪中へ…トランプ氏訪問を見極…
>>続きを読む

支持率低下と、政権内の求心力低下に悩むトランプ大統領ですが、具体的な政策を実行するにあたり、当初のトランプ大統領に近いメンバーが次々に辞職し、新たに任命された、政策実行能力のある政権内スタッフの多くは、アメリカ軍出身の経歴を持つ方々に入れ替わっているよう…
>>続きを読む

首脳同士が数回話し合う程度では、根本的な解決には届かない、と、思います。 すでに、解決済み、ということでつっぱね続けるのもどうかと思われ、もっと、長期間にわたり話し合いを行う枠組みを作るしかない、のでは。 朝日新聞から 首相、徴用工問題に言及 補償「解決…
>>続きを読む

人種差別を公言する政治家が、アメリカ合衆国の大統領に選ばれたこと自体が、この問題の根源にあります。 というか、それ以外にはありません。 トランプ氏が大統領の座にあり続けるつもりであるなら、自らの発言を撤回して詫びるなどの、きちんとしたけじめが必要と思います…
>>続きを読む

まずは、ツイッター政治をやめるべき、と、私は思っています。文字数が少なく、一方的なメッセージにもなりやすいので、説明責任を十分に果たすことができない、からです。 また、演説で、聴衆が喜ぶようなリップサービスのような過激な発言も控えるべき、と、思います。 …
>>続きを読む

決断の速さには驚きます。 日本なら、もっと、時間がかかるかと。 私たちは、私たちが作る組織の特性を理解し、得意とする部分と、逆に、弱点となる部分をわかっておかねばならない、と、思っています。 読売新聞から 米海軍、第7艦隊司令官を解任へ…衝突事故続発  米…
>>続きを読む