島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 外交と政治

窮地に追い込まれているトランプ大統領ですが、海外訪問などを重ねて、アメリカ大統領であるという自分の立場の面白さ、にも、気付いていると思います。 ある意味、この地球の支配者、でもあるから。 支持率の低下、ロシアゲートに関する特別検察官の捜査など、暗雲がたちこ…
>>続きを読む

事前通告があり、また、国際法に反するような行動も確認されていない、のであれば、特に問題とすることはなかった、ということになります。 ならば、なぜに、あれほどの報道があるよう、マスコミに情報提供したのか。 この件に関する、日本政府の対応は、チグハグだと感じ…
>>続きを読む

ロシア機へのスクランブルが増えたのは、アメリカ海軍が、空母を日本海に入れたから、ではないのかしら。 私たちの政府が、緊張を高めるのは、相手側のせい、とばかり宣伝することには、国民有権者として注意が必要、と、思います。 また、中国機へのスクランブルが半減して…
>>続きを読む

間違った社会を正しい方向に導くこと、これは、私たち一人一人の責任でもある、と、思います。 私たちの日本社会で、人権運動を行うことも、なかなか、大変なものがある、と、想像しますが、しかし、中国で民主化運動を行うこと、が、どれほどの大変なことか、それは、自ら…
>>続きを読む

写真は、B52戦略爆撃機。 私たちの憲法は、武力を使って、他国を威嚇することを禁止しています。 航空自衛隊のF2戦闘機(対地攻撃能力のある戦闘爆撃機)が、アメリカ空軍のB1戦略爆撃機と、九州周辺空域で共同訓練をしたそうです。 新聞記事では、北朝鮮をけん制した、と…
>>続きを読む

アメリカ大統領選挙の余波というか、アメリカ国内政治の混乱が続いている、というか。 もともと、オバマ大統領が任命した方、とのことで、その責務上、トランプ大統領への批判をしていたそうですが、今月末で辞任するそうです。 アメリカ政府には、倫理局という部署がある…
>>続きを読む

今回、日本とアメリカ、韓国の首脳が、一堂に会して、75分間の会談を行ったそうですが、話し合われたことが、北朝鮮の問題だけだった、ということであるなら、せっかくの機会だったのに、と、残念に思います。 ただ、日本政府が、この問題だけを話し合った、と、報道陣に発表…
>>続きを読む

オバマ大統領が決定した措置だったそうです。学生を多額負債から守るために。 しかし、トランプ大統領が指名した新しいデボス教育長官が、この措置を発効前に停止したそうで、そのことについて、18州と首都ワシントンの司法長官が、提訴した、というニュース。 大統領選挙…
>>続きを読む

ツイッターで侮辱したそうです。 もう、「ツイッター政治」はやめたらどうでしょうか。社会が混乱するばかりではないでしょうか。 民主主義が正しく行われるためには、有権者である多数の国民がきちんと知らされ、しっかりと判断して、自由に投票する、というプロセスが担保…
>>続きを読む

乗組員が7人も亡くなった、ということで、大変な事故だったと、思います。 しかも、衝突の状況からは、アメリカ海軍のイージス駆逐艦の方に非があるのではないか、と、思われるのですが、日本の海上保安庁の捜査はできないようです。 お亡くなりになった乗組員の方々のご冥…
>>続きを読む

やはり、韓国の新しい大統領は、オバマ大統領のような、革新的な大統領のようです。 さて、安倍首相を担ぐ、日本人は、どう感じるのでしょうか。 隣国同士、互いに引っ越すことはできませんのでね。 河北新報から 文氏「日本の軍備拡大に憂慮」 韓国、歴史でも批判  …
>>続きを読む

韓国の文大統領、清新なイメージだけでなく、実際の政策でも刷新していきそうです。 安倍首相は、結局、原子力発電所は再稼働容認の方針ですけれど、韓国の大統領がこんな決断をしたら、さらに、かたくなに、原発の廃止を政策にすることはない、と、感じます。 NHKのニュ…
>>続きを読む

内政に行き詰まった時に、その求心力を取り戻すために、外交で成果を出そうとすることが多いのですが、それは、成功しません。 外交には、相手がいます。手練手管に長けた外交交渉の相手。 支持率低下の状況を打開するために、会談しようとするわけですから、どうしても、…
>>続きを読む

オットー・ワームビア氏のご冥福をお祈りいたします。 国内の支持率低下しているトランプ氏、やはり、国外の敵を強調することで、その求心力を取り戻そうとするかもしれません。 北朝鮮に不当な扱いをされた大学生の死は、そのためのシンボリックな存在になる、と、思いま…
>>続きを読む

冗談としか思えない内容ですが、政治家としては軽率な発言であろう、と、思います。 私たち国民、有権者としては、ナショナリズムをかきたてるような言動をする政治家には要注意である、と、思っています。国民のナショナリズムを煽ることで利益を得るような政治家は、無責…
>>続きを読む

中東アラブの周辺国と断交という状況にあるカタールに対して、アメリカ政府は、F15E戦闘機を36機供与するそうです。もともとは72機の計画だったそうですけれど。 カタール空軍は、現在、フランス製のミラージュ戦闘機を保有しているそうですが、これにより、かなり、強力な…
>>続きを読む

大統領自身が捜査対象になっているようです。 特別検察官の解任を行えば、ウオーターゲート事件でのニクソン大統領辞任劇の二の舞になるでしょうか。 日本にも、独立した検察官の制度が必要でしょうか。 ロッキード事件などで活躍した特捜部は、なりを潜めていますけれど…
>>続きを読む

独立検察官というのは、大統領からも独立しているのか、と、思えば、そうでもないのでしょうか。 アメリカの政治については、あまり詳しくないので、わからないのですが。 ただ、大統領の特別な権限を使って、実際に解任できたとしても、その政治的な代償は小さくない、と…
>>続きを読む

さて、追い込まれた大統領は、支持率アップ、求心力を取り戻すために、なにを考えるか。 ブッシュ大統領のときは、同時多発テロ9.11が起き、戦争を開始する、と、宣言したのでしたが。 河北新報から トランプ氏支持率、過去最低に ロシア疑惑影響、資質に疑問  米キニ…
>>続きを読む

トランプ大統領では、アメリカの国益を損じていることは間違いありません。 アメリカ軍は自分たちの主張が通りやすい大統領として軽く見ています。 シビリアンコントロールの危機です。 また、FBIなどの司法調査機関やCIAなどの情報諜報機関は、自分たちが持つ、トランプ大…
>>続きを読む

アメリカ軍の挑発行為は、いったん、緩和されるようです。 カール・ビンソンは、母港サンディエゴに帰港予定、ロナルド・レーガンは、交代のニミッツが来るまで、西太平洋にはいるようですが、ニミッツがきたら、インド洋に移動するそうです。 アメリカ軍って、すごいなあ。…
>>続きを読む

自民党古屋氏の発言は、大変、軽率な発言と私は思います。 そもそも、私たち国民有権者は、ナショナリズムをあおる言動をする政治家には要注意である、と、思っています。 北朝鮮問題を考えるとき、私たち日本人は、80年ほど前の私たちの国の先輩たちが行った決断を忘れて…
>>続きを読む

いま、トランプ政権をめぐっておきているのは、民主主義の結果、新しく誕生した政治パワーに対する、既存の政治勢力や官僚機構からの利権をめぐる争い、という側面がある、と、感じています。 もちろん、私は、トランプ氏やその取り巻きの方々の価値観や政治信条には反対の…
>>続きを読む

中国のことを批判していることは間違いないのですが、名指しは避けたそうです。 私は、それでよい、と、思っていますが。しかし。 稲田氏は、他の政治家が防衛大臣として、同様のことをすれば、猛烈に批判するだろう、と、思います。 「しっかりと中国を名指しして批判す…
>>続きを読む

アメリカという国は、ロシアを敵として位置付けておかないと、いろいろと不都合がある、のでしょうか。 トランプ大統領が、ロシアとパイプがあることが、政治的にも弱点とされてしまうところに、アメリカ社会の病理があるように感じています。 ロシアという国への先入観なし…
>>続きを読む

日本の海上自衛隊が、米空母と共同訓練を日本海で行う、とのことです。 これは、北朝鮮に対する「挑発」ではありませんか? ミサイルを撃てるものなら撃ってみろ と 私たちは、私たちの政府に、こんなことをすることを許していて、いいのでしょうか。 だって、こんなこ…
>>続きを読む

トランプ大統領を支持する共和党の候補者、とのことですので、トランプ大統領自身が行ったことではない、のですが。 これも、トランプ大統領の支持率を低下させる要因になるのかもしれません。 河北新報から 米共和党候補が記者に暴行 下院補選に影響も  25日投開票の…
>>続きを読む

これは、民主主義の結果、誕生した新しい大統領への、司法調査機関、情報機関などの官僚機構からの反逆なのでしょうか。 それとも、人種差別や政治の公平性を担保するための必要な捜査、なのでしょうか。 トランプ大統領の政策実行力には黄色信号がともっています。 NHKの…
>>続きを読む

最高裁の判事の構成が、共和党側にシンパシーを感じている保守的な考え方の裁判官が増えたのなら、最高裁で逆転できるのかもしれませんけれども。 混乱が続いています。 朝日新聞から トランプ氏の入国禁止令、連邦控訴裁も執行停止を支持  中東・アフリカ6カ国の国民…
>>続きを読む

「貿易と安全保障は切り離すべき」 という考えは、大変危険な考えと思います。 特に、安全保障政策の専門家とされるアーミテージ氏が、そんなことを述べて、現職の大統領の政策の批判を公言することは大きな問題がある、と、思います。しかも、日本で。 NHKもNHKだと思いま…
>>続きを読む