島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ:外交と政治 > 北朝鮮

安倍内閣で歪められた行政が、裁判で正される、ということになりました。 大阪地裁の判決です。 裁判長は、 「無償化に関する法律を朝鮮学校に適用することは拉致問題の解決の妨げになり、国民の理解が得られないという外交的、政治的意見に基づいて対象から排除したと認…
>>続きを読む

写真は、B52戦略爆撃機。 私たちの憲法は、武力を使って、他国を威嚇することを禁止しています。 航空自衛隊のF2戦闘機(対地攻撃能力のある戦闘爆撃機)が、アメリカ空軍のB1戦略爆撃機と、九州周辺空域で共同訓練をしたそうです。 新聞記事では、北朝鮮をけん制した、と…
>>続きを読む

今回、日本とアメリカ、韓国の首脳が、一堂に会して、75分間の会談を行ったそうですが、話し合われたことが、北朝鮮の問題だけだった、ということであるなら、せっかくの機会だったのに、と、残念に思います。 ただ、日本政府が、この問題だけを話し合った、と、報道陣に発表…
>>続きを読む

オットー・ワームビア氏のご冥福をお祈りいたします。 国内の支持率低下しているトランプ氏、やはり、国外の敵を強調することで、その求心力を取り戻そうとするかもしれません。 北朝鮮に不当な扱いをされた大学生の死は、そのためのシンボリックな存在になる、と、思いま…
>>続きを読む

冗談としか思えない内容ですが、政治家としては軽率な発言であろう、と、思います。 私たち国民、有権者としては、ナショナリズムをかきたてるような言動をする政治家には要注意である、と、思っています。国民のナショナリズムを煽ることで利益を得るような政治家は、無責…
>>続きを読む

アメリカ軍の挑発行為は、いったん、緩和されるようです。 カール・ビンソンは、母港サンディエゴに帰港予定、ロナルド・レーガンは、交代のニミッツが来るまで、西太平洋にはいるようですが、ニミッツがきたら、インド洋に移動するそうです。 アメリカ軍って、すごいなあ。…
>>続きを読む

自民党古屋氏の発言は、大変、軽率な発言と私は思います。 そもそも、私たち国民有権者は、ナショナリズムをあおる言動をする政治家には要注意である、と、思っています。 北朝鮮問題を考えるとき、私たち日本人は、80年ほど前の私たちの国の先輩たちが行った決断を忘れて…
>>続きを読む

日本の海上自衛隊が、米空母と共同訓練を日本海で行う、とのことです。 これは、北朝鮮に対する「挑発」ではありませんか? ミサイルを撃てるものなら撃ってみろ と 私たちは、私たちの政府に、こんなことをすることを許していて、いいのでしょうか。 だって、こんなこ…
>>続きを読む

二階氏の言われる通りと思います。 圧迫だけを繰り返しても、北朝鮮は、その暴挙をやめることはありません。 また、北朝鮮がミサイルを発射しているのは、アメリカとの交渉が有利に進むようにするための交渉条件として戦略的に行っていることだと思われ、日本政府が騒げば騒…
>>続きを読む

北朝鮮には、圧力をかけ続けてきたにもかかわらず、今の状況になっていることを、日本政府はどのように感じている、のでしょう。 さらに、圧力、ですか。効果はあるのでしょうか。 1941年、日本が、諸外国から経済制裁を受け「ABCD包囲陣」と呼んで、結局、状況を打開する…
>>続きを読む

アメリカ空母の動きについての情報を知っておく必要がある状況なんて、困ったことだと思います。 たぶん、カールビンソンと交代するのだろう、と、思いますけれど。 アメリカ軍は、本気で北朝鮮とやるつもりはない、と、思われますが、トランプ政権はどう考えているでしょ…
>>続きを読む

トランプ大統領は、思い切った発言をした、と、思います。 ビジネスマンであるトランプ大統領は、交渉術に長けている、と、思いますので、まったく意味もなく、目的もなく、このような発言をした、とは思えません。 アメリカと北朝鮮は、互いに、軍備を整え、また、罵り合…
>>続きを読む

さすが、ローマ法王です。 片方の立場に偏ることなく、公平にものごとをみておられると思いますし、また、しっかりと世界に発信もしてくださっていること、とても力強く感じます。 北朝鮮は、軍事力や核兵器を弄んでいると思いますけれど、では、アメリカが冷静なのか、と…
>>続きを読む

本来、軍隊というのは、その作戦の目的や概要、そして、部隊の動きを、逐一、公開することはありません。 敵に、意図を知られずに、隠密に行動することが基本です。 今回、アメリカ側が、空母カール・ビンソンを朝鮮半島の近海に向かわせる、と、発表したのは、政治的な思惑…
>>続きを読む

まったく、付き合いにくい国だと、個人的には思いますが、このソン・イルホ大使の発言の真意は、アメリカとのパイプが太い安倍内閣に、北朝鮮とアメリカとの交渉での仲介役をしてもらえないか、と要望している、ということかと予想します。 本当のことを、正直に表現すれば…
>>続きを読む

発射して、すぐ爆発したから、ミサイル発射失敗と、報道されていますが、本当でしょうか。 ミサイルを発射したあと、わざと直ぐに自爆させた、のではないか、と、想像しています。 それで、アメリカの出方を観測した、のでは? 韓国や日本、それに、中国のことを考えたら…
>>続きを読む

昨日、北朝鮮の金正恩氏が、報道陣の前に姿を現したそうですね。 分厚いコンクリートでできた地下深くのシェルターに引きこもっているのではない、と、アピールしたのでしょうか。 祝賀ムードいっぱいの平壌には、外国からの報道陣が多数招待されているようです。 これが…
>>続きを読む

日本側と事前に協議する、ということを確認したようですが、アメリカ側のそのレベルはどのあたりでしょうか。 実力部隊のアメリカ軍のレベルか、それとも、国務省の官僚機構か、いやいや、ホワイトハウスの政治側か。 読売新聞から 北攻撃なら事前協議…日本が要請、米側…
>>続きを読む

米軍による、シリア軍へのトマホークミサイル攻撃、びっくりしました。 北朝鮮のミサイルは、以前から、日本列島を射程内に収めており、急に危険になった、のではありません。 それどころか、韓国のソウル市などは、北朝鮮軍が国境を越えて30分以内に、攻撃にさらされる、と…
>>続きを読む

発射してすぐに爆発するようであれば、核弾頭を積むことはかえって危険である、と判断され、武器としての信頼性にかけることが証明された、と、思います。 NHKのニュースサイトから 北朝鮮がミサイル発射し失敗 韓国国防省 韓国国防省は、北朝鮮が22日、東部からミサイ…
>>続きを読む

北朝鮮の金正恩にとっては、一番怖い武器かもしれません。 私たち日本国民が注意しておかねばならないのは、この無人偵察機は、すでに、在日米軍が配備していることと、それから、私たちの航空自衛隊が導入を決めていること、です。 ただし、これらの機材は、「グローバルホ…
>>続きを読む

20分で、情報を伝達したことは、かなりの迅速さがある、と、私は感じますけれど、いずれにしても、弾道ミサイルはあっという間に到達しますので、その対処はなかなか、困難です。 NHKのニュースサイトから 北朝鮮ミサイル発射 船舶などへの情報伝達 20分ほど経過後 政府…
>>続きを読む

あの無謀な戦争の後始末をきっちりやれば ドイツもベトナムも統一されました。 朝鮮半島の分断国家の統一を、日本が率先してやれば きっと、国際社会から尊敬され、そして、国連安全保障理事会の常任理事国入りがかなうかもしれません。 当事国の北朝鮮と韓国だけでなく…
>>続きを読む

北朝鮮が、発射した4発の弾道ミサイルのうち、1発は、発射直後に爆発したそうです。 これでは、まだ、信頼性が低く、核弾頭を搭載して、その運搬手段としては使えない、と、考えます。 ただ、今回のミサイル発射は、事前には、その発射兆候を、事前に把握することができな…
>>続きを読む

今のカン大使を「好ましくない人物」に指定した、ということであって、大使を始めとする外交団について国外退去を求めたのではないので、別の人物が大使に任命されたら、受け入れる、ということだと思いますが、それにしても、はっきりした対応だと感じます。 マレーシア政…
>>続きを読む

安倍首相は、近いうちに、会ってくれるでしょうか。 拉致家族会が、安倍首相と敵対するような発言を公言するようになってきました。 この団体も、政治的には監視する対象にしているのでしょうか。 安倍首相は、北朝鮮の拉致問題の解決を主張して、その権力の座についた、…
>>続きを読む

今の国際状況で、中国当局自身が行う、とは思えないので、北朝鮮当局が行った暗殺、ということでよいかと思います。 もちろん、最高指導者の了解というか、命令により行われたこと、と、思います。 異母兄弟とはいえ、実の兄を殺害させたということは、北朝鮮国内では、大き…
>>続きを読む

これは、アメリカの諜報機関の策略成功では? あまりにタイミングが良すぎますね。 まるで、日米の首脳会談を祝う花火のような、と、言ったら、不謹慎ですけど。 北朝鮮にとって、これがどのぐらいのメリットがあるのか、よくわかりません。 これによって、日米、日韓と…
>>続きを読む

「北」が、THAAD導入の主目的ですか? 私は、近隣諸国と仲良く、なんでも、話し合える関係を構築してもらいたい、と、願っています。 それに逆行する政策を推進しようとする政治家は信用できません。 中国寄りの政策を続けていた、韓国の朴大統領が、アメリカにすり寄るた…
>>続きを読む

なぜ、今の時期に、アメリカ側が、朝日新聞社の記者に情報を漏らしたのか、よくわかりません。 必ず、なんらかの意図があってのこと、だと思います。アメリカの国益にかなう、という意図。 それがなにか、よくわかりませんが、とりあえず、わかったことは、このような状況の…
>>続きを読む