島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 司法権力と政治

公務員が、選挙運動に関わってはならない、という鉄則があるのですが、それを破ったのではないか、とのことで告発状が提出されたそうです。 告発状を提出した三井環氏は、元大阪高検公安部長ですが、そのとき、検察庁の調査活動費の裏金化を内部告発したためか、その後、収…
>>続きを読む

民進党の山尾氏、活躍しておられるようです。 この国を良くするために、がんばってください。応援しています。 この法案が成立すると、たとえば、政府や与党に批判的な議員の活動を、政府が常時監視することが可能になる、と、思います。 これが、最大の問題点ではないか…
>>続きを読む

公明党と自民党の間だけでなく、自民党の中でも、いろいろ意見が別れているように感じます。 この法律が成立すると、政府がいうように、いわゆる「一般市民」の生活に明らかな影響はない、かもしれませんが、政府に批判的な野党議員などに対して、警察権力を利用した監視が…
>>続きを読む

やっぱり、党の代表は、衆議院議員でないと、迫力がでない、ように思います。 特に、野党第1党であり、政権交代を主張しているのであればなおさら。 いずれにしても、「共謀罪」の新設は認めてはならない、と、私も思っています。 少なくとも、今の警察、公安警察のあり方を…
>>続きを読む

国土交通省が、告発するかどうか、が、まずはポイントのようです。一応、疑惑に関わる資料は、大阪地検特捜部にも渡してあるようなコメントが、石井国交大臣からでているように思います。 またまた、キャスティングボードを公明党が持っているような。 NHKのニュースサイ…
>>続きを読む

さっそく、衆議院の法務委員会が混乱状態になっています。 「共謀罪」以外の法案の審議にも影響が出そうです。 民進党の欠席戦術に、共産党も同調しており、また、公明党も、このような事態になることを想定していた、と思われます。 NHKのニュースサイトから 民進 テロ…
>>続きを読む

受理して、捜査をしたが、起訴できるような犯罪の要件を満たすものはなかった、というのが、結論になるのかしら。 司法は、「処分した」とされる書類を、役所の中から発見するでしょうか? そのためには、強制捜査を行わなければならない、と、思いますし、その前には、関係…
>>続きを読む

次の大統領になりたい、と、立候補するつもりの方がたくさんいるようですけど、私は、世界で一番、なりたくない仕事、ではないか、と、思っています。 韓国の大統領。 在任中は、猛烈な権勢をふるうことができるようですが、その後、暗殺されたり、暗殺されなくても、逮捕さ…
>>続きを読む

担当者の記憶や知識 を、特定秘密に指定し、その文書がない、というのは、どういうことでしょうか。 しかも、それにあてはまるものは、公安調査庁のものがある、とのこと。 記憶が、公的な秘密である、ということは、その該当者は、現代版「稗田阿礼」か? 朝日新聞か…
>>続きを読む

もし、決算書を偽っていたのであれば、会計事務所の関与も疑われます。 メインバンクはどうだったのでしょう? 記者会見で、社長は、神妙な顔をして謝罪していましたが、これは、明らかに、詐欺罪と思います。 「てるみくらぶ」に刑事責任が問われるなら、東芝も、ですね…
>>続きを読む

またまた、国会が混乱しそうですね。 都議選があることが、国政にも微妙な影響を与えている、と、思います。 そして、安倍政権も、安保法案の頃とは、その求心力にも陰りがみえていることを実感します。 しっかりと経過をみておきたいと思います。 朝日新聞から 「共謀…
>>続きを読む

公明党内部では、いろいろ、異論があるのかもしれません。 与党内での調整の結果をしっかりとみておく必要があるようです。 NHKのニュースサイトから 自公 テロ等準備罪の法案審議入り 29日に再調整 自民・公明両党の国会対策委員長が会談し、自民党が共謀罪の構成要件を…
>>続きを読む

なぜ、政府は、こんなに、この「共謀罪」を成立させたい、と、思っているのでしょうか。 本当の理由を説明してくれないので、さっぱりわかりません。 もちろん、絶対に容認できないことが本当の理由なのだろう、と、思っていますが。 あの「治安維持法」は、成人男性全員に…
>>続きを読む

財務省の佐川理財局長、国会で、必死に野党の追及をかわしていますが、だんだん、厳しくなってきた、と、感じます。 佐川理財局長が守っているのは、何でしょうか。 もう、官僚機構の中での自らのキャリアは終わってしまった、と、腹を決めているのかもしれません。 やはり…
>>続きを読む

この国の刑事司法は、歴史的に、諸外国とは異なる制度と中身を持っているので、国際条約だから、オリンピックの開催に必要だから、ということで、「共謀罪」を新設するのであれば、この国の慣例的な司法の制度と中身も、諸外国と一致させていく必要があると思います。 裁判…
>>続きを読む

「立憲デモクラシーの会」がんばっています。 憲法学者のグループ、ということですが、その中心メンバーの一人、山口二郎先生は、その昔、名古屋大学におられた頃から、その活動に注目をしてきました。 その後、北海道大学に移られ、定年されたのか、今は、法政大学の教授を…
>>続きを読む

最高裁大法廷の15人の裁判官全員一致の判決だそうです。 すばらしい判決と思います。 ずっと、最高裁をトップとする日本の裁判所のあり方、裁判官の判断、に疑問を持ち続けていますが、少し、信頼感を持ちました。 少数意見としての補足意見を出した3人の裁判官への国民審…
>>続きを読む

連立与党で「良心」を示すことで存在感をアピールする、と自負していた公明党、どうしんたんでしょう。 あ、この法案が、宗教団体は対象としない、ということを確認できたのでしょうか。 共産党が対象になるのではないか、と、私は思っていますが。 NHKのニュースサイト…
>>続きを読む

もちろん、元警視総監本人ではなくて、その息子さん、ということですし、選挙ですから、立候補は当然、かまいませんけど。 このニュースをみると、小池氏を応援してる政治勢力が少し透けて見えた、という感じがします。 対する自民党が候補者を立てるのかどうか、が、焦点…
>>続きを読む

自民党の法務部会が、法案を了承したそうです。 自民党の党内手続きとしては、あとは、総務会での了承が必要なのでしょうか。 公明党の動きも大切と思います。 それから、閣議決定になる、のでしょうか。 河北新報から 自民部会「共謀罪」法案を了承 17日以降に閣議決定…
>>続きを読む

映画「スノーデン」をみれば、この話には、信憑性を感じます。 もちろん、どちらもソースは同じかもしれませんけれど。 CIAが、優秀なコンピュータ技術者を集めて、莫大な予算をかけて、世界中でいろいろなことをしている、ということは間違いないでしょう。 それが、違法…
>>続きを読む

民進党の山尾氏が、国会で、全力で阻止をしている、と、感じています。 また、自民党内にも、異論があるようで、この法案に手をつけた安倍首相の準備不足が露呈している、と、思います。 あの伊勢志摩サミットも、オバマ大統領の広島訪問も、この条約の締結がなくてもでき…
>>続きを読む

やはり、東京オリンピックの開催のため、というのは方便のようです。 もし、本当にそうなら、オリンピックが無事に終わったら、この法律は廃止することにしてもいいのですからね。 公明党の会議で、法務省の担当者は「テロ対策には有効だが、テロの防止だけを目的にした法…
>>続きを読む

私は、安倍首相が主張するように、この法律がなければ、東京オリンピックが開催できないのであれば、そもそも、オリンピックを誘致すべきではなかった、ということになる、と、思います。 誘致の段階で、「世界に誇れる治安のよい街」と、主張していたと思います。矛盾です。…
>>続きを読む

「共謀罪」の法案の記事には、民進党の山尾志桜里氏の写真を使わせていただくことにします。 政府は、この法案に関して、整合性のある説明ができない、と、思います。 そもそも、東京オリンピックを持ち出したことに、強烈な違和感を持っています。 本当にそうなら、東京オ…
>>続きを読む

東芝の不正経理問題では、誰も逮捕されていない、と、思います。 特捜部の出番かもしれないが。 誰かが、それを止めている、のでしょうか。 朝日新聞から 小泉進次郎氏「日本は既存勢力に甘く、挑戦者に厳しい」 ■小泉進次郎・自民党衆院議員  今の東芝の問題を見てい…
>>続きを読む

日弁連が、反対の意見書を法務大臣に提出したようです。 「日弁連が反対している」ということで、反対運動側は勢いづくと思います。 河北新報から 共謀罪法案、市民団体処罰の恐れ 日弁連が反対の意見書  日弁連は23日、共謀罪の構成要件を厳しくした「テロ等準備罪…
>>続きを読む

韓国という国は、もういちど、民主化にむけて、社会の基本から構造を改革しなければならない、と、思います。 ひるがえって、私たちの国ですが、あの戦争に負けて、GHQの指示により、様々な社会改革が行われましたが、矢継ぎ早の急速な社会変革が実現可能だったのは、わたし…
>>続きを読む

どのようにやったら、20年間ほどで、6600億円もの資産を作り上げることができるのか、とても不思議ではあります。 習主席ら共産党幹部の親族らと接点があった、というのがキーワードかとも感じます。 そして、あの天安門事件のときには、北京大学の学生であったが、体制側…
>>続きを読む