島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 反戦

憲法が党内の政治に弄ばれるようなことでは、と心配はしていますが、憲法問題は、政党内での自由な議論は必要と思いますので、石破氏の行動は支持しています。 なぜ、こんなことになっていくのか、といえば、やはり、安倍首相に一義的な責任がある、と、思います。 なぜなら…
>>続きを読む

墜落した事故機に取り付けられたメインローターヘッドは、別の機体で使用されたのち、交換でとりはずされて、富士重工から納品された中古品であったそうです。 ただし、設計上の寿命時間には達していないものだった、との説明ですが。 さて、富士重工といえば、防衛省とヘ…
>>続きを読む

安倍首相の政治行動が、安倍首相を支えてきた保守層から批判されることがいくつか起きているのですが、これも、その一つになるかもしれません。 東京新聞から 台湾地震のメッセージ、異例対応 「蔡英文総統」宛先を削除  政府が台湾東部地震への対応を巡り、8日に官邸…
>>続きを読む

ポツダム宣言をそのまま読めば、北方領土は日本の古来の領土である、と、言えると思いますが、ロシアはそれを認めていない、ということになりますが、さらに、アメリカもそれを容認している、という状況が続いていると思います。 つまり、ロシアとアメリカが話し合わなけれ…
>>続きを読む

実は、その研究はすでにやっていました、というのは、シビリアンコントロールの危機だと思います。 あの戦艦大和の巨額の建造費をごまかしていた、旧日本海軍を思い出しました。 こんなことが許されていいのでしょうか。 ということは、少額の研究費などでは、公表できない…
>>続きを読む

日本の国会で、政治家がなにを話しているのか、各国が注目している、少なくとも、外務大臣の発言はチェックしている、ということを物語るニュースだと思います。 北方領土返還、は、なかなか、容易なことではありません。 ロシアとアメリカが話し合わなければなりません。…
>>続きを読む

安倍首相が、昨年、突然、憲法改正をビデオメッセージで言い出して、それから、憲法改正の論議が進められてきていますが、手順がおかしい、と、わたしは感じています。 まず、自民党は、あの憲法草案を引っ込めてはいない、と、記憶しています。 その憲法草案について、高…
>>続きを読む

あの戦争に、軍部が国を巻き込んで行った問題の原点は、北一輝が言い出した「統帥権干犯」問題や、「天皇機関説」排斥があった、と、思います。 いずれも、シビリアンコントロールや民主主義を否定する国家体制を作るものでした。 明治憲法のもとでも、民主主義が機能するこ…
>>続きを読む

外交交渉というのは、相手があることですから、1ミリたるとも動かさない、などと言っていると、どうしようもない、ということはよくわかります。 しかし、安倍首相がやっている、北方領土返還のための、対ロシア外交戦略は、的を得たもの、なのでしょうか。 どうも、危うい…
>>続きを読む

保守的な価値観を持つ議員たちが分党したい、とのことのようです。 政治活動では、独立しつつ、選挙では、希望の党の推薦などをもらうつもり、なのでしょうか。 対自民という対立軸では共同できる、ということと思いますが。やはり、個々の選挙区の事情がからんでいる、と、…
>>続きを読む

自民党で、改憲論議が広がる中で、石破氏の主張が支持されつつある、ということを反映しているのかもしれません。 公明党も、なかなか、乗ってこないことも、高村氏の焦りになっているかもしれません。 NHKのニュースサイトから “憲法9条2項を維持し文民統制の規定を” …
>>続きを読む

ヘリコプターというものは、通常、こういう墜落の仕方をしないので、ローターの問題だろう、と、思われます。 今回とは違う、エンジンの不調など、より頻度の多い故障であれば、ヘリコプターの場合、オートローテーションと呼ばれますが、ローターを自由回転させる状態にし…
>>続きを読む

テロ組織、というのは、敵がいないと結束が保たれないのではないか、と、思います。闘争自体が存在目的だから。 オバマ大統領が、中東問題への深入りをやめてから、テロ組織の対象国にロシアが入ったのかもしれません。 トランプ大統領は、イスラエル寄りの姿勢を明確にして…
>>続きを読む

さすが、二階氏、というところを感じます。 外交交渉というのはこういうことであり、互いに譲り合わないと、合意にはいたりません。 また、国民のナショナリズムをかきたてる発言をして、求心力や支持率をあげようする政治家には、私たちは注意が必要なのです。 このことを…
>>続きを読む

日本の防衛省・自衛隊が、アメリカ軍の下請けのようにみえてしかたがありません。 在日米軍のヘリ整備状況を、自衛官が確認することも、結局、アメリカ軍からの申し入れで、延期されています。 NHKのニュースサイトから 日米共同開発の迎撃ミサイル 2回続けて実験失敗 …
>>続きを読む

官僚機構としての軍隊は、自らの組織の拡充と権限の拡大が、唯一の存在目的となります。 ということは、「仮想敵国」との友好関係は、組織の存続が危ぶまれる危機となりうる、ということですので、日本と中国との外交関係が緊張緩和になることを、中国軍も、また、防衛省自…
>>続きを読む

安倍首相は、朝日新聞がよっぽど嫌いなようです。 それは、慰安婦報道に関する問題だけではないと私は感じていますが、国会で特定の新聞社の名前をあげて、首相が批判する、というのは、尋常なことではない、と、私は思います。 これは、安倍首相の報道機関に対する恫喝で…
>>続きを読む

憲法には「戦力の不保持」を明確に規定しています。 そのために、「戦力」とはなにか、という問題になり、自衛隊は戦力ではないのか、空母を持ってはいけないのか、他国の基地を攻撃する装備の保持はいいのではないか、自衛のためなら核兵器の保有も可能なのではないか、など…
>>続きを読む

今の自民党の中で、安倍首相の考えと異なる意見を表明することには、大変な勇気がいることだろうなあ、と感じます。 そして、文民統制の問題が生じることを恐れることから、自衛隊ではなく自衛権を規定すべき、との意見も大変共感するところがあります。 安保法制のため、今…
>>続きを読む

対外的に勇ましいことを吹聴する政治家には、私たちは注意が必要と思います。 対外関係の緊張度が増すことで、政治的利益を得る政治家がいるのです。 また、マスコミは、もっと、自分たちが選んだ議員や政治家が、どのような言動をしているのか、しっかりと有権者国民に伝…
>>続きを読む

徳川慶喜のひ孫にあたる現宮司が、2016年に述べた発言が、靖国神社の関係者の間で論争になっていたそうです。 靖国神社は、その前身は、明治天皇の命で明治維新のあとに設立された招魂社が出発点で、その趣旨は、明治維新で江戸幕府と戦い、天皇陛下の命にしたがった志士た…
>>続きを読む

立憲民主党の枝野氏、社会へのアピール、なかなか、戦略的に動いている、と、思います。 確かに、「憲法改正」という表現は、正しくない、と、思います。 朝日新聞から 立憲・枝野代表「憲法改正と言っちゃダメ。改悪だから」 枝野幸男・立憲民主党代表(発言録)  「…
>>続きを読む

日韓の外相合意というのは、当時のアメリカオバマ政権の強い後押しがあって実現したもので、日本も韓国もアメリカの顔を見ながら、交渉のテーブルにつき、アメリカが納得することを最大の目的として外相合意という結論にいたった、と、私はみています。 ということで、韓国…
>>続きを読む

軍隊は、典型的な官僚機構でもあることを、主権者である私たちは忘れてはいけません。 官僚機構は、自らの組織や権限の拡大がその唯一の存在目的、なのです。 主権者の注意が行き渡らないと、すぐに、拡大、膨張が始まります。 官僚機構が解決すべき問題が大きくなってい…
>>続きを読む

リトアニアを訪問中の安倍首相は、故杉浦千畝氏の記念館を視察したそうです。 安倍首相は、厚顔無恥、ということになるのかもしれません。 「命のビザ」 杉浦氏は、ナチスドイツの迫害から逃れる多数のユダヤ人にビザを発行してその命を助けた、として、いま、その功績が…
>>続きを読む

写真の艦船は、今回の事案とは無関係です。 私たちの政府が、強力な防衛力を整備しているのは、私たちの国を守るため、であり、他国を武力で威嚇したり、監視するためではない、と、思います。 自衛目的であるから、そのため、最低限の範囲内、ということになると思います…
>>続きを読む

安倍首相は、平昌オリンピックの開会式に出席すべき、です。 オリンピックという世界的イベントのホスト国である、ということは、そういうことであり、オリンピックが「平和の祭典」と呼ばれるのもそういう役割があるから、と、思います。 韓国が、慰安婦問題の外相合意を…
>>続きを読む

写真は、今回の事案とは関係ありません。 こういうのが、シビリアンコントロールの危機だと思います。 自衛隊が、主隊的な行動として、どんなことをしているのか、ということについて、主権者である私たちにしっかりと伝えられる必要があります。 「中国海軍の艦船が、尖閣…
>>続きを読む

北朝鮮は、巡航ミサイルを保有していない、と、思います。 つまり、今回のイージスアショアの導入理由が、北朝鮮の危機だけとすると、今後の情勢変化によっては、導入目的が消失する可能性があるため、かな、とも思います。 まるで、「多目的ダム」みたいだな。 一つの理由…
>>続きを読む

ときどき、反米の非民主的国家で、大規模なデモが発生することがあります。 それらの背景には、アメリカの諜報機関の策動がある、と、考えるのは、あまりにも空想的でしょうか。 河北新報から イラン、デモ長期化に危機感 精鋭部隊動員も  イラン全土に拡大した反政府…
>>続きを読む