島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 日本の政治

日本政府のシビリアンコントロールの問題とも感じるのですが、自国の自衛隊への支出ではなくて、アメリカのCIAへの支出、というところが、複雑に感じます。 スノーデン氏のことを描いた映画では、このような情報通信機器の活用により、アメリカCIAや軍は、世界の様々な情報…
>>続きを読む

築地市場問題で、守勢に立たされる形成の小池都知事、別の政治テーマを提示してきました。 こういうところは、さすがだな、と、思います。 受動喫煙の規制問題、東京都内で独自条例ができれば、かなりのインパクトがある、と、思います。 朝日新聞から 小池知事、屋内禁…
>>続きを読む

もし、自衛隊の存在が、いまの憲法と合わないのであれば、それは、政府が憲法違反の政策を行ってきたことを意味するのではないか、と、私は思います。 安倍首相の発言が、どのぐらい、憲法について研究したことを反映しているのか、大いに疑問があります。 NHKのニュース…
>>続きを読む

上場廃止を決定することがルール、だと思います。 どこかに「忖度」している、のではありませんか、東京証券取引所は? でも、法治国家ですからね。この国は。 読売新聞から 東芝、本決算も「承認なし」…月内発表で調整  東芝は2017年3月期連結決算を、監査法人から…
>>続きを読む

もっと平和的な活動に貢献する組織として、位置付けたいと思います。 遭難者の捜索や救助、大災害や大事故の救援を、主目的とするような組織。 日本国内だけでなく、海外にも出動できるような。 だから、戦車は不要。 今の自衛隊は、平和憲法にはふさわしくない規模にな…
>>続きを読む

安倍内閣は、憲法の字句は一文字も変えずに、解釈変更、屁理屈と詭弁で、実質的な憲法改正をしている、と、思っています。 こんな不誠実な政治を続けさせてはいけない、と、私は思います。 沖縄タイムスから 巡航ミサイル導入を本格検討 政府、北朝鮮脅威に対処  政府…
>>続きを読む

国民、有権者の責任と思います。 いま、政治家、特に若い政治家の人格の低下が指摘されている、と、思います。 小選挙区制により、政党を選択する選挙となり、有権者は、政治家個人を選ぶのではなく、政党を選ぶ投票をすることになっているから、と、思います。 選挙自体…
>>続きを読む

宗教団体の信徒の組織を有力な支持団体とする公明党が、今の強権的で保守的な安倍自民党と一緒に政治を行ってきたことに、ずっと、違和感を持っています。 憲法改正についても、それに前のめりな安倍自民党を公明党が支えたからこそ、今の政治状況が生み出された、とも言え…
>>続きを読む

シビリアンコントロールの危機だと思います。 自衛隊は「軍隊」ではありませんが、自国の「軍隊」が、他国の軍隊の司令にもとづいて、軍事的な行動を行う、というのは、例外的なことだと思います。 そのために必要なのは、国民に対する説明と、その行動に対する支持、承認、…
>>続きを読む

安倍首相は、この憲法草案のどこが問題なのか、そのポイントをしっかりと説明すべき、と、思います。 この批判の多い憲法草案が報道されるときには、「野党時代の」自民党が、というフレーズを使うようですが、それは、ごまかし、まやかし、だと思います。 これを出したと…
>>続きを読む

政府が閣議で決定したそうです。 一年間に170万円は、個人的には多額と感じますが、首相夫人として必要な公務だとすれば、国が負担するのは当然、ということになるでしょう。 しかし、明恵夫人付きとして複数の公務員をつける必要があるのかどうか、しっかりと確認が必要と…
>>続きを読む

この国がよりよい国になるよう、あるいは、悪い国になることがないよう、しっかりと守っていきたい、と、思っています。 そのためには、政権を交代させなければなりません。 NHKのニュースサイトから 「国境なき記者団」先進国も報道の自由度が後退 国際的なジャーナリス…
>>続きを読む

やはり、自民党の内部では、水面下で、ポスト安倍をめぐるかけひきが活発になってきているのだろう、と、思われます。 そのため、各派閥が、その所属議員数を増やすことに執心しはじめているように思います。 幹事長自ら、自分の派閥のために、のようですから。 安倍首相の…
>>続きを読む

法案名に「陛下」を付け加えた、安倍内閣の姑息な手法には、辟易しています。 もっと、誠実に国民と向き合ってもらいたい、と、心から願っています。 教育勅語の本質はいまも通じるものがある、と、述べた稲田防衛大臣の発言も同根のものと思います。 民進党の野田幹事長の…
>>続きを読む

今回の今村大臣の更迭騒ぎをめぐり、二階氏と安倍首相との間にすきま風が吹いたようです。 二階氏は、マスコミ批判をしているようにも聞こえますが、マスコミを通じて、安倍首相の官邸側を批判したものだと思います。 小池都知事とパイプがある二階氏は、ポスト安倍に、小池…
>>続きを読む

安倍首相の「働き方改革」に吸い寄せられていた神津会長の連合ですが、都議選での民進党支援を確約したそうです。 先日、民進党を離党したいと表明した長島氏は、東京選出の衆議院議員ですが、その保守的な政治信条は、連合とは合わないものであった、と思っています。 東…
>>続きを読む

このような問題で、政治家の責任論が出てくることに憂いを持っています。 でも、民進党側も、自民党を攻撃する材料と考えているようですけれど、このような問題は、どの勢力にもありえることなので、いわゆる「ブーメラン」になることは必須、とも、思います。 河北新報か…
>>続きを読む

そもそも、安倍氏自身は、自らの後継者となる政治家を指名していない、と思います。 稲田氏がそれをねらっていますが、残念ながら、首相の器ではないことが、防衛相という職務をきちんと果たせないことから、証明してしまいました。 アメリカ側の信頼も乏しいようです。 任…
>>続きを読む

小池都知事の政治スタンスがわかりにくいように感じる部分があります。 まだ、自民党の党籍は残っているはずですが、知事選挙で小池氏を応援した当時自民党の区議は処分されていると思います。 スタンスがはっきりしている政治家であって欲しいな、と、願います。 昨日の…
>>続きを読む

地方政治において、首長と議会との距離感について、民主主義の仕組みが機能しない欠点がある、と、わたしは思っています。 たとえば、小池氏が、自らが率いる地方政党が、議会で過半数を獲得したとすると、また、あの専制政治が展開されるのではないか、と、不安に思うから…
>>続きを読む

日本経済が衰退しつつある危機感を政治家が持っているということは悪いことではないのですが、なにもかも、経済の活性化に活用すべき、という論理は、無理がある、と、思います。 朝日新聞から 「学芸員はがん。連中を一掃しないと」 山本地方創生相  山本幸三・地方…
>>続きを読む

詭弁を繰り返している政府、その醜悪な姿に、反吐がでる思いです。 NHKのニュースサイトから 昭恵氏付き政府職員 参院選応援に12回同行 政府答弁書 政府は、14日の持ち回りの閣議で、安倍総理大臣の夫人の昭恵氏が去年の参議院選挙の期間中に候補者の応援に赴いた際、夫人…
>>続きを読む

都議選を迎え、また、小池氏の動きもあって、自民党と公明党との関係にすきま風があり、また、日本維新の会が、秋波を自民党に送り続けている、と、思います。 政界は、一寸先は闇、と、いうそうです。 産経新聞から 維新・松井一郎代表が都民ファーストの会を批判「政策…
>>続きを読む

いつか、この国の総理大臣になってもらいたい、そういう資質のある政治家だと思っています。 離党はしない、とのことなので、安心しました。 政治家であり続けて欲しい、と、思っています。 政党の枠組みはともかく、よい政治家を政治の場に送り出すことが、有権者である私…
>>続きを読む

選挙が終わったら、また、一緒になればいいのかもしれないのですが、それはそれで、有権者を欺くことになるのか、とは思います。 離党すれば、支持者が増える、ということ、事実なんでしょうかねえ。 河北新報から 民進都連の幹部2人離党へ 選対委員長ら  夏の東京都…
>>続きを読む

ポスト安倍の最有力は、岸田氏、と、感じていましたが、麻生氏も名乗りをあげるつもりでしょうか? 谷垣氏は、麻生氏の動きを警戒しているようです。 アベノミクスもうまくいっていませんし、安倍氏でないなら、岸田氏でも麻生氏でも、自民党のハト派の流れであり、今の政…
>>続きを読む

日本側と事前に協議する、ということを確認したようですが、アメリカ側のそのレベルはどのあたりでしょうか。 実力部隊のアメリカ軍のレベルか、それとも、国務省の官僚機構か、いやいや、ホワイトハウスの政治側か。 読売新聞から 北攻撃なら事前協議…日本が要請、米側…
>>続きを読む

公明党の政治行動を、どのようにとらえたらいいのかな、と、考えています。 結局、政治の目的は、支持者たちの利益拡大だから、そのとき、そのとき、で、有利な方になびけばよい、ということなのでしょうか。 それだけ、なのでしょうか。 振り返れば、安倍内閣が幾度もの…
>>続きを読む

「私人」である首相夫人の活動を支えることになっている、と、思います。 このままでいけば、「公私混同」という批判があてはまる、と、思います。 東京新聞から 首相夫人付き職員 安倍政権で1→3→5人に 初の官邸常駐も2人  首相夫人付き政府職員は、安倍政権下で一…
>>続きを読む