島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 日本の政治

安倍内閣は、どこか基本的な規律が保たれていない、ように、思います。 それは、首相自ら、規則を無視するから、ではないか、と、感じますけれど。 朝日新聞から 民進・野田幹事長「大臣規範なんて守っていない政権」 ■野田佳彦・民進党幹事長(発言録)  (萩生田光一…
>>続きを読む

これも、「加計学園隠し」の一つではありませんか。意図的に隠していた、としか。 では、なぜ、届けなかったのか。後ろめたいことがあるから、ではありませんか。 無報酬だから届けなくていい、と思っていたか、そういう詭弁や言い訳は聞きたくありませんよ。 政治家が、…
>>続きを読む

政権交代可能な二大政党制、を、めざして、政治改革が行われてきた、と、思います。 それは、保守系の政党が2つ必要、ということなのでしょうか。 二大政党制といえば、アメリカとイギリスかと思います。 アメリカは、共和党と民主党、イギリスは、もっとわかりやすいネー…
>>続きを読む

原子力規制委員会の委員長という重責は、なかなか、大変なお仕事に思います。 説明不足なのは私も感じますけれど、市民たちも、説明を聞こうと思わない状態かもしれません。特に、原発から離れた、隣の県の市町村の場合。 東京新聞から 高浜原発再稼働「住民説明が不足」…
>>続きを読む

稲田氏が、防衛大臣としての責任感や資質にかける、ということを証明する事案がまた一つできた、ということになるかと思います。 非常に残念に思います。 稲田防衛大臣の、都議会選挙中の「違法性のある」発言をうけて、安倍首相が、すぐに防衛大臣を罷免していれば、あれほ…
>>続きを読む

安倍首相自身が、ほとんど口にしなくなった「アベノミクス」、本当にどこにいったのでしょう。 結局、積極的な財政支出と、日銀による金融緩和、それによる円安誘導、が、アベノミクスの本体で、いずれも、将来世代につけまわし、というように思います。 今の若い世代が、…
>>続きを読む

これは、いわゆるスラップ訴訟だったのではないか、と、思います。 政治家が、その政治的ダメージを緩和することなどを目的として、敗訴することがわかっていても、名誉毀損などを理由に、訴訟を起こすこと、です。 河北新報から 稲田防衛相、訴え取り下げ 週刊誌記事の…
>>続きを読む

もともと、アメリカ側も、稲田氏の防衛大臣については、不信感を持っていたようでしたら、今回の都議選の結果を受けて、このような決定が早々になされたこと、アメリカ側の意向も明確になっている、と、感じます。 日本側から申し出たのではない、かもしれませんね。 稲田氏…
>>続きを読む

安倍首相は、国会審議が大嫌い、です。そもそも、批判されることが大嫌い、みたいです。 先日も、都議選での秋葉原での街頭演説で、反対派の市民に対して、激昂したそうですから。 首相在任期間は大変長くなっていますが、後世から大宰相と呼ばれるような人格は有していな…
>>続きを読む

私は、このマスコミ各社が調査する内閣支持率、という数字が、この国の政治の中で、一人歩きをする状況はよくない、と、思っています。安倍内閣の支持率が高くても、低くても。 しかし、独裁とも言われた安倍首相の政治力の根源は、この内閣支持率の高さ、だったとも言える…
>>続きを読む

結局、契約に従い、国が買い戻したそうです。 おかしな教育方針の小学校が開校しなくなった、とのことで、よかった、とは思いますが、安倍首相夫妻の関与や責任、そして、官僚たちの作為、不作為の詳細と責任の所在、が、うやむや、な状態なのは、本当に残念に思います。 …
>>続きを読む

話題のアメリカ映画「ハクソー・リッジ」を観てきました。 第二次大戦中の激戦地、沖縄の戦場を舞台にした、銃をとらずに英雄となった兵士のお話でした。 日米の若者たちが、命をかけて、血を流し戦いあった、あの凄惨な戦場。 真珠湾攻撃をした日本の判断は、明らかに間…
>>続きを読む

日本経済は、常に、カンフル注射を打ちつづけないと、「成長」はできない状況にあるのではないか、と、思います。 でも、カンフル注射は、消費の先食い、国債発行残高の積み上がり、と、副作用の心配が大きくなってきました。 国民の年金資産を使って、株価の維持をおこなっ…
>>続きを読む

乗組員が7人も亡くなった、ということで、大変な事故だったと、思います。 しかも、衝突の状況からは、アメリカ海軍のイージス駆逐艦の方に非があるのではないか、と、思われるのですが、日本の海上保安庁の捜査はできないようです。 お亡くなりになった乗組員の方々のご冥…
>>続きを読む

こんな政治家では、沖縄の問題を解決することは到底無理だろう、と、思います。 木原稔議員、もともと、沖縄県に足を踏み入れる資格のない人だと思います。 あの大田海軍司令官の最後の電報を読めば、こんなことを平気で言えるはずはない、と、私は思います。 沖縄タイム…
>>続きを読む

下村氏は、文科大臣のときから、関連業界との不適切なつきあいがある、と、思っていました。 今回、加計学園からの不正な献金があったのではないか、という疑惑を週刊誌が報道しています。 小分けにして、いわゆる迂回献金の形のものか、と、思われます。 では、なぜ、届…
>>続きを読む

アベノミクスが、画餅であること、とくに三本の矢のうち、第三の矢がまともに飛んでいないこと、が明らかになったと思います。 獣医学部を新設することが、に本経済に大きなプラスになる、とは、思えないのです。 NHKのニュースサイトから 昨年度税収55兆5000億円 7年ぶり…
>>続きを読む

独裁、とも言われた、安倍首相から、政治家たちが離れだしているようです。 竹下亘氏は、先の国会で、安倍首相の代弁者のように、森友学園の籠池理事長の証人喚問を決めたのに、加計学園問題での証人喚問を拒否したり、という動きをしていたのですが、さすがに、今になって…
>>続きを読む

「印象操作のような野党の質問に対して、つい、強い口調で反論してしまう」 という、おわびのようで、相手に責任をおしつけている発言も、自民党支持者からの「印象操作ではない」という批判を受けて、安倍総理は「印象操作」を封印することにしたようです。 それでも、ま…
>>続きを読む

岸田氏、やっと、宏池会のプリンスの存在感を示し始めたようです。 ずっと、安倍政権の外相をつとめ、本来の保守本流の考え方を封印したのか、と、心配していたのですが、ここにきて、石破氏の動きも気にしつつ、本来の政治信条を明確にしだした、と、思われます。 朝日新…
>>続きを読む

もう、だれも、ポスト安倍の一人とは思っていない状況になっている、とは思います。 総理大臣どころか、防衛大臣という重責を担当する資質にもかける政治家であることが露わになった、からです。 産経新聞から 「自衛隊としてお願い」都議選応援で稲田朋美防衛相 野党、…
>>続きを読む

獣医学部をめぐり、安倍総理と菅官房長官の官邸側と、石破氏や麻生氏が応援についている獣医師側との戦いの状況になっていいますが、これは、総理続投をめざす安倍首相と、ポスト安倍をねらう石破氏との代理戦争であろう、と、思います。 つまり、民進党は安倍首相からみれば…
>>続きを読む

安倍首相の狙い通りなのかもしれませんが、首相の改憲発言に対し、各所から批判の声が出ています。 自民党の船田氏もだまっていられないようです。 こういうときにきちんと発言する勇気を、政治家としても高く評価するべき、と、私は思います。 イエスマンばかりであるなら、…
>>続きを読む

安倍首相が一番つらいのは、誰の声、でしょうか。 やはり、経団連会長のことばは重いだろうと思います。 でも、そんな政治ではいけないのです。 朝日新聞から 「高支持率に過信、総理の言葉で説明を」経団連会長  経団連の榊原定征会長は26日の記者会見で、朝日新聞社…
>>続きを読む

中途半端な妥協が、今回の疑惑を招く一因なのだそうです。 疑惑が広がったのは、首相サイドの説明責任がきちんと果たされていないから、ではありませんか。 そして、さらに、獣医学部の新設を認める方向で検討? 国民をバカにするのもいいかげんにしてもらいたい、と、思い…
>>続きを読む

ポスト安倍をめぐり、菅官房長官が石破氏と連携する、という筋はない、ということでよいのでしょうか。 石破氏は、菅官房長官の官僚統率力に不信感を持っている、ということでしょうか。 安倍政権は、官僚機構を手なずけた、と思われていますが、その実態は「面従腹背」の…
>>続きを読む

会わない理由、会えない理由は、総理大臣ですから、いくらでも列挙することができると思いますので、逃げた、という批判に対する反論は用意してあることでしょう。 判断するのは、私たち国民、有権者、ですけどね。 でも、攻められると弱い、というのは、安倍氏の基本にあ…
>>続きを読む

今日は、沖縄慰霊の日、です。 沖縄防衛のために派遣された海軍の司令官、大田実氏が、最後に、東京の海軍省次官に送った電報は大変、有名なものですが、改めて、紹介したいと思います。 大田氏が自決する直前の1945年6月6日午後8時16分に発信されたそうです。 Wikipedia…
>>続きを読む

石破氏らしい発言と思います。 ここが岸田氏との違い、になるかもしれません。 私は、今の自衛隊の規模は、すでに違憲状態と思っています。 現状追認のための憲法改正論議は、本末転倒な議論である、と、思っています。 NHKのニュースサイトから 自民 石破氏 憲法9条2項…
>>続きを読む

今回の獣医学部新設の話は、政府としては、街で犬猫病院を開業している獣医を増やしたい、のではなくて、畜産業に関わる獣医師、公的な責務を果たす獣医師、を、増やしたい、ということと説明されているように思います。 でも、今後、日本では、畜産業が拡大する、という…
>>続きを読む