島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 日本の政治

旧民主党時代から、執行部との「遠心力」が、野党第1党の伝統かもしれませんが、その伝統は、希望の党に受け継がれているようです。 「排除」したのに、おかしいね。 朝日新聞から 希望・大串氏ら、民進に復党打診 会談に約10人出席  希望の党で執行部に距離を置く民…
>>続きを読む

安倍首相は、プーチン大統領と、北方領土の返還を約束できると、本当に思っているのか。 ロシアは、大統領選挙があり、領土を譲る政策を実行することは、ロシア国民の支持を得られないし、できない。 ロシアは、日本に返還した北方領土に、在日米軍が駐留することを容認し…
>>続きを読む

新聞社同士、いったい、なにをしているのか。 権力側におもねり、統治機構に都合のよい報道をすることが、マスコミの重要な使命ではなく、マスコミにとって、もっとも大切なことは、民主主義がきちんと機能し、より正しい結果を生み出すこと、だと思います。 マスコミが、…
>>続きを読む

あの戦争に、軍部が国を巻き込んで行った問題の原点は、北一輝が言い出した「統帥権干犯」問題や、「天皇機関説」排斥があった、と、思います。 いずれも、シビリアンコントロールや民主主義を否定する国家体制を作るものでした。 明治憲法のもとでも、民主主義が機能するこ…
>>続きを読む

選挙が終わった途端、交付金再開のニュースが出ています。 予算や行政機構を政治利用していることになりませんか。 国の税金で、地方自治、それも、選挙に介入することなど、許されることでしょうか。 与党だから、なにをしてもいい? 毎日新聞から 在日米軍再編 名護…
>>続きを読む

第一次安倍政権のとき、共産党が「大地震のとき、原子炉の冷却ができない事故への対応」をただす質問趣意書を提出していたそうで、そのときの閣議決定した答弁書が「発生するとは考えられない」というものだったそうです。 そのような答弁書を閣議決定した安倍首相自身が、…
>>続きを読む

保守的な価値観を持つ議員たちが分党したい、とのことのようです。 政治活動では、独立しつつ、選挙では、希望の党の推薦などをもらうつもり、なのでしょうか。 対自民という対立軸では共同できる、ということと思いますが。やはり、個々の選挙区の事情がからんでいる、と、…
>>続きを読む

自民党で、改憲論議が広がる中で、石破氏の主張が支持されつつある、ということを反映しているのかもしれません。 公明党も、なかなか、乗ってこないことも、高村氏の焦りになっているかもしれません。 NHKのニュースサイトから “憲法9条2項を維持し文民統制の規定を” …
>>続きを読む

もし、北朝鮮が、核を捨てる、と、言い出したら、一番困るのは、アメリカ軍であり、また、高額な兵器を日本に購入させて利益を得ているアメリカの軍産複合体であろう、とさえ、わたしは思います。 つまり、北朝鮮とアメリカ軍は、相互に依存関係にある、ということです。 …
>>続きを読む

結局、経済界の中に、今の安倍首相よりも石破氏がよい、という流れができれば、自民党の総裁候補として、石破氏にもチャンスができる、と、思われます。 石破氏は、大阪に根強い地盤を持つ維新とは、立場の違いを明確にするようです。 朝日新聞から 石破氏、大阪で大規模…
>>続きを読む

国会の場で、堂々とウソをいう政治家が、私たちの行政機構のトップであり続けることを、いつまで、私たち有権者は許しておくのでしょう。 安倍首相は、国会でウソをいうのは当然、野党議員の質問は適当にはぐらかしておけばいい、という程度の認識で、国会審議に望んでいる…
>>続きを読む

派閥会長が首相の座を目指さない派閥、というのは、その存在自体を自己否定しているようなもので、いずれ、額賀派は「額賀」派でなくなる、とは思っていましたが、なかなか、乱暴な動きが見えています。 安倍首相側と石破氏側との綱引きが行われている、のだとわたしは想像…
>>続きを読む

朝日新聞の、一番の熟読者は、安倍首相かもしれません。 もちろん、安倍首相が、新聞をきちんと読んできた政治家とは、わたしは到底思えませんが。 国会で、首相が、特定の新聞の名前をあげて、批判するなど、常軌を逸している、と、私は思います。 それも、自らにかけられ…
>>続きを読む

国政にも大きな影響を与える、沖縄の名護市長選挙が終わりました。 与党が応援した新人が新しい市長に当選したとのことです。 公明党を支持する有権者たちの投票行動が、選挙結果に大きな影響を与えた、と思います。 与党としての公明党は当然の動きをした、と、説明する…
>>続きを読む

昨年の衆院総選挙前に、民進党が希望の党との合流を決定したとき、連合の神津会長が関与していたことは間違いない、と、私は思っています。 なので、民進党が、定期党大会で、合流をめざしたことを「誤り」と総括したことに、神津会長は不満があるのかもしれない、と、想像…
>>続きを読む

安倍首相がトランプ大統領に、在日米軍のヘリコプターの運用の安全確保を要請したそうです。 トップ会談で話し合うことではない、と、私は感じます。 安倍首相が、在日米軍のことで、トランプ大統領に要請するレベルの話ではないし、日本国民としては、私は失望しました。 …
>>続きを読む

こういうことをきちんと報道するNHKの姿勢に、大変、信頼感を持ちます。 海軍に続き、海兵隊でも非正常な人事異動があったそうですから、解任の理由はよくわかりませんが、アメリカ軍の中で、いろいろな問題があることは間違いない、と、思います。 NHKのニュースサイトか…
>>続きを読む

日本の防衛省・自衛隊が、アメリカ軍の下請けのようにみえてしかたがありません。 在日米軍のヘリ整備状況を、自衛官が確認することも、結局、アメリカ軍からの申し入れで、延期されています。 NHKのニュースサイトから 日米共同開発の迎撃ミサイル 2回続けて実験失敗 …
>>続きを読む

よく、与党サイドからの野党の連携を批判する言葉に「憲法観が違う政党同士が野合だ」というようなものがありますが、連立与党を組む、自民党と公明党との間も価値観の違いが大きいものがある、と、思います。 公明党は、安倍首相のもとでの改憲には協力しないつもりのよう…
>>続きを読む

財務省が、押し込まれていますので、だんだんに厳しくなってきている、と、思います。 今までの森友問題での経過で、安倍首相が、自分はなにも指示をしていないのに、官僚たちが、ルールを破って、忖度し、勝手に行ったことで、文書の保管も不十分であった、処罰する、とし…
>>続きを読む

安倍首相、改憲のについて、かなり焦りがあるように感じます。 そもそも、国会議員とはいえ、日本国憲法の遵守義務はあっても、改憲を議論する義務、は、ありません。 安倍首相の憲法に対する感覚、センスを疑う発言がまた飛び出した、と、思います。 東京新聞から 首相…
>>続きを読む

実際にインフルエンザに罹患している場合は「ズル休み」にはならない、のですが、この議員の提案では「ズル休み」ということになります。 自民党の若手議員の多くは、きちんと政治学や社会のあり方を学んでいない政治家が多いかもしれないので、政府に対して質問をしろ、と…
>>続きを読む

野党側が一致して、70時間を要求することにしたようです。 これに、維新は入っていないようです。 朝日新聞から 野党、質問70時間要求へ 2:8から転換 衆院予算委  衆院予算委員会の与野党の質問配分問題で、野党側が31日、「与党2対野党8」にするよう求めてきた方針を…
>>続きを読む

いままでの安倍首相の政治戦略から考えると、無理な強行突破はせずに、やりやすいところから迂回していく、ということが多いように思いますので、この憲法改正についても、無理はしないで、まずは、憲法改正の実績をつくる、というところが目的になるかもしれませんね。 改…
>>続きを読む

茂木氏は、議員辞職しかない、のではないか、と思います。 有権者に有価物を配布することは、厳に禁止されています。 例外と認められるのは、かなり限定されるべきです。 茂木氏の説明では、今後、政治家が、選挙区内の有権者に有価物を配布することが合法になってしまいま…
>>続きを読む

公務員の労働組合である自治労は、民間企業の労働組合よりも、より、労働運動が先鋭化しやすい性格があるかもしれません。 自治労は、立憲民主党を支援することを決めたようです。 東京新聞から 立民から組織内候補擁立も 自治労、次期参院選  連合傘下の自治労(組合…
>>続きを読む

通常国会がはじまり、希望の党が「野党」であることがはっきりしてきた、と、思います。 茂木大臣は、あれこれと、理由をつけていますが、自らの政治資金を原資に購入した有価値の物品を、自らの秘書が中心になって、選挙区内で有権者に配布したのであれば、これはもう、言…
>>続きを読む

小野寺防衛大臣が米軍に対して強硬姿勢を示しているようにみえますが、これは、沖縄県名護市の市長選挙期間中であることが影響していると思います。 投票日は2月4日ですので、それまでは、このような姿勢を示し続けるのだろう、と、思います。 そして、このような政権の行…
>>続きを読む

ひとつの地方都市の市長選挙が、こんなに国政に影響を与えている、というのは、それだけ、問題が大きい、ということのあらわれでもある、と、思います。 選挙の投票日は2月4日、です。 私は、アメリカの「核の傘」が、この国の防衛に本当に必要なのか、疑問に思っています…
>>続きを読む

民進党が、希望の党との合流を決めたことについて、総括をしたようです。 あの選挙の前に、民進党と希望の党が合流を話し合う場には、連合も同席していた、と、思いますが、連合の方は、総括できているのかしら? NHKのニュースサイトから 希望との合流“誤った判断” 民…
>>続きを読む