島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 日本の政治

カジノが刑法の賭博罪にあたることは、政府も認めているように思われます。 私はカジノには反対です。しかも、その理由が経済対策、ということでは、全くもって、大反対、です。 関連する業界の政治力拡大や、また、管轄する警察利権の拡大にもつながりますし、まったくい…
>>続きを読む

安倍首相がいままで強調してきたこととは違う流れがみえてきました。 これでよい、と、私は思っています。 安倍首相が、「私の圧力一辺倒は間違っていた」と、謝罪するはずはない、ですけれど。 朝日新聞から 超党派の地方議員、北朝鮮訪問検討 4月末~5月初旬  超党…
>>続きを読む

国会質問ではなくて、記者会見での発言のようですが、玉木氏は、安倍首相の改憲案も批判していましたので、野党として、政府と敵対する立ち位置を明確にしようとしているのかもしれません。 細野氏たちを、自分たちの党から追い出したい、のかもしれませんね。 河北新報か…
>>続きを読む

公明党が憲法改正について慎重な姿勢を続けています。 しかし、与党の一員として、改憲に前のめりな安倍自民党との条件闘争をしているだけ、かもしれません。 しっかりと、経過をみておきたい、と、思います。 朝日新聞から 公明・斉藤氏、合区議論「憲法によらなくても公…
>>続きを読む

これは、もう、アウト、かな。 朝日新聞から 法案作成関与の審議会に不適切データ提示 裁量労働調査  安倍晋三首相が裁量労働制に関する国会答弁を撤回した問題で、働き方改革関連法案の作成にかかわる厚生労働省の労働政策審議会に、不適切な調査データを含む資料が示…
>>続きを読む

森友学園の問題では、財務省が、加計学園の問題では、文科省が、そして、裁量労働制の法案では、厚労省が、それぞれ、混乱しています。 このまま、安倍政権が継続すると、日本の官僚機構には混乱が続く、と、心配しています。 官僚たち一人一人の人生や生活が大きく歪めら…
>>続きを読む

離陸直後にエンジン火災を起こし、基地に引き返して緊急着陸をするために、燃料の増槽タンクを空中投棄した、ということのようです。 NHKのニュースサイトから 米軍F16 エンジン火災で湖にタンク投棄 青森 20日午前8時半すぎ、青森県のアメリカ軍三沢基地に所属するF16戦…
>>続きを読む

憲法が党内の政治に弄ばれるようなことでは、と心配はしていますが、憲法問題は、政党内での自由な議論は必要と思いますので、石破氏の行動は支持しています。 なぜ、こんなことになっていくのか、といえば、やはり、安倍首相に一義的な責任がある、と、思います。 なぜなら…
>>続きを読む

昨日の国会審議で、加藤厚労大臣が野党の追及につかまってしまったようです。 安倍首相は、加藤勝信厚労大臣を更迭することができるでしょうか? 加藤氏は安倍首相の「お友達」政治家です。 東京新聞から 「裁量労働」と「一般」異なる基準 厚労相、11日後に報告  安…
>>続きを読む

民進党が3党の幹事長会談を呼びかけているようです。 幹事長というのは、選挙に関する調整業務など重要な党務を担当するポストと思いますので、幹事長会談というのは、選挙に対する戦略を練る、ということかと思います。 背後には、連合がいるのは間違いありません。 NHK…
>>続きを読む

安倍首相は、金メダルを獲得した選手に対して、祝福をしているようですが、違和感を感じます。 金メダルではない選手に対しては、という疑問と、また、スポーツの政治利用の匂いがするのと。 もし、金メダルを獲らなかったら、電話しなかったんですよね。 こういう、選手…
>>続きを読む

若狭氏自身も国会議員ではなくなりましたし、閉塾の選択肢もわかるのですが、他の議員が引き継ぐ、というようなこともないのですね。 安くはない入塾料を支払って受講し、中には、衆院選に出馬して落選した方もいるでしょうけれど、それは、うらんでも仕方ないもので、個々が…
>>続きを読む

颯爽と登場した小池氏ですが、今は、かなり色あせてしまったように感じますが、築地市場の移転問題について、明確な方針を示し始めたようです。 産経新聞から 「築地に市場つくらない」小池百合子都知事、業界側と意見交換  東京都の小池百合子知事は17日、豊洲市場(…
>>続きを読む

安倍首相は、国会審議が嫌いで、野党の理詰めの質問はもっと嫌い、だから、枝野氏は苦手でしょう。さらに、安倍首相は、女性議員の執拗な質問が嫌い、ですが、枝野氏は男性だから、そこは大丈夫か。 国会審議で、ごまかしたり、はったりやおどかしをしてもよい、また、嘘を…
>>続きを読む

政治的に追い込まれているトランプ大統領は、国外に敵を作ろうとやっきになっていますが、日本を名指ししての批判には、日本政府もきちんと抗議すべき、と、思います。 産経新聞から 防衛費負担「わずかな費用で不公正だ」 トランプ氏が日本など批判  トランプ米大統…
>>続きを読む

日本政府は、トランプ大統領の「殺人」ツィッターに、即刻、反論すべきです。 アメリカ第一主義、ここに極まれり です。 沖縄のアメリカ軍は、日本人の命や生活を、具体的におびやかしています。 あの戦争で、アメリカ軍は、東京の下町を焼夷弾で焼き払い、沖縄の土地を蹂…
>>続きを読む

もし、トランプ政権が、北朝鮮との対話を開始しようとしたら、安倍首相が率いる日本政府はどうするんでしょう。 それを止めようとしますか。 IOCのバッハ会長が北朝鮮を訪問するそうです。 「二階に上がった」安倍首相は「ハシゴを外される」のではありませんか? そして…
>>続きを読む

民進党から希望の党へ、という政変は、失敗に終わったわけですが、これは、政権側が憲法改正をねらっての、野党工作だったのかもしれない、と、思っています。 結果として、野党分断となり、衆院選で、棚ぼた式に、自民党は勝利したのですが、実は、これも想定外だったのか…
>>続きを読む

憲法にも書かれている会計検査をもごまかした、と、思っています。 もちろん、野党の質問に虚偽の説明をした、ということもありますけれど。 財務省の組織は、佐川氏を守りきれない、と、思われます。 まさか、証人喚問や、譲歩しての参考人招致、ということはないと思われ…
>>続きを読む

通常国会開会中の今のタイミングでの世論調査は、政治家たちにも影響を与えるものです。 佐川氏の国会召致は安倍首相サイドはさけたい、ということなら、辞表の提出、という形でお茶を濁す選択肢もありますが、それをすると、通常国会は乗りきれても、その後、国民の間に、…
>>続きを読む

安倍首相が信用できないのは、嘘をかたること、偽りを述べることに躊躇しないこと、です。 政治家としては、最大の問題だとわたしは思いますが、残念ながら、支持率が高い。 なぜか。 安倍首相の本当の姿をマスコミが伝えない、ということもありますし、ネットでのフェイ…
>>続きを読む

在日米軍は、明らかに、官僚主義に陥っており、組織防衛に走っている、と、思いますし、そもそも、日本政府や沖縄の人たちを軽視していることは間違いありません。 NHKのニュースサイトから 防衛相が不快感 オスプレイ部品落下 米軍は前日に紛失把握 小野寺防衛大臣は記…
>>続きを読む

安倍政権は、「大きな政府」志向ですので、これでは、財政規律が守れるわけがありません。 あ、ここで、岸田氏、登場、ですか。 なるほど。 NHKのニュースサイトから 国の借金 1085兆円で過去最大に 「国の借金」は去年の年末に1085兆円に達し、過去最大となりました。…
>>続きを読む

実は、その研究はすでにやっていました、というのは、シビリアンコントロールの危機だと思います。 あの戦艦大和の巨額の建造費をごまかしていた、旧日本海軍を思い出しました。 こんなことが許されていいのでしょうか。 ということは、少額の研究費などでは、公表できない…
>>続きを読む

安倍首相が、昨年、突然、憲法改正をビデオメッセージで言い出して、それから、憲法改正の論議が進められてきていますが、手順がおかしい、と、わたしは感じています。 まず、自民党は、あの憲法草案を引っ込めてはいない、と、記憶しています。 その憲法草案について、高…
>>続きを読む

旧民主党時代から、執行部との「遠心力」が、野党第1党の伝統かもしれませんが、その伝統は、希望の党に受け継がれているようです。 「排除」したのに、おかしいね。 朝日新聞から 希望・大串氏ら、民進に復党打診 会談に約10人出席  希望の党で執行部に距離を置く民…
>>続きを読む

安倍首相は、プーチン大統領と、北方領土の返還を約束できると、本当に思っているのか。 ロシアは、大統領選挙があり、領土を譲る政策を実行することは、ロシア国民の支持を得られないし、できない。 ロシアは、日本に返還した北方領土に、在日米軍が駐留することを容認し…
>>続きを読む

新聞社同士、いったい、なにをしているのか。 権力側におもねり、統治機構に都合のよい報道をすることが、マスコミの重要な使命ではなく、マスコミにとって、もっとも大切なことは、民主主義がきちんと機能し、より正しい結果を生み出すこと、だと思います。 マスコミが、…
>>続きを読む

あの戦争に、軍部が国を巻き込んで行った問題の原点は、北一輝が言い出した「統帥権干犯」問題や、「天皇機関説」排斥があった、と、思います。 いずれも、シビリアンコントロールや民主主義を否定する国家体制を作るものでした。 明治憲法のもとでも、民主主義が機能するこ…
>>続きを読む