島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 日本の政治

会わない理由、会えない理由は、総理大臣ですから、いくらでも列挙することができると思いますので、逃げた、という批判に対する反論は用意してあることでしょう。 判断するのは、私たち国民、有権者、ですけどね。 でも、攻められると弱い、というのは、安倍氏の基本にあ…
>>続きを読む

今日は、沖縄慰霊の日、です。 沖縄防衛のために派遣された海軍の司令官、大田実氏が、最後に、東京の海軍省次官に送った電報は大変、有名なものですが、改めて、紹介したいと思います。 大田氏が自決する直前の1945年6月6日午後8時16分に発信されたそうです。 Wikipedia…
>>続きを読む

石破氏らしい発言と思います。 ここが岸田氏との違い、になるかもしれません。 私は、今の自衛隊の規模は、すでに違憲状態と思っています。 現状追認のための憲法改正論議は、本末転倒な議論である、と、思っています。 NHKのニュースサイトから 自民 石破氏 憲法9条2項…
>>続きを読む

今回の獣医学部新設の話は、政府としては、街で犬猫病院を開業している獣医を増やしたい、のではなくて、畜産業に関わる獣医師、公的な責務を果たす獣医師、を、増やしたい、ということと説明されているように思います。 でも、今後、日本では、畜産業が拡大する、という…
>>続きを読む

安倍首相のお友達が経営する加計学園の岡山医科大学獣医学部の新設ですが、まだ、文科省の正式認可はおりていません。 この夏以降に、認可するかの審査が行われるのだそうですが、認可されない方向性が出てきたように思います。 今まで、新設が認可される方向で内定され、そ…
>>続きを読む

自衛隊が誇る最新の90式戦車、素晴らしい性能であると私も思っています。 大きな砲を搭載していますが、それでも、重心が高い、横転しやすい車体とは思えないので、現場の地形なども関係したのかもしれません。 お亡くなりになった隊員のご冥福をお祈りいたします。おそらく…
>>続きを読む

公明党が、連立与党として安倍政権を支えているから、乱暴な国会運営が可能になっている、と、私は思っています。 独裁とも言われる安倍政権は、高い内閣支持率(他の内閣よりよさそうだから が最多)、国会での圧倒的な多数、政治主導による官僚機構への締め付け、がその…
>>続きを読む

憲法の規定がありますから、野党が要求すれば、国会は開かれることになります。 与党としては、追い込まれるような形は避けたいでしょうから、交渉が水面下で行われていることでしょう。 どうなるか、しっかりとみておきたい、と、思います。 安倍内閣の存続そのものが、…
>>続きを読む

安倍内閣は、首相自ら、国民に対しウソをつき続けています。 乱発する閣議決定には、いくつも虚偽や真実の隠蔽がありますし、また、官僚たちにも、ウソを言うことを、真実を隠すことを求めています。 さらに、正直に話す官僚を脅し、人格を貶めています。 こんな政府は、…
>>続きを読む

萩生田氏は、私の好きな政治家ではありませんけれど。 安倍首相出身の派閥は、もともと、文教族の議員が多い、文科省とは蜜月の派閥なので、文科省の官僚たちが、安倍首相が追い込まれるような情報を出し続けている、いまの状況が不思議でなりませんけれども、やはり、文科…
>>続きを読む

経済同友会の小林代表幹事が、政権に苦言を呈したようです。 経団連ではないのですが、それでも、自民党にはプレッシャーになる、と、思います。 NHKのニュースサイトから 同友会代表幹事 加計問題は丁寧な説明必要 経済同友会の小林代表幹事は19日の定例の記者会見で、…
>>続きを読む

昨日、安倍首相は、国民に謝罪したのだそうです。 しかし 「『印象操作』のような議論に対して、つい強い口調で反論してしまう。」と述べたそうです。 印象操作って、なんですか。 つくづく、残念に思います。 昨日の会見で、安倍首相が、私たち日本人の代表としての人格…
>>続きを読む

乱暴な安倍政治を支えていたものは、マスコミが調査し発表する内閣支持率の高さ、だったのですが、それに陰りが出ているようです。 もう一つ、乱暴な国会運営を支えているのは、連立与党を組む公明党です。 いったん、離れた国民の支持が、戻ってくることはない、と、思いま…
>>続きを読む

マスコミが調査して発表する内閣支持率、という数字が、どのぐらいの正当性があって、私たちの民主主義の政治の仕組みのなかでどのような意味をもたせたらいいのか、正直いって、私はよくわかっていないし、また、この数字が独り歩きをすると、かえって、私たちの社会に危険…
>>続きを読む

自らの説明責任を放棄し、野党の批判を一蹴にしようとする姿勢は、その野党議員の向こう側にいる国民の反感を増やすだけになります。 「決められる政治」を期待する国民の支持を集めていたのだと思いますが、アベノミクスも、外交でもこれといった成果はないことが背景にあ…
>>続きを読む

防衛費をあげることが目的にあって、そのための理由を探しているだけに感じます。 今の自衛隊の装備をみれば、専守防衛には過大である、と、私は思っていますから、逆に、防衛費は削減できる、CDP比で1%を目安、ということでいいのではないか、と、思います。 NHKのニュ…
>>続きを読む

写真の艦船は、この事故とは無関係です。 怪我をした1名の乗組員の回復と、連絡がとれない、という7人の方々が元気であることをお祈りしています。 駆逐艦の右側面に、コンテナ船の船首がめり込むようにぶつかったようですが、ということは、駆逐艦が、コンテナ船の進路を…
>>続きを読む

若い頃からの友人で、一緒にゴルフをしたり、ミャンマーを公式訪問した時には、政府専用機にも一緒に乗ったり、昭恵夫人が名誉園長をしていたり、という親密な間柄の学校法人の理事長が、特区制度を使って、獣医学部を新設するという計画を持っているのに、安倍首相は、自分…
>>続きを読む

石破氏、野田聖子氏なども参加したそうです。 反安倍勢力が次第に形成されてきている、と、思われます。 朝日新聞から 自民40人が「脱アベノミクス」勉強会 経済政策を懸念  自民党内で安倍晋三首相に距離を置く議員を中心に結成した「脱アベノミクス」を考える勉強会…
>>続きを読む

議院内閣制のもと、衆議院が政党政治のメイン会場であることは当然なのですが、参議院はそのような場であってはならない、「良識の府」と呼ばれる再考の場でなければ、衆議院のカーボンコピーと揶揄され、その存在意義すら問われることになる、と思います。 そういう意味で…
>>続きを読む

もともと、議員数で劣勢の野党側には、戦う術の選択肢はあまりありません。 内閣不信任案の提出が最後のカード。 与党側は、早く、内閣不信任案を提出させて、野党側の切り札を使わせようと、あの手この手でゆさぶりをかけています。 委員会審議をすっ飛ばして、本会議で…
>>続きを読む

会期末がせまる国会で、なんだか、与党側の焦りのようなものを感じるのですが、なにか、ものすごい疑惑があるのでしょうか? それを国会の場で討議することを防ぐために、隠蔽するために、「共謀罪」法案の採決を急いでいる、ということでしょうか?…
>>続きを読む

結局、文科省が文書の再調査を行うことを決定した、というのは、週末に行われることがわかっていたNHKの世論調査で、内閣支持率が低下することを危惧した安倍首相の判断だった、ということでしょうか。 安倍首相が恐れているものは、国会や野党のことはほとんど関係なくて、…
>>続きを読む

嘉手納基地で、パラシュート降下訓練ができるのであれば、そもそも、普天間基地のアメリカ海兵隊基地を、嘉手納のアメリカ空軍基地に統合する案も可能ではないのか、という疑問がわいてきます。 あのとき、嘉手納には空軍のジェット機が離発着し、普天間の海兵隊はヘリコプ…
>>続きを読む

お亡くなりになった12日は、92歳の誕生日だったそうです。 あの、アメリカ米兵3人による女子小学生への暴行事件は、大変な驚愕をもって、沖縄だけでなく、日本も、また、アメリカでも受け止められました。 あのときの沖縄県知事。 大変なことだったろう、と、思います。 …
>>続きを読む

もともと、安倍首相は、国会審議が大嫌い、ですから、早く閉じたい、という心理が生まれるのでしょうけれど、疑惑に対する説明が不十分であるから、突っ込まれるので、問題を指摘する野党議員を批判していればよい、その場である国会を予定通り閉じてしまえ、ということでは…
>>続きを読む

辺野古新基地工事に反対する沖縄タイムス社の新聞記事からですが、これは、官僚OBを含んだ不正入札の構図があるのでしょうか。 この問題は、辺野古新基地問題で明らかとなった沖縄問題と、アメリカ軍関係の工事での利権、それに、沖縄県と政府との関係を巻き込んだ問題に発…
>>続きを読む

「(内容が)正しいかどうかは、その次の話」と、萩生田光一官房副長官が発言したそうです。 もともと、その政治信条や価値観が、私のものとは全く合わない政治家なので、特に、びっくりもしていませんが、このタイミングでそのような発言をすることには驚きます。 詭弁を…
>>続きを読む

EU離脱の英国、トランプ大統領が選ばれた米国、の様子をみていますと、国が混乱している、というイメージがありますが、これは、民主主義をきちんと行うために起きていること、つまり、民主主義での方針決断のためには、情報の公開とそれを受けて議論するための時間、が、必…
>>続きを読む

会期末を控え、与党側は、共謀罪の会期内での成立は困難、と、判断したようです。 公明党内に、消極的な反対論が水面下にある、と、感じますが、自民党内にも微妙な空気があるのかもしれません。 公明党は、国会会期の延長に同意するでしょうか? また、会期延長するため…
>>続きを読む