島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 日本の政治

アメリカ軍が、即座に行動するだろう。 特殊部隊が、沖縄県庁や警察、それにテレビ局、新聞社、銀行などを強襲し、あっと言う間に制圧して、実権を握るだろうと思います。 民衆がおしかけて、小競り合いが起きることでしょう。 虐殺が起きるかもしれない。 発足する統治機…
>>続きを読む

安倍首相が、安保法制によって、改憲の必要性がなくなった、と、感想をもらしたことが言われています。 ならば、やっぱり、あの安保法制は、今の憲法に違反する内容であることを示している、と、思います。 と、同時に、安倍首相の憲法改正の意欲は、日本人の独立心とか、…
>>続きを読む

独裁とも批判される安倍内閣の「暴走」を後ろ盾しているのは、まぎれもなく公明党である、と、思います。 今の日本の政治状況が、混迷している理由の一つに、公明党の無節操さがある、と、私は思います。 公明党は、都議会選挙では、自民党不利、とみて、小池都知事に擦り…
>>続きを読む

原子力規制委員会が、その名前に反して、あまり規制力を発揮していないのではないか、と、危惧を持っていますが、「常陽」については、その申請書の内容が姑息なものであって、不誠実だとして、審査が保留となっています。 審査が、形式的な、後追い的に追認するだけのプロ…
>>続きを読む

古屋氏は、安倍首相の応援団、ですのでね。 ポスト安倍をめぐり、自民党内が波立ってきました。 イエスマンたちに負けず、石破さん、がんばってください。 読売新聞から 改憲案、唐突ではない…石破氏批判に古屋氏反論  自民党の古屋圭司選挙対策委員長は20日、札幌市…
>>続きを読む

私たちは、あの大戦争のあと、軍備をつかって、他国をけん制すること、はしない、と、世界に誓ったのではないか、と、思っています。 「専守防衛」の自衛隊の、今の装備は、その範囲を超えている、と、私は思っています。 つまり、今の自衛隊は憲法違反の存在になっている…
>>続きを読む

自民党がしきってきた都議会を批判するのは当然としても、安倍内閣の政権批判を明確にするかどうか、が、試金石とは思いますが、いずれにしても、自民党籍を残したまま、ということでは、選挙が終われば、元に戻るのでは、という不安が残ります。 自民党も自民党だと思いま…
>>続きを読む

アベノミクスの三本の矢、もう、誰も、その三本目の矢が飛んだ、とは感じていないと思いますけれど、実際のところ、加計学園にはあったのかもしれません。 しかし、国の経済を好転させるという、大きな公約が、結果として、首相の友人の学校法人に便宜をはかった、というこ…
>>続きを読む

30時間審議すれば、十分に審議した、という基準は、どこから出てくるのでしょう。 安倍首相は、そもそも、国会を軽視し、野党をなめているので、こんなことがまかり通るのでしょう。 でも、最大の問題は、それを許容している国民にある、と、私は心配しています。 戦前の日…
>>続きを読む

小さな政党よりも、多数の国会議員を集めているのですが、その代表の座を降りることになるのだそうです。 派閥というのは、そのリーダーの所有物のようなところがありますから、特に、細野氏が会長をやめたら、その派閥の存在目的自体がなくなってしまう、という気がします…
>>続きを読む

官僚機構として考えるとわかりやすいと思います。 日本の地震学研究は、お金を出すところ、と、お金を使うところ、が、制度化されているようなところがあり、固定化されているので、簡単にやめることはできない、ということだと思います。 あの、東北の大震災を予知すること…
>>続きを読む

BPOがどのような結論を出すのか、しっかりと経過をみておきたい、と、思います。 このようなテレビ番組を報道しても、沖縄の基地問題の解決からは遠ざかるばかり、さらに、複雑化するだけ、だと思います。 マスコミ、ジャーナリスズムとしての社会的使命に背を向け、責任を…
>>続きを読む

そうではなく、安倍首相が、イエスマンしか寄せ付けない、ということかと思います。 リーダーの資質の問題、ということか。 首相の意を受けた内閣府や官邸スタッフが、他の省庁に号令をかけて、政策を歪める、ということが行われてきたのだろう、と、思われます。 そもそ…
>>続きを読む

がんばれ、蓮舫民進党、と、言いたいところなのですが、参議院議員である蓮舫氏を党の代表に選んだ、岡田氏の対応には、やはり疑問を感じざるを得ません。 蓮舫氏を衆院議員にしてから、または、民進党の衆院議員にも、総理大臣を担当できるような人材はあるので、そちらに…
>>続きを読む

自民党内で、目に見える形での「良心」と感じます。河野太郎氏と船田元氏ですかね。 河野太郎氏、がんばっておられるとは思いますが、結局、どの文書が「重要」と、誰が判断するのか、その責任を誰が負うのか、という問題だと思いますけれど。 河北新報から 自民、重要文…
>>続きを読む

もう、上場廃止の基準を満たしている、と、思われます。 早く、楽にしてあげたい、とさえ、私は感じます。会社は、実質、分解されていますし。 実は、東芝問題は、政治問題である、と、思います。 NHKのニュースサイトから 東芝 決算発表を延期へ 9500億円の最終赤字見…
>>続きを読む

民進党の野田幹事長の存在感が増している、と、感じています。 政治家は、優先順位の決定のため、妥協や調整が仕事だとも言えるのですが、そこに、ゆるぎない信念や価値観、政治信条がないと、信用されません。 安倍首相は、そこがしっかりしていない、と、思います。 河…
>>続きを読む

政権運営につまづきがあるのでしょうか。 拙速な改憲促進の提案、その背景になにがあるのか。 そもそも、自民党が出している憲法草案にも、憲法9条の加憲の内容はありません。つまり、安倍首相の提案は、党内の論議を丁寧に行ったものではない、ということになります。 安…
>>続きを読む

安倍首相は、「公私混同していました」と、国民にきちんと謝罪すべき、と、思います。 5人もの国家公務員を専任につけていること自体が異常なことと思います。 それとも、まだまだ、詭弁を弄するつもりでしょうか。 朝日新聞から 昭恵氏に同行の職員、出張書類なし 「…
>>続きを読む

写真は、オスプレイ、ですが、今回の夜間バラシュート降下訓練では、別の機材が使われたようですので、無関係です。 沖縄県側の抗議に対して、国側の機関である、沖縄防衛局の中嶋局長も、事前にアメリカ軍からの説明がなかった、と発言したようです。 そもそも、アメリカ…
>>続きを読む

副大臣会議であった発言について、政府の発表後、訂正があったようです。 波紋の大きさに驚いて、発言者への責任を問う声があったのか、とも感じますが、政治家の矜持の問題とも、私は感じます。 政治家は、自分の言葉に責任を持たねばなりません。 それが、政府内の公式な…
>>続きを読む

結局、安倍首相と小池氏が会談して、話をつけていくことになりましたが、どうしてこんな事態になったのかといえば、オリンピック組織委員会が主体的な動きを見せていないから、です。 つまり、組織委員長である森喜朗氏がしっかりとその責任を果たせていないから、だと思いま…
>>続きを読む

絶大、とも言われた、安倍首相の求心力ですが、次第に低下してきた、と、感じます。 今後をうらなうには、二階氏、菅氏、の動きをしっかりと見ておかねばなりません。石破氏、岸田氏、それに、小池都知事か。残念ながら、蓮舫氏ではないかねえ。 河北新報から 首相の改憲…
>>続きを読む

公正な選挙は、民主主義の制度の骨幹となるもので、大変重要なこと、です。 人口の変動があることと、自治体の合併などもあったので、選挙区の見直しは急務とされています。 選挙区の区割りを見直しすることはとても大切なことですが、どうしても、既存の議員や政党に有利…
>>続きを読む

カジノの構想が次第にまとまってきているようです。 本当に、この国にカジノを認可するつもりのようです。 その国の姿は「美しい」のでしょうか? 公明党も、与党病にかかっているようで。残念です。 東京新聞から カジノ区域、2020年にも認定 政府、2~3カ所想定か …
>>続きを読む

日本政府のシビリアンコントロールの問題とも感じるのですが、自国の自衛隊への支出ではなくて、アメリカのCIAへの支出、というところが、複雑に感じます。 スノーデン氏のことを描いた映画では、このような情報通信機器の活用により、アメリカCIAや軍は、世界の様々な情報…
>>続きを読む

築地市場問題で、守勢に立たされる形成の小池都知事、別の政治テーマを提示してきました。 こういうところは、さすがだな、と、思います。 受動喫煙の規制問題、東京都内で独自条例ができれば、かなりのインパクトがある、と、思います。 朝日新聞から 小池知事、屋内禁…
>>続きを読む

もし、自衛隊の存在が、いまの憲法と合わないのであれば、それは、政府が憲法違反の政策を行ってきたことを意味するのではないか、と、私は思います。 安倍首相の発言が、どのぐらい、憲法について研究したことを反映しているのか、大いに疑問があります。 NHKのニュース…
>>続きを読む

上場廃止を決定することがルール、だと思います。 どこかに「忖度」している、のではありませんか、東京証券取引所は? でも、法治国家ですからね。この国は。 読売新聞から 東芝、本決算も「承認なし」…月内発表で調整  東芝は2017年3月期連結決算を、監査法人から…
>>続きを読む