島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 人種差別

これは、スラップ訴訟のようなものですから、敗訴は当然なのですが、それでも、このような判決が出たことに胸をなでおろす感じがしています。 裁判を起こすことで、相手の発言を封じる目的があります。 それにしても、トランプ大統領やドイツの総選挙の結果もふくめ、人類…
>>続きを読む

トランプ大統領やその支持者ががめざす国家像は、様々な人種が統合された国の形とはかなり違うように思います。 大統領選挙の結果に伴う、社会の混乱は、まだまだ続きそうです。 NHKのニュースサイトから トランプ大統領 アメフト選手非難で波紋広がる アメリカのプロフ…
>>続きを読む

私たちの国の行政組織が、人種差別や女性蔑視のような価値観が横行しているのであれば、それは、大変な問題と思います。 特に、難民審査や外国人の入管審査など、絶大な権限を背景に、このような恥ずべきことが行われているとしたら、とても残念に思います。 法務大臣が女性…
>>続きを読む

トランプ大統領のすることを全て支持し、容認する、という共和党議員はあまりいない、ということでしょうか。 是々非々、なのかな。 議員内閣制の日本とは違い、アメリカの大統領と議会との関係は、なかなか、興味深いものがある、と、思います。 河北新報から 白人至上…
>>続きを読む

トランプ政権が、その支持率と求心力低下のため、軍や警察という実力組織の官僚機構のいいなりになる、という構図がはっきりしてきたのではないか、と、思います。 同時に、オバマ大統領がすばらしい大統領であったことを、皮肉にも、トランプ大統領が教えてくれているよう…
>>続きを読む

人種差別を公言する政治家が、アメリカ合衆国の大統領に選ばれたこと自体が、この問題の根源にあります。 というか、それ以外にはありません。 トランプ氏が大統領の座にあり続けるつもりであるなら、自らの発言を撤回して詫びるなどの、きちんとしたけじめが必要と思います…
>>続きを読む

まずは、ツイッター政治をやめるべき、と、私は思っています。文字数が少なく、一方的なメッセージにもなりやすいので、説明責任を十分に果たすことができない、からです。 また、演説で、聴衆が喜ぶようなリップサービスのような過激な発言も控えるべき、と、思います。 …
>>続きを読む

トランプ大統領自身は、世界で一番力がある、と、言われる、アメリカ合衆国の大統領の椅子を明け渡すつもりはないだろう、と、思います。バノン氏を切ったことがそれを表していると思います。 ということは、これから、トランプ大統領は、選挙期間中の奇抜な公約の実現はあ…
>>続きを読む

「大統領に必要な道徳が備わっていない」という理由で弾劾を求める声が出ているそうです。 しかし、あれほどの選挙戦をしながら、「道徳が備わっていない」人物が大統領に選出される、というのは、制度上になにか問題があるとみるべきでしょうか? 他山の石、としたいと思…
>>続きを読む

大統領選挙選で、トランプ大統領が主張した、突飛な非現実的な政策の多くは、やはり、現実には実行不可能なことのようです。 そして、トランプ大統領が示す、一番アメリカ合衆国の大統領にふさわしくないと思われる、人種差別を容認するような考え、が、大統領としての適格…
>>続きを読む

アメリカ合衆国という国も、理想の国ではありません。 未解決なままの、いろいろな問題が存在し、常に人々が苦悩し、苦しんでいます。他の国々と同じように。 オバマ大統領は、存在し続けている問題を看過せず、そのいくつかを解決に導こうとしましたが、うまくできたもの…
>>続きを読む

あのガンジーを思い出しますが、暴力はいけない、ということであるなら、双方に冷静さが必要、とは思います。 でも 人種差別に反対の側が、そもそも、白人を排除するような主張をすることはないことを確認する必要があります。 つまり、ことの始まりは、白人至上主義の側に…
>>続きを読む

国民の支持率低下に悩む政治家が、それを一気に挽回する方法として、安易に選択しがちなのが、国外に敵を作り出すこと、です。 戦争となれば、特に。 ブッシュ大統領のときも、低い支持率が問題となっていたのですが、「9.11」が発生して、一気に支持率があがりました。 …
>>続きを読む

アメリカで、人種差別に関して、大きな衝突があったようです。 群衆の中へ、自動車で突っ込み、1人の方が亡くなったようです。 そして、衝突と直接関係あるのかどうかわかりませんが、警察のヘリコプターが墜落し、2名の警察官が死亡したそうです。 トランプ大統領を批判す…
>>続きを読む

偏狭なナショナリズム、国粋主義から、この国の国民を、住民を開放していかねばならない、と、私は思っています。 歴史を学べば、そういう考え方が、不幸な戦争、人種差別、民族浄化などの引き金になってきた、ということを知る、と、私は思っています。 この国には、様々…
>>続きを読む

これは、最高裁まで戦っていますが、いわゆるスラップ訴訟だと思います。 結果として、稲田氏の敗訴が確定しています。 弁護士資格も持つ稲田氏ですが、週刊誌を相手に。このような裁判をしているようでは、政治家としての誠実さ、謙虚さ、には、欠ける、と、私は感じます…
>>続きを読む

最高裁の判事の構成が、共和党側にシンパシーを感じている保守的な考え方の裁判官が増えたのなら、最高裁で逆転できるのかもしれませんけれども。 混乱が続いています。 朝日新聞から トランプ氏の入国禁止令、連邦控訴裁も執行停止を支持  中東・アフリカ6カ国の国民…
>>続きを読む

そもそも、アメリカは移民の国ですから、トランプ政権の政策は、矛盾に満ちたものだと思います。 もちろん、民主主義ですから、それを支持する有権者国民が多数いる、ということですけれど。 内政の行き詰まりは、外交、いや、戦争ですか。 NHKのニュースサイトから 聖域…
>>続きを読む

化学兵器を巡って、第二次大戦中の話が出ています。 ヒトラーが率いるナチスドイツは、戦場では、化学兵器を使わなかったのかもしれませんが、後方の収容所では、ガス室で、ユダヤ人の虐殺を行っていた、というのは、歴史的事実です。 そのことを、イスラエルだけでなく、…
>>続きを読む

これも、トランプ大統領は、「フェイクニュース」と、批判するのでしょうか。 どうしようもないので、最近、娘のイバンカ氏の存在がクローズアップされてきました。 周囲が「御し易い」と、評しているのかもしれません。 河北新報から トランプ氏、支持率36% 就任後最…
>>続きを読む

人種のるつぼ、とも言われるアメリカ合衆国では、人種間の争いが先鋭化しそうな判断は、行政も裁判所も行わない、と、感じています。 慰安婦像を撤去するべき、という判断を下すと、その後がなかなか大変です。人種問題にすり替わると怖いです。 ということは、歴史修正主…
>>続きを読む

新たな大統領令も、即時に、裁判所からの執行停止の仮処分が出されました。 権力を分散し、互いに牽制させ合うこと、が、人権擁護には大切であることがよくわかります。 NHKのニュースサイトから 米入国制限の大統領令 執行停止に ハワイ州の連邦地裁が仮処分 アメリカ…
>>続きを読む

オバマ大統領の「善政」が、トランプ大統領によって、どんどん、覆されています。 残念でなりません。 NHKのニュースサイトから 米パイプライン建設再開 国連特別報告者が懸念表明 アメリカのトランプ大統領の指示で再開された先住民族の居留地近くを通るパイプラインの…
>>続きを読む

ヨーロッパの盟主となっているメルケル首相が、アメリカを訪問するそうです。 移民問題や経済の保護主義、について、根本的に相容れない両者である、とは思うのですが、どんな会合になるか、しっかりとみておかねばなりません。 私の予想としては、トランプ大統領は、自ら…
>>続きを読む

幼稚園の教育内容について、大阪府が調査に入るようです。 ところで、小学校のほうは、4月に開校する予定で、工事が進められていますが、間に合いますか。 毎日新聞から 森友学園「安倍首相がんばれ」調査 大阪府  森友学園が運営する塚本幼稚園(大阪市淀川区)で、…
>>続きを読む

安倍首相は、「歴史修正主義者」ではないか、と、ニューヨークタイムスをはじめ、欧米の報道機関から疑いの目をもたれているところです。 このたびの、大阪豊中の国有地格安売却の問題で、土地を買い取った森友学園が、大阪で運営している塚本幼稚園の教育内容や、また、こ…
>>続きを読む

日本の国会では考えられない事態と思います。 日本の野党、なかなか、肝が座らないのは、移ろいやすい国民性がある、と、思います。 共産党以外ね。 共産党は、しっかりと支持者たちがいて、その組織がしっかりしているから。 河北新報から 米大統領来訪 英野党が反対「…
>>続きを読む

トランプ大統領が、イスラエルのネタニヤフ首相と共同での記者会見で、 「2カ国でも、1カ国でも、自分はどちらでもいい」 と、述べたことが、大きな反響をひろげています。 一つの国しか認めない、と、すると、片方の民族を、二級市民扱いとする、か、あるいは、他国に分散…
>>続きを読む

トランプ政権の船出は、なかなか、出港前から波乱万丈です。 もともと、労働者の権利保護には消極的な方のようで、その起用に批判も多かったようです。 読売新聞から 不法移民雇用疑惑が浮上…米労働長官指名を辞退  トランプ米大統領から労働長官に指名されていたアン…
>>続きを読む

もともと、国々の総意となりやすい国連と、大国アメリカの意向とはぶつかりあうことが多いのですが、特に、パレスチナ問題では、国連は、中東やイスラム諸国の支援を受けるパレスチナの側に立ちやすいので、イスラエル寄りになるアメリカとぶつかります。 だから、珍しいこ…
>>続きを読む