島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 人種差別

化学兵器を巡って、第二次大戦中の話が出ています。 ヒトラーが率いるナチスドイツは、戦場では、化学兵器を使わなかったのかもしれませんが、後方の収容所では、ガス室で、ユダヤ人の虐殺を行っていた、というのは、歴史的事実です。 そのことを、イスラエルだけでなく、…
>>続きを読む

これも、トランプ大統領は、「フェイクニュース」と、批判するのでしょうか。 どうしようもないので、最近、娘のイバンカ氏の存在がクローズアップされてきました。 周囲が「御し易い」と、評しているのかもしれません。 河北新報から トランプ氏、支持率36% 就任後最…
>>続きを読む

人種のるつぼ、とも言われるアメリカ合衆国では、人種間の争いが先鋭化しそうな判断は、行政も裁判所も行わない、と、感じています。 慰安婦像を撤去するべき、という判断を下すと、その後がなかなか大変です。人種問題にすり替わると怖いです。 ということは、歴史修正主…
>>続きを読む

新たな大統領令も、即時に、裁判所からの執行停止の仮処分が出されました。 権力を分散し、互いに牽制させ合うこと、が、人権擁護には大切であることがよくわかります。 NHKのニュースサイトから 米入国制限の大統領令 執行停止に ハワイ州の連邦地裁が仮処分 アメリカ…
>>続きを読む

オバマ大統領の「善政」が、トランプ大統領によって、どんどん、覆されています。 残念でなりません。 NHKのニュースサイトから 米パイプライン建設再開 国連特別報告者が懸念表明 アメリカのトランプ大統領の指示で再開された先住民族の居留地近くを通るパイプラインの…
>>続きを読む

ヨーロッパの盟主となっているメルケル首相が、アメリカを訪問するそうです。 移民問題や経済の保護主義、について、根本的に相容れない両者である、とは思うのですが、どんな会合になるか、しっかりとみておかねばなりません。 私の予想としては、トランプ大統領は、自ら…
>>続きを読む

幼稚園の教育内容について、大阪府が調査に入るようです。 ところで、小学校のほうは、4月に開校する予定で、工事が進められていますが、間に合いますか。 毎日新聞から 森友学園「安倍首相がんばれ」調査 大阪府  森友学園が運営する塚本幼稚園(大阪市淀川区)で、…
>>続きを読む

安倍首相は、「歴史修正主義者」ではないか、と、ニューヨークタイムスをはじめ、欧米の報道機関から疑いの目をもたれているところです。 このたびの、大阪豊中の国有地格安売却の問題で、土地を買い取った森友学園が、大阪で運営している塚本幼稚園の教育内容や、また、こ…
>>続きを読む

日本の国会では考えられない事態と思います。 日本の野党、なかなか、肝が座らないのは、移ろいやすい国民性がある、と、思います。 共産党以外ね。 共産党は、しっかりと支持者たちがいて、その組織がしっかりしているから。 河北新報から 米大統領来訪 英野党が反対「…
>>続きを読む

トランプ大統領が、イスラエルのネタニヤフ首相と共同での記者会見で、 「2カ国でも、1カ国でも、自分はどちらでもいい」 と、述べたことが、大きな反響をひろげています。 一つの国しか認めない、と、すると、片方の民族を、二級市民扱いとする、か、あるいは、他国に分散…
>>続きを読む

トランプ政権の船出は、なかなか、出港前から波乱万丈です。 もともと、労働者の権利保護には消極的な方のようで、その起用に批判も多かったようです。 読売新聞から 不法移民雇用疑惑が浮上…米労働長官指名を辞退  トランプ米大統領から労働長官に指名されていたアン…
>>続きを読む

もともと、国々の総意となりやすい国連と、大国アメリカの意向とはぶつかりあうことが多いのですが、特に、パレスチナ問題では、国連は、中東やイスラム諸国の支援を受けるパレスチナの側に立ちやすいので、イスラエル寄りになるアメリカとぶつかります。 だから、珍しいこ…
>>続きを読む

事前の調整など、手続きが拙速だった、と、ケリー国土安全保障長官が議会で証言したようです。 また、7つの国は、イスラム教だから、ということではなくて、テロ支援国家であったり、政府が機能していない「失敗国家」だからだ、との説明をしました。 トランプ大統領が頻用…
>>続きを読む

ワシントン州の連邦地裁は、大統領令について憲法違反と判断したようです。 混乱が続いています。 NHKのニュースサイトから 入国禁止の大統領令差し止め命じる ワシントン州連邦地裁 中東やアフリカの7か国の人の入国を一時的に禁止することなどを命じたアメリカのトラ…
>>続きを読む

有名なカリフォルニア大学バークレー校(UCB)で、トランプ大統領を支持する講演会が計画されていましたが、人種差別的な発言を繰り返していた方が講演するということで、反対派がデモを行い、最終的には、警察が介入する事態になった、ということだそうです。 講演会は中止…
>>続きを読む

トランプ大統領がやっていることは、かなりむちゃくちゃ、です。 これから、アメリカのトランプ大統領を中心に、世界は、どうなっていくのでしょう。 それでも、オーストラリアのターンブル首相は、冷静な対応をしていますね。 見習いたいものです。 フィリピンの大統領と…
>>続きを読む

今、政権交代期のため、アメリカ政府は混乱が続いています。 現在の司法長官代理は、オバマ大統領のときに起用された方だそうで、トランプ大統領が司法長官に指名したセッションズ上院議員が連邦議会で承認されるまで、が、任期だそうです。 トランプ大統領が、その政権人…
>>続きを読む

安倍首相は、日米同盟のことを語るときには、以下のフレーズをよく使います。 「自由と民主主義を守る普遍的価値観を共有する」 ならば、トランプ大統領の失政には、しっかりと意見をいうことが、盟友としての責務ではないか、と、私は思います。 言うべきときにきちんと意…
>>続きを読む

特区では、家政婦のほか、農業分野でも、外国人の受け入れを拡大するそうです。 日本社会の貧富の差の拡大を感じさせるニュースとも思います。 ただ、人種差別にならなければ、と、願っています。 いっそのこと、難民や移民を本格的に受け入れていくのはどうでしょうか。 …
>>続きを読む

トランプ次期大統領、かなりの不人気のようです。 人格的にも、アメリカの歴代の大統領とはかなり異なるイメージですね。 ロシアに弱みを握られているところが、最大のウイークポイントか。 不人気であることから、大統領としての役割を果たすために、人気を得るような政策…
>>続きを読む

2015年におきた事件のようです。 人種差別の問題はとても根深く、また、銃規制の問題も絡み合い、素晴らしいオバマ大統領のもとでも、このアメリカの社会病理は解決には程遠い、と感じています。しかも、トランプ大統領。 でも、この司法省の決定自体が、解決の道への一歩…
>>続きを読む

トランプ氏の大統領就任が近づき、メキシコとの国境に壁を築く、その費用はメキシコに負担させる、イスラム教徒は入国させない、などの過激な公約の行方が話題になっていますが。 反トランプ側は、国境の壁には反対なわけで、トランプ氏がその公約を実行しない方がいいわけ…
>>続きを読む

アンケート調査の内容をみなくても、その結果はわかるような、そんなアンケートの計画ですが、つまり、それだけ、法務省は本気である、ということと期待したいと思います。 NHKのニュースサイトから 法務省 外国人への差別の実態 全国調査へ 法務省は日本で暮らす外国人…
>>続きを読む

トルコが、さらに荒れそうです。 正当な選挙で選ばれた議員を、政府が、政治的な目的で拘束するなど、民主主義国家とは言えません。 拘束の理由を明かさないことは、さらにいけません。 権力の行使には、その説明責任が必要なのです。 他国の悲劇をみながら、民主主義とは…
>>続きを読む

今日は、第一回のテレビ討論の日だそうですね。 ニューヨークタイムスは、もともと、リベラル系なので、民主党系の候補を支持するのは当然なのですが、トランプ氏が、現代アメリカ史上最悪の候補者だと酷評しているそうです。 原文:We will explain in a subsequent editor…
>>続きを読む

オバマ大統領の苦悩は続きますね。 結局、その在任期間中に解決への道筋は見つけることができなかった、ということになりますでしょうか。 人種問題、銃規制問題。 アメリカの警察官の公務執行では、ビデオ撮影が行われるのが当然のことのようになっていますが、それでも、…
>>続きを読む

アメリカ合衆国という国が、誰によって形成されている社会なのか、ということを考えれば、白人だけ、ということはありえず、トランプ氏の主張が的外れであることは明白である、と、思っています。 そもそも、現大統領のオバマ氏は、白人ではありませんし。 とってつけたよう…
>>続きを読む

しっかり、議論してもらえればいいとも思うのですが、そもそも、議論する余地のない論点ではないか、と、思うのです。 トランプ氏、メキシコの大統領と会談した、とのことで、このことは封印したのか、と、思えば、アメリカ国内に戻って、アリゾナ州で、早速、国境の壁、費…
>>続きを読む

メキシコの大統領が、よく会談に応じたものだ、と、驚いていますが、とりあえず、トランプ氏は、メキシコの大統領と会談をしたそうです。 会うことはいいことです。 国境に壁を作る、その費用はメキシコに払わせる、という主張はしなかったようです。 読売新聞から トラ…
>>続きを読む

アメリカの白人の意識には、黒人男性に対する恐怖心がある、のではないか、と、感じています。 白人や東洋人が容疑者の場合、走って逃げる容疑者の背後から、数十発の銃弾を発砲することはない、と、想像します。 河北新報から 丸腰の黒人青年に十数発 警官発砲ビデオ公…
>>続きを読む