島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 人権問題

離党するだけ、では、収拾つかない、と、思います。 とりあえず、都議選で、一敗地に塗れるまで負けることがないと、安倍首相サイドには伝わらない、だろうとは思います。 そして、自民党の河村建夫代議士によれば、男性の代議士なら、あんな議員は、いっぱいいる、のだそう…
>>続きを読む

安倍首相は、どんな形であれ、国会で採決し可決成立したら、法律として100%使える、と、思っているかもしれませんが、それは、法律や政治をきちんと学んでいないことを露呈することになると思います。 このような乱暴な成立過程を経た法律は、きちんと国民に説明をして理解…
>>続きを読む

国民の権利を幅広く制限するおそれがあり、また、警察権力や国家権力の拡大をもたらすことを心配する声がある法律案を、奇策で通すようなことが、許されるのでしょうか。 東京新聞から 与党、「共謀罪」成立強行へ 野党、内閣不信任案は否決  自民、公明両党は15日早朝…
>>続きを読む

菅官房長官は、「法治国家」という言葉を使ったようです。 しかし、あまりにバランスが悪い話だと思います。 文書はない、確認できない、と、虚偽のことを述べたり、隠蔽に加担したりした官僚にはお咎めないのに、文書がある、と、正直に話した官僚が処罰されるようでは、正…
>>続きを読む

安倍内閣が、その乱暴な国会運営を可能にしているのは、連立与党を組む公明党の支持があるから、だと思います。 そういう意味では、公明党の責任は大変重大なものがある、と、私は思っています。 国会会期の延長をしないのであれば、逆算すると、 16日金曜日に参院本会議で…
>>続きを読む

都議選を控え、公明党は国会会期の延長には慎重なのだそうです。 しかし、その公明党が10日間程度であるなら、国会会期の延長を容認するようです。 安倍政権の乱暴な国会運営を支えているのが、公明党である、ということがここからもわかってきます。 河北新報から 国会…
>>続きを読む

結局、捜査機関側の恣意的な判断で、捜査対象、通信傍受対象が決められる、ということになるのだろうと、思います。 いま、共産党は、公安警察の監視対象になっていると思いますけれど、大分で起きた事件でも感じるように、労働運動をしている団体も警察の監視対象になって…
>>続きを読む

自民党の船田氏は、孤軍奮闘しているのかしら。 それとも、自民党内にいるリベラル派議員たちの代弁をしているのかしら。 いずれにしても、「唇寒い」今の自民党内で、大変、勇気ある発言を繰り返しておられる、と、思います。 眞子様のご婚約の話が、この女性宮家のことと…
>>続きを読む

浅田次郎氏は、大変、尊敬する作家です。 がんばってください。 国会内で少数の野党の法案成立への阻止活動を勇気付けるために、国会外でしっかりと支援していきたいと、思います。 NHKのニュースサイトから 「国際ペン」会長 「テロ等準備罪」新設法案に反対声明 参議…
>>続きを読む

菅官房長官については、私の価値観とは合わない政治家、と、確信していますが、でも、その政治手腕については、すごい人だなあ、と、感心するところがあります。 安倍首相はもうもたないと思いますが、菅官房長官が泥船の安倍首相と一蓮托生する必要はない、と、思います。…
>>続きを読む

野党が、国会では少数であっても、国民が広く支持すれば、法案の審議をストップさせることは可能と思います。 自民党側は「決められない政治」と批判すると思いますが、 「思うがままに決める政治」と、どっちがいいか、という問題と思います。 人権に敏感なはずの公明党の…
>>続きを読む

先例になるに決まっているではありませんか。 それを、どうして、安倍政権は、グズグズと抵抗しているのか、と、苛立ちを感じます。 日本国民の統合の象徴である天皇をないがしろにしているのは、どっちだ、と、言いたいです。 あとは、「女性宮家」「女性天皇」「女系天皇…
>>続きを読む

官房長官である菅氏が、その記者会見で、前川前文科省事務次官を個人攻撃したこと、本当に醜悪な姿だった、と、思います。 その情報をどうやって収集したのか、そして、その情報をどのように「活用」しようとしたのか、きちんと知らしてもらいたい、と、私は思います。 自分…
>>続きを読む

金田法務大臣が答弁で述べたそうです。 質問者は、自民党や日本維新の会の議員ですので、法相がそのような答弁をした、ということは、衆院での審議とは異なり、参院では審議をどんどん進めていくことになっている、ということであり、残りの短い期間で、一気に成立へ持ってい…
>>続きを読む

きっと、天皇陛下は、民進党の野田幹事長の尽力に勇気を感じているのではないか、と、思います。 しかし、まだまだ、巻き返しがあると思います。 野田幹事長、がんばってください。 読売新聞から 付帯決議「女性宮家検討」明記へ…自民受け入れ  佐藤勉衆院議院運営委…
>>続きを読む

これは、国連の「内政干渉」なのか、それとも。 よい世界を実現すること、そのために必要なこと、について、しっかりと議論を続けていく必要がある、と、思います。 政府は、もっと、国会で、この法律案について、しっかりと説明をしていくべき、と、思います。 東京新聞…
>>続きを読む

国連の人権に関する担当者が、安倍首相に書簡を送ったそうです。 こういう外的なものに対して、反駁するのが、安倍首相の心理かな、と、私はずっと思っていますけれど。 そこは、政治家として欠点となることが多い、と、私は思っています。 国連の人権問題担当者の書簡、平…
>>続きを読む

議長が、野党の申し入れを受け入れるとは思えないのですが、手続き上のことと思います。 なんの手続きか、といえば、本会議を開催して、この法案の採決をすることを強行するならば、議長の不信任決議案の提出をするぞ、というための手続き。 NHKのニュースサイトから テロ…
>>続きを読む

警察に、猛烈な捜査権限を与える法案ですが、成立してしまうのでしょうか。 それが、平和で安心な国になるとは到底思えないのですが。 NHKのニュースサイトから 「テロ等準備罪」新設法案 日弁連が反対集会 共謀罪の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案に反…
>>続きを読む

BPOがどのような結論を出すのか、しっかりと経過をみておきたい、と、思います。 このようなテレビ番組を報道しても、沖縄の基地問題の解決からは遠ざかるばかり、さらに、複雑化するだけ、だと思います。 マスコミ、ジャーナリスズムとしての社会的使命に背を向け、責任を…
>>続きを読む

民進党の山尾氏、活躍されていると感じています。 この答弁を引き出したことは、かなりポイントが高いと思います。 でも。 「嫌疑」は、捜査側がいくらでも作り出せるかも、しれません。 河北新報から 嫌疑なく尾行捜査できず 「共謀罪」法案、政府答弁  「共謀罪」…
>>続きを読む

日本政府のシビリアンコントロールの問題とも感じるのですが、自国の自衛隊への支出ではなくて、アメリカのCIAへの支出、というところが、複雑に感じます。 スノーデン氏のことを描いた映画では、このような情報通信機器の活用により、アメリカCIAや軍は、世界の様々な情報…
>>続きを読む

「テロを未然に防止すること」をこの法案の必要性の最大の理由にしていることから、法案に反対する民進党として、対案を出す、ということになるそうです。 がんばってください。 国民は、ちゃんとみています。自信をもって、政治活動を展開してください。 私は、この法案…
>>続きを読む

衆院法務委員長の解任決議案を、民進党が提出したそうです。 これで、「共謀罪」の衆院の審議予定が遅れ、結果的に、国会会期の延長をしなければならなくなる、と、思われます。 朝日新聞から 共謀罪の審議、衆院法務委員長に解任決議案 民進が提出  「共謀罪」の趣旨…
>>続きを読む

安倍首相は、この憲法草案のどこが問題なのか、そのポイントをしっかりと説明すべき、と、思います。 この批判の多い憲法草案が報道されるときには、「野党時代の」自民党が、というフレーズを使うようですが、それは、ごまかし、まやかし、だと思います。 これを出したと…
>>続きを読む

急に、死刑執行を繰り返したらしいですが、その理由が、死刑に使用する薬物の使用期限が迫ってきたから、ということらしいです。 そんな理由で、人の命を、とも思いますが、それでも、日本の絞首刑よりは人道的な死刑方法でしょうか。 河北新報から 米南部州で4人死刑執…
>>続きを読む

28日の「共謀罪」法案に関する審議で、問題点が明確になってきた、と、思います。 一般人は捜査対象にならない というのは、 「何らかの嫌疑がある段階で一般の人ではないと考える」ということの裏返しだそうです。 民進党の井出庸生氏は「無罪推定の原則と真っ向から対…
>>続きを読む

「共謀罪」の審議ですが、金田法務大臣ではなく、刑事局長の代理答弁を制限する約束が、与野党の間で成立したようで、28日の委員会審議で、そのことが実践されることになるのだろう、と、思います。 とりあえず、金田法務大臣は、寝ないで予習したかな? 河北新報から 与…
>>続きを読む

民進党の山尾氏、がんばっておられます。応援しています。 この法律が成立すると、政府に反対の立場の政治家、つまり、野党の政治家の支持者などが、政府の監視下におかれることになる、と、危惧しています。 もうすでに、共産党はそのような状態に置かれているのかもしれな…
>>続きを読む

天皇陛下が、国民に訴えたのは、自らの体力の衰えを実感したことによる自分の退位のことだけではなく、いや、それよりも、もっと訴えたいことがある、のだと思っています。 私は、天皇陛下や皇族の人権問題が根本にある、と、思っています。 天皇陛下は、みずからの政治的…
>>続きを読む