島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 民主主義

トランプ大統領が選出された理由をさぐる研究のようです。 これは、一つの説明にはなる、と、思いますが、トランプ大統領の場合、それだけでもないかもしれません。 そして、実際に大統領に就任してからのトランプ大統領の政治をみておれば、独裁、ということからは程遠い、…
>>続きを読む

石破氏は、来年の総裁選には必ず出なければなりません。 もし、出ないようなことがあると、逆に、それで、いわゆる「政治生命」は終わりと思います。 がんばってください。 NHKのニュースサイトから 自民 石破元幹事長 来年の総裁選への立候補に意欲 自民党の石破元幹事…
>>続きを読む

小選挙区制では、強固な支持団体がある政党を引きつけることができれば、というところがあり、安倍自民党はずっと公明党を連携してきています。 各選挙の結果をみれば、明らかに公明党の支援があって当選できている、という自民党の政治家がたくさんいることがわかります。 …
>>続きを読む

二大政党制をめざす、日本の政治改革ですが、片方の民進党がその存在意義を示せない状態にあります。 結局のところ、自民党とのちがいがわかりにくい、というところがあります。 民進党の新しい前原代表は、民進党の中でも保守系の政治家ですので、これでより自民党とのちが…
>>続きを読む

議員の急死による、急な選挙なので、知名度の高い候補者に白羽の矢となるのは当然の流れ、なのですが、泉田氏は、柏崎の原発再稼働問題で、東京電力との軋轢もあった、と、記憶しています。 とにかく、短期決戦の選挙です。 今後の展開をしっかりとみておきたい、と、思い…
>>続きを読む

オリンピック・パラリンピック組織委員会の理事には、都議会枠というようなものがあるようです。現在2名わりあてられていて、どちらも自民党なのだそうです。 第1党と第2党に割り当てるのは筋は通っていますが、どちらも知事与党ですから、チェック機能が果たせなくなる可…
>>続きを読む

大企業など財界がスポンサーをしているテレビなどではきちんと報道されていないように感じますが、野田聖子総務大臣が、アベノミクス、特に、日銀の異次元の金融緩和策などについて、疑問を呈したようです。 「異次元」が、日常になってしまってはいけない、と思うのです。…
>>続きを読む

民進党の代表選挙の趨勢がみえてきたこのタイミングで、連合の神津会長が、民進党の路線について意見を述べたようです。 しかし、神津会長や今の連合のあり方について、私は、ずっと疑念を持っています。 連合が、安倍首相や財界の思惑に左右されず、一貫して、民進党だけ…
>>続きを読む

いまの安倍自民党は、こういう政治をします。 味方と敵を峻別し、敵と考えたら攻撃する、排除する。 そんな懐の浅い政治でよいのでしょうか。 朝日新聞から 自民党総務会から石破氏外れる 細田氏が交代求める  自民党は29日、内閣改造・自民党役員人事に伴う総務会の…
>>続きを読む

「そもそも」という日本語についての閣議決定がその最たるものでした。 内閣支持率の低下を受けての党内での求心力が低下し、政権内に、野田聖子氏や河野太郎氏、それに林芳正氏を引き入れざるを得なかった安倍内閣は、以前のような、国会審議中の馬鹿げた内容の閣議決定の…
>>続きを読む

自民党を支持する人々の多くは、公明党の有力な支持団体である創価学会のことを好きではない、と、ずっと感じています。 できれば、公明党との連立はやめたい、自民党単独で政権を担いたい、と、思っているはずです。 しかし、二大政党制をめざす小選挙区制のもと、公明党が…
>>続きを読む

先日、二階幹事長が、公明党側と補正予算の編成が必要、と、合意していたと思いますが、菅官房長官はその必要性を否定したようです。 二階氏と菅氏との間で、鞘当てがおこなわれているのかもしれません。 補正予算の編成は、財界も反対する意見のほうが多いかもしれません…
>>続きを読む

地方選挙は、中央政界とは異なる構図になるのは当然のことでもあるのですが、堺市長選挙というのは、大阪府内でも大変存在感のある市域であり、維新が掲げる大阪都構想にも影響を及ぼしてきました。 その堺市長選挙が9月24日にあるそうですが、3選をめざす現職を、民進党が…
>>続きを読む

世襲の指定席のように、親族間で議員の座を受け継ぐ、ということが当然のように行われますが、このことに疑問を持たねばなりません。 青森4区は、自民党側と民進党側の両方から候補者が出るようです。 河北新報から 故木村氏の弟が補選出馬へ 青森4区、与野党対決型に …
>>続きを読む

加計学園の理事長は、記者会見をするべきだと思っていますが、どうでしょうか。 国民にきちんと知らせること、大切なことと思います。 TBSのニュースサイトから 加計学園問題、民進党公開の資料に何が・・・ カギは「ワインセラー」  加計学園の獣医学部新設を巡り、民…
>>続きを読む

東芝の問題をきっちりと決着つけないといけませんが、なかなか、うまくいかないようです。 そもそも、この問題の全体像がよくわかりませんし。 メディアも、掘り下げてきちんと報道する姿勢がなく、消極的なためでもある、と、思います。いろいろな方面から、プレッシャー…
>>続きを読む

経験や勉強不足の議員がおり、思慮不足の勝手な発言が飛び出すといけない、ということだろうと思います。 半分、冗談ですけれど、民進党が学ぶべきところ、なのかもしれませんが。 都民ファーストの足を引っ張ることが、他の勢力のねらいでもあるし。 しかし、いつまでも、…
>>続きを読む

大阪では、維新の会、東京では、都民ファースト、と、自民党や民進党ではない政党の支持が高い、ということが背景にあります。 まさか、自民党を出て、維新の会や都民ファーストと連携することをねらっている、とは、思いませんけれど。 この国が直面している様々な問題、…
>>続きを読む

与党として、また、行政の長として、説明責任を問われる立場になりますので、防戦というイメージになるのは仕方ない部分があります。 国政が二大政党制をめざすとしても、保守系の2党では、国民の多様な意見集約にはならないこと、また、その2党の間の違いは、結局のとこ…
>>続きを読む

「都民ファースト」の政策と、地方への利益分配の政策は、合致しません。 先日も、東京都内の大学の定員増を認めない、という国の方針について、東京都知事である小池氏だけが反対意見を表明し、全国の他の知事は賛成、ということがありました。 日本全国の国民の意見集約…
>>続きを読む

さすがはフランス、と、感じました。 「選挙で選ばれていない大統領夫人に特別な権限を与えることに正当性はない」との反対派の主張には、正当性がある、当然である、と、私は感じます。 「ファーストレディ」という称号で呼ぶ、アメリカの大統領夫人の位置付けが、おかしい…
>>続きを読む

新潟中越地震のときの山古志村の村長で、そのときの立派なリーダーとしての姿が記憶に残っています。 ご冥福をお祈りいたします。 新潟5区の補欠選挙は、10月22日になる見通しだそうです。 読売新聞から 旧山古志村長、自民党衆院議員の長島忠美氏死去  新潟県中越地…
>>続きを読む

軍隊については、シビリアンコントロールという言葉が広まっていますが、これは、軍隊に限らず官僚機構全般にあてはめて考えるべき言葉だと思っています。 軍隊は、究極の官僚機構なのですが、それに加えて、自己完結型の実力部隊である、というところが、わたしたちの社会…
>>続きを読む

秘書に暴言の豊田真由子議員が、自民党に離党届を提出したそうです。 自民党側は受理するそうですが、ならば、次回の衆院埼玉4区には、自民党は別の公認候補を立てるのでしょうか。 まさか、公認候補をたてず、豊田議員が選挙で勝利したのちは、自民党へ復党? 民進党が…
>>続きを読む

きちんと情報公開することが、主権者に正しい判断をもたらし、民主主義が有効に機能する、ということです。 恣意的な情報公開や、内容の変更などは、国民の知る権利をおかし、結果として、民主主義を歪めることになる、と、思います。 私たちは、私たちの統治機構が行ってい…
>>続きを読む

小池氏の「都民ファースト」というキャッチフレーズはわかりやすいのですが、「日本ファースト」というのは、どういう意味でしょうか。 「日本」という言葉が、日本国民をさすのか、日本国という統治機構を指すのか。 英語表記はどうなるんでしょう? まさか、「Japan Fir…
>>続きを読む

国会で、国民に見え透いた嘘をついた安倍首相をトップに据えたままで、次の衆院選は闘えない、と、思いますが、どうでしょう。 臨時国会がそのうちに開かれると思いますけれど、安倍首相が野党の集中攻撃の的になる、と、思いますけれど、大丈夫でしょうか。 加計学園への…
>>続きを読む

こんなに加計学園の存在が明確なのに、そして、理事長と懇意の仲、なのに、本当に、安倍首相は、今年の1月20日まで、加計学園が獣医学部新設を「熱望」してきたことを知らなかった、のでしょうか? また、今回の件では、恣意的な情報公開は、結果的に隠蔽に使われる、こと…
>>続きを読む

岸田氏は、自民党の派閥「宏池会」のリーダーですが、この派閥は、伝統的に、「軽武装経済重視」の政策を主張してきた派閥です。 安倍首相の出身派閥細野派とは、基本的な考え方が違う、のですが、今回の内閣改造をへて、安倍内閣の実態は、岸田内閣の性格を持っている、と…
>>続きを読む

当然の意見と思います。 与党、というのは、議院内閣制において、行政機構側の政策実施を国会で提案するための枠組み、ですから、憲法改正案を与党で作成する、というのは、国のしくみの構図からいっておかしいのです。 公明党がいうまでもなく、安倍首相は、もっと、憲法や…
>>続きを読む