島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 民主主義

国の規定では、電源となる外部からの送電線は3本容易しておかねばならない、ようですが、そのうちの一本が5時間にわたり遮断されていた、ということのようです。 九州電力の発表は早いように感じますが、鹿児島県知事の反応はどうでしょうか。 NHKのニュースサイトから …
>>続きを読む

記者会見で、原発事故の自主避難者への支援について、繰り返ししつこく質問されて、激怒した今村復興大臣ですが、大臣となった政治家が忘れてはいけないことは、官僚機構のトップに座るのは、官僚機構の代弁者として、ではなく、国民の願いを叶えるため、という、使命感が欲…
>>続きを読む

地域政党から、国政に打って出る、という流れでは、日本維新の会、がまっさきに思い浮かびます。 あと、名古屋の、河村市長の減税日本ぐらいか、と、感じます。 地域政党は、なかなか、国政全般では支持を広げにくい、というのが、私の印象ですが、それらの地域政党とは違う…
>>続きを読む

柔道、空手、剣道、弓道、相撲(道)、合気道、なぎなた(道)などは、武道だなあ、と、思いますけれど。 「道」と名が付いているものには、少し、警戒感を持ったほうがよいかもしれません。 明治以降に、それまでの武道から発達したものを「現代武道」と呼ぶ、ということ…
>>続きを読む

朴大統領の弾劾、罷免と、この悲劇のセウォル号の引き揚げのタイミングを考えると、やっぱり、朴大統領側が、この引き揚げ作業を阻止してきた、のかもしれない、と、勝手に想像しています。 批判を封じる、という権力者の姿勢は、必ず、失敗する、とは思いますけれど、それ…
>>続きを読む

長島昭久氏と小池氏との関係については、私はよくわかりませんが、つながりがある、と、見た方がいいのかもしれません。 どんな形であれ、よい人物を政治の場に送り出すことが、私たち有権者の責務である、と、思っています。 朝日新聞から 都議選、民進から5人目の離党…
>>続きを読む

ちょうど、百条委員会も開かれていましたので、このタイミングで、下村氏が、 「小池知事のイエスマンのような人たちが、都議会の過半数を確保すれば、都政そのものが失墜する」 と、述べているのは大きな違和感を感じます。 豊洲市場の問題だけでなく、石原都政での様々…
>>続きを読む

都議会の追及は、完全に時期を逸していると思います。 まずは、都議会の無責任さを糾弾すべき、と、思います。 そして、今、行われていることは、もうすぐにせまった都議選に対する、議員たちの免罪符を獲得するため、ということかもしれません。議員たちが、その任期の間…
>>続きを読む

政党政治のリスクとして、政治家一人一人の資質を選べない、ということがあるように思います。 選挙区では、政治家個人を選ぶのではなく、政党を選ぶ、ということになりますから、有権者は、政治家の資質をみての選択の余地がない、ということになってしまうのではないか、…
>>続きを読む

安倍内閣の力の源泉は、高い内閣支持率にあると思います。 ただ、この内閣支持率を唯一の評価基準として政治を行う場合、大切なことは、国民にしっかりと知らされていること、が必要です。 そこのところに、大きな不安がありますので、内閣支持率を基準にして政治の是非を…
>>続きを読む

旧民主党も含めて、元議員たち150名ほどが対象だそうです。 ただし、鳩山氏は、離党したので、対象外、だそうです。 どこかに、免罪を主張しているような行動にも感じるのですが。 でも、がんばってもらいたい、と、思っています。 自民党も含めて、他党の中にも、政治信念…
>>続きを読む

アメリカの政治体制が不安定だと、東アジアの一国としては、困るとすべきか、それとも、好機ととらえるべきか。 NHKのニュースサイトから 米国務長官の日中韓訪問 報道対応で米記者不満噴出 アメリカのティラーソン国務長官の日本、韓国、中国への訪問について、国務省で…
>>続きを読む

このような事態には、日本の他のマスコミもしっかりと中国政府を批判すべきと思います。 産経新聞の報道姿勢や内容が気に食わないから、ということであるなら。 そのマスコミ、ジャーナリズムの報道姿勢や内容が気に食わないから、記者会見から締め出す、というようなことが…
>>続きを読む

国政選挙も公明党抜きでやりたい、という本音が見えたのかしら、安倍首相。 もちろん、私も、自民党という政党が、他の政党、それも、特定の宗教団体をバックに持つ政党と一緒に選挙をしてきたこと、に、ずっと、疑問をもっていますので、安倍首相の発言には賛成ですけれど…
>>続きを読む

東芝問題、しっかりとしてもらいたい、と、思います。 東芝が、原点に立ち返り、しっかりと立ち直るためには、半導体事業を手放すのではなくて、原子力発電事業からは手を引く、が、私は一番よい選択だと思います。 しかし、2006年当時、東芝にこの大規模な企業買収をすす…
>>続きを読む

公明党が微妙な動きをしています。 これを「キャスティングボード」と呼ぶのでしょうか。 それとも。 東京での小池知事の動き、それから、以前からの大阪の維新の会の動き、いずれも、地方政治の動き、と言い切ることができず、国政にも大きな影響を与えている、と、思いま…
>>続きを読む

党大会のあとの記者会見で明言した、そうです。 おそらく、東京都内の選挙区だろうと、想像しますが。 読売新聞から 民進・蓮舫代表、次期衆院選へ初めて出馬を明言  民進党の蓮舫代表(参院東京)は12日の党大会後の記者会見で、「衆院選があった時にはしっかりと候補…
>>続きを読む

韓国の大統領は、絶大な権限を持っているのですが、そのために、社会に異常な影響を与えるいびつな存在ともなっています。 そのあたりの社会制度を改革することなく、そのまま、別の大統領を選ぶのであれば、また、同じことが起きる、のではないか、と、不安に思います。 …
>>続きを読む

自らが代表をつとめる政党支部への寄付でも、所得税の軽減措置を受けることができることについて、先日の国会でも問題になっていましたが、高市早苗総務大臣が、そのように不透明に政治資金を動かしたのではないか、と、告発され、奈良地検が受理したようです。 朝日新聞…
>>続きを読む

自民党総裁選挙と、衆議院選挙をリンクさせるなんて、おかしいと考えます。 自らの支持を保つために、国政選挙を利用する、ということになります。 日本政治では、首相の解散権(という権利があるの?)は、不可侵なもの、と、され、首相が好きなタイミングで自由に行える、…
>>続きを読む

安倍首相と林芳正氏との代理戦争の様相でもありますね。 林氏は、参議院議員ですが、2012年の自民党総裁選への出馬を検討したり、参議院から衆議院へのくら替えをめざしたりしています。 将来の日本を背負うことができる、優秀な政治家、と、私は思いますが。 いろいろ、…
>>続きを読む

猛烈にテレビCMを流しているソフトバンクに関する、このようなニュースは民放テレビは報道しません。 かなり商業主義に侵されていると思う、昨今のNHKですが、まだ、大丈夫かな、と、感じさせるニュースと思います。 NHKのニュースサイトから ソフトバンクの企業買収で…
>>続きを読む

メディアが好意的だそうです。 トランプ大統領は、「フェイクニュース」とは批判しないのでしょうね。 選挙中、とんでもない発言を繰り返した、トランプ大統領の具体的な政策は、やはり、現実的な路線に落ち着くのかもしれません。 これで、閣僚の任命手続も進むかと思わ…
>>続きを読む

産みの苦しみ、が続いていますが、この結果、シビリアンコントロールの危機が生まれてきている、と、私は感じています。 私は、トランプ大統領の政策を全く支持していませんが、正当な選挙の結果、選ばれた大統領の政策、つまり、民主主義の結果、が、歪められることになっ…
>>続きを読む

その去就が注目されていた、内田茂都議が、この7月の都議選に立候補しないことを表明したそうです。 都議会に百条委員会の設置が決まったことから、都議選への不出馬を決めた、ということになるのかな、と、感じます。 また、石原元知事の記者会見が予定されたことも、影響…
>>続きを読む

官僚の天下り、には、社会の厳しい視線が注がれています。 読売新聞が、社説で猛烈に批判しています。 安倍政権は、官僚機構を手なづけるために、この抜け穴の黙認、を、していた、と、感じています。 特に、文科省は、安倍首相の出身派閥の金城湯池のはずでしたので。 ま…
>>続きを読む

政権が本格的に出発する前に、もう、「レームダック」状態になりそうです。トランプ大統領。 民主主義の仕組みで選出された大統領の権限を、軍部がかすめ取る、という構図になっていっています。 アメリカという国が、とてつもない軍事国家であること、こういうところから…
>>続きを読む

与党の幹事長どうしが確認したそうです。 どんな形、いつのタイミング、であっても、野党からは「採決の強行」と批判されるのかもしれませんが、さすがに、今週末の通過は断念、ということのようです。 いままでの予算審議よりも、今回の予算審議は、いろいろ、問題が噴出…
>>続きを読む