島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 民主主義

公明党が微妙な動きをしています。 これを「キャスティングボード」と呼ぶのでしょうか。 それとも。 東京での小池知事の動き、それから、以前からの大阪の維新の会の動き、いずれも、地方政治の動き、と言い切ることができず、国政にも大きな影響を与えている、と、思いま…
>>続きを読む

党大会のあとの記者会見で明言した、そうです。 おそらく、東京都内の選挙区だろうと、想像しますが。 読売新聞から 民進・蓮舫代表、次期衆院選へ初めて出馬を明言  民進党の蓮舫代表(参院東京)は12日の党大会後の記者会見で、「衆院選があった時にはしっかりと候補…
>>続きを読む

韓国の大統領は、絶大な権限を持っているのですが、そのために、社会に異常な影響を与えるいびつな存在ともなっています。 そのあたりの社会制度を改革することなく、そのまま、別の大統領を選ぶのであれば、また、同じことが起きる、のではないか、と、不安に思います。 …
>>続きを読む

自らが代表をつとめる政党支部への寄付でも、所得税の軽減措置を受けることができることについて、先日の国会でも問題になっていましたが、高市早苗総務大臣が、そのように不透明に政治資金を動かしたのではないか、と、告発され、奈良地検が受理したようです。 朝日新聞…
>>続きを読む

自民党総裁選挙と、衆議院選挙をリンクさせるなんて、おかしいと考えます。 自らの支持を保つために、国政選挙を利用する、ということになります。 日本政治では、首相の解散権(という権利があるの?)は、不可侵なもの、と、され、首相が好きなタイミングで自由に行える、…
>>続きを読む

安倍首相と林芳正氏との代理戦争の様相でもありますね。 林氏は、参議院議員ですが、2012年の自民党総裁選への出馬を検討したり、参議院から衆議院へのくら替えをめざしたりしています。 将来の日本を背負うことができる、優秀な政治家、と、私は思いますが。 いろいろ、…
>>続きを読む

猛烈にテレビCMを流しているソフトバンクに関する、このようなニュースは民放テレビは報道しません。 かなり商業主義に侵されていると思う、昨今のNHKですが、まだ、大丈夫かな、と、感じさせるニュースと思います。 NHKのニュースサイトから ソフトバンクの企業買収で…
>>続きを読む

メディアが好意的だそうです。 トランプ大統領は、「フェイクニュース」とは批判しないのでしょうね。 選挙中、とんでもない発言を繰り返した、トランプ大統領の具体的な政策は、やはり、現実的な路線に落ち着くのかもしれません。 これで、閣僚の任命手続も進むかと思わ…
>>続きを読む

産みの苦しみ、が続いていますが、この結果、シビリアンコントロールの危機が生まれてきている、と、私は感じています。 私は、トランプ大統領の政策を全く支持していませんが、正当な選挙の結果、選ばれた大統領の政策、つまり、民主主義の結果、が、歪められることになっ…
>>続きを読む

その去就が注目されていた、内田茂都議が、この7月の都議選に立候補しないことを表明したそうです。 都議会に百条委員会の設置が決まったことから、都議選への不出馬を決めた、ということになるのかな、と、感じます。 また、石原元知事の記者会見が予定されたことも、影響…
>>続きを読む

官僚の天下り、には、社会の厳しい視線が注がれています。 読売新聞が、社説で猛烈に批判しています。 安倍政権は、官僚機構を手なづけるために、この抜け穴の黙認、を、していた、と、感じています。 特に、文科省は、安倍首相の出身派閥の金城湯池のはずでしたので。 ま…
>>続きを読む

政権が本格的に出発する前に、もう、「レームダック」状態になりそうです。トランプ大統領。 民主主義の仕組みで選出された大統領の権限を、軍部がかすめ取る、という構図になっていっています。 アメリカという国が、とてつもない軍事国家であること、こういうところから…
>>続きを読む

与党の幹事長どうしが確認したそうです。 どんな形、いつのタイミング、であっても、野党からは「採決の強行」と批判されるのかもしれませんが、さすがに、今週末の通過は断念、ということのようです。 いままでの予算審議よりも、今回の予算審議は、いろいろ、問題が噴出…
>>続きを読む

高い内閣支持率の裏で、じわじわ、と、広がりつつあるのではありませんか。 自民党の衆議院議員たちの「選挙恐怖症」。 安倍首相の神通力が弱まりつつあり、我田引水の利益誘導政治や、偏った価値観による自画自賛政治が、次第に馬脚を現しつつある、から、です。 衆議院…
>>続きを読む

石原氏が「全部話すぞ」と、恫喝しても、もう、その効果は乏しくなりました。 かなり追い詰められている、と、思います。 でも、これは、この人を、知事として戴き続けた、都民有権者たちの責任でもあるのです。 おかしな価値観、政治信条の人を、私たちの代表として政治…
>>続きを読む

石原氏は、記者会見して、全部話す、と、脅していますが、それを撤回したり、また、話す、と、いったり、二転三転していますが、裏で、いろいろ、交渉や取引が行われているのだろう、と、想像しています。 でも、小池氏を支持する政治勢力が増大しており、以前のような、隠…
>>続きを読む

秋田県は、菅官房長官のお膝元で、前回の参議院選挙で、東北地方は自民党が軒並み苦杯をなめたのですが、秋田県だけ、自民党の石井浩郎氏が勝利した、というところ、です。 今回、立候補を表明した寺田氏は、今の佐竹氏の前任の知事、ということになります。 菅氏の調整失…
>>続きを読む

民主主義の仕組みがきちんと機能するために、大切なことがいくつかありますが、その一つに、主権者たる国民にきちんと知らされていること、があると思います。 きちんと知らされていない国民の支持率を調査しても、それは正しい民主主義にはつながらず、かえって、歪める…
>>続きを読む

都議会では、民進党は、国政での合併後も、旧民主党系の14人と旧維新系の3人の2つの会派のままだったそうですが、今回、これを統合するそうです。 ただし、旧維新の1人は、統合会派に参加しない、らしいですが。 新しい会派名は、「東京大改革」だそうです。 読売新聞から…
>>続きを読む

東京都連の会長をしている下村氏の正念場、と、思います。 正面突破しかありません。 つまり、石原都政の悪政の総括を、自民党都連自らがしっかりと行うこと、これしかありません。 返り血をあびるから、やっぱり、無理かなあ。 NHKのニュースサイトから 自民都連 下…
>>続きを読む

石原都政時代の「悪政」は、豊洲の問題以外にも、まだまだ、いくらでもころがっていそうなので、石原氏が枕を高くして眠れる日々はしばらくなさそうに思います。 絶対君主のように、都知事として君臨していましたので、その反動も大きいと思います。 読売新聞から 石原慎…
>>続きを読む

天下り問題が、根深いのは当然のことなのです。 それぞれの官僚たちにとって、自分の生活、人生、そして、プライドがかかっているものでもあるからです。 プライドというのは、22歳や18歳で役所に入り、40年以上、貢献してきた自分の公務員生活の総括評価が、天下り先で実感…
>>続きを読む

トランプ大統領の「ツイッター政治」、間違っている、と、私は思います。 とくに、これほど、国を二分する問題、国際社会にも大きな影響を与えている問題について、文字数に制限があるツールでは、説明責任をきちんと果たすことができない、と、確信します。 NHKのニュース…
>>続きを読む

東京都の千代田区長選挙の結果は、政界にかなりのインパクトを与えているようです。 民主主義のしくみが機能した、と、感じます。 自民党東京都連がやってきたことをみれば、有権者たちの不満がマグマのように蓄積してきたことも当然のことのように、私は思います。 もと…
>>続きを読む

私は、石原都政の「負の遺産」と思っていますので、小池都知事の英断に拍手を送りたい、と、思います。 イエスマンで周りを固めた、石原都知事時代の後半は、ほぼ独裁体制となり、腐臭のする政策がたくさん行われた、と、思っています。 家族や知人に利権のように、利権や権…
>>続きを読む

衆院予算委員長は、もちろん、自民党出身ですからね。 こんなことをしているようでは、稲田氏の人望は下がり、首相の座は遠ざかるばかり、と、思います。 東京新聞から 稲田氏の答弁「長い」と打ち切り 米軍不時着事故で衆院予算委員長  2日の衆院予算委員会で、浜田…
>>続きを読む

ニュースをきいて、びっくりしたのですが、でも、正直、よかったと思います。 国連事務総長を務めた方は、その後、特定の国の政治家にはなってはならない、という倫理があります。 その責務上、世界各国の様々な事情や機密、また、公言できないような、政治家たちの情報に触…
>>続きを読む

暴力によって政治的な利益を得る、というやり方は絶対に認められるものではありません。 しかし。 ミャンマーが民主化した、といっても、今の与党が、その反対勢力を過度に政治的に抑圧しているのであれば、攻守が入れ替わっただけで、本当の民主化とはいえない、と、私は…
>>続きを読む

さすが、法政。 関西大学も同様の決定をした、と、記憶しています。 こういうことを言いだすことの重さ、大変さ、を、考えますと、その勇気に敬意を表したいと思います。 今の日本学術会議(Science Council of Japan)の会長は、東京大学工学部の大西 隆氏と思いますが、…
>>続きを読む

私は、初めから、安倍氏は、わたしたちの政府の首班にふさわしい人格や知見を有しない、と、感じていますが、昨日始まった通常国会の初日、その施政方針演説で、また、そのことを証明した、と、思います。 「プラカード」 国会での合意形成や、説明責任を放棄して、数を頼…
>>続きを読む