島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 民主主義

今回の衆院選で、野党が分裂し、バラバラになったことについて、前原代表と小池代表の責任が大きい、とは思いますが、連合の神津会長も、その責任の一端がある、と、私は思っています。 そのことについて、神津会長が、まるで他人事のように言っていることに、大きな違和感を…
>>続きを読む

恥ずかしい大統領だと私は思いますが、選挙で選ばれたのだから仕方がない、ということなんでしょうか。 こんな大統領と「蜜月」という安倍首相にも嫌悪感を感じてしまいます。 河北新報から 米大統領、共和党批判議員を攻撃 与党との溝深まる  トランプ米大統領は25日…
>>続きを読む

野党国対委員長会談という会議は、解散前は、民進党を中心に、自由党、社民党、共産党の4党が出席して開催されていました。そのときも、維新は呼ばれていなかった、のです。 開催を呼びかけたのは、立憲民主党ですが、今回、維新だけでなく、希望の党も呼ばれなかったよう…
>>続きを読む

野党勢力を結集する接着剤、触媒としての機能にとどまらず、国会での今後の活躍に期待したいと思いますが、結局、なぜ、民進党のままで選挙をしなかったのか、という疑問が残ります。 がんばってください 産経新聞から 岡田克也氏ら民進系無所属13人、衆院に新会派届け…
>>続きを読む

前原氏は、代表を辞任することのほか、民進党の存続を提案するそうです。 そうれば、希望の党に移った議員の中で、民進党に戻ることを決断する議員も出てくるかもしれません。 また、岡田氏や野田氏などが緩衝材となって、存続する民進党と、枝野氏の立憲民主党との連携も、…
>>続きを読む

佐賀県には、衆院の小選挙区は2つで、一つは原口氏(無所属)、もう一つは大串氏(希望)が制しました。どちらも、対抗馬の自民党候補より多くの当選を重ねています。自民党候補は、負けましたが、比例では復活しています。 読売新聞から 自民、佐賀の小選挙区で全敗……
>>続きを読む

「小池にはまってさあ大変」と、芝氏は、述べたようです。さらに、過去の「偽メール事件」のことももち出したようです。この件では、自殺者も出ています。前原氏が一番触れてもらいたくない事案ではないか、と、私は思います。 でも。 やっぱり、前原氏の政治生命は終わっ…
>>続きを読む

今は、なにを話しても、真意は通じないかもしれませんね。 そもそも、「鉄の天井」ってなに? 「ガラスの天井」とは、目には見えないけど厳然と存在する障壁バリアのことを指します。男女差別のようなときに使います。 「鉄の天井」って? 目に見える障壁? よくわからん…
>>続きを読む

前原氏が、今回の最大の戦犯として批判されることになるのかな、と、思います。 代表を辞任する、と、自ら述べたのはよかったです。 希望の党への入党は、まあ、既定路線ということでしょうけれど、希望の党の側も、いろいろこれからありそうです。 前原氏が、小池氏と、そ…
>>続きを読む

無所属での立候補を強いられた山尾氏ですが、小選挙区で自民党の候補を退けて、勝ち抜きました。 おめでとうございます。 早速、希望の党との連携はない、と、言い切っているようです。 政治の場では、仲間も必要です。早く、立憲民主党との連携をはかってください。 また…
>>続きを読む

大阪からの衆議院議員は 自民 15 小選挙区10 比例5 維新 7 小選挙区3 比例4 立憲民主党 6 小選挙区2(平野氏含む) 比例4 公明 4 小選挙区4 と、なっているようです。 大阪で強い、維新の小選挙区での勝利者が減っていると思いますし、比例復活…
>>続きを読む

NHKテレビのニュースなどをみていると、もう、商業主義がかなり入り込んできている、と感じます。 しかし、NHKは、放送の対価を企業などから受け取ることはできないはずです。 では、NHKは、企業などからの広告を請け負う、広告代理店との関係はどうなっているのでしょう…
>>続きを読む

まだ、選挙期間中なのに、もう、結果が出たような騒ぎですが、希望の党は、すでにバラバラになっているように感じます。 希望の党から立候補した民進党の議員たちが、小池氏を批判することで、支持が集まる、という状況なのであるなら、おかしなことだと思います。 読売新…
>>続きを読む

小池氏は、安倍首相の政治姿勢を「傲慢」と表現しているようですが、小池氏自身はどうでしょうか。 民主主義がしっかりと機能するためには、有権者にきちんと知らされている必要があります。 朝日新聞から 希望・小池代表「GDP成長率は民主党政権の方が高い」 ■小池百…
>>続きを読む

民進党が分党して、希望の党と立憲民主党ができましたが、民進党には参議院議員が残っています。岡田氏などは無所属で立候補し、希望の党も対立候補を立てなかったようですが、関係はかなりよくないようです。 衆議院選挙後、岡田氏ら無所属で立候補した議員たちは、立憲民…
>>続きを読む

朝日新聞の世論調査の結果では、 「安倍晋三首相に今後も首相を続けてほしいかを聞いたところ、「続けてほしい」34%で、「そうは思わない」が51%と半数にのぼった。」 とのことです。 これほど不人気なのに、選挙では勝つんですかね。 朝日新聞から 比例投票先、立憲…
>>続きを読む

連合の神津会長は、日本の政界における混乱要因でしかない、と、私は感じています。 とりあえず、連合は、東京都内の小選挙区の候補者については、希望の党からの候補者に推薦を出していないようです。立憲民主党公認の14人は、推薦対象になっているそうです。 東京新聞か…
>>続きを読む

「本物の政治家」枝野氏に支持が集まってきています。 次の総理大臣は無理かもしれませんが、その次をねらうことができるのではないか、と、感じます。 無所属で立候補している江田憲司氏が、選挙後、立憲民主党と共同する可能性を明言したようです。 読売新聞から 蓮舫…
>>続きを読む

間違いなく、枝野氏は、本物の政治家、と、思います。 ここで、男とか女とか、表現することは問題があると私は感じますし。 石原慎太郎氏は、小池氏のことが大嫌いでしょうから、枝野氏のことをさらにヨイショしたくなるのかもしれませんけれども。 しかし、石原慎太郎氏自…
>>続きを読む

相手側のあることでもあり、外交は、事前に綿密な計画を立てる必要がありますけれど、でも、実際には、政治家ですから、突然キャンセル、ドタキャンはあり、です。 発表されている、小池都知事のフランスでの日程は、フランスの大物政治家との会談などはなく、会議への出席…
>>続きを読む

旧民主党や民進党の支持層の多くを、立憲民主党が引き寄せているような感じに思います。 希望の党は、どんどん埋没しています。 NHKのニュースサイトから 各党の支持率 NHK世論調査 各党の支持率は、自民党が32.8%、希望の党が5.4%、公明党が4.3%、共産党が3.4%、立…
>>続きを読む

この自民党の「したたかさ」を、対抗する野党も身につけなければなりません。 転んでもただでは起きない、いや、もっと大きなものを手にいれる、というような。 枝野氏の立憲民主党、がんばってもらいたい、と、願っています。 読売新聞から 改憲勢力、3分の2超の勢い……
>>続きを読む

前原氏は、選挙運動をしているのか、それとも、失敗した自分を批判する仲間を攻撃しているのか。 今は、前原氏が口を開けば開くほど、自身がおとしめられていくことになる、と、感じています。 今は、選挙中です。 民進党「代表」の前原氏自身が、民進党を批判して、どう…
>>続きを読む

小池氏の求心力というか、政治を読む力、も、これで失敗したか、と、思われます。 少なくとも、今回の衆院選での国政へのチャレンジは失敗で、希望の党は、選挙のあと、崩壊へ向かうでしょう。 参院での勢力がなければ、政権をとることは不可能です。 前原氏も、その政治…
>>続きを読む

小池新党の希望の党が、次の総理大臣を選び出す役割を果たす、とさえ思われたのに、あっという間に失速しています。 追い風どころか、逆風さえ。 「独裁者」と批判される小池氏が、その支持を失うのは当然とも感じるのですが、では、翻って、安倍首相が支持を得た、というの…
>>続きを読む

民進党の参院会長である小川氏は、希望の党への合流をしない、民進党を守る、という選択肢を提示したようです。 衆院議員で、希望の党に移った議員も、民進党に戻ってもらいたい、と述べているようです。 立憲民主との合流も考えているのかもしれません。 毎日新聞から …
>>続きを読む

希望の党は、誤算が続いているように思われます。 愛知県の大村知事は、希望の党の選挙を応援する、と、いったん明言していたのですが、一転して、距離を置くことにしたようです。 何があったのかしら。 愛知県でめっぽう強い、連合からの申し入れ?それとも、自民党に配慮…
>>続きを読む

小池氏は立候補せず、希望の党への国民の支持率も伸び悩むどころか、立憲民主党にも追い上げられている状況に、希望の党から立候補することを決断した、民進党の議員たちの中に、後悔している議員たちがいるのではないか、と、感じています。 小池氏や前原氏、希望の党は悪…
>>続きを読む

この調査は、RDD方式、とのことですから、大手新聞社やNHKの世論調査と同じ方式となります。 対象は東京都内とのことで、調査で得られた、希望の党の支持率の変化には意味がある、と感じます。 この調査では、未定・不明は19%しかありませんから、かなり、有権者の投票行…
>>続きを読む