島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 民主主義

トランプ政権の迷走が続いています。 大統領就任から半年以上が経過するのに、まだ、ホワイトハウスの陣容が確定していません。 河北新報から 大統領、プリーバス大統領首席補佐官を解任 トランプ政権、混乱拡大  トランプ米大統領は28日、プリーバス大統領首席補佐官…
>>続きを読む

民進党がその存在感を明確にし、存立基盤を確固としたものにするには、「大きな政府」をめざす、という路線を明確にすべきだと思います。 安倍内閣自民党は、今、財界が希望する「小さな政府」をめざすのか、それとも、国民にウケがいい「大きな政府」をめざすのか、その路…
>>続きを読む

今回の防衛省自衛隊の「日報」問題で、日本国民が学んだことは、シビリアンコントロールとはなにか、ということかと思います。 南スーダンの首都ジュバで、「戦闘」が起きたこと、これは、PKO派遣5原則に抵触する事態だった、ということだと思います。 それを隠そうとした…
>>続きを読む

とりあえず、オバマ大統領の「善政」が残ることになって、よかったです。 造反したマケイン氏は、共和党の重鎮とも言われる政治家です。 造反した議員たちが、自分たちの政治的な決断の結果について、しっかりと説明をし、理解を得る努力を行い、その結果責任をしっかりと負…
>>続きを読む

来年2月に、名護市長選挙があるそうです。 選挙では、辺野古への新基地建設が最大のテーマになる、と、思われます。 それまで、辺野古の海を本格的に埋め立てる大規模な工事には着手されない、と、予想します。 自民党側は、よい候補者を選び出すことができたのかしら。 …
>>続きを読む

蓮舫代表が辞任の意向とのこと、驚きました。 その地位に恋々としている稲田防衛大臣の爪の垢でも煎じたら、とは、言い過ぎですか。 残念に思いますが、これが、民進党の反転攻勢の足がかりになれば、とは思います。 もともと、私は、政権交代可能な二大政党制の一角を自認…
>>続きを読む

みずからにかけられた疑惑を晴らすための国会審議の場で、見え透いた嘘を堂々と述べた安倍首相。 国民に対して嘘を述べた政治家を、その座に座らせておいてはいけません。 岸田氏が、そのあとのポストを狙うのであれば、内閣改造では、閣外に去るべき、と、思います。 そう…
>>続きを読む

気象庁でも、きちんと予報ができないのですから、豪雨のときに、県外でゴルフをしていたこと、は、しかたない、と、県民も理解してくれる、と、思います。 でも、その後の説明で、虚偽を述べた、のであれば、これはアウト、です。 秋田県知事を辞任するしかない、と、思い…
>>続きを読む

二大政党制としては、保守系の二大政党制は現実的ではなく、やはり、自民党に対抗する価値観を示すことができるのは、民進党しかない、と、確信しています。保守ではなく、リベラル派のほうに軸足をおいた民進党に。 連合の神津会長の、どちらに軸足を置いているのかよくわか…
>>続きを読む

保守系の政党2党による二大政党制、というのは、幻想と思います。 それぞれの政党に属する議員たちの違いは、なんでしょう? 単なる好き嫌い? ばかな。 私たちの社会を二分するような、大きな価値観の基準軸、それを一つにするのであれば、それは、「持つ者」と「持たざ…
>>続きを読む

連合内の調整がつかないそうです。 当然と思います。 首相と連合の会長と次期会長が直接会談して、決まった、というプロセスは、到底、許されるものではありません。 この責任を、連合の神津会長はとるべき、つまり、辞任すべき、と、思います。 私は、連合という組織自体…
>>続きを読む

今、自民党の国会議員、特に、祝儀委員議員たちは、戦々恐々としているのではないか、と、思います。 今の安倍政権の横暴とも言える政治を許したことには、公明党の選挙支援があったことは間違いない、と、思っています。 そういう意味では、「アベ政治」への責任は、公明党…
>>続きを読む

東京都議会選挙に続き、仙台市長選挙でも、厳しい結果が出たようです。 しかも、投票率が高かったそうですから、こういう結果になったことは、安倍内閣にとって、とても大変なことと思います。 公明党がついていても、自民党系候補が選挙に負ける、ということです。 この…
>>続きを読む

政治家の異常な言動が報道されることが多いですが、それぞれの政治家の問題であるとは思います。 でも、そのような人間を、国民有権者たちが、自分たちの代表として選び、政治家として信任した、ということがある、と、思うのです。 つまり、政治家の異常な言動を批判する…
>>続きを読む

窮地に追い込まれているトランプ大統領ですが、海外訪問などを重ねて、アメリカ大統領であるという自分の立場の面白さ、にも、気付いていると思います。 ある意味、この地球の支配者、でもあるから。 支持率の低下、ロシアゲートに関する特別検察官の捜査など、暗雲がたちこ…
>>続きを読む

内閣改造と自民党人事の前に、民進党の人事交代が報道されるのは、違和感を感じていますが、民主党時代からの、民進党の弱点として、外部の勢力と結託しての内部抗争、が、激しいすぎる、と、思っています。というか、民進党のメンバーたちが、やすやすと、外部の勢力を引き…
>>続きを読む

日本共産党は、創立95周年だそうです。 戦前の、治安維持法があったときに、この政党が旗揚げした、ということに、今更ながら、驚きを感じます。 長らくリーダーを続けておられる志位委員長のことは、まだ、若い頃からウオッチしてきて、とても尊敬している政治家の一人で…
>>続きを読む

事前通告があり、また、国際法に反するような行動も確認されていない、のであれば、特に問題とすることはなかった、ということになります。 ならば、なぜに、あれほどの報道があるよう、マスコミに情報提供したのか。 この件に関する、日本政府の対応は、チグハグだと感じ…
>>続きを読む

流暢な英語を披露したようです。 安倍首相とは違うところが見えますね。 さて、内閣改造で、岸田氏は、外相に留任するでしょうか? その帰趨が注目されます。 東京新聞から 貧困撲滅へ10億ドル支援 岸田氏、国連閣僚級会合で表明  岸田文雄外相は17日午後(日本時間1…
>>続きを読む

自民党の村上氏は、選挙にめっぽう強い政治家です。 そして、その選挙区は、今、話題の加計学園の獣医学部を新設する愛媛県今治市がある愛媛2区。 不思議な感じがしますけれども。 読売新聞から 首相人事は「3パターン」…自民・村上氏が批判  自民党の村上誠一郎・元…
>>続きを読む

内閣支持率、という数字が、独裁とも言われるような安倍内閣の強権的政治を後押しした、と、私は思っています。我が国の政治の仕組みの中での民主主義の正しいあり方、ということでいえば、この数字は参考となる一つのものにすぎず、絶対のもの、ではない、と思っています。 …
>>続きを読む

議決の際には、自民党と維新の議員が反対し、公明党の議員は退席した、そうです。 公明党というのは、よくわからない政党である、と、私は実感しています。 読売新聞から 辺野古工事、県が差し止め訴訟へ…議案を可決  沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺…
>>続きを読む

ポスト安倍を自認する石破氏、党内でかなり自由な発言をしているように感じます。 石破氏が、地方創生大臣を続けておれば、加計学園の獣医学部の新設は認められなかった、のではないか、と、思います。 つまり、いろいろ、あったんでしょうね。 NHKのニュースサイトから …
>>続きを読む

よい候補者、と、思っていたのですが、家族の反対とのことだそうです。 政治家という仕事は、大変尊いものだと思いますが、家族の協力や支援、あるいは、犠牲がないと、成立しないものだとも思います。 朝日新聞から 宮里氏、名護市長選の出馬を辞退 自民、選考振り出し…
>>続きを読む

これは、明らかに、スラップ訴訟です。 しかも、最高裁まで争っています。政治的ダメージを避けるための裁判ですから、敗訴がわかっていても、当然、最高裁まで戦い、時間稼ぎをする、ということになるのでしょうか。 産経新聞から 稲田朋美防衛相の夫の敗訴確定 週刊新…
>>続きを読む

本日、国会の閉会中審査が開かれ、前の文科事務次官の前川氏が、参考人招致されます。 しかし、安倍首相は、外交日程を理由に、雲隠れしています。 早く、やめてもらわなければ、日本政治の混乱要因でしかありません。 政治家としての矜持が足りない、と、思います。 もち…
>>続きを読む

安倍内閣の閣僚たちは、なにか問題がおきても、謝らないのが基本姿勢ですので、国民も馬鹿にされている、と、感じ始めたのではないか、と、思います。 頼みのアベノミクスも、不透明になってきましたし、安倍首相自身は得意と思っているらしい外交でも、これといった成果は…
>>続きを読む

読売新聞の調査ですから、信頼できる数字と思います。 いや、本当は、もっと低い可能性も? 安倍首相は、内閣改造ではなくて、総理自身が退陣すべき、と、思います。 読売新聞から 内閣支持続落36%…不支持は最高の52%  安倍内閣の支持率は36%で、前回調査(6月17~…
>>続きを読む

若狭氏については、政治家として評価しています。 しかし。 すでに、民進党という政党がある中で、改めて、さらに、新たに、保守系の国政政党を作っていく必要があるのか、疑問に思っています。 大阪発の日本維新の会も同様の状況にある、と、思います。 そもそも、小池都…
>>続きを読む

安倍首相も、稲田防衛大臣も、誰も、やめていないのに、いま、民進党の野田幹事長がやめるのは、全く違います。 確かに、先の国会終盤での民進党の戦術は、自民党や公明党側の手練手管にしてやられた感がありましたし、また、都議選の結果もあります。 でも、保守系の政党…
>>続きを読む