島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 民主主義

民進党の野田幹事長は、天皇陛下のおきもちをしっかりと受け止めておられる、と、感じます。 安倍内閣の独裁的政治の負の側面があらわになった、と、思います。 背景にあるのは、今の自民党内に、民主的に議論する空気が消えていることが最大の問題で、その立役者は、高村…
>>続きを読む

公務員が、選挙運動に関わってはならない、という鉄則があるのですが、それを破ったのではないか、とのことで告発状が提出されたそうです。 告発状を提出した三井環氏は、元大阪高検公安部長ですが、そのとき、検察庁の調査活動費の裏金化を内部告発したためか、その後、収…
>>続きを読む

このような問題で、政治家の責任論が出てくることに憂いを持っています。 でも、民進党側も、自民党を攻撃する材料と考えているようですけれど、このような問題は、どの勢力にもありえることなので、いわゆる「ブーメラン」になることは必須、とも、思います。 河北新報か…
>>続きを読む

そもそも、安倍氏自身は、自らの後継者となる政治家を指名していない、と思います。 稲田氏がそれをねらっていますが、残念ながら、首相の器ではないことが、防衛相という職務をきちんと果たせないことから、証明してしまいました。 アメリカ側の信頼も乏しいようです。 任…
>>続きを読む

小池都知事の政治スタンスがわかりにくいように感じる部分があります。 まだ、自民党の党籍は残っているはずですが、知事選挙で小池氏を応援した当時自民党の区議は処分されていると思います。 スタンスがはっきりしている政治家であって欲しいな、と、願います。 昨日の…
>>続きを読む

地方政治において、首長と議会との距離感について、民主主義の仕組みが機能しない欠点がある、と、わたしは思っています。 たとえば、小池氏が、自らが率いる地方政党が、議会で過半数を獲得したとすると、また、あの専制政治が展開されるのではないか、と、不安に思うから…
>>続きを読む

都議選を迎え、また、小池氏の動きもあって、自民党と公明党との関係にすきま風があり、また、日本維新の会が、秋波を自民党に送り続けている、と、思います。 政界は、一寸先は闇、と、いうそうです。 産経新聞から 維新・松井一郎代表が都民ファーストの会を批判「政策…
>>続きを読む

選挙が終わったら、また、一緒になればいいのかもしれないのですが、それはそれで、有権者を欺くことになるのか、とは思います。 離党すれば、支持者が増える、ということ、事実なんでしょうかねえ。 河北新報から 民進都連の幹部2人離党へ 選対委員長ら  夏の東京都…
>>続きを読む

ポスト安倍の最有力は、岸田氏、と、感じていましたが、麻生氏も名乗りをあげるつもりでしょうか? 谷垣氏は、麻生氏の動きを警戒しているようです。 アベノミクスもうまくいっていませんし、安倍氏でないなら、岸田氏でも麻生氏でも、自民党のハト派の流れであり、今の政…
>>続きを読む

公明党の政治行動を、どのようにとらえたらいいのかな、と、考えています。 結局、政治の目的は、支持者たちの利益拡大だから、そのとき、そのとき、で、有利な方になびけばよい、ということなのでしょうか。 それだけ、なのでしょうか。 振り返れば、安倍内閣が幾度もの…
>>続きを読む

これも、フェイクニュースでしょうか。 権力をしっかりと監視して、国民有権者にきちんと伝えること、が、ジャーナリストの責務であり、それが果たされることが、民主主義の機能がきちんと働くために不可欠なことと思います。 東京新聞から トランプ氏追及にピュリツァー…
>>続きを読む

減員となる三重県は、5つある区のうち、4区を分割して、今の3区と5区に編入する、という案に決まってきたそうです。人口の多い松阪市街の多くは5区に編入されるようです。 三重4区は、現在、自民党の田村憲久氏が選出されていますが、去就はどうするでしょうか。 田村氏…
>>続きを読む

民主主義や基本的人権というものは、政府がきちんと守ると信じて、のんびりやっていてはいけない、ということを教えてもらった、と、思います。 私たちも、私たちの政府や統治機構が、どんなことをやろうとしているのか、しっかりと知っておかねばなりません。 NHKのニュ…
>>続きを読む

有力な議員であり、離党に踏み切った決断には驚きました。 自民党にはすぐには入党できないそうです。かといって、小池氏の政治信条とも一致するとは言えず。 また、今後、離党の同志が続くかどうか、ですけれど、前原氏や細野氏が続くとは思えないので。 長島氏だけが離党…
>>続きを読む

国の規定では、電源となる外部からの送電線は3本容易しておかねばならない、ようですが、そのうちの一本が5時間にわたり遮断されていた、ということのようです。 九州電力の発表は早いように感じますが、鹿児島県知事の反応はどうでしょうか。 NHKのニュースサイトから …
>>続きを読む

記者会見で、原発事故の自主避難者への支援について、繰り返ししつこく質問されて、激怒した今村復興大臣ですが、大臣となった政治家が忘れてはいけないことは、官僚機構のトップに座るのは、官僚機構の代弁者として、ではなく、国民の願いを叶えるため、という、使命感が欲…
>>続きを読む

地域政党から、国政に打って出る、という流れでは、日本維新の会、がまっさきに思い浮かびます。 あと、名古屋の、河村市長の減税日本ぐらいか、と、感じます。 地域政党は、なかなか、国政全般では支持を広げにくい、というのが、私の印象ですが、それらの地域政党とは違う…
>>続きを読む

柔道、空手、剣道、弓道、相撲(道)、合気道、なぎなた(道)などは、武道だなあ、と、思いますけれど。 「道」と名が付いているものには、少し、警戒感を持ったほうがよいかもしれません。 明治以降に、それまでの武道から発達したものを「現代武道」と呼ぶ、ということ…
>>続きを読む

朴大統領の弾劾、罷免と、この悲劇のセウォル号の引き揚げのタイミングを考えると、やっぱり、朴大統領側が、この引き揚げ作業を阻止してきた、のかもしれない、と、勝手に想像しています。 批判を封じる、という権力者の姿勢は、必ず、失敗する、とは思いますけれど、それ…
>>続きを読む

長島昭久氏と小池氏との関係については、私はよくわかりませんが、つながりがある、と、見た方がいいのかもしれません。 どんな形であれ、よい人物を政治の場に送り出すことが、私たち有権者の責務である、と、思っています。 朝日新聞から 都議選、民進から5人目の離党…
>>続きを読む

ちょうど、百条委員会も開かれていましたので、このタイミングで、下村氏が、 「小池知事のイエスマンのような人たちが、都議会の過半数を確保すれば、都政そのものが失墜する」 と、述べているのは大きな違和感を感じます。 豊洲市場の問題だけでなく、石原都政での様々…
>>続きを読む

都議会の追及は、完全に時期を逸していると思います。 まずは、都議会の無責任さを糾弾すべき、と、思います。 そして、今、行われていることは、もうすぐにせまった都議選に対する、議員たちの免罪符を獲得するため、ということかもしれません。議員たちが、その任期の間…
>>続きを読む

政党政治のリスクとして、政治家一人一人の資質を選べない、ということがあるように思います。 選挙区では、政治家個人を選ぶのではなく、政党を選ぶ、ということになりますから、有権者は、政治家の資質をみての選択の余地がない、ということになってしまうのではないか、…
>>続きを読む

安倍内閣の力の源泉は、高い内閣支持率にあると思います。 ただ、この内閣支持率を唯一の評価基準として政治を行う場合、大切なことは、国民にしっかりと知らされていること、が必要です。 そこのところに、大きな不安がありますので、内閣支持率を基準にして政治の是非を…
>>続きを読む

旧民主党も含めて、元議員たち150名ほどが対象だそうです。 ただし、鳩山氏は、離党したので、対象外、だそうです。 どこかに、免罪を主張しているような行動にも感じるのですが。 でも、がんばってもらいたい、と、思っています。 自民党も含めて、他党の中にも、政治信念…
>>続きを読む

アメリカの政治体制が不安定だと、東アジアの一国としては、困るとすべきか、それとも、好機ととらえるべきか。 NHKのニュースサイトから 米国務長官の日中韓訪問 報道対応で米記者不満噴出 アメリカのティラーソン国務長官の日本、韓国、中国への訪問について、国務省で…
>>続きを読む

このような事態には、日本の他のマスコミもしっかりと中国政府を批判すべきと思います。 産経新聞の報道姿勢や内容が気に食わないから、ということであるなら。 そのマスコミ、ジャーナリズムの報道姿勢や内容が気に食わないから、記者会見から締め出す、というようなことが…
>>続きを読む

国政選挙も公明党抜きでやりたい、という本音が見えたのかしら、安倍首相。 もちろん、私も、自民党という政党が、他の政党、それも、特定の宗教団体をバックに持つ政党と一緒に選挙をしてきたこと、に、ずっと、疑問をもっていますので、安倍首相の発言には賛成ですけれど…
>>続きを読む