島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 民主主義

今年3月に発覚していたことが、今頃、報道されることに、大いに疑問を持っています。 外部からの侵入者によるものではない、と、思います。 高額な兵器の管理責任、しっかりと問われなければなりません。 河北新報から 小松基地でミサイル損壊 数発、被害計3千万円  …
>>続きを読む

平沼赳夫氏が引退するそうです。 私の価値観とは、かなり異質な政治信条をお持ちの政治家だ、と思っています。 しかし、日本の政界から、「平沼」の名前が消えることに異を唱える勢力があるだろう、と、思われ、その勢力とも一緒になって、次男の正二郎氏の擁立が行われるこ…
>>続きを読む

投票先に悩む有権者たちの期待に応えて、野党の共闘態勢が構築されれば、自民党が一方的に有利な戦い、とはならない、と、思います。 朝日新聞から 野党4党の幹部、料理店で会談 「選挙協力は話さず」  衆院選小選挙区で野党候補の一本化を模索することで一致した民進…
>>続きを読む

安倍首相が、独裁者のように振る舞えるのは、いろいろな要因があるのですが、その大きな支柱の一つに経団連の支援、がある、と、思います。 経団連の参加企業の中には、小池新党に期待する声があるようで、その点も、安倍首相が気にしているところだろう、と思います。 確か…
>>続きを読む

注目選挙区となる、埼玉4区、広島4区には、自民党は対抗馬を擁立するそうです。 豊田氏は当然として、中川俊直氏は、実は、自民党の有力議員だった、父親から受け継いだ地盤、ということで、地元でどのような選挙戦が行われるか、混乱がありそうです。 また、東京10区、若狭…
>>続きを読む

政治家「谷垣禎一」 最大の功績は、あのグロテスクな「日本国憲法改正草案」を世に出した、ということ、に集約されてしまうのでしょうか。谷垣氏の政治信条とは真反対の内容。 残念です。 その意は、岸田氏が受け継ぐ、ということでいいですか。 しっかりと、リハビリに…
>>続きを読む

安倍首相は、今の日本国憲法を守る、という気持ちが希薄なのだろう、いや、(自分が、気に入らぬ、祖父も認めていなかった)憲法の規定を無視することに快感すら覚えているのではないか、と、感じるときがあります。 野党が求めていた臨時国会の冒頭に衆院を解散する、とい…
>>続きを読む

明らかに、安倍首相の衆院解散決断は、憲法違反である、と、私も思います。 読売新聞から 河野洋平氏「加計説明せず解散、理解できない」  河野洋平元衆院議長は20日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、臨時国会冒頭での衆院解散について、「安倍首相は(加計学園…
>>続きを読む

首相の「解散権」を抑制するしくみが必要と思います。 野党がそれを主張することで、自民党側から、政権交替のチャンスを放棄するのか、というような反論があるようですが、どちらが主権者である国民に利益があるか、ということをしっかりと考えてみなければなりません。 …
>>続きを読む

しっかりとけじめをつけなければならない、と、思います 細野氏の選挙区にも、対抗馬をたてなければいけません。 読売新聞から 離党届提出の3議員を除籍、対抗馬も検討…民進  民進党は19日の常任幹事会で、笠浩史(神奈川9区)、後藤祐一(同16区)、鈴木義弘(比例北…
>>続きを読む

これは、権力の私物化、としか言いようがない状況だと思います。 私たちの憲法を改正するのであれば、このような権力の私物化を防止するような歯止めの規定を盛り込む必要がある、と、思います。 NHKのニュースサイトから 民進 臨時国会冒頭の解散反対 代表質問などを要…
>>続きを読む

公明党は、都合よくやりすぎ、ではないか、とも感じます。 公明党の現職衆院議員で、大阪の小選挙区は、 3区の佐藤茂樹氏 5区の國重 徹氏 6区の伊佐進一氏 そして、 16区の北側一雄氏 の4つの選挙区です。 NHKのニュースサイトから 維新 松井代表 大阪の公明現…
>>続きを読む

裸の王様のことを裸だ、と、思っていても、大人たちは誰も言い出せなかった、のでしたね。 山本一太氏は、安倍首相が裸の王様だ、ということを、自民党内で発言しました。このことは、とても大きなことと思います。 これから、見せしめのような、猛烈な意趣返しが、自民党…
>>続きを読む

嶋田幸司氏は、同じ選挙区から連続当選を重ねている民進党の重鎮、中川衆議院議員の対抗馬として、自民党支部長の肩書きもあったのですが、三重の小選挙区の削減に伴い、身を引く形になっていました。 その引き換えとして、比例区での上位優遇なども提示されていたようです…
>>続きを読む

これは、権力の私物化、以外のなにものでもない、と、思います。 安倍首相は、国会での、自らの疑惑に対する、野党議員の追及が怖いのだろうと想像しています。 そのため、外交日程を密にし、北朝鮮危機をあおり、総選挙の前倒しを検討している、と、思います。 日本国憲…
>>続きを読む

小池都知事の国政新党設立への動きが次第にみえてきました。 これを「若狭新党」とは呼ばない、呼べないこともわかります。 新党は、最初の設立メンバーの顔ぶれ、は、とても大切なこと、です。 若狭氏と細野氏が中心軸になるようです。民進党を離党した細野氏派の議員を加…
>>続きを読む

若狭氏が、政策の目玉の一つとして、「一院制」をあげたようです。 しかし、これを実現するためには、憲法改正が必要と思います。 そもそも、参議院は、そのルーツを貴族院につなげることができますので、その廃止は容易ではない、と、思います。「明治150年」というイベン…
>>続きを読む

民進党のように、所属議員たちが、自分たちの政党について、言いたい放題、批判しまくり、というような状況にはなりたくない、というのが、小池氏の考えかもしれません。 しかし。 都民ファーストは、議員たちの意見集約や重要事項が決定されていくプロセスが不透明で、こ…
>>続きを読む

豊田議員が、記者会見をする意向がある、と、産経新聞が報道しています。 もし、次の衆院選挙に立候補するのであれば、きちんと記者会見を開かねばならない、と、思いますから、そういう段取りなんだろう、と、思います。状況によっては、衆院解散が年内にもあるかもしれま…
>>続きを読む

小池都知事が、民進党を離党した細野氏と会談したそうです。若狭氏も同席した、とのことですが。 また、細野氏と行動を共にしたいと考えている民進党離党予備軍が5人いて、今後、話し合いをしていくそうです。 細野氏が、民進党を離党したのが、結局、小池新党への期待、と…
>>続きを読む

きちんと知らされていない国民にその賛否を聞くのは、おかしい、と、思っています。 イージスショアの賛否や、北朝鮮への圧力重視政策の賛否について、私たちの国民は、きちんと知らされているでしょうか。 支持率低下、求心力低下に悩む、安倍首相にとっては、北朝鮮の金…
>>続きを読む

新潟5区補選は、自民党側の候補者選考が混乱しているようです。 やはり、泉田氏は、自民党からではなく、無所属か、民進党から出馬すべきであった、と、思います。 もちろん、出るからには勝たねばなりませんけれど。 読売新聞から 衆院新潟5区補選、3県議も意向…自民か…
>>続きを読む

首相に「解散権」というような権利?権限?があるのか、というと、本当は違うのではないか、と、私は思うのです。首相が、いつでも、自分が思うタイミングで、衆院を解散できる、という制度、慣習は、正すべき、と、私は思っています。 もっと、抑制的に、首相に対する不信…
>>続きを読む

離党するが、次の衆院選挙では、対抗馬は立てず、「みそぎ」が終わったら、復帰する、というシナリオが、前原氏と山尾氏との間で約束できている、と思います。 細野氏とは、そんな約束はありませんね。 自分が所属している政党に不満がある議員は、マスコミに、匿名で悪口…
>>続きを読む

「残業代ゼロ」法案、安倍政権は、なんとしても成立させたいみたいですが、連合も容認の姿勢なのでしょうか。 これでは、衆院補選での争点にもならないのではないか、と、心配しています。 国民生活に密接に関連し、また、人権侵害にもなりかねないような法案の審議が、き…
>>続きを読む

山尾議員には、大変、期待しておりますので、なんとか、この難関を乗り越えてもらいたい、と、願っています。 この問題で、気になっているのは、このような不倫問題、男女差があるかどうか、ということです。 根拠を示すことはできませんが、私は、 「不倫をしていた、し…
>>続きを読む

裁判になると、「裁判で係争中の案件については、答えられない」という逃げのコメントをすることが可能になるかもしれず、議会などでの追及が鈍る可能性がありますが、いずれの場にしても、しっかりと今治市は説明する責任があります。 NHKのニュースサイトから 加計学園…
>>続きを読む

もともと、安倍首相は、国会が嫌いで、野党の質問を毛嫌いする気配があります。 今回、よっぽど、つらいことがあるようで、臨時国会の日程が決まらないようです。 すでに、安倍首相は、衆院の解散権も、自らの手から、与党側に奪われており、もう、まな板の上の鯉、という…
>>続きを読む

国民の知る権利を妨害する行為である、と、私は思います。 同じようなことは、トランプ大統領もやっているのですが。 この長尾議員は、もともと大阪14区の衆院議員ですが、民主党から立候補して当選しています。 しかし、平成24年の衆院解散の前日に、民主党を離党し、安倍…
>>続きを読む

民主主義がきちんと機能するために、もっとも大事なことは、主権者である国民にきちんと知らされていること、です。 もともと、政府やそのリーダーは、大変な発信力を持っています。その権限も絶大です。 だから、政府やリーダーは、自分たちに都合のよい情報だけを国民に…
>>続きを読む