島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ:反戦 > 歴史修正主義

絶対的権力者のような安倍首相のもと、自民党内には、異論を唱えることすら憚れる空気があるようですが、そのような中で、船田氏の発言には、勇気をもらいます。 と、同時に、孤軍奮闘の船田氏、ご苦労をされることになるのではないか、と、心配もしています。 朝日新聞か…
>>続きを読む

日本外交のちぐはぐさ、が、浮き彫りになっている、と、思います。 互いに主張し、いがみあうのではなくて、融和の方向に歩み寄らねばなりません。 隣国同士です。引っ越しはできません。 安倍首相の外交には、そのような観点が欠けている、と、思っています。 読売新聞…
>>続きを読む

「教育勅語」の復権を考える勢力は、歴史修正主義者である、と、考えたいと思います。 しっかり勉強し、兄弟仲良く、親孝行し、夫婦仲良く、というような内容が並んでいるところをとらえて、教育勅語もよいことが書いてある、と、主張することには、猛烈な違和感を感じます…
>>続きを読む

人種のるつぼ、とも言われるアメリカ合衆国では、人種間の争いが先鋭化しそうな判断は、行政も裁判所も行わない、と、感じています。 慰安婦像を撤去するべき、という判断を下すと、その後がなかなか大変です。人種問題にすり替わると怖いです。 ということは、歴史修正主…
>>続きを読む

もともと、その政治信念、価値観から、総理大臣も、また、防衛大臣にも不適と、私は思っていますが、今回の森友学園問題で、その足をすくわれたのは、稲田氏かもしれません。 その言葉に信用がなくなると、政治家としては致命的、だと思います。 「ポスト安倍」レースから…
>>続きを読む

幼稚園における歪んだ教育内容についての文部科学省の指摘に疑問を呈しながら、小学校の認可については、大阪府が判断すること、と、逃げる答弁、卑怯だと思います。 稲田防衛大臣は、過去の発言が、日本国憲法のもとで行われている行政機関の機能には不適合だ、と、思いま…
>>続きを読む

安倍首相は、「歴史修正主義者」ではないか、と、ニューヨークタイムスをはじめ、欧米の報道機関から疑いの目をもたれているところです。 このたびの、大阪豊中の国有地格安売却の問題で、土地を買い取った森友学園が、大阪で運営している塚本幼稚園の教育内容や、また、こ…
>>続きを読む

なにをやっているんだか。 稲田氏は、自ら、「ポスト安倍」の一人と言っているようですけれど、やはり、総理大臣の器にないことは、安倍首相から、防衛大臣に抜擢されて、実証された、と、思います。 河北新報から 稲田防衛相が理事長に感謝状 森友学園、昨年10月  …
>>続きを読む

私は、今のこの国の教育行政、文部科学行政は、明らかに歪められつつある、と、感じています。 あの間違った戦争の教訓として、社会の偏向の原動力が教育にあった、ということをわたしたちは忘れていてはいけません。 このような教育が行われている幼稚園の存在を、当局が容…
>>続きを読む

この日程は、アメリカ側が突きつけた「踏み絵」だったのかもしれません。 安倍首相は、本当の「保守」政治家なのか、その言葉はともかく、総理大臣になってからの行動をみていると疑問を感じざるをえません。 アメリカ側は、昨年末に、稲田防衛大臣が行った靖国参拝に、本…
>>続きを読む

安倍首相は、自分は、外交が得意、と、自認していると思いますけれど、失敗の連続、と、私は思っています。 外交というのは、相手国のあることですから、こちらの都合だけで思うようにはすすみません。 逆に、相手に、こちらの手の内、足元をみられて、かえって、国益を減す…
>>続きを読む

国内の国民の不満をそらすため、また、内閣支持率を維持するため、に、隣国への敵対心をあおっているのではないか、と、感じています。 私たちが、私たちの政府の代表を安倍首相としている限り、韓国や中国と、通じ合うことは困難で、対立をあおるばかりではないか、と、私…
>>続きを読む

パンギムン氏は、韓国の次期大統領に選出される可能性があります。 韓国の大統領になるためには、歴史認識では反日の姿勢を明確にする方が有利、との判断もあるのかもしれません。 そして、あの日韓外相会談での合意。 あのときも指摘されましたが、少女像の撤去にむけて努…
>>続きを読む

今回の駐韓大使の一時帰国措置は、日本国内での安倍首相の支持勢力に対するアピールでしかありません。この問題を解決することにはつながらず、かえって、遠ざかります。問題解決にはつながりません。 そもそも、この振り上げた拳は、いつ、元に戻すのですか? 出口戦略は描…
>>続きを読む

韓国の保守系団体の行う、下品な政治的な行動に、いちいち反応することは、かえって、相手の思うツボ、とは思いますが、韓国の世論としても、そのような行動を支持するのが大勢のようなので、なんとかしなければなりません。 日本と韓国の間の距離が縮まることを忌避する外…
>>続きを読む

批判を承知でやったことと思いますし、安倍首相の了解も得ての行動と私は思っています。 「ノーコメント」と記者団に述べた安倍首相も無責任でずるいと思います。 こんな形でしか、靖国神社を参拝できないのなら、英霊も喜んでいないと思います。 開戦の判断をした当時の日…
>>続きを読む

安倍首相の真珠湾訪問に同行したと思います。稲田防衛大臣 不戦の誓い、と、安倍首相は、オバマ大統領の隣で高らかに演説しました。 その舌の根も乾かぬうちに、稲田防衛大臣は、本日、靖国神社を参拝するそうです。 総理大臣、それに、外務大臣と防衛大臣は、在任中に靖国…
>>続きを読む

真珠湾を訪問した、安倍首相のスピーチを聞きながら思います。 オバマ大統領は、やっぱり凄い 歴史修正主義者と思われていた安倍首相を、どうやってコントロールしたらいいか、よくわかっています。 大統領の任期が終わること、とても残念に思いますし、また、これからの…
>>続きを読む

安倍首相が、真珠湾を訪問する目的が、自らの内閣の支持率のため、ではない、ことを希望しています。 オバマ大統領のヒロシマ訪問の交換条件、また、トランプ大統領と会談をしたおわび、という噂もありますが。 私は、ハワイに海外旅行したときに、真珠湾も行きましたが、ア…
>>続きを読む

話題の映画「この世界の片隅に」を、名古屋の映画館に観に来ました。 涙なしにみられません。 でも、国破れて山河あり、ですね。 馬鹿な国家指導者の国は破れても、人々の暮らしは続きます。 たくさんのかけがえのない大切なものと引き換えに。 ということと、さらに、…
>>続きを読む

わたしは、安倍首相の真珠湾訪問は、あまり評価をしません。 それよりも、アメリカという国の存在や意向を無視することは、日本の首相にとってとても大変なことである、ということを改めて実感している感じです。 わたしは、あの戦争で、アメリカが日本の都市を無差別に爆撃…
>>続きを読む

和解につながる努力を継続することに意味がある、と、思います。 努力を継続していきましょう。 読売新聞から 韓国の元慰安婦23人に現金支給…生存者の半数  慰安婦問題をめぐる昨年末の日韓合意に基づき、韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」は16日、元慰安婦23人…
>>続きを読む

零戦を設計した堀越二郎氏を描いた映画「風立ちぬ」を監督した宮崎駿監督も、映画の中では、零戦を設計する前に設計を担当した96式艦戦まで、の話を中心としていました。 零戦のところを話にすると、避けられない部分があるから、というようなことをおっしゃっておられたと思…
>>続きを読む

ナショナリズムをかきたてて、それを支持基盤とする政治家は、国や国民を危うくする、と、思っています。 安倍首相は、靖国神社の秋の例大祭に合わせた参拝を見送るそうです。 首相は、靖国神社を参拝しない、というのを恒例にすべき、と、思います。 河北新報から 安倍…
>>続きを読む

政府が、明治150年を祝うそうです。 危険な香りがする、と、思います。 もし、明治150年を祝うのであれば、そのとき活躍した、長州や薩摩や土佐などの志士たちを讃えるのであれば、と、同時に、開国を率先して行い、また、江戸城の無血開城を行うことができた江戸幕府の官…
>>続きを読む

民進党の代表選挙、立候補者の統合が行われ、興味深い構図になってきた、と、思います。 長島昭久氏は、最後まで、独自の立候補を模索していたようですが、立候補を断念したそうです。 無念だろうと思いますが、前原氏を支援することで、今回の代表選が民進党の今後をしっか…
>>続きを読む

まだ、閣議決定はしていなかったんですね。ちょっと、びっくり。 本日行われるであろう、日韓外相会談の内容も知りたいと思います。 朝日新聞から 慰安婦問題の10億円拠出、24日に閣議決定  政府は日韓合意に基づき、韓国政府が元慰安婦を支援するために設立した「和解…
>>続きを読む

私も、ハワイに行った時に、真珠湾は訪れなければ、と、思い、行きましたが、感情が高ぶり、アリゾナ記念館に船で渡ることはできませんでした。日本人が、あの記念館を訪れるのには、かなりの覚悟と勇気が必要です。 それを成し遂げた、安倍昭恵さんには敬意を表したいと思い…
>>続きを読む

リオデジャネイロオリンピックでは、日の丸が掲揚され、君が代が流れるシーンがいくつもありました。 各選手の努力と研鑽の結果と思います。賞賛と敬意を表したいと思っています。 その同じ日の丸の旗のもと、同じ君が代斉唱の中で、あの時代。 あの誤った戦争、負けるとわ…
>>続きを読む