島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ:反戦 > 戦争と歴史

前原氏、小池氏の影に隠れるようになってしまって、残念ですが、今でも、肩書きは、民進党代表です。 保守派の議員として、名が通っていて、アメリカ政界とのパイプもあるのですが、核兵器禁止条約への対応について、発言したようです。 朝日新聞から 民進・前原氏「唯一…
>>続きを読む

この洞窟の存在を否定すること、あるいは、この洞窟で起きた歴史的事件の風化を防ぎ、語り継ぐ運動、を否定すること、が、どのような利益があるのか、よくわかりません。 あの戦争を指導し、国民たちに多大なる犠牲を負わせた、当時の戦争指導者たち、国の指導者たち、のこ…
>>続きを読む

北方領土の返還、が、最大の目標だと思いますけれど、安倍首相は、プーチン大統領と直接会談して、なにか、国益に資するものを得たのでしょうか? 安倍外交は、成果がありましたか? 首相が言うほど、外交成果がある、とは思えないのですけれど。 逆に、あしもとをみられて…
>>続きを読む

安倍首相は、外交が得意、と、自他共に認めている、と、されていますが、まったくそんなことはない、と、私は思っています。 福田元総理が、日本政府がとるべき外交戦略について、意見を述べたようです。 国連の安全保障委員会の常任理事国ではない日本が、今の状況で果たせ…
>>続きを読む

安倍首相自身、北朝鮮の危険な緊張戦略に依存している、のではないか、とさえ、心配してしまいます。 河野外務大臣が述べているように、北朝鮮は、アメリカの出方をみながら、彼らなりに慎重に行動をしている、と、感じます。 小野寺防衛大臣がいうように、今回は、グアム…
>>続きを読む

これは、日本と韓国との間の新たな火種ができた、と、思います。 慰安婦、原爆被害者、サハリン残留韓国人は、すでに、個別の個人請求権があるのだそうです。 同じような論理の拡大をしていくと、米軍による空襲被害も、日本政府に補償を求められることになるかもしれません…
>>続きを読む

今年の終戦記念日は、今の安倍内閣の閣僚が誰も、靖国神社を参拝しなかったそうです。 そういう内閣に対して、国民の支持がよい、ということを、自民党はよくわかっているはず、と、私は思います。 つまり、今の安倍首相が、自分たちの政治リーダーとして不適格であること、…
>>続きを読む

わたしたちは、国を滅ぼした、あの大戦争の責任を、しっかりと追及していない、のではないか、と、改めて感じました。 そのプロセスを経て、きちんと総括していれば、今の靖国神社の問題もない、と、思います。 教育勅語の復活を目指すような、無責任な政治家を送り出して…
>>続きを読む

長崎が、原爆の投下目標となったのは、大きな造船所があったから、でしょうか。 日本を降伏させるためだけなら、東京湾の海上とか、富士山の山頂とか、もっと、人的被害が少ない目標があったのではないか、と、思います。…
>>続きを読む

これが、歴史を反省する、ということと思います。 それだけ、ナチスドイツは、大変な間違いをした、ということですけれど。 ひるがえって、私たち日本人はどうでしょうか。 しっかりと自分たちを見つめ直したい、と、思います。 観光客にも、法律の厳格な適用をする、とい…
>>続きを読む

市民が暮らす市街地の真ん中に、猛烈な破壊力を持つ大型爆弾、しかも、今までの爆弾とは大きく違い、放射線により、人体に対する悪影響は、惨禍を生き残った人々を長期間にわたり痛め続ける、という新型爆弾、を、なんのためらいもなく、投下し炸裂させたこと。 私たち人類…
>>続きを読む

さきの大戦では、大切な、大変なものを、たくさん失った、と、私は、本当に残念に思っています。 その犠牲や損害の上に、今の日本国憲法がもたらされた、と、考えています。 簡単に、書き替えていいわけはありません。 わたしは、この憲法が掲げる崇高な理念や目標が達成さ…
>>続きを読む

やはり、フランスのマクロン大統領は、すごい政治家のようです。 オバマ大統領が引退したのち、国際政治の場では、マクロン大統領がその地位を占めることになるかもしれません。 私たちの政治のリーダーも、こういう歴史観、人格を持った人を選ばないといけない、と、改めて…
>>続きを読む

話題のアメリカ映画「ハクソー・リッジ」を観てきました。 第二次大戦中の激戦地、沖縄の戦場を舞台にした、銃をとらずに英雄となった兵士のお話でした。 日米の若者たちが、命をかけて、血を流し戦いあった、あの凄惨な戦場。 真珠湾攻撃をした日本の判断は、明らかに間…
>>続きを読む

今日は、沖縄慰霊の日、です。 沖縄防衛のために派遣された海軍の司令官、大田実氏が、最後に、東京の海軍省次官に送った電報は大変、有名なものですが、改めて、紹介したいと思います。 大田氏が自決する直前の1945年6月6日午後8時16分に発信されたそうです。 Wikipedia…
>>続きを読む

さぞ、無念なことだったろう、と、思います。 上官の間違った判断にたいして、異を唱えることができない状況にあった、たくさんの人々がいました。 私には、いまの安倍政権にイエスマンとして振舞うことを強制されている官僚たちの姿が二重写しになります。 あの間違った…
>>続きを読む

自民党古屋氏の発言は、大変、軽率な発言と私は思います。 そもそも、私たち国民有権者は、ナショナリズムをあおる言動をする政治家には要注意である、と、思っています。 北朝鮮問題を考えるとき、私たち日本人は、80年ほど前の私たちの国の先輩たちが行った決断を忘れて…
>>続きを読む

失敗から学ばなければなりません。 あのインパール作戦から73年だそうです。 硬直化した陸軍の戦争指導者たちの戦略、戦術が、あの悲劇とも言われる作戦にゴーサインが出た、と、思っています。 私たち日本人の持つメンタリティや私たち日本人が作る組織の弱点、が、浮き…
>>続きを読む

東条英機元首相などが合祀されてから、天皇陛下の参拝が絶えています。 あの太平洋戦争は、昭和天皇の開戦を避けたい、というお気持ちに反して、開戦したものと考えていますが、その決断を促進したのが、当時の東条英機首相と思います。 その結果、日本人全体も、大変な損害…
>>続きを読む

文書自体を隠せ、ということになってしまうのでは、と、恐れますが、私たちの国が民主主義の国である、ということから、そういう野蛮なことは起きない、ことを信じたいと思います。 なお、戦後の戦犯の裁判の資料ですので、文書の存在を政府が認めたとしても、残念ながら、…
>>続きを読む

公文書を送付したそうです。 どうなることでしょうか。 読売新聞から 韓国政府、初めて少女像の移転働きかけ…地元に  韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置された問題で、韓国政府関係者は23日、韓国外交省が今月、少女像の移転に向けた公文書を…
>>続きを読む

北方領土の返還に否定的な考えをもつ、ロシア軍の動きを、プーチン大統領側がしっかりとよ区政できていない、ということとわたしは感じています。 これも、軍部のコントロール、軍部の政治的影響力の問題がある、と、思います。どの国にもありうることですが、特に、強大な…
>>続きを読む

日本政府は、かなり厳しい対抗措置をとりました。 というか、これ以上の対抗措置は取れない、と思うぐらいのギリギリの線のものをいきなり出した、という感じがします。 もし、今後、韓国側がつっぱってきたら、どうなるか。 次なる手はない、という感じです。 また、韓国…
>>続きを読む

批判を承知でやったことと思いますし、安倍首相の了解も得ての行動と私は思っています。 「ノーコメント」と記者団に述べた安倍首相も無責任でずるいと思います。 こんな形でしか、靖国神社を参拝できないのなら、英霊も喜んでいないと思います。 開戦の判断をした当時の日…
>>続きを読む

素早い対応、よかったと思います。 外交使節団の安寧をおびやかす行為は、外交儀礼を損なうものとして、国際的に避けなければならない、と、されています。 他国に抗議する人々が、その大使館などに石などを投げることを、警察が阻止する映像をよく見ますが、大使館などの安…
>>続きを読む

安倍首相の真珠湾訪問に同行したと思います。稲田防衛大臣 不戦の誓い、と、安倍首相は、オバマ大統領の隣で高らかに演説しました。 その舌の根も乾かぬうちに、稲田防衛大臣は、本日、靖国神社を参拝するそうです。 総理大臣、それに、外務大臣と防衛大臣は、在任中に靖国…
>>続きを読む

真珠湾を訪問した、安倍首相のスピーチを聞きながら思います。 オバマ大統領は、やっぱり凄い 歴史修正主義者と思われていた安倍首相を、どうやってコントロールしたらいいか、よくわかっています。 大統領の任期が終わること、とても残念に思いますし、また、これからの…
>>続きを読む

裁判所が認めましたから、さあ、どんどん、作りますよ、では、沖縄県の県民が納得することはなく、今後も沖縄県では自民党の候補者は選挙で勝てないことが続きます。 昨日は、自民党の二階幹事長が沖縄を訪問され、翁長知事と会談しています。 政治の知恵、が、必要です。 …
>>続きを読む

安倍首相が、真珠湾を訪問する目的が、自らの内閣の支持率のため、ではない、ことを希望しています。 オバマ大統領のヒロシマ訪問の交換条件、また、トランプ大統領と会談をしたおわび、という噂もありますが。 私は、ハワイに海外旅行したときに、真珠湾も行きましたが、ア…
>>続きを読む

話題の映画「この世界の片隅に」を、名古屋の映画館に観に来ました。 涙なしにみられません。 でも、国破れて山河あり、ですね。 馬鹿な国家指導者の国は破れても、人々の暮らしは続きます。 たくさんのかけがえのない大切なものと引き換えに。 ということと、さらに、…
>>続きを読む