島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ:経済と政治 > 労働者と政治

加藤労働大臣は、国会で虚偽を述べたのではありませんか。 「厚労省の労働政策審議会(労政審)で、一般労働と裁量労働の労働時間を比べた議論はしていなかった」 と、加藤厚労大臣が国会で明らかにしたそうです。 しかし、そもそも、この審議会には、労働者の代表者として…
>>続きを読む

年金問題でも活躍した長妻氏、どうも、厚労省の官僚たちと独自のパイプを持っているように感じます。 厚労省のほうでは、犯人探しもしていることでしょう。 東京新聞から 新たに117件 裁量労働データ不適切処理  裁量労働制を巡る不適切なデータ処理問題で、厚生労働省…
>>続きを読む

安倍政権が、この法案を通したいのは、財界の要望があるから、だと、思います。 だから、どうしても、成立にこだわるだろう、と、思います。 しかし、もともと、筋が悪い法案であり、官僚たちも引き気味だったのでしょう。 官邸側が、突っ走った、ということかと思います。 …
>>続きを読む

これは、もう、アウト、かな。 朝日新聞から 法案作成関与の審議会に不適切データ提示 裁量労働調査  安倍晋三首相が裁量労働制に関する国会答弁を撤回した問題で、働き方改革関連法案の作成にかかわる厚生労働省の労働政策審議会に、不適切な調査データを含む資料が示…
>>続きを読む

昨日の国会審議で、加藤厚労大臣が野党の追及につかまってしまったようです。 安倍首相は、加藤勝信厚労大臣を更迭することができるでしょうか? 加藤氏は安倍首相の「お友達」政治家です。 東京新聞から 「裁量労働」と「一般」異なる基準 厚労相、11日後に報告  安…
>>続きを読む

先日の佐川国税庁長官に対する国税庁でのデモに、麻生大臣は不快感を持ったようです。 国会で、立憲民主党にクレームを述べたようですが、それだけ効果があった、ということかもしれません。 NHKのニュースサイトから 「佐川国税庁長官は引き続き職責を」麻生副総理兼財…
>>続きを読む

国会での法案審議において、法案提出側が都合のよいデータを提出していただけ、ではないか、と、思われます。 安倍首相は、国会で、朝日新聞のことを激しく攻撃、批判していますが、ひるがえって、自分はどうなのでしょう。 東京新聞から 首相、裁量労働の答弁撤回 国会…
>>続きを読む

昨年の衆院総選挙前に、民進党が希望の党との合流を決定したとき、連合の神津会長が関与していたことは間違いない、と、私は思っています。 なので、民進党が、定期党大会で、合流をめざしたことを「誤り」と総括したことに、神津会長は不満があるのかもしれない、と、想像…
>>続きを読む

自治労に続き、私鉄総連も、立憲民主党を支援することを組織決定したようです。 民営鉄道会社とはいえ、会社は、公共インフラの一部であり、社員も、公務員とほぼ同じ社会的役割を になっている感覚がある、と、思います。 他の民間企業の労働組合とは肌色が異なることと思…
>>続きを読む

連合の政治との関わり方に問題がある、と、私は感じています。 経団連と連合は、互いに対立する立場にいなければなりません。 もし、首相が、経団連に3%の賃上げを要請するのであれば、連合は、さらに4%、5%の賃上げを要求しなければなりません。 連合が、首相に感謝して…
>>続きを読む

首相が、財界に賃上げを要請する、というチグハグな状況を許しているのは、連合に大きな責任がある、と、私は思います。 高度プロフェッショナル制度 以外にも、財界の要望による労働制度の改革がありますが、これらについても、しっかりと議論をしておくべき、と、思いま…
>>続きを読む

昨年の衆院選挙では、安倍自民党が圧勝した結果になっていますが、得票数の総計では、野党側が断然多かったのです。 ところで、連合ですが、分裂した野党の合同を画策していますが、その連合自身が、すでに分裂している、のだと思います。 そして、その原因は、野党の分裂…
>>続きを読む

江崎氏は、比例区選出の参院議員で、自治労が支援している議員のようです。 つまり、今回の移動には、自治労の了解がある、ということになります。 これは、立憲民主党にとっても、一人の議員の移動にとどまらない、大変、大きなことだと思います。 毎日新聞から 民進党…
>>続きを読む

政府の方針に対して、経団連が異を唱えるというのは、安倍政権になってからはあまりないように記憶しています。 もう一つの主役、連合はどういう立場でしたかね。 安倍政権の「働き方改革」は、許容できない政策ばかりを推進しようとしている、と、私は思っています。 NHK…
>>続きを読む

各種世論調査で、政党支持率で、壊滅的な数字をしめす希望の党や、そもそも衆院議員がいなくなった民進党は、立憲民主党との連携を模索しているのだろう、と、思います。 私たちは国政の場に、与野党ともに、よい政治家を、自分たちの代表として送り出さなければなりません…
>>続きを読む

「英雄」の一人だと思います。 この方の奮闘無くして、今の私たちの暮らしはなかった、と、思うからです。 原子力発電は、私たちの国土にはふさわしくない、と、私は思っています。 お大事にしてください。 NHKのニュースサイトから 原発事故 注水作業など当たった東電…
>>続きを読む

政府が、春闘に関わる、というのは、明らかにおかしいと思います。 これを容認している、連合もおかしいと、私は思います。 政府が集めた税金が、賃上げした企業に配分される、というのも、どうなんでしょう。 安倍政権の志向は「大きな政府」になっていますが、それは、財…
>>続きを読む

あの衆院選直前の、前原氏と小池氏による、民進党の解党にむけた合意は、連合の神津会長も了承のうえで行われた、と、私は認識しています。 ということは、今の状況について、連合の神津会長には責任の一端がある、と、私は思います。 会談は定例化することになったそうです…
>>続きを読む

安倍首相が、財界に、賃上げを要望したそうです。 同時に、賃上げに応じた企業に対して、税制面での優遇措置などを検討するように、と、指示したようdす。 は? って感じ。 賃上げした企業の労働者に支払われる賃上げ分の一部は、もともと企業が国に納めるべき税金の減免…
>>続きを読む

今回の衆院選で、野党が分裂し、バラバラになったことについて、前原代表と小池代表の責任が大きい、とは思いますが、連合の神津会長も、その責任の一端がある、と、私は思っています。 そのことについて、神津会長が、まるで他人事のように言っていることに、大きな違和感を…
>>続きを読む

経団連の榊原会長は記者会見で、改憲論議に大きな政治的エネルギーが消費されることに釘を刺したようにも思われます。 また、「小さな政府」をめざせ、と、述べたようです。やはり、希望の党の小池氏に期待していたのかもしれません。 だとすれば、それに手を貸した、連合…
>>続きを読む

連合の神津会長は、日本の政界における混乱要因でしかない、と、私は感じています。 とりあえず、連合は、東京都内の小選挙区の候補者については、希望の党からの候補者に推薦を出していないようです。立憲民主党公認の14人は、推薦対象になっているそうです。 東京新聞か…
>>続きを読む

連合の神津会長は、民進党の分裂を他人事のように思っているかもしれませんが、神津会長自身が、その片棒を担いだことを自認すべき、です。 また、そもそも、安倍政権との距離感も、不信感を募らせるばかりだった、と、私は感じています。 神津会長は、責任をとって自認すべ…
>>続きを読む

連合の神津会長は、本当に、日本の労働者全体の利益を考えて、その政治的行動をしているのでしょうか。 小池都知事に振り回されているようでは、ダメだと思います。もっと、主体性をもって、この新しい政治勢力を見極める姿勢が必要です。 また、もちろん、労働法制の改正を…
>>続きを読む

連合の神津会長は、いつから、安倍内閣と敵対関係になったのか、という疑問がありますけれど、まあ、いいでしょう。 前原民進党と小池新党が、どのぐらい密に選挙協力ができるのか、個々の選挙区で事情は変わるでしょうけれど、国民のためになる、選択肢を提示できる、とい…
>>続きを読む

もし、二大政党制をめざすのであれば、一つの価値観、政策の軸を中心に、2つの政党が互いに刺激しない、政策を切磋琢磨し、主権者である国民に信任を問いながら、政権を担っていく、ということだろうと思います。 今の日本で、二大政党制の基盤となる、社会を二分する価値…
>>続きを読む

連合も、たいへん、風通しの悪い組織だなあ、と、いつも思います。 連合の神津会長は、辞任すべき、と、私は思っています。 そうでないなら、連合は、分裂すべきです。 安倍首相や財界の意を受けて、連合の神津会長は、この「高度プロフェッショナル制度」を盛り込んだ法案…
>>続きを読む

「残業代ゼロ」法案、安倍政権は、なんとしても成立させたいみたいですが、連合も容認の姿勢なのでしょうか。 これでは、衆院補選での争点にもならないのではないか、と、心配しています。 国民生活に密接に関連し、また、人権侵害にもなりかねないような法案の審議が、き…
>>続きを読む

細野氏を支援しない、と、明言したことになります。 山尾氏もかな。 もし、枝野氏が民進党の代表に選ばれていたら、神津会長は同じことを決めたでしょうかね。 毎日新聞から 連合 民進離党議員を推薦せず 次期衆院選  連合の神津里季生会長は7日、民進党を離党した議…
>>続きを読む

制度そのものが、いわゆる「悪法」の性質を持っているので、それを薄めようと、いろいろな安全装置を取り付けたとしても、その本質的なところが変わるわけではない、と、思います。 この制度が始まると、労働組合の力も弱まっていく、のではないか、と、想像します。今以上…
>>続きを読む