島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ:経済と政治 > 労働者と政治

安倍首相が、財界に、賃上げを要望したそうです。 同時に、賃上げに応じた企業に対して、税制面での優遇措置などを検討するように、と、指示したようdす。 は? って感じ。 賃上げした企業の労働者に支払われる賃上げ分の一部は、もともと企業が国に納めるべき税金の減免…
>>続きを読む

今回の衆院選で、野党が分裂し、バラバラになったことについて、前原代表と小池代表の責任が大きい、とは思いますが、連合の神津会長も、その責任の一端がある、と、私は思っています。 そのことについて、神津会長が、まるで他人事のように言っていることに、大きな違和感を…
>>続きを読む

経団連の榊原会長は記者会見で、改憲論議に大きな政治的エネルギーが消費されることに釘を刺したようにも思われます。 また、「小さな政府」をめざせ、と、述べたようです。やはり、希望の党の小池氏に期待していたのかもしれません。 だとすれば、それに手を貸した、連合…
>>続きを読む

連合の神津会長は、日本の政界における混乱要因でしかない、と、私は感じています。 とりあえず、連合は、東京都内の小選挙区の候補者については、希望の党からの候補者に推薦を出していないようです。立憲民主党公認の14人は、推薦対象になっているそうです。 東京新聞か…
>>続きを読む

連合の神津会長は、民進党の分裂を他人事のように思っているかもしれませんが、神津会長自身が、その片棒を担いだことを自認すべき、です。 また、そもそも、安倍政権との距離感も、不信感を募らせるばかりだった、と、私は感じています。 神津会長は、責任をとって自認すべ…
>>続きを読む

連合の神津会長は、本当に、日本の労働者全体の利益を考えて、その政治的行動をしているのでしょうか。 小池都知事に振り回されているようでは、ダメだと思います。もっと、主体性をもって、この新しい政治勢力を見極める姿勢が必要です。 また、もちろん、労働法制の改正を…
>>続きを読む

連合の神津会長は、いつから、安倍内閣と敵対関係になったのか、という疑問がありますけれど、まあ、いいでしょう。 前原民進党と小池新党が、どのぐらい密に選挙協力ができるのか、個々の選挙区で事情は変わるでしょうけれど、国民のためになる、選択肢を提示できる、とい…
>>続きを読む

もし、二大政党制をめざすのであれば、一つの価値観、政策の軸を中心に、2つの政党が互いに刺激しない、政策を切磋琢磨し、主権者である国民に信任を問いながら、政権を担っていく、ということだろうと思います。 今の日本で、二大政党制の基盤となる、社会を二分する価値…
>>続きを読む

連合も、たいへん、風通しの悪い組織だなあ、と、いつも思います。 連合の神津会長は、辞任すべき、と、私は思っています。 そうでないなら、連合は、分裂すべきです。 安倍首相や財界の意を受けて、連合の神津会長は、この「高度プロフェッショナル制度」を盛り込んだ法案…
>>続きを読む

「残業代ゼロ」法案、安倍政権は、なんとしても成立させたいみたいですが、連合も容認の姿勢なのでしょうか。 これでは、衆院補選での争点にもならないのではないか、と、心配しています。 国民生活に密接に関連し、また、人権侵害にもなりかねないような法案の審議が、き…
>>続きを読む

細野氏を支援しない、と、明言したことになります。 山尾氏もかな。 もし、枝野氏が民進党の代表に選ばれていたら、神津会長は同じことを決めたでしょうかね。 毎日新聞から 連合 民進離党議員を推薦せず 次期衆院選  連合の神津里季生会長は7日、民進党を離党した議…
>>続きを読む

制度そのものが、いわゆる「悪法」の性質を持っているので、それを薄めようと、いろいろな安全装置を取り付けたとしても、その本質的なところが変わるわけではない、と、思います。 この制度が始まると、労働組合の力も弱まっていく、のではないか、と、想像します。今以上…
>>続きを読む

連合が民進党のネックとなっている、と、私は思っています。 自民党に変わる保守政党をめざす、という前原氏が、連合との関係を大切に考え、労働者の権利をさらに守りたいと考えている枝野氏が、連合と距離を保つ、と、言っていることに、今の連合のジレンマがある、と、思…
>>続きを読む

細野氏は、民進党に離党届をだして、党外の政治家と連携する動きをしていますが、民進党は除名処分とはせず、離党届を受け付ける形で処理しています。 本来、民進党を離党した議員に対しては、民進党の支持団体である連合が、次の選挙では応援しない、と、決めるべきですし…
>>続きを読む

今の、連合の執行部は信用できない、と、思っています。 与党に擦り寄っているから、というか、与党側がリモートコントロールしていないか、と。 民進党を離党した議員を、連合は応援しない、と、一言発表すればよいものを、そうしないところがね。 おかしい。 連合が、民…
>>続きを読む

神津会長は、東京大学卒業、新日鉄入社で、会長代行になる逢見事務局長は、一橋大学社会学部卒業で労働運動専従という経歴ですが、神津氏より逢見氏の方が年上? 次の事務局長には、トヨタの労働組合出身の相原氏が固まったそうです。 民進党は、連合の支援は大切だと思い…
>>続きを読む

 神津会長は、混乱の責任をとって、辞任すべき、とさえ、私は思います。 労働者の権利を守るべき、労働運動の代表の立場にありながら、資本家や大企業の側にある今の与党にすり寄り、独断で話をつけてしまったこと、大いに問題がある、と、私は思っています。 当サイトの…
>>続きを読む

保守系の政党2党による二大政党制、というのは、幻想と思います。 それぞれの政党に属する議員たちの違いは、なんでしょう? 単なる好き嫌い? ばかな。 私たちの社会を二分するような、大きな価値観の基準軸、それを一つにするのであれば、それは、「持つ者」と「持たざ…
>>続きを読む

連合内の調整がつかないそうです。 当然と思います。 首相と連合の会長と次期会長が直接会談して、決まった、というプロセスは、到底、許されるものではありません。 この責任を、連合の神津会長はとるべき、つまり、辞任すべき、と、思います。 私は、連合という組織自体…
>>続きを読む

もう、連合は分裂すべきだと思います。 財界の御用組合から構成される与党側にすり寄る労働組合の連合体と、 労働者の権利をきちんと主張し、政権与党とは一線を画す路線を支持する労働組合の連合体に。 つまり、旧総評と旧同盟が合同して連合が生まれたのですが、その以…
>>続きを読む

市民運動と乖離し、また、資本家と共同歩調をとる、ような労働運動が存在することは不可能と思います。あまりに与党サイドに近づきすぎています。 労働者の労働条件の改革が、この枠組みでいけると、安倍首相サイドが考えているとしたら、それも、おかしい、と、思います。…
>>続きを読む

連合の政治的な動きには、辟易しています。 新潟県知事選挙でも明らかになったように、原発再稼働についても、市民の願いと、連合の方針との間に大きな乖離がある、と、思います。 政権与党にすりよる労働運動って、いったいなんでしょうか。 民進党は、動揺することなく…
>>続きを読む

連合の神津会長が、安倍首相と会談するそうです。 首相と会ってはいけない、とは、いいませんけれど、労働者の権利を守るためには、不透明な政治的な取引をしたのではないか、と、言われるような行動はすべきではない、と、私は思います。 誠実さ、が、大切なので、説明責…
>>続きを読む

がんばれ、蓮舫民進党、と、言いたいところなのですが、参議院議員である蓮舫氏を党の代表に選んだ、岡田氏の対応には、やはり疑問を感じざるを得ません。 蓮舫氏を衆院議員にしてから、または、民進党の衆院議員にも、総理大臣を担当できるような人材はあるので、そちらに…
>>続きを読む

安倍首相の「働き方改革」に吸い寄せられていた神津会長の連合ですが、都議選での民進党支援を確約したそうです。 先日、民進党を離党したいと表明した長島氏は、東京選出の衆議院議員ですが、その保守的な政治信条は、連合とは合わないものであった、と思っています。 東…
>>続きを読む

都民ファーストの会と、連合東京が会合して、政策合意を結んだそうです。 要は、よい政治家を政治の場に送り出すこと、だと思いますので、民進党という組織ありきではない、と、私も思いますけれど、できれば、民進党という政党の改編を行うことで、対自民党の政治勢力を作…
>>続きを読む

介護の現場で働く人たちの確保を、安倍内閣がどのように考えているのか、という姿勢の問題でもある、と、思います。 NHKのニュースサイトから 民進 介護従事者の処遇改善へ独自法案提出 介護サービスの担い手を確保するため、民進党は、介護現場で働く人たちの賃金を平均…
>>続きを読む

連合も了解の上での調整作業でしょうか。 やっぱり、経営者側に都合のよいよう、配慮されているようにも感じます。 読売新聞から 残業規制、建設・運送は5年猶予…政府方針  政府は「働き方改革」の時間外労働(残業)規制を巡り、現行法で規制の例外となっている建設…
>>続きを読む

連合の神津会長の説明責任が求められる、と、思います。 もちろん、休日に業務を課すことは、もともと、容易なことではないので、単純に加算される、ということではない、と、思いますけれど、朝日新聞の報道では、政府の担当者の言葉として、 「年720時間の上限に、休日労…
>>続きを読む

連合の神津会長の功績となるのでしょうか。 連合と経団連の労使交渉は、合意に進みつつあるそうです。 「100時間未満」と「100時間」が争点として残っているのだそうです。 NHKのニュースサイトから 時間外労働の上限めぐる労使合意の原案明らかに 政府が導入を目指す…
>>続きを読む