島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 教育と政治

会わない理由、会えない理由は、総理大臣ですから、いくらでも列挙することができると思いますので、逃げた、という批判に対する反論は用意してあることでしょう。 判断するのは、私たち国民、有権者、ですけどね。 でも、攻められると弱い、というのは、安倍氏の基本にあ…
>>続きを読む

今回の獣医学部新設の話は、政府としては、街で犬猫病院を開業している獣医を増やしたい、のではなくて、畜産業に関わる獣医師、公的な責務を果たす獣医師、を、増やしたい、ということと説明されているように思います。 でも、今後、日本では、畜産業が拡大する、という…
>>続きを読む

安倍首相のお友達が経営する加計学園の岡山医科大学獣医学部の新設ですが、まだ、文科省の正式認可はおりていません。 この夏以降に、認可するかの審査が行われるのだそうですが、認可されない方向性が出てきたように思います。 今まで、新設が認可される方向で内定され、そ…
>>続きを読む

憲法の規定がありますから、野党が要求すれば、国会は開かれることになります。 与党としては、追い込まれるような形は避けたいでしょうから、交渉が水面下で行われていることでしょう。 どうなるか、しっかりとみておきたい、と、思います。 安倍内閣の存続そのものが、…
>>続きを読む

萩生田氏は、私の好きな政治家ではありませんけれど。 安倍首相出身の派閥は、もともと、文教族の議員が多い、文科省とは蜜月の派閥なので、文科省の官僚たちが、安倍首相が追い込まれるような情報を出し続けている、いまの状況が不思議でなりませんけれども、やはり、文科…
>>続きを読む

安倍首相がなんども口にする、「硬い岩盤規制にドリルで穴を開ける」、というフレーズ。 その「硬い岩盤規制」とは、いったいなにか、ということを考えています。 加計学園の問題の場合、それは、結局のところ、麻生氏の政治的権力、ということなってしまったのかもしれませ…
>>続きを読む

若い頃からの友人で、一緒にゴルフをしたり、ミャンマーを公式訪問した時には、政府専用機にも一緒に乗ったり、昭恵夫人が名誉園長をしていたり、という親密な間柄の学校法人の理事長が、特区制度を使って、獣医学部を新設するという計画を持っているのに、安倍首相は、自分…
>>続きを読む

萩生田官房副長官は、選挙に落選中、加計学園が運営する千葉科学大学の客員教授をしていたことがあり、今も、名誉客員教授(不思議な肩書きですが、どんな責務を担当?)であることが明らかになっています。 安倍首相も、以前に、加計学園と雇用関係にあったそうです。 キ…
>>続きを読む

当然ですが、文書はあったそうです。 「怪文書」と言い切った菅官房長官の言動は十分に批判されるべきもの、と、私は思いますし、最初に、文科省で行われた調査について、文書はない、と、虚偽を述べた官僚がいるのであれば、該当者は処罰されるべき、と、思います。 政府…
>>続きを読む

もともと、議員数で劣勢の野党側には、戦う術の選択肢はあまりありません。 内閣不信任案の提出が最後のカード。 与党側は、早く、内閣不信任案を提出させて、野党側の切り札を使わせようと、あの手この手でゆさぶりをかけています。 委員会審議をすっ飛ばして、本会議で…
>>続きを読む

もともと、安倍首相は、国会審議が大嫌い、ですから、早く閉じたい、という心理が生まれるのでしょうけれど、疑惑に対する説明が不十分であるから、突っ込まれるので、問題を指摘する野党議員を批判していればよい、その場である国会を予定通り閉じてしまえ、ということでは…
>>続きを読む

昨日の、菅官房長官の記者会見は、ボロボロ、でした。 文書の調査については、文科省が独自に判断して行っている、と、安倍首相や菅官房長官は繰り返していますが、そうではなくて、文科省の調査は、菅官房長官の判断のもとで行われていること、のように思います。 裸の王…
>>続きを読む

「特区諮問会議」は、利害関係者の排除を定めているそうです。 当然の規定だと思います。 特定の個人や団体に、特別な規制緩和を行うことを決める会議ですから、それによって利益を得る個人や団体とつながりのある政治家が関わってはいけない、のです。 そもそも、安倍首相…
>>続きを読む

「首相に対する侮辱」という理由で、籠池氏を証人喚問、しかし、前川氏の証人喚問は拒否。 独善的な政権運営が続いている、と、思います。 安倍首相、菅官房長官だけでなくて、その周囲のイエスマンたち、自分たちの責任放棄をしているとお思いますが、そちらにも、大きな問…
>>続きを読む

政府が、その正当性を主張するあまり、主張内容が論理破綻を起こしつつある、と、感じています。 山本幸三地方創生相によれば、 日本の獣医学部は、新設を認めなかったことで、質が落ちている のだそうです。 本当ですか? そもそも、加計学園が新設を計画している獣医…
>>続きを読む

まったく、恐ろしい性格の政権だと思います。 菅官房長官は、ずっと、強弁や詭弁を重ねていますが、これ以上、続けると、菅氏自身の政治家としての人徳にも影を落とすことになる、と、私は心配します。 攻めは強いが、守りに入るとガタガタですね。 なんでかな。 安倍首相…
>>続きを読む

首相の友人が運営する学校法人に対して、有利になる扱いをするよう、公務員たちに指示したのではないか、というのが、この問題の本質だと思いますが、次第に、そのようなことがあった、ということを証明する証拠や証言が表面化しつつある、と、思います。 森友学園は、小学…
>>続きを読む

先日、辞任した前川氏が、趣味にしていたお店についての情報が報道されていましたが、特に、明確な法律違反をしていたわけではないので、なぜ、そんな情報が流れたのか、と、いぶかしく思っていました。お店の性格上、警察関係の情報ラインから、と、思われます。 証言封じ…
>>続きを読む

疑惑を全否定し続けているのですが、大丈夫でしょうか。 森友学園の問題でも、政府の説明は、全否定を重ねていましたが、その説明にほころび目立つようになってきています。 NHKのニュースサイトから 獣医学部新設 方針決定前の打ち合せを否定 内閣府など 国家戦略特区で…
>>続きを読む

このような制度を認めるわけにはいきません。 改革を旗印に、自分たちの都合のいいように制度を作ろうとしていることが見え見え。 これは、私立大学の経営を国が支援するしくみであり、本来の自由経済のしくみに反するものだと思います。全てを国立大学化する、ということ…
>>続きを読む

アベノミクスの三本の矢、もう、誰も、その三本目の矢が飛んだ、とは感じていないと思いますけれど、実際のところ、加計学園にはあったのかもしれません。 しかし、国の経済を好転させるという、大きな公約が、結果として、首相の友人の学校法人に便宜をはかった、というこ…
>>続きを読む

麻生氏、安倍首相に対して、じわじわと反旗を示しているように感じます。 ポスト安倍に向けた動きと思います。麻生氏自身が、次の首相を目指している、ということでもないのかもしれませんけれども。 教育行政、文部行政は、オリンピックの総元締めも安倍首相の先輩にあたる…
>>続きを読む

こういう問題が起きた時の対応、返答として、「調査中」というのは、やや弱いように思います。 もっと強く否定するのが通例ではないか、と、思うからです。 つまり、この文書は存在するのでしょう。 ということは、文書がなかった、と、報告内容は決まっており、それに合…
>>続きを読む

文科省の官僚組織は、かなりガタガタになってしまった、と、思います。 立て直すには、半年以上かかるのではないか、と、思います。 読売新聞から 天下りあっせん問題で処分、山中伸一大使が辞職  政府は19日午前の閣議で、元文部科学次官の山中伸一・ブルガリア大使(6…
>>続きを読む

安倍首相のお友達が、利益を得る構図がある、と、指摘されています。 森友学園、加計学園と問題がひろがってきていますが、そして次は、国際医療福祉大学では、と、指摘する声も。 安倍首相は、細田派出身ですが、もともと、文部科学省の教育行政と近い政治家たち、なので…
>>続きを読む

小池都知事に対する国側のカウンターパートが、丸川大臣だとすれば、力不足かな、と、思います。 しかし、安倍首相は、自分が小池都知事とやりあうのは嫌なんでしょう。そもそも、安倍首相は、小池都知事のことが嫌いなようですし。 また、都知事と大臣が、直接やり合うの…
>>続きを読む

財務省は、書類は「廃棄」した、と、説明していますが、絶対に廃棄していない、どこかにきちんと保管されている、と、思います。 官僚は、簡単には捨てません。必ず、書類は存在します。 安倍首相の周りには、イエスマンしかいないようです。 つまり、「裸の王様」 「土地…
>>続きを読む

結局、安倍首相と小池氏が会談して、話をつけていくことになりましたが、どうしてこんな事態になったのかといえば、オリンピック組織委員会が主体的な動きを見せていないから、です。 つまり、組織委員長である森喜朗氏がしっかりとその責任を果たせていないから、だと思いま…
>>続きを読む

東京五輪開催が、とてつもない浪費のイベントであること、そして、それが利権の巣窟であること、間違いない、と、思います。 ソチオリンピックで、フィギュアスケートの選手について、とんでもない発言をした、森喜朗氏が、その任にないことは、誰もがわかっているだろうと…
>>続きを読む