島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ:反戦 > 自衛隊の政治力

防衛族と呼ばれる議員たちは、この高額な兵器の価格を聞いて、逆にうれしく思っているのかもしれません。 「それだけの高額な予算が獲得できるんだなあ」と。 利権もついてくるかもしれませんしね。 ふう。 NHKのニュースサイトから 新型迎撃ミサイル イージス・アショア…
>>続きを読む

憲法の条文を守れば、専守防衛の基本方針は、私たちの政府が守らなければならない絶対の方針である、と、私は思います。 外国の地を、遠くから攻撃できる能力の保持は許されないはずです。 こんな大切な方針転換を、国会できちんと話し合わない、今の安倍政権のやり方には…
>>続きを読む

国会の会期が終わってから発表、というのは、たいへん姑息なやり方だと思います。 安倍政権の継続は、この国の安全をかえって損ねることになる、と、確信しています。そもそも、立憲主義にも反します。 憲法を守らない政権が存在することはゆるされないはずです。 当サイ…
>>続きを読む

立憲民主党の基本方針が次第に決まってきています。 憲法改正については、しっかりとした考えを提示した、と、感じます。 立憲民主党が先行論議すべき項目としてあげた、 憲法53条に基づき臨時国会の召集要求があった場合の開会期限の明確化 首相の衆院解散権の制約 につ…
>>続きを読む

外国の土地を攻撃するためではない、として導入しても、保有してしまえば、なにかあったときに、「できる能力があるのなら、なぜ、今、使わないのか」という声が強まり、使ってしまう可能性がありませんか。 私は、それを恐れます。 「専守防衛」を守らないと、憲法違反、…
>>続きを読む

選挙できちんと選出されているので、政治の世界で活躍されることは当然とも思うのですが、とはいえ、割り切れない思いがあるのも正直なところなのです。 自衛隊や防衛大学出身者が政治家となることについて、常々、疑問を持っています。 東京新聞から 佐藤氏、自衛官服務…
>>続きを読む

自民党内での安倍首相の求心力、指導力は急速に低下しているように思われます。 1年前、半年前のような「独裁」とまで言われような状況はなくなっているようです。 「裸の王様」であることが明らかになりつつあります。 もちろん、政治的影響力の低下は、本人が一番実感し…
>>続きを読む

改めて、公明党の山口代表が、憲法改正に前のめりな自民党安倍政権にブレーキをかけた、ように思います。 山口代表のことばは、正論に感じますけれども。 NHKのニュースサイトから 公明 山口代表 改憲発議 国民の3分の2超の支持が前提 公明党の山口代表はラジオ日本の番…
>>続きを読む

公明党は、安倍首相主導による改憲はできない、と、判断しているようにも感じますが、あるいは、自民党案をみてから、与党として、政治的な取引、駆け引きのなかで、自民党側から利益を得ようと考えているのかもしれません。 ということで、公明党の改憲案を提示する予定は…
>>続きを読む

そもそも、公明党が、安倍首相を支える側についていること自体に矛盾がある、と、私は思っています。 安倍首相が選んだ、細田氏や高村氏、それに、萩生田氏では、公明党だけでなく、野党も巻き込んでの改憲論議の進展は難しいだろう、と、私は思います。 河北新報から 改…
>>続きを読む

自衛隊が、戦前の日本軍のように、政府や国民のコントロール下にないような状態になると、日本国民の生命を脅かすような大変危険な状況に巻き込まれる、と私は心配しています。 アメリカ軍は、この国の中でも自由に活動できるような状況にある、アメリカ軍の活動を止めるこ…
>>続きを読む

自衛隊とか、軍備というものの存在感が、この国、社会において、増してきている、存在を意識することを国民に強いるような政策が続いている、と、感じています。 こういうこと自体、日本国憲法の精神に反する、と、私は感じます。 自衛隊の政治力の増大を抑制しなければな…
>>続きを読む

ファントム戦闘機は、大変な古豪の航空機ですが、日本の航空自衛隊では、常に保守点検が行われていて、きちんと維持管理されている、と、信じています。 とはいえ、どんどん、新型の武器が導入される流れの中で、正面装備調達のために、保守点検の予算が削れてはいないか、…
>>続きを読む

三重県津市の対応をNHKが報道していました。 津市には、陸上自衛隊駐屯地や航空自衛隊のミサイル基地などもありますが、民進党系が強い地盤でもあります。 この津市の方針が、全国の自治体にも広がるといいな、と、私は思っていますが、今後、政府からもいろいろなアプロー…
>>続きを読む

安倍首相は、アメリカら、どんどん、高額な武器の導入計画を進めていますが、それらの武器は、本来、アメリカ軍向けに開発されてきたものがほとんどで、「専守防衛」の自衛隊に適した買い物なのかどうか、不安を持っています。 また、そういう高額な新規調達のために、既存…
>>続きを読む

高村氏は、今回の選挙に立候補せず、衆議院議員をやめることを決めた、のですが、選挙後も自民党副総裁を継続する可能性が出てきました。 ふー。 朝日新聞から 高村氏、副総裁続投へ 首相、改憲論議主導させる考え  安倍晋三首相は11日、衆院選に立候補せず、政界を…
>>続きを読む

安倍政権と官僚機構との力関係に疑問点が出ている、と、私は感じています。 PKOの日報問題は、シビリアンコントロールの問題と考えていますので、その後の処理もしっかりとしておかねばならない、ということもあります。 自民党は、伝統的に、政府の官僚機構とべったり、…
>>続きを読む

今年3月に発覚していたことが、今頃、報道されることに、大いに疑問を持っています。 外部からの侵入者によるものではない、と、思います。 高額な兵器の管理責任、しっかりと問われなければなりません。 河北新報から 小松基地でミサイル損壊 数発、被害計3千万円  …
>>続きを読む

そもそも、本当に、核の傘、日本の安全に必要なのですか? アメリカの核の傘の下にいることが、日本の安全に不可欠ですか? わかりません。 そして、日本の核武装には、「絶対に」反対です。 どんな理由があるとしても。 絶対に反対します。 先日も、長崎大学の学長だっ…
>>続きを読む

北朝鮮の核開発や弾道ミサイル開発を理由に、防衛省自衛隊の予算増の要求が行われています。 アメリカの軍事産業の利益増大のためでもあるかもしれません。 この領域に対する安倍首相の姿勢は、非常に甘い、と感じます。 もし、防衛省自衛隊や自民党の国防族議員たち、が…
>>続きを読む

イージスアショアの導入が決まっていく過程が、どうも腑に落ちないのです。 シビリアンコントロールの問題がある、と感じます。 アメリカ軍の要求に応え、また、アメリカの軍事産業を潤わせることが、日本政府に求められていること、なのでしょうかね。 読売新聞から 陸…
>>続きを読む

オスプレイの事故に対する、政府の弱腰な態度が、このような状況を生み出している、と、私は思います。 オスプレイの導入のために、佐賀空港隣接地33haに、陸上自衛隊の駐屯地を新設する計画があるのだそうですが、調整が難航しているそうです。 陸上自衛隊は、長崎県佐世保…
>>続きを読む

私たちの自衛隊は、しかし、アメリカ軍の「出先機関」でもある、というか、アメリカ軍の世界戦略の中に組み込まれている、というか。 これが現実。 シビリアンコントロールの危機だと思います。 あ、前からそうだった? 抑制的なオバマ大統領のときはよかったんですけどね…
>>続きを読む

なぜ、戦没者を追悼する会で、このような発言をするのか、私には理解できません。 そもそも、自衛隊出身者を政治家にすることに、私は大きな疑念を持っています。 また、あの安保法が問題なのは、こういう意見が出てくるから、ですし、そもそも、今の自衛隊の装備は、専守…
>>続きを読む

よく、安倍首相や自民党の国防部会の政治家たちは、 「切れ目のない安全保障体制」 というフレーズを使います。 どんなことがあっても、国民を守る、と、当然のことのように聞こえますが、しかし、これは、国民を誤った方向に導くものだと思います。 軍隊の行動、活動範囲…
>>続きを読む

北朝鮮が、グアムをねらってミサイルを発射する、ということはありえない、と、私は確信しています。 それと同様に、アメリカ軍が、北朝鮮を先制攻撃する、という事態もありえない、と、思っています。 一番、残念なのは、広島、長崎、と、原爆の慰霊のとき、に、北朝鮮にし…
>>続きを読む

日本政府は、陸上自衛隊にオスプレイを導入する計画をもっており、すでに予算化されて、今年度納入されるのではなかったか、と、思います。 オスプレイの安全性について、日本政府は懸念を持っている、ということであるなら、とりあえず、導入計画を凍結、延期する、という…
>>続きを読む

北朝鮮や中国を理由にした、防衛省自衛隊の拡大要求を、私たちはしっかりと押さえ込まねばならない、と、思います。 では、北朝鮮や中国との関係が改善したら、自衛隊は縮小するんですか? ということを、常に考えておかねばならないのです。 大きすぎる軍隊は、強い(と国…
>>続きを読む

この日報隠しの問題の根本は、安倍首相ではないか、と、私は感じています。 「戦闘」という言葉が国会で問題になることを避けたい、という政治的な思惑が、日報の公開をためらった判断につながっている、と、思われます。 それは、稲田氏が、国会審議で、つい口走ってしまっ…
>>続きを読む

このまま、逃げ続けると、本当に稲田氏には、もう、日の当たる場所で活躍することができない状況になる、と、思います。 質疑時間は与党側が20分、野党側が3時間だそうです。 河北新報から 日報隠蔽10日に衆院閉会中審査 与野党合意、稲田氏招致は平行線  与野党は3日…
>>続きを読む