島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ:反戦 > 自衛隊の政治力

オスプレイの事故に対する、政府の弱腰な態度が、このような状況を生み出している、と、私は思います。 オスプレイの導入のために、佐賀空港隣接地33haに、陸上自衛隊の駐屯地を新設する計画があるのだそうですが、調整が難航しているそうです。 陸上自衛隊は、長崎県佐世保…
>>続きを読む

私たちの自衛隊は、しかし、アメリカ軍の「出先機関」でもある、というか、アメリカ軍の世界戦略の中に組み込まれている、というか。 これが現実。 シビリアンコントロールの危機だと思います。 あ、前からそうだった? 抑制的なオバマ大統領のときはよかったんですけどね…
>>続きを読む

なぜ、戦没者を追悼する会で、このような発言をするのか、私には理解できません。 そもそも、自衛隊出身者を政治家にすることに、私は大きな疑念を持っています。 また、あの安保法が問題なのは、こういう意見が出てくるから、ですし、そもそも、今の自衛隊の装備は、専守…
>>続きを読む

よく、安倍首相や自民党の国防部会の政治家たちは、 「切れ目のない安全保障体制」 というフレーズを使います。 どんなことがあっても、国民を守る、と、当然のことのように聞こえますが、しかし、これは、国民を誤った方向に導くものだと思います。 軍隊の行動、活動範囲…
>>続きを読む

北朝鮮が、グアムをねらってミサイルを発射する、ということはありえない、と、私は確信しています。 それと同様に、アメリカ軍が、北朝鮮を先制攻撃する、という事態もありえない、と、思っています。 一番、残念なのは、広島、長崎、と、原爆の慰霊のとき、に、北朝鮮にし…
>>続きを読む

日本政府は、陸上自衛隊にオスプレイを導入する計画をもっており、すでに予算化されて、今年度納入されるのではなかったか、と、思います。 オスプレイの安全性について、日本政府は懸念を持っている、ということであるなら、とりあえず、導入計画を凍結、延期する、という…
>>続きを読む

北朝鮮や中国を理由にした、防衛省自衛隊の拡大要求を、私たちはしっかりと押さえ込まねばならない、と、思います。 では、北朝鮮や中国との関係が改善したら、自衛隊は縮小するんですか? ということを、常に考えておかねばならないのです。 大きすぎる軍隊は、強い(と国…
>>続きを読む

この日報隠しの問題の根本は、安倍首相ではないか、と、私は感じています。 「戦闘」という言葉が国会で問題になることを避けたい、という政治的な思惑が、日報の公開をためらった判断につながっている、と、思われます。 それは、稲田氏が、国会審議で、つい口走ってしまっ…
>>続きを読む

このまま、逃げ続けると、本当に稲田氏には、もう、日の当たる場所で活躍することができない状況になる、と、思います。 質疑時間は与党側が20分、野党側が3時間だそうです。 河北新報から 日報隠蔽10日に衆院閉会中審査 与野党合意、稲田氏招致は平行線  与野党は3日…
>>続きを読む

外務大臣が誰になるのか、まだ、わかりませんが、岸田氏が、自民党の政調会長になることが決まったようですので、後任の外務大臣を決める必要があります。 だれになるんでしょう。 また、防衛大臣には、予想どおり、小野寺氏に決まったようです。 こちらは、とても安定感が…
>>続きを読む

ポスト安倍をねらう、岸田氏、ずっと外務大臣をつとめて、安倍首相を支えてきましたが、さらに、今、防衛大臣も兼務して、安倍首相に、大きな貸しを作りました。 最初、麻生氏に防衛大臣の兼務を依頼した、らしいですが、麻生氏が断ったそうです。 岸田氏は、今回の内閣改造…
>>続きを読む

稲田氏には、自衛隊のシビリアンコントロールについて疑念や危機をもたらした責任があります。 そのことをきちんと説明する責任が、当時の防衛大臣として、あることは間違いありません。シビリアンコントロールが問題なかったことをきちんと説明すること、が、求められます…
>>続きを読む

組織を揺るがし、そして、シビリアンコントロールの危機を招いた、という責任をどのように感じているのか、きちんと国民に釈明する責任がある、と、思います。 責任者として、国会で、きちんと説明する責任を果たしてもらいたい、と、思います。 そうでなければ、もう、政…
>>続きを読む

おそらく、次の防衛大臣は、小野寺氏だろう、と、思っています。 アメリカ軍とのパイプもあるようですし。 国連のPKO活動に参加し、海外で活動している自衛隊が、毎日、どんな活動をしているか、そこは、PKO五原則に反することはないのか、自衛隊員の安全は守られているの…
>>続きを読む

稲田防衛大臣は、辞任したそうです。 しかし、日報の秘匿問題に、関与していない、のであれば、辞任する必要はない、ということになります。 おかしい。 なにか、裏があると思います。 おそらく。 安倍首相自身が、この陸自の日報隠しに関与していた、のではありませんか…
>>続きを読む

稲田防衛大臣が、今日、辞表を提出するそうですが、後任の防衛大臣の人事が面倒なことになっているのではないか、と、思います。 今日、発表される特別防衛監察の結果を受けて、来週には、国会の委員会審議がある予定です。 また、防衛大臣だけでなく、防衛省は事務次官、…
>>続きを読む

稲田防衛大臣が、辞任する意向を固めた、と、NHKが報道しています。 菅官房長官の言葉を借りれば、この場合、「地位に恋々とした」と、呼んで良い、と、私は思います。 陸自からメモや資料がマスコミに流出している事態を、陸上自衛隊によるクーデーターだ、と、表現する人…
>>続きを読む

防衛省、自衛隊には激震が広がっています。 私は、もともと、安倍内閣が、黒江氏を事務次官に任用したときから、シビリアンコントロールの危機を感じていました。 また、3自衛隊の中で、陸上自衛隊が最大の権力を掌握するような状況は避けるべき、と、思っています。3自…
>>続きを読む

開催が延期されていた、日米の2プラス2会談が、8月中旬に開催予定で調整に入ったそうです。 これは、内閣改造後の、新しい防衛大臣で、というアメリカ側の要求でもある、と、感じます。 ということは、岸田氏は、外務大臣留任、しかない、ということかしら。 防衛大臣も外…
>>続きを読む

自民党の二階氏は、空気を読むのに長けた政治家だと思います。もちろん、政治家として大切な、筋を通す、ということもよくわかっておられる、と、感じています。 朝日新聞から 改憲案提出「首相は慎重におやりになる」 自民・二階氏  米ニューヨークを訪問中の自民党の…
>>続きを読む

「その地位に連綿として、しがみついている」状態、と、菅官房長官は批判しない、のでしょうか。 ブーメラン攻撃、は、安倍内閣が発足してからの、旧民主党や民進党からの批判への反撃の常套手段でしたが、最近では、安倍内閣自身も、ブーメラン攻撃を受ける状況になってき…
>>続きを読む

特別防衛監察の指示を出す前に、日報の存在についての報告を受けており、また、公表しないと決定した事実を知っていながら、国会では、「報告を受けていない」と答弁し、また、真相を明らかにするために特別防衛監察を行う、と、決断した、稲田防衛大臣の行動は、自らの保身…
>>続きを読む

政治家は、時に、嘘を言わねばならない、ことがあるかもしれないとは思います。 でも、それは、原則として、大きな真実の前に、小さな嘘について、ということかと思います。それが許容されるためには、政治家が、自らの保身や仲間に利益を誘導するため、というような目的で…
>>続きを読む

官僚機構の権化のような組織であり、また、実力組織でもある自衛隊、防衛省については、そのトップには、シビリアン(文民)である政治家がなるべき、とされています。 その目的は、その組織を国民有権者のコントロールのもとに置くため、につきると思います。 他の役所な…
>>続きを読む

ロシア機へのスクランブルが増えたのは、アメリカ海軍が、空母を日本海に入れたから、ではないのかしら。 私たちの政府が、緊張を高めるのは、相手側のせい、とばかり宣伝することには、国民有権者として注意が必要、と、思います。 また、中国機へのスクランブルが半減して…
>>続きを読む

最初から、その資格のない政治家だと思っていましたので、防衛大臣を交代させる、というニュースには、当然、としか思いません。 しかし、安倍首相には、稲田氏を防衛大臣に選んだこと、また、今回、交代させること、について、きちんと説明する責任がある、と、私は思いま…
>>続きを読む

石破氏らしい発言と思います。 ここが岸田氏との違い、になるかもしれません。 私は、今の自衛隊の規模は、すでに違憲状態と思っています。 現状追認のための憲法改正論議は、本末転倒な議論である、と、思っています。 NHKのニュースサイトから 自民 石破氏 憲法9条2項…
>>続きを読む

防衛費をあげることが目的にあって、そのための理由を探しているだけに感じます。 今の自衛隊の装備をみれば、専守防衛には過大である、と、私は思っていますから、逆に、防衛費は削減できる、CDP比で1%を目安、ということでいいのではないか、と、思います。 NHKのニュ…
>>続きを読む

尊敬する河野洋平氏が、安倍首相の憲法改正の考えについて、真っ向から反論をしました。 (写真は、息子の河野太郎氏です) 「現実を憲法に合わせる努力をするのが先だ」 至極、当然の考えと思います。まったく同感です。 自民党の現役議員の中でも、同様の価値観の議員…
>>続きを読む

日本の海上自衛隊が、米空母と共同訓練を日本海で行う、とのことです。 これは、北朝鮮に対する「挑発」ではありませんか? ミサイルを撃てるものなら撃ってみろ と 私たちは、私たちの政府に、こんなことをすることを許していて、いいのでしょうか。 だって、こんなこ…
>>続きを読む