島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ:日本の政治 > 沖縄問題

沖縄防衛局に「行政指導」を沖縄県が行ったのですが、それに対して、政府は、「警告」をした、そうです。 沖縄県と政府との泥仕合いが続きます。 政治の知恵、が欲しい、と、願っています。 沖縄タイムスから 沖縄県、防衛局に行政指導 辺野古岩礁破砕の申請を要求  …
>>続きを読む

翁長知事は、腹を括ったようです。 政府側としては、工事容認派の知事が誕生するよう、次の知事選挙を待つことになるのかもしれませんが、国政選挙の結果をみても、勝てるとは思えず。 つまり、沖縄の民意ははっきりしている、ということなのです。 政府は「粛々と」工事を…
>>続きを読む

「知事個人に損害賠償を請求する可能性があるかも」と、言われて、「はい、そうですか」と、移設反対の旗を降ろすことができる、と、菅官房長官は本当に思っているのでしょうか。 事態を複雑化し、対立を先鋭化するだけではありませんか。 もっと、政治の知恵を求めたい、…
>>続きを読む

翁長知事は、はっきりと辺野古新基地建設反対を行動でも示した、と、思います。 「埋め立て承認の撤回」が、実際に、具体的に、どのような意味があるのか、私にはよくわからないのですけれど。 しかし、いま、ちょっと弱り目の政府、どうするでしょうか。 先日、保釈され…
>>続きを読む

副知事が交代し、山城議長は保釈されたものの政治活動は禁止され、翁長知事の側も組織の体制が変化している、と、想像しています。 沖縄県の方々の苦しみが軽減されていくようにしなければならない、と、私は思っています。 河北新報から <辺野古移設>翁長知事 反対集…
>>続きを読む

裁判所の保釈の決定は、大変、喜ばしいのですが、こんな微罪での5ヶ月間にも及ぶ拘留、政治的な判断がなければできない、と、私は思います。 また、裁判所は、独立して判断するとされ、今回の保釈決定について、検察側の抗告に反対して、とのことだそうですが、初公判のあと…
>>続きを読む

翁長知事、あくまでも、国との対決姿勢を変えません。 この泥沼の状況を根本的に解決するためには、政治の知恵しかない、と、思います。 沖縄タイムスから 翁長沖縄知事、辺野古工事の差し止め訴訟を検討 無許可の岩礁破砕に対抗  沖縄県の翁長雄志知事は16日午前、県…
>>続きを読む

写真は、オスプレイであり、今回のUH-1ヘリコプターではありませんが。 一応、訓練場の敷地内での落下らしいです。 NHKのニュースサイトから 米軍ヘリからつり下げていた複数のタイヤ落下 沖縄 沖縄県のアメリカ軍キャンプハンセンで訓練を行っていたヘリコプターが8日…
>>続きを読む

毎週土曜日の午前7時から10時まで、議員団が座り込みを行うそうです。 社民党の照屋議員や伊波洋一参院議員がメンバーのようです。伊波氏は、昨年の参院選挙で、現職の自民党島尻安伊子氏に競り勝って当選しました。島尻氏は、選挙のときは、沖縄担当の現職大臣でした。 結…
>>続きを読む

共産党の確固さ、ブレのなさ、には、敬意を表したいと思っています。 もともと自民党系の政治家である翁長知事が、東京の自民党大会の日に、共産党の志位委員長と会談する、というのは、やっぱりびっくりしてしまいます。 志位委員長は、稲嶺名護市長とも会談したそうです…
>>続きを読む

沖縄県と政府との戦いがまた起きています。 政治の知恵で解決を図るべき、ですが、翁長知事、がんばれるでしょうか。 県民の理解と支持が欠かせない、と、思います。 NHKのニュースサイトから 菅官房長官 那覇空港埋め立て工事で沖縄県の対応批判 菅官房長官は、午後の…
>>続きを読む

ポスト安倍をめざす動きとしては、やはり、この岸田外務大臣と、石破氏を軸に進んで行くのかなあ、と、感じています。 総理大臣の座をねらって、閣外に出た石破氏、積極的な活動を繰り返しておられますが、それに比較すると、閣内にいる岸田氏は、外務大臣という重責もあっ…
>>続きを読む

翁長知事が、副知事の後任人事を固めたようです。 沖縄国際大学の元学長を副学長に、そして、吉田勝廣氏を政策調整監に、ということで、米軍基地問題についてのいままでの姿勢を明確にする人事、と、感じます。 NHKのニュースサイトから 翁長知事 副知事に沖縄国際大元学…
>>続きを読む

辺野古への新基地建設が、新たな沖縄問題の種とならないよう、双方が知恵を出し合ってもらえたら、と、願っています。 今後、沖縄県から、自民党の政治家が国政の場に送り出されることがなくなる、というようなことがないように、とも思います。 沖縄タイムスから 辺野古…
>>続きを読む

沖縄問題の解決には、アメリカの理解と協力が不可欠なわけで、沖縄県の翁長知事が、訪米して、アメリカの政府高官などとパイプを作るのは大切なことと、私は思います。 たぶん、日本政府は、それに協力しないどころか、その邪魔をしているのではないか、と、想像しています…
>>続きを読む

もちろん、口利きをしたことはよくないことです。 それは、間違いありませんので、安慶田氏が副知事を辞職したことは当然と思います。 でも、同じようなことは、日本中で、自民党の議員もやっていませんかね。 沖縄の自民党の動きをみれば、今回の件をもとに、政府と自民…
>>続きを読む

私たちの政府が、その権力を使って、なにをしているのか、私たちはしっかりと知る必要があります。 日本国民が、このことをアメリカの新聞報道から知るというのはどうなんでしょうか。 日本のマスコミ、ジャーナリストは、なにをしているのでしょう。権力にすりより、責務を…
>>続きを読む

翁長知事が、ワシントンを訪問するそうです。 きっと、日本政府は協力しないどころか、妨害すら行うのかもしれませんが。 それが、私たちの総意、なのでしょうか。 河北新報から 沖縄知事、31日から訪米 新政権に辺野古移設反対の訴え  沖縄県は16日、翁長雄志知事が今…
>>続きを読む

「丁寧な説明」とは、どういうことか、安倍首相の日本政府はよくわかっていない、と、思います。 私たちの政府が、アメリカ政府やアメリカ軍の代弁者のように、それらに無批判にふるまうのはなぜなのでしょう。 逆らうと、政権が転覆させられてしまうのですか。 私は、沖縄…
>>続きを読む

安全確保策として、プロペラが給油ホースに接触しないようにする対策がとられたのでしょうか? 日本政府のありかたがとわれています。 どちらを向いて政治をしているのか、ということ。 これは、沖縄の問題ではなく、日本全体の問題です。 NHKのニュースサイトから オス…
>>続きを読む

裁判所が認めましたから、さあ、どんどん、作りますよ、では、沖縄県の県民が納得することはなく、今後も沖縄県では自民党の候補者は選挙で勝てないことが続きます。 昨日は、自民党の二階幹事長が沖縄を訪問され、翁長知事と会談しています。 政治の知恵、が、必要です。 …
>>続きを読む

政治の知恵がほしい。 裁判所もそう思っているはずです。 翁長知事を批判しても、解決に向かうどころか、かえって、反対運動を煽る結果になるだけ、と、思います。 翁長知事が、最初、容認するような発言(失言?)をしたのち、態度を変えたのは、支持者たちの意見を聞いた…
>>続きを読む

稲田防衛大臣には期待していませんけれど、やはり、その発言からは、思慮の浅さ、価値観の違い、が露見してきます。 「給油再開までに安全対策万全に」 空中給油の再開が前提の発言、とても残念で、違和感を感じます。 同じ発言でも、このように言えばいいのに。 「万全…
>>続きを読む

何かの「おしおき」なのでしょうかね。 防衛費や海上保安庁の予算は別枠かのように増やされていますが。 NHKのニュースサイトから 沖縄振興予算 今年度当初下回る3150億円程度に 政府は、沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画などをめぐり沖縄県との対立が続く中、来年…
>>続きを読む

稲田防衛大臣は、本当に、オスプレイの安全が確認された、と、確信しているのでしょうか。 事故が繰り返されることは絶対にあってはなりません。 つまり、オスプレイに欠陥があることを米軍が認めるために、今後、その「証拠」を求めるつもりはありません。その犠牲になる方…
>>続きを読む

翁長知事の発言を抑止しても、その背後には、圧倒的な沖縄県民の支持がありますから、第二の翁長知事が選ばれるだけなので、日本政府はしっかりと、沖縄県民の気持ちを感じ取る必要があります。 いままでの対応についても、すべて、謝罪する必要もあります。 副知事の抗議に…
>>続きを読む

結局、翁長知事を押さえ込んでも、沖縄県民の民意が明確に、米軍基地反対、ですから、日本政府の今の方針を変更しなければ、問題の解決につながらない、と、思います。 翁長知事を選出した選挙、そのあと続く国政選挙でも、沖縄県民の民意は明確に示され続けていますから。 …
>>続きを読む

なんとか、波打ち際に「不時着」させたパイロットの判断と力量には、私も敬意を表したいと思います。 しかし、激怒する米軍司令官に、冷静に対応した沖縄県の安慶田光男副知事の態度も「表彰もの」と思います。 固定翼機のような水平飛行ができる機体とはいえ、ヘリコプタ…
>>続きを読む

反対派と住民との間にくさびを打ち込む効果もねらってのことと思います。 成田の反対運動では、住民と反対派との団結が続きました。 闘争の方向性をめぐって、住民の間での方向性の違いが、反対運動の分裂をもたらしましたが、それは、政府の働きかけが功を奏した、のかもし…
>>続きを読む

「日本のお金で建設される基地」に異論はない、ということかと思います。 また、トランプ政権にも、アメリカ軍の関係者が多数入るようですし、その中でも、海兵隊出身者がしっかりと中枢に座るように思われますので、アメリカ軍に関して、特に、在日米軍に関して、今までの政…
>>続きを読む