島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ:日本の政治 > 沖縄問題

太田氏の県民葬には、ぜひ、出席してもらいたい、と、思いますが、他の参列者からの怒号や冷たい視線には耐えてもらわなければなりません。 でも、それを理由に、国会の日程が窮屈になる、というのは、本末転倒だと、思います。 しっかりと、説明責任を果たす、ということが…
>>続きを読む

議決の際には、自民党と維新の議員が反対し、公明党の議員は退席した、そうです。 公明党というのは、よくわからない政党である、と、私は実感しています。 読売新聞から 辺野古工事、県が差し止め訴訟へ…議案を可決  沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺…
>>続きを読む

沖縄の普天間基地を返還するかわりに、辺野古に新基地を建設する、というのが、今の日米の合意案ですが、それに代わる代替案を、日本のシンクタンクがワシントンでシンポジウムを開いて、発表したそうです。 そのシンクタンクのメンバーには、あの柳沢協二氏が加わっている…
>>続きを読む

よい候補者、と、思っていたのですが、家族の反対とのことだそうです。 政治家という仕事は、大変尊いものだと思いますが、家族の協力や支援、あるいは、犠牲がないと、成立しないものだとも思います。 朝日新聞から 宮里氏、名護市長選の出馬を辞退 自民、選考振り出し…
>>続きを読む

話題のアメリカ映画「ハクソー・リッジ」を観てきました。 第二次大戦中の激戦地、沖縄の戦場を舞台にした、銃をとらずに英雄となった兵士のお話でした。 日米の若者たちが、命をかけて、血を流し戦いあった、あの凄惨な戦場。 真珠湾攻撃をした日本の判断は、明らかに間…
>>続きを読む

こんな政治家では、沖縄の問題を解決することは到底無理だろう、と、思います。 木原稔議員、もともと、沖縄県に足を踏み入れる資格のない人だと思います。 あの大田海軍司令官の最後の電報を読めば、こんなことを平気で言えるはずはない、と、私は思います。 沖縄タイム…
>>続きを読む

今日は、沖縄慰霊の日、です。 沖縄防衛のために派遣された海軍の司令官、大田実氏が、最後に、東京の海軍省次官に送った電報は大変、有名なものですが、改めて、紹介したいと思います。 大田氏が自決する直前の1945年6月6日午後8時16分に発信されたそうです。 Wikipedia…
>>続きを読む

嘉手納基地で、パラシュート降下訓練ができるのであれば、そもそも、普天間基地のアメリカ海兵隊基地を、嘉手納のアメリカ空軍基地に統合する案も可能ではないのか、という疑問がわいてきます。 あのとき、嘉手納には空軍のジェット機が離発着し、普天間の海兵隊はヘリコプ…
>>続きを読む

お亡くなりになった12日は、92歳の誕生日だったそうです。 あの、アメリカ米兵3人による女子小学生への暴行事件は、大変な驚愕をもって、沖縄だけでなく、日本も、また、アメリカでも受け止められました。 あのときの沖縄県知事。 大変なことだったろう、と、思います。 …
>>続きを読む

辺野古新基地工事に反対する沖縄タイムス社の新聞記事からですが、これは、官僚OBを含んだ不正入札の構図があるのでしょうか。 この問題は、辺野古新基地問題で明らかとなった沖縄問題と、アメリカ軍関係の工事での利権、それに、沖縄県と政府との関係を巻き込んだ問題に発…
>>続きを読む

オスプレイが海岸に不時着した事故のときに明確になったと思いますが、今の、沖縄駐留の米軍トップは、かなり、強行派のようです。 そもそも、稲田氏や安倍氏は、政治家としては、超保守の考え方を持っている政治家、と、思っていましたが、どうして、他国の軍隊が駐留する…
>>続きを読む

辺野古の新基地建設を差し止めするために、期限が切れた、岩礁破壊の許可申請を出し直すよう、沖縄県が求めていますが、国は応じていません。 県は、工事の差し止めを求める裁判を起こす方針だそうです。 NHKのニュースサイトから 辺野古移設 沖縄県 7月にも工事差し止め…
>>続きを読む

オバマ大統領に戻ってもらえないかな、と、願います。 トランプ大統領は、その政治的能力に欠け、求心力が低下しており、そのために、軍の要求を抑制する力が弱い、と、感じます。アメリカ軍のシビリアンコントロールの危機が起きている、と、思っています。 国民から幅広く…
>>続きを読む

アメリカ軍が、即座に行動するだろう。 特殊部隊が、沖縄県庁や警察、それにテレビ局、新聞社、銀行などを強襲し、あっと言う間に制圧して、実権を握るだろうと思います。 民衆がおしかけて、小競り合いが起きることでしょう。 虐殺が起きるかもしれない。 発足する統治機…
>>続きを読む

BPOがどのような結論を出すのか、しっかりと経過をみておきたい、と、思います。 このようなテレビ番組を報道しても、沖縄の基地問題の解決からは遠ざかるばかり、さらに、複雑化するだけ、だと思います。 マスコミ、ジャーナリスズムとしての社会的使命に背を向け、責任を…
>>続きを読む

写真は、オスプレイ、ですが、今回の夜間バラシュート降下訓練では、別の機材が使われたようですので、無関係です。 沖縄県側の抗議に対して、国側の機関である、沖縄防衛局の中嶋局長も、事前にアメリカ軍からの説明がなかった、と発言したようです。 そもそも、アメリカ…
>>続きを読む

沖縄防衛局に「行政指導」を沖縄県が行ったのですが、それに対して、政府は、「警告」をした、そうです。 沖縄県と政府との泥仕合いが続きます。 政治の知恵、が欲しい、と、願っています。 沖縄タイムスから 沖縄県、防衛局に行政指導 辺野古岩礁破砕の申請を要求  …
>>続きを読む

翁長知事は、腹を括ったようです。 政府側としては、工事容認派の知事が誕生するよう、次の知事選挙を待つことになるのかもしれませんが、国政選挙の結果をみても、勝てるとは思えず。 つまり、沖縄の民意ははっきりしている、ということなのです。 政府は「粛々と」工事を…
>>続きを読む

「知事個人に損害賠償を請求する可能性があるかも」と、言われて、「はい、そうですか」と、移設反対の旗を降ろすことができる、と、菅官房長官は本当に思っているのでしょうか。 事態を複雑化し、対立を先鋭化するだけではありませんか。 もっと、政治の知恵を求めたい、…
>>続きを読む

翁長知事は、はっきりと辺野古新基地建設反対を行動でも示した、と、思います。 「埋め立て承認の撤回」が、実際に、具体的に、どのような意味があるのか、私にはよくわからないのですけれど。 しかし、いま、ちょっと弱り目の政府、どうするでしょうか。 先日、保釈され…
>>続きを読む

副知事が交代し、山城議長は保釈されたものの政治活動は禁止され、翁長知事の側も組織の体制が変化している、と、想像しています。 沖縄県の方々の苦しみが軽減されていくようにしなければならない、と、私は思っています。 河北新報から <辺野古移設>翁長知事 反対集…
>>続きを読む

裁判所の保釈の決定は、大変、喜ばしいのですが、こんな微罪での5ヶ月間にも及ぶ拘留、政治的な判断がなければできない、と、私は思います。 また、裁判所は、独立して判断するとされ、今回の保釈決定について、検察側の抗告に反対して、とのことだそうですが、初公判のあと…
>>続きを読む

翁長知事、あくまでも、国との対決姿勢を変えません。 この泥沼の状況を根本的に解決するためには、政治の知恵しかない、と、思います。 沖縄タイムスから 翁長沖縄知事、辺野古工事の差し止め訴訟を検討 無許可の岩礁破砕に対抗  沖縄県の翁長雄志知事は16日午前、県…
>>続きを読む

写真は、オスプレイであり、今回のUH-1ヘリコプターではありませんが。 一応、訓練場の敷地内での落下らしいです。 NHKのニュースサイトから 米軍ヘリからつり下げていた複数のタイヤ落下 沖縄 沖縄県のアメリカ軍キャンプハンセンで訓練を行っていたヘリコプターが8日…
>>続きを読む

毎週土曜日の午前7時から10時まで、議員団が座り込みを行うそうです。 社民党の照屋議員や伊波洋一参院議員がメンバーのようです。伊波氏は、昨年の参院選挙で、現職の自民党島尻安伊子氏に競り勝って当選しました。島尻氏は、選挙のときは、沖縄担当の現職大臣でした。 結…
>>続きを読む

共産党の確固さ、ブレのなさ、には、敬意を表したいと思っています。 もともと自民党系の政治家である翁長知事が、東京の自民党大会の日に、共産党の志位委員長と会談する、というのは、やっぱりびっくりしてしまいます。 志位委員長は、稲嶺名護市長とも会談したそうです…
>>続きを読む

沖縄県と政府との戦いがまた起きています。 政治の知恵で解決を図るべき、ですが、翁長知事、がんばれるでしょうか。 県民の理解と支持が欠かせない、と、思います。 NHKのニュースサイトから 菅官房長官 那覇空港埋め立て工事で沖縄県の対応批判 菅官房長官は、午後の…
>>続きを読む

ポスト安倍をめざす動きとしては、やはり、この岸田外務大臣と、石破氏を軸に進んで行くのかなあ、と、感じています。 総理大臣の座をねらって、閣外に出た石破氏、積極的な活動を繰り返しておられますが、それに比較すると、閣内にいる岸田氏は、外務大臣という重責もあっ…
>>続きを読む

翁長知事が、副知事の後任人事を固めたようです。 沖縄国際大学の元学長を副学長に、そして、吉田勝廣氏を政策調整監に、ということで、米軍基地問題についてのいままでの姿勢を明確にする人事、と、感じます。 NHKのニュースサイトから 翁長知事 副知事に沖縄国際大元学…
>>続きを読む

辺野古への新基地建設が、新たな沖縄問題の種とならないよう、双方が知恵を出し合ってもらえたら、と、願っています。 今後、沖縄県から、自民党の政治家が国政の場に送り出されることがなくなる、というようなことがないように、とも思います。 沖縄タイムスから 辺野古…
>>続きを読む