島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ:民主主義 > 選挙

自民党を離党した都議を、公認したそうです。 河北新報から 自民離党都議ら3人公認 小池氏の地域政党  東京都の小池百合子知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」は5日、7月の都議選の候補者として、自民党を離党し、同会都議団に合流した都議山内晃氏(48…
>>続きを読む

都民ファーストの会と、連合東京が会合して、政策合意を結んだそうです。 要は、よい政治家を政治の場に送り出すこと、だと思いますので、民進党という組織ありきではない、と、私も思いますけれど、できれば、民進党という政党の改編を行うことで、対自民党の政治勢力を作…
>>続きを読む

地域政党から、国政に打って出る、という流れでは、日本維新の会、がまっさきに思い浮かびます。 あと、名古屋の、河村市長の減税日本ぐらいか、と、感じます。 地域政党は、なかなか、国政全般では支持を広げにくい、というのが、私の印象ですが、それらの地域政党とは違う…
>>続きを読む

長島昭久氏と小池氏との関係については、私はよくわかりませんが、つながりがある、と、見た方がいいのかもしれません。 どんな形であれ、よい人物を政治の場に送り出すことが、私たち有権者の責務である、と、思っています。 朝日新聞から 都議選、民進から5人目の離党…
>>続きを読む

ちょうど、百条委員会も開かれていましたので、このタイミングで、下村氏が、 「小池知事のイエスマンのような人たちが、都議会の過半数を確保すれば、都政そのものが失墜する」 と、述べているのは大きな違和感を感じます。 豊洲市場の問題だけでなく、石原都政での様々…
>>続きを読む

政党政治のリスクとして、政治家一人一人の資質を選べない、ということがあるように思います。 選挙区では、政治家個人を選ぶのではなく、政党を選ぶ、ということになりますから、有権者は、政治家の資質をみての選択の余地がない、ということになってしまうのではないか、…
>>続きを読む

国全体の問題を、特定の地域に負わせると、地方自治の観点からは、このような結果になりやすい、ということがあると思います。 もちろん、それに見合うだけのメリットがあれば、原子力発電所のように、受け入れを容認する地域がある、というのも事実なのですが、今回の、アメ…
>>続きを読む

国政選挙も公明党抜きでやりたい、という本音が見えたのかしら、安倍首相。 もちろん、私も、自民党という政党が、他の政党、それも、特定の宗教団体をバックに持つ政党と一緒に選挙をしてきたこと、に、ずっと、疑問をもっていますので、安倍首相の発言には賛成ですけれど…
>>続きを読む

公明党が微妙な動きをしています。 これを「キャスティングボード」と呼ぶのでしょうか。 それとも。 東京での小池知事の動き、それから、以前からの大阪の維新の会の動き、いずれも、地方政治の動き、と言い切ることができず、国政にも大きな影響を与えている、と、思いま…
>>続きを読む

党大会のあとの記者会見で明言した、そうです。 おそらく、東京都内の選挙区だろうと、想像しますが。 読売新聞から 民進・蓮舫代表、次期衆院選へ初めて出馬を明言  民進党の蓮舫代表(参院東京)は12日の党大会後の記者会見で、「衆院選があった時にはしっかりと候補…
>>続きを読む

もちろん、元警視総監本人ではなくて、その息子さん、ということですし、選挙ですから、立候補は当然、かまいませんけど。 このニュースをみると、小池氏を応援してる政治勢力が少し透けて見えた、という感じがします。 対する自民党が候補者を立てるのかどうか、が、焦点…
>>続きを読む

安倍首相と林芳正氏との代理戦争の様相でもありますね。 林氏は、参議院議員ですが、2012年の自民党総裁選への出馬を検討したり、参議院から衆議院へのくら替えをめざしたりしています。 将来の日本を背負うことができる、優秀な政治家、と、私は思いますが。 いろいろ、…
>>続きを読む

高い内閣支持率の裏で、じわじわ、と、広がりつつあるのではありませんか。 自民党の衆議院議員たちの「選挙恐怖症」。 安倍首相の神通力が弱まりつつあり、我田引水の利益誘導政治や、偏った価値観による自画自賛政治が、次第に馬脚を現しつつある、から、です。 衆議院…
>>続きを読む

蓮舫民進党は、国会審議で、大変がんばっている、と、思います。 さらに、国会外でも、その活動を活発にしてもらえたら、と、思います。 原発ゼロ を争点にして、次の衆院選挙に向かえば、と、私は思います。連合の一部の労働組合の意向は無視してかまいません。 決戦は…
>>続きを読む

秋田県は、菅官房長官のお膝元で、前回の参議院選挙で、東北地方は自民党が軒並み苦杯をなめたのですが、秋田県だけ、自民党の石井浩郎氏が勝利した、というところ、です。 今回、立候補を表明した寺田氏は、今の佐竹氏の前任の知事、ということになります。 菅氏の調整失…
>>続きを読む

都議会では、民進党は、国政での合併後も、旧民主党系の14人と旧維新系の3人の2つの会派のままだったそうですが、今回、これを統合するそうです。 ただし、旧維新の1人は、統合会派に参加しない、らしいですが。 新しい会派名は、「東京大改革」だそうです。 読売新聞から…
>>続きを読む

東京都の千代田区長選挙の結果は、政界にかなりのインパクトを与えているようです。 民主主義のしくみが機能した、と、感じます。 自民党東京都連がやってきたことをみれば、有権者たちの不満がマグマのように蓄積してきたことも当然のことのように、私は思います。 もと…
>>続きを読む

東京都政は、しばらく、小池旋風が続く、と、思われます。 河北新報から 小池氏VS自民、5日に決着 千代田区長選、現職リード  小池百合子東京都知事が支援する現職か、自民党推薦の新人か―。事実上、一騎打ちの「代理戦」の様相となり、夏の都議選の前哨戦として注目…
>>続きを読む

横浜市長選挙は、カジノが最大のテーマになるのかもしれません。 有権者は、良質の政治家を政治の場に送り出す必要があります。 今の林文子市長は、東京オリンピックの横浜アリーナの問題でも、そのスタンスが揺らいだ発言があった、と、私は感じています。 もちろん、私に…
>>続きを読む

長らく、政治をウオッチしていれば、政治家たちの価値観、政治信条、行動指針のようなものは、その政治判断や政治行動から自然と透けて見えてきます。 今、自民党都連の会長をしている下村氏が、どういう政治家であるか、ということは、もう、なんとなくわかっています。 今…
>>続きを読む

原子力発電以外にも論点はたくさんある、と、思いますが、衆院選挙ではしっかりと国民の声や要望を受け止めることができるような構図ができれば、と、願っています。 私たち有権者に求められていることは、立派な政治家を代表として送り込む、ということだと思います。 NH…
>>続きを読む

民進党も、どんどんしかけていけばよい、と、思います。自信をもって。 私たちは、政治の場へ、よい政治家を送り出していく責任があります。 河北新報から 小池氏、都議選で民進党と協議へ 候補者調整  東京都の小池百合子知事と民進党が、夏の都議選に向けて、選挙協…
>>続きを読む

今の山形県知事である吉村氏は、とても幅広く支持を受けているようですので、対抗馬を出すのもなかなか難しいし、国政選挙での応援もほしい、ということから、自民党山形県支部は対抗馬の擁立を見送ったようです。 これが、山形県だけの問題ではなくて、新潟県も含めて、東北…
>>続きを読む

野党結集の最大のアキレス腱というか、障害は、連合だという状況。 連合の会長が安倍首相と会談しているようでは、野党の結集や政権奪還は困難、という感じです。 労働者が団結した組織の会長が、財界寄りの政策を連発する与党に擦り寄っているようでは、話になりません。 …
>>続きを読む

間接民主制、代議制ですから、有権者の声をきく、ということは、政治家の責務だと思います。 支持者たちから、そうでないと判断された場合は、次の選挙で落選することになるわけです。 今回の動きが、政治家個人の個人的利益のため、というよりも、都政に有権者の声を反映さ…
>>続きを読む

民進党が政権を担うことができるようになるためには、大阪や関西での支持者拡大が必須と思います。 蓮舫代表、がんばっているようですが。 よい候補者を選定することも大切と思います。 読売新聞から 民進、大阪テコ入れ…蓮舫代表が3度目の訪問  民進党の蓮舫代表は24…
>>続きを読む

山形1区は、前の五輪担当大臣だった自民党遠藤利明氏の選挙区です。 長らく、民進党の鹿野道彦氏と自民党の遠藤氏との競り合いの選挙が繰り返されていましたが、最近は、遠藤氏の連覇が続き、鹿野氏は引退しました。 前回、民進党の新人に大差をつけて、遠藤氏が選出されてい…
>>続きを読む

連合の神津会長が、安倍首相サイドとパイプがあることは、連合の会長選出のプロセスから感じていました。首相との会談も実現したようです。おそらく、自民党は、連合を取り込むために、その会長選出にもかなりのアプローチをしている、と、思います。 ある意味、さすが、です…
>>続きを読む

自民党東京都連は、小池都知事を応援した区議7人を除名処分としました。 除名処分は、たいへん重い処分と思います。 東京都連の責任者は、下村氏、ですが、この方は、安倍首相との距離感が近いことで、文部科学大臣の任にありましたが、全く、ひどい政治家であった、と、わ…
>>続きを読む

おや、風向きが変わりました。 7人の区議たち、東京都連への文書提出を拒否したようです。 これは、小池都知事側と自民党側との交渉材料として、この問題が扱われていることを意味していると思います。 政治というのは、いやはや、なんとも。 石原氏の逮捕はないんですか…
>>続きを読む