島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ:民主主義 > 選挙

安倍首相が、独裁者のように振る舞えるのは、いろいろな要因があるのですが、その大きな支柱の一つに経団連の支援、がある、と、思います。 経団連の参加企業の中には、小池新党に期待する声があるようで、その点も、安倍首相が気にしているところだろう、と思います。 確か…
>>続きを読む

注目選挙区となる、埼玉4区、広島4区には、自民党は対抗馬を擁立するそうです。 豊田氏は当然として、中川俊直氏は、実は、自民党の有力議員だった、父親から受け継いだ地盤、ということで、地元でどのような選挙戦が行われるか、混乱がありそうです。 また、東京10区、若狭…
>>続きを読む

安倍首相は、今の日本国憲法を守る、という気持ちが希薄なのだろう、いや、(自分が、気に入らぬ、祖父も認めていなかった)憲法の規定を無視することに快感すら覚えているのではないか、と、感じるときがあります。 野党が求めていた臨時国会の冒頭に衆院を解散する、とい…
>>続きを読む

しっかりとけじめをつけなければならない、と、思います 細野氏の選挙区にも、対抗馬をたてなければいけません。 読売新聞から 離党届提出の3議員を除籍、対抗馬も検討…民進  民進党は19日の常任幹事会で、笠浩史(神奈川9区)、後藤祐一(同16区)、鈴木義弘(比例北…
>>続きを読む

これは、権力の私物化、としか言いようがない状況だと思います。 私たちの憲法を改正するのであれば、このような権力の私物化を防止するような歯止めの規定を盛り込む必要がある、と、思います。 NHKのニュースサイトから 民進 臨時国会冒頭の解散反対 代表質問などを要…
>>続きを読む

公明党は、都合よくやりすぎ、ではないか、とも感じます。 公明党の現職衆院議員で、大阪の小選挙区は、 3区の佐藤茂樹氏 5区の國重 徹氏 6区の伊佐進一氏 そして、 16区の北側一雄氏 の4つの選挙区です。 NHKのニュースサイトから 維新 松井代表 大阪の公明現…
>>続きを読む

裸の王様のことを裸だ、と、思っていても、大人たちは誰も言い出せなかった、のでしたね。 山本一太氏は、安倍首相が裸の王様だ、ということを、自民党内で発言しました。このことは、とても大きなことと思います。 これから、見せしめのような、猛烈な意趣返しが、自民党…
>>続きを読む

嶋田幸司氏は、同じ選挙区から連続当選を重ねている民進党の重鎮、中川衆議院議員の対抗馬として、自民党支部長の肩書きもあったのですが、三重の小選挙区の削減に伴い、身を引く形になっていました。 その引き換えとして、比例区での上位優遇なども提示されていたようです…
>>続きを読む

これは、権力の私物化、以外のなにものでもない、と、思います。 安倍首相は、国会での、自らの疑惑に対する、野党議員の追及が怖いのだろうと想像しています。 そのため、外交日程を密にし、北朝鮮危機をあおり、総選挙の前倒しを検討している、と、思います。 日本国憲…
>>続きを読む

小池都知事の国政新党設立への動きが次第にみえてきました。 これを「若狭新党」とは呼ばない、呼べないこともわかります。 新党は、最初の設立メンバーの顔ぶれ、は、とても大切なこと、です。 若狭氏と細野氏が中心軸になるようです。民進党を離党した細野氏派の議員を加…
>>続きを読む

豊田議員が、記者会見をする意向がある、と、産経新聞が報道しています。 もし、次の衆院選挙に立候補するのであれば、きちんと記者会見を開かねばならない、と、思いますから、そういう段取りなんだろう、と、思います。状況によっては、衆院解散が年内にもあるかもしれま…
>>続きを読む

小池都知事が、民進党を離党した細野氏と会談したそうです。若狭氏も同席した、とのことですが。 また、細野氏と行動を共にしたいと考えている民進党離党予備軍が5人いて、今後、話し合いをしていくそうです。 細野氏が、民進党を離党したのが、結局、小池新党への期待、と…
>>続きを読む

新潟5区補選は、自民党側の候補者選考が混乱しているようです。 やはり、泉田氏は、自民党からではなく、無所属か、民進党から出馬すべきであった、と、思います。 もちろん、出るからには勝たねばなりませんけれど。 読売新聞から 衆院新潟5区補選、3県議も意向…自民か…
>>続きを読む

首相に「解散権」というような権利?権限?があるのか、というと、本当は違うのではないか、と、私は思うのです。首相が、いつでも、自分が思うタイミングで、衆院を解散できる、という制度、慣習は、正すべき、と、私は思っています。 もっと、抑制的に、首相に対する不信…
>>続きを読む

離党するが、次の衆院選挙では、対抗馬は立てず、「みそぎ」が終わったら、復帰する、というシナリオが、前原氏と山尾氏との間で約束できている、と思います。 細野氏とは、そんな約束はありませんね。 自分が所属している政党に不満がある議員は、マスコミに、匿名で悪口…
>>続きを読む

小選挙区制では、強固な支持団体がある政党を引きつけることができれば、というところがあり、安倍自民党はずっと公明党を連携してきています。 各選挙の結果をみれば、明らかに公明党の支援があって当選できている、という自民党の政治家がたくさんいることがわかります。 …
>>続きを読む

二大政党制をめざす、日本の政治改革ですが、片方の民進党がその存在意義を示せない状態にあります。 結局のところ、自民党とのちがいがわかりにくい、というところがあります。 民進党の新しい前原代表は、民進党の中でも保守系の政治家ですので、これでより自民党とのちが…
>>続きを読む

議員の急死による、急な選挙なので、知名度の高い候補者に白羽の矢となるのは当然の流れ、なのですが、泉田氏は、柏崎の原発再稼働問題で、東京電力との軋轢もあった、と、記憶しています。 とにかく、短期決戦の選挙です。 今後の展開をしっかりとみておきたい、と、思い…
>>続きを読む

民進党の代表選挙の趨勢がみえてきたこのタイミングで、連合の神津会長が、民進党の路線について意見を述べたようです。 しかし、神津会長や今の連合のあり方について、私は、ずっと疑念を持っています。 連合が、安倍首相や財界の思惑に左右されず、一貫して、民進党だけ…
>>続きを読む

自民党を支持する人々の多くは、公明党の有力な支持団体である創価学会のことを好きではない、と、ずっと感じています。 できれば、公明党との連立はやめたい、自民党単独で政権を担いたい、と、思っているはずです。 しかし、二大政党制をめざす小選挙区制のもと、公明党が…
>>続きを読む

先日、二階幹事長が、公明党側と補正予算の編成が必要、と、合意していたと思いますが、菅官房長官はその必要性を否定したようです。 二階氏と菅氏との間で、鞘当てがおこなわれているのかもしれません。 補正予算の編成は、財界も反対する意見のほうが多いかもしれません…
>>続きを読む

地方選挙は、中央政界とは異なる構図になるのは当然のことでもあるのですが、堺市長選挙というのは、大阪府内でも大変存在感のある市域であり、維新が掲げる大阪都構想にも影響を及ぼしてきました。 その堺市長選挙が9月24日にあるそうですが、3選をめざす現職を、民進党が…
>>続きを読む

世襲の指定席のように、親族間で議員の座を受け継ぐ、ということが当然のように行われますが、このことに疑問を持たねばなりません。 青森4区は、自民党側と民進党側の両方から候補者が出るようです。 河北新報から 故木村氏の弟が補選出馬へ 青森4区、与野党対決型に …
>>続きを読む

大阪では、維新の会、東京では、都民ファースト、と、自民党や民進党ではない政党の支持が高い、ということが背景にあります。 まさか、自民党を出て、維新の会や都民ファーストと連携することをねらっている、とは、思いませんけれど。 この国が直面している様々な問題、…
>>続きを読む

新潟中越地震のときの山古志村の村長で、そのときの立派なリーダーとしての姿が記憶に残っています。 ご冥福をお祈りいたします。 新潟5区の補欠選挙は、10月22日になる見通しだそうです。 読売新聞から 旧山古志村長、自民党衆院議員の長島忠美氏死去  新潟県中越地…
>>続きを読む

秘書に暴言の豊田真由子議員が、自民党に離党届を提出したそうです。 自民党側は受理するそうですが、ならば、次回の衆院埼玉4区には、自民党は別の公認候補を立てるのでしょうか。 まさか、公認候補をたてず、豊田議員が選挙で勝利したのちは、自民党へ復党? 民進党が…
>>続きを読む

小池氏の「都民ファースト」というキャッチフレーズはわかりやすいのですが、「日本ファースト」というのは、どういう意味でしょうか。 「日本」という言葉が、日本国民をさすのか、日本国という統治機構を指すのか。 英語表記はどうなるんでしょう? まさか、「Japan Fir…
>>続きを読む

国会で、国民に見え透いた嘘をついた安倍首相をトップに据えたままで、次の衆院選は闘えない、と、思いますが、どうでしょう。 臨時国会がそのうちに開かれると思いますけれど、安倍首相が野党の集中攻撃の的になる、と、思いますけれど、大丈夫でしょうか。 加計学園への…
>>続きを読む

細野氏については、大変立派な政治家だ、と、尊敬しています。 国会での質問も、ものごとの本質を突く、鋭い質問をなげかけ、その迫力とともに、すごいな、と、感じます。 離党するなら、次の代表を決めるプロセスの前にすべきであり、代表が決まったあとではダメだと思いま…
>>続きを読む

稲田氏が、再び、国家権力への階段を登ることがないよう、しっかりと、失策を確認しておかねばなりません。 また、民進党は、次の衆院選で、稲田氏の選挙区で勝利するよう、しっかりと体制を作らねばなりません。 東京新聞から 自民、稲田氏招致を拒否 閉会中審査  自…
>>続きを読む