島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ:民主主義 > 選挙

来年2月に、名護市長選挙があるそうです。 選挙では、辺野古への新基地建設が最大のテーマになる、と、思われます。 それまで、辺野古の海を本格的に埋め立てる大規模な工事には着手されない、と、予想します。 自民党側は、よい候補者を選び出すことができたのかしら。 …
>>続きを読む

二大政党制としては、保守系の二大政党制は現実的ではなく、やはり、自民党に対抗する価値観を示すことができるのは、民進党しかない、と、確信しています。保守ではなく、リベラル派のほうに軸足をおいた民進党に。 連合の神津会長の、どちらに軸足を置いているのかよくわか…
>>続きを読む

保守系の政党2党による二大政党制、というのは、幻想と思います。 それぞれの政党に属する議員たちの違いは、なんでしょう? 単なる好き嫌い? ばかな。 私たちの社会を二分するような、大きな価値観の基準軸、それを一つにするのであれば、それは、「持つ者」と「持たざ…
>>続きを読む

今、自民党の国会議員、特に、祝儀委員議員たちは、戦々恐々としているのではないか、と、思います。 今の安倍政権の横暴とも言える政治を許したことには、公明党の選挙支援があったことは間違いない、と、思っています。 そういう意味では、「アベ政治」への責任は、公明党…
>>続きを読む

東京都議会選挙に続き、仙台市長選挙でも、厳しい結果が出たようです。 しかも、投票率が高かったそうですから、こういう結果になったことは、安倍内閣にとって、とても大変なことと思います。 公明党がついていても、自民党系候補が選挙に負ける、ということです。 この…
>>続きを読む

政治家の異常な言動が報道されることが多いですが、それぞれの政治家の問題であるとは思います。 でも、そのような人間を、国民有権者たちが、自分たちの代表として選び、政治家として信任した、ということがある、と、思うのです。 つまり、政治家の異常な言動を批判する…
>>続きを読む

内閣改造と自民党人事の前に、民進党の人事交代が報道されるのは、違和感を感じていますが、民主党時代からの、民進党の弱点として、外部の勢力と結託しての内部抗争、が、激しいすぎる、と、思っています。というか、民進党のメンバーたちが、やすやすと、外部の勢力を引き…
>>続きを読む

日本共産党は、創立95周年だそうです。 戦前の、治安維持法があったときに、この政党が旗揚げした、ということに、今更ながら、驚きを感じます。 長らくリーダーを続けておられる志位委員長のことは、まだ、若い頃からウオッチしてきて、とても尊敬している政治家の一人で…
>>続きを読む

よい候補者、と、思っていたのですが、家族の反対とのことだそうです。 政治家という仕事は、大変尊いものだと思いますが、家族の協力や支援、あるいは、犠牲がないと、成立しないものだとも思います。 朝日新聞から 宮里氏、名護市長選の出馬を辞退 自民、選考振り出し…
>>続きを読む

若狭氏については、政治家として評価しています。 しかし。 すでに、民進党という政党がある中で、改めて、さらに、新たに、保守系の国政政党を作っていく必要があるのか、疑問に思っています。 大阪発の日本維新の会も同様の状況にある、と、思います。 そもそも、小池都…
>>続きを読む

安倍首相も、稲田防衛大臣も、誰も、やめていないのに、いま、民進党の野田幹事長がやめるのは、全く違います。 確かに、先の国会終盤での民進党の戦術は、自民党や公明党側の手練手管にしてやられた感がありましたし、また、都議選の結果もあります。 でも、保守系の政党…
>>続きを読む

民進党バッシングの裏に、なにかある、と、感じます。 都議会選挙で、5議席しか獲得できなかった民進党。 でも、意外に善戦していた、と、各選挙区の数字をみていて感じていました。 大阪と東京の二大都市で、足がかりがないことは、決定的な弱点、とは思いますけれど、せ…
>>続きを読む

東京都議会選挙の結果をうけて、次の衆院選挙が取りざたされていますが、今のままでいけば、安倍政権に対する国民の厳しい審判が下ることになる、と、思われます。 ポスト安倍と言われている政治家たちの動きが大変気になるところですが、国民からみると、こんなことを感じ…
>>続きを読む

もともと、ニューヨークタイムスは、安倍首相には厳しい姿勢、なのですが、今回の東京都議会選挙の結果について、記事にしていました。 ワシントンポストは、今のところ、スルーしています。 ニューヨークタイムス Tokyo Voters’ Rebuke Signals Doubt About Shinzo Abe…
>>続きを読む

ザ、自民党。 昔は、投票率が高い選挙や、無党派層が投票行動を起こした場合の受け皿として、自民党があり、選挙の投票率が高くなることを望む政党でした。 そういう意味では、国民政党と呼べる存在でしたが。 最近では、公明党の組織力に依存し、投票率が低いことを望む…
>>続きを読む

さぁ、裸だったことが露わになった、安倍首相は、どうでるか 自民党の国会議員たちは、安倍首相をどうするか 内閣改造なんかして、利権のたらい回し、をしている余裕があるんかな。 そんなことしていても、国民の支持は戻らないし、かえって、民心が離れていくだけ、と、思…
>>続きを読む

ポピュリズムでその政治力を思うがままに振るってきた安倍首相、結局、その民衆の力に負ける、というのが、正しい姿であろう、と、思います。 朝日新聞から 首相演説に「辞めろ」「帰れ」の声 都議選で初の街頭に  安倍晋三首相(自民党総裁)は1日夕、東京都千代田区…
>>続きを読む

いまの自民党の様子や、また、都議選での小池新党の様子をみていて思うのは、やっぱり、せっかく作った二大政党制、民進党を活用しない手はない、と、感じています。 小池新党が、国政に進出して、新たな政党を作ることは、この国と国民にとって、また、時間とコストがかか…
>>続きを読む

安倍首相との距離感が、衆議院議員の選挙区にも影響を与えているような感じがしています。 鈴鹿市は、旧2区で、旧1区の川崎氏が事務所を構えることはなかった、のですが、川崎氏の事務所が鈴鹿市内に開設されたことを、私も自分の目でみました。 朝日新聞から 川崎氏、…
>>続きを読む

民進党の細野氏に立候補を期待する声があった、静岡県知事選挙ですが、現職の川勝氏が勝利したそうです。 元スポーツ選手が政治家に転身することについて、ポピュリズムが強まりますし、また、同時に、政治の広告代理店支配が強まるばかりだと、私は危惧を持っておりますの…
>>続きを読む

小池都知事が、都民ファーストの会の代表に就任する予定だそうです。 自民党籍が残ったまま、だと、思いますが、そのあたりがわかりにくい、と、感じています。 二階氏の判断なのかなあ、と、思っていますが。 都議会選挙後は、自民党と合同するんではないでしょうね?…
>>続きを読む

この辺りの動きは、大変、わかりにくい、と、思います。 小池都知事の自民党籍の問題も同様に思います。 自民党を批判するのであれば、自民党を離党しないとおかしい、と、思うのです。進退伺も、なんだか、よくわかりません。 選挙を意識した、政治的な行動に感じます。 …
>>続きを読む

独裁とも批判される安倍内閣の「暴走」を後ろ盾しているのは、まぎれもなく公明党である、と、思います。 今の日本の政治状況が、混迷している理由の一つに、公明党の無節操さがある、と、私は思います。 公明党は、都議会選挙では、自民党不利、とみて、小池都知事に擦り…
>>続きを読む

自民党がしきってきた都議会を批判するのは当然としても、安倍内閣の政権批判を明確にするかどうか、が、試金石とは思いますが、いずれにしても、自民党籍を残したまま、ということでは、選挙が終われば、元に戻るのでは、という不安が残ります。 自民党も自民党だと思いま…
>>続きを読む

公正な選挙は、民主主義の制度の骨幹となるもので、大変重要なこと、です。 人口の変動があることと、自治体の合併などもあったので、選挙区の見直しは急務とされています。 選挙区の区割りを見直しすることはとても大切なことですが、どうしても、既存の議員や政党に有利…
>>続きを読む

築地市場問題で、守勢に立たされる形成の小池都知事、別の政治テーマを提示してきました。 こういうところは、さすがだな、と、思います。 受動喫煙の規制問題、東京都内で独自条例ができれば、かなりのインパクトがある、と、思います。 朝日新聞から 小池知事、屋内禁…
>>続きを読む

国民、有権者の責任と思います。 いま、政治家、特に若い政治家の人格の低下が指摘されている、と、思います。 小選挙区制により、政党を選択する選挙となり、有権者は、政治家個人を選ぶのではなく、政党を選ぶ投票をすることになっているから、と、思います。 選挙自体…
>>続きを読む

やはり、自民党の内部では、水面下で、ポスト安倍をめぐるかけひきが活発になってきているのだろう、と、思われます。 そのため、各派閥が、その所属議員数を増やすことに執心しはじめているように思います。 幹事長自ら、自分の派閥のために、のようですから。 安倍首相の…
>>続きを読む

安倍首相の「働き方改革」に吸い寄せられていた神津会長の連合ですが、都議選での民進党支援を確約したそうです。 先日、民進党を離党したいと表明した長島氏は、東京選出の衆議院議員ですが、その保守的な政治信条は、連合とは合わないものであった、と思っています。 東…
>>続きを読む

地方政治において、首長と議会との距離感について、民主主義の仕組みが機能しない欠点がある、と、わたしは思っています。 たとえば、小池氏が、自らが率いる地方政党が、議会で過半数を獲得したとすると、また、あの専制政治が展開されるのではないか、と、不安に思うから…
>>続きを読む