島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ:司法権力と政治 > 警察権力

担当者の記憶や知識 を、特定秘密に指定し、その文書がない、というのは、どういうことでしょうか。 しかも、それにあてはまるものは、公安調査庁のものがある、とのこと。 記憶が、公的な秘密である、ということは、その該当者は、現代版「稗田阿礼」か? 朝日新聞か…
>>続きを読む

「立憲デモクラシーの会」がんばっています。 憲法学者のグループ、ということですが、その中心メンバーの一人、山口二郎先生は、その昔、名古屋大学におられた頃から、その活動に注目をしてきました。 その後、北海道大学に移られ、定年されたのか、今は、法政大学の教授を…
>>続きを読む

もちろん、元警視総監本人ではなくて、その息子さん、ということですし、選挙ですから、立候補は当然、かまいませんけど。 このニュースをみると、小池氏を応援してる政治勢力が少し透けて見えた、という感じがします。 対する自民党が候補者を立てるのかどうか、が、焦点…
>>続きを読む

私たちの政府が、その権力を使って、なにをしているのか、私たちはしっかりと知る必要があります。 日本国民が、このことをアメリカの新聞報道から知るというのはどうなんでしょうか。 日本のマスコミ、ジャーナリストは、なにをしているのでしょう。権力にすりより、責務を…
>>続きを読む

私も、この「共謀罪」の導入には反対の考えをもっています。 人権をせばめ、統治機構の権力を強める法律には、基本的に批判的な考えを持たねばなりません。 政府の態度、説明は、不誠実である、と、思います。 東京オリンピックのため、と言っていたのに、たった2週間の国…
>>続きを読む

30年前の住居侵入事件、ですから、素直に認めて謝罪すればよい、と、私は思うのですが、完全否定を繰り返しているので、引き返せないのかしら。 ただ、そのときの警察署長や県警本部長にも波及する話かもしれないけど。 法の執行に不平等や不正義があっては絶対にいけませ…
>>続きを読む

2015年におきた事件のようです。 人種差別の問題はとても根深く、また、銃規制の問題も絡み合い、素晴らしいオバマ大統領のもとでも、このアメリカの社会病理は解決には程遠い、と感じています。しかも、トランプ大統領。 でも、この司法省の決定自体が、解決の道への一歩…
>>続きを読む

日本の刑事司法や行政は、捜査機関の圧倒的な権限と、それを容認する裁判所の姿勢があるため、より抑制的な権限行使や権力間の抑制が行われている他の国よりも、刑事法制の拡大には慎重であってよい、と、私は思っています。 他の国には認められているのに、なぜ、日本の警…
>>続きを読む

私たち有権者がわかっていなければならないのは、官僚機構というのは、自然に拡大する、という性質がある、ということです。 つまり、常々、その拡大の理由に正当性があるのか、その判断が正しいのか、を、他の状況も踏まえて総合的に判断する必要があります。 例をあげれば…
>>続きを読む

刑事処罰の対象を増やすこと、や、厳罰化が、犯罪をなくすことにつながるのかどうか、について、私は懐疑的な考えを持っています。 犯罪、とくに、少年犯罪は、社会病理の側面という背景があると考えていますので、そんな単純化したものではない、ということと思うのです。 …
>>続きを読む

起訴猶予ではなく、不起訴 これは、検察の判断です。 警察は、再度、尿検査を行ったり、髪の毛など、尿以外の検体から覚醒剤使用の有無を鑑定するなど、他にも方法があると思いますが、それを行わずに、釈放となりました。 私は、その逮捕のタイミングからも、おかしなニュ…
>>続きを読む

さて、どのように決着をつけるのでしょうか。 このような状況も、安倍首相は、 「わが党は、結党以来、強行採決を考えたことも、行ったこともない」 と、言い切るのでしょうか。 あ、議員提出の法案だから、政党は関係ない? 河北新報から <カジノ法案>13日採決 自…
>>続きを読む

これは、違法な捜査だと思います。 また、使用したGPS端末は、備品ではなくて、私物だそうです。 え、どういうこと? NHKのニュースサイトから 奈良県警 警察官 事前承認得ずGPS端末使った捜査 奈良県の警察署の複数の警察官が、おととし、内規で定められた事前の承認を…
>>続きを読む

カジノ法案、読売新聞は反対のようです。 もちろん、慎重に、長時間をかけて審議すれば採決してもよい、とは、私は全く考えていません。 私は、この法案に大反対です。 パチンコ業界などの政治力が増す 警察の利権が増える ということをもっとも忌避したい、と、考えている…
>>続きを読む

新たな警察利権が生まれることにもなる、ということでしょうか。 二階氏の「結論を出す」という表現は、成立を期する、という意味にもとれますが、成立をあきらめる、ということにも通じるので、なかなか、うまい表現だと思います。 私は、日本という国が、ギャンブルは禁…
>>続きを読む

沖縄のヘリパッド工事の反対派への警察機動隊の乱暴な行為が問題になっていますが、地元の新聞社はしっかり報道していますが、東京の大手のマスコミはほとんど報道していません。 しかし、今回、東京のマスコミが報道する事案が発生したそうです。 沖縄に派遣されている大…
>>続きを読む

ちょうど、映画「64」をみて、その原作小説も読んだので、警察の広報の仕事やその裏側もなんだか、少しわかったような気がしています。 私たちの教訓は、 「警察は、このミスを受けて、二度とミスをしない」 ではなく、 「警察も間違えることがある。しかも、間違えに気づい…
>>続きを読む

圧倒的に検察官の力が強い日本の刑事司法制度のもとで、また、警察権力の拡大が政治的にも影響を与えるおそれがある中で、人権侵害の捜査手法が拡充されることに不安を感じます。 これによって、世の中が安全になる、という安心感よりも、統治機構側の権力がより強くなり、…
>>続きを読む

オバマ大統領の苦悩は続きますね。 結局、その在任期間中に解決への道筋は見つけることができなかった、ということになりますでしょうか。 人種問題、銃規制問題。 アメリカの警察官の公務執行では、ビデオ撮影が行われるのが当然のことのようになっていますが、それでも、…
>>続きを読む

我が国の刑事司法のあり方を、諸外国に近づけなければ、警察の捜査権限を諸外国と同じレベルに合わせることは危険と思います。 警察の捜査権限を大きく抑制すること、は、そのトレードオフとして、代用監獄と呼ばれる長期間の勾留や接見の制限、裁判所の令状の出やすさ、刑…
>>続きを読む

大阪府警ががんばったのか、とも感じますが、まあ、当然のことではあります。 こういうニュースを聞くと、国会議員や大臣であっても、交通違反の取り締まりから免れることはできない世の中になった、ということでしょうか。 交通安全はとても大切なことなので、40キロ以上…
>>続きを読む

沖縄県民の民意は何度も明確に示されています。民主的にきちんと手続きをふんだ選挙の結果により。 しかし、沖縄県警という組織が、沖縄県民の民意に背く警察行動を行うことができる、というところに猛烈な違和感を感じてます。 すでに、国家による、各自治体警察権力の統合…
>>続きを読む

自治体警察が、すでに、国家警察となっているように思います。 今回、警察が排除した新聞記者は、沖縄の地元の新聞社の、琉球新報と沖縄タイムスで、以前自民党の政治家の勉強会で、この2つの新聞社を潰さねばならない、と、意見があったことでも注目されたことがあります。…
>>続きを読む

警察による法の執行は抑制的でなければなりません。失われた命は戻らない、からです。 オバマ大統領がその問題の解決に取り組もうと苦しんだ、アメリカ社会の苦悩は続きます。 銃規制反対派は、市民が警官に対しても、銃で身を守るべき、と、主張するのでしょうか。 NHKの…
>>続きを読む

人権の侵害を伴うことが多い、警察権力の施行には、きちんとした法的手続きをとっていなければなりません。 今回、東京高等裁判所がこのような判決を下したことはよかったこと思います。 なお、被告は、2件の犯罪の罪を問われており、これで無罪となった1件の他に、もう1件…
>>続きを読む

映画「ダーティ・ハリー」を思い出してしまいます。 もちろん、フィリピンの現状は、それだけ、大変なのだろうと思いますが、フィリピンの新しい大統領は、本気で、麻薬密売組織の撲滅をめざしているのでしょうか。 「抵抗する麻薬犯罪者は殺しても構わない」 とのことな…
>>続きを読む

悪いのは、殴り殺した容疑者の方(裁判で有罪が確定するまで決めつけてはいけないのですが)で、警察ではないのです。 警察は、本当は、このDVなどの個人的関係の問題に、事件発生前から関わって、事件を未然に防ぐ、ということは、なかなか、関与しにくいのではないか、と…
>>続きを読む

暴力をなりわいとしている集団が、私たちの社会には不要である、というのは当然の理想なのですが。 警察内には暴力団対策の専門の部局があるのですが、もし、仮に、その警察の努力により、暴力団と定義される組織が壊滅されたとすれば、その警察の部局は廃止され、解散する…
>>続きを読む

アメリカの白人の意識には、黒人男性に対する恐怖心がある、のではないか、と、感じています。 白人や東洋人が容疑者の場合、走って逃げる容疑者の背後から、数十発の銃弾を発砲することはない、と、想像します。 河北新報から 丸腰の黒人青年に十数発 警官発砲ビデオ公…
>>続きを読む

恐ろしい事件だったと思います。 いくつもの冤罪事件が物語っているように、警察の厳しい取り調べ、は、無実の者を「自供」させ、有罪にさせてしまう力があるのです。 罪を認めたほうが、早く家に帰ることができる、などなど、日本の刑事捜査には、人権を軽視したものがある…
>>続きを読む