島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ:外交と政治 > 米大統領選

トランプ政権の迷走が続いています。 大統領就任から半年以上が経過するのに、まだ、ホワイトハウスの陣容が確定していません。 河北新報から 大統領、プリーバス大統領首席補佐官を解任 トランプ政権、混乱拡大  トランプ米大統領は28日、プリーバス大統領首席補佐官…
>>続きを読む

とりあえず、オバマ大統領の「善政」が残ることになって、よかったです。 造反したマケイン氏は、共和党の重鎮とも言われる政治家です。 造反した議員たちが、自分たちの政治的な決断の結果について、しっかりと説明をし、理解を得る努力を行い、その結果責任をしっかりと負…
>>続きを読む

支持率低下に悩むトランプ大統領は、支持者たちが喜ぶ政策をなんとか実現させようと、やっきになっているように思います。 できるところから、簡単なところから、反対者が少なくやりやすいことから、手をつけていこう、という感じでしょうか。 オバマ大統領の善政が、少しず…
>>続きを読む

あのウォーターゲート事件の発端は、大統領による解任劇、でした。 司法長官を解任する、というのは、かなり荒技ですが、トランプ大統領、うまく乗り切れるのでしょうか。 河北新報から <トランプ氏>司法長官解任を検討か 捜査対応不満  米紙ワシントン・ポスト電子…
>>続きを読む

窮地に追い込まれているトランプ大統領ですが、海外訪問などを重ねて、アメリカ大統領であるという自分の立場の面白さ、にも、気付いていると思います。 ある意味、この地球の支配者、でもあるから。 支持率の低下、ロシアゲートに関する特別検察官の捜査など、暗雲がたちこ…
>>続きを読む

アメリカ大統領選挙の余波というか、アメリカ国内政治の混乱が続いている、というか。 もともと、オバマ大統領が任命した方、とのことで、その責務上、トランプ大統領への批判をしていたそうですが、今月末で辞任するそうです。 アメリカ政府には、倫理局という部署がある…
>>続きを読む

オバマ大統領が決定した措置だったそうです。学生を多額負債から守るために。 しかし、トランプ大統領が指名した新しいデボス教育長官が、この措置を発効前に停止したそうで、そのことについて、18州と首都ワシントンの司法長官が、提訴した、というニュース。 大統領選挙…
>>続きを読む

ツイッターで侮辱したそうです。 もう、「ツイッター政治」はやめたらどうでしょうか。社会が混乱するばかりではないでしょうか。 民主主義が正しく行われるためには、有権者である多数の国民がきちんと知らされ、しっかりと判断して、自由に投票する、というプロセスが担保…
>>続きを読む

オットー・ワームビア氏のご冥福をお祈りいたします。 国内の支持率低下しているトランプ氏、やはり、国外の敵を強調することで、その求心力を取り戻そうとするかもしれません。 北朝鮮に不当な扱いをされた大学生の死は、そのためのシンボリックな存在になる、と、思いま…
>>続きを読む

大統領自身が捜査対象になっているようです。 特別検察官の解任を行えば、ウオーターゲート事件でのニクソン大統領辞任劇の二の舞になるでしょうか。 日本にも、独立した検察官の制度が必要でしょうか。 ロッキード事件などで活躍した特捜部は、なりを潜めていますけれど…
>>続きを読む

独立検察官というのは、大統領からも独立しているのか、と、思えば、そうでもないのでしょうか。 アメリカの政治については、あまり詳しくないので、わからないのですが。 ただ、大統領の特別な権限を使って、実際に解任できたとしても、その政治的な代償は小さくない、と…
>>続きを読む

さて、追い込まれた大統領は、支持率アップ、求心力を取り戻すために、なにを考えるか。 ブッシュ大統領のときは、同時多発テロ9.11が起き、戦争を開始する、と、宣言したのでしたが。 河北新報から トランプ氏支持率、過去最低に ロシア疑惑影響、資質に疑問  米キニ…
>>続きを読む

トランプ大統領では、アメリカの国益を損じていることは間違いありません。 アメリカ軍は自分たちの主張が通りやすい大統領として軽く見ています。 シビリアンコントロールの危機です。 また、FBIなどの司法調査機関やCIAなどの情報諜報機関は、自分たちが持つ、トランプ大…
>>続きを読む

いま、トランプ政権をめぐっておきているのは、民主主義の結果、新しく誕生した政治パワーに対する、既存の政治勢力や官僚機構からの利権をめぐる争い、という側面がある、と、感じています。 もちろん、私は、トランプ氏やその取り巻きの方々の価値観や政治信条には反対の…
>>続きを読む

アメリカという国は、ロシアを敵として位置付けておかないと、いろいろと不都合がある、のでしょうか。 トランプ大統領が、ロシアとパイプがあることが、政治的にも弱点とされてしまうところに、アメリカ社会の病理があるように感じています。 ロシアという国への先入観なし…
>>続きを読む

トランプ大統領を支持する共和党の候補者、とのことですので、トランプ大統領自身が行ったことではない、のですが。 これも、トランプ大統領の支持率を低下させる要因になるのかもしれません。 河北新報から 米共和党候補が記者に暴行 下院補選に影響も  25日投開票の…
>>続きを読む

これは、民主主義の結果、誕生した新しい大統領への、司法調査機関、情報機関などの官僚機構からの反逆なのでしょうか。 それとも、人種差別や政治の公平性を担保するための必要な捜査、なのでしょうか。 トランプ大統領の政策実行力には黄色信号がともっています。 NHKの…
>>続きを読む

最高裁の判事の構成が、共和党側にシンパシーを感じている保守的な考え方の裁判官が増えたのなら、最高裁で逆転できるのかもしれませんけれども。 混乱が続いています。 朝日新聞から トランプ氏の入国禁止令、連邦控訴裁も執行停止を支持  中東・アフリカ6カ国の国民…
>>続きを読む

「貿易と安全保障は切り離すべき」 という考えは、大変危険な考えと思います。 特に、安全保障政策の専門家とされるアーミテージ氏が、そんなことを述べて、現職の大統領の政策の批判を公言することは大きな問題がある、と、思います。しかも、日本で。 NHKもNHKだと思いま…
>>続きを読む

トランプ大統領、自らの失政もあり、次第に追い込まれていると思います。 ビジネスでの交渉術には長けているようですが、政治的公正さや誠実さには欠けるものがあるのかな、と、感じています。 もちろん、ビジネスマンにも誠実さ、は、必要とは言われますが、政治家には、さ…
>>続きを読む

トランプ大統領の公約である、錆び付いたラストベルトを輝かせることになるでしょうか。 トルコ製品の方が、日本製品より広く輸入されているようですが、ダンピング税は日本のほうがずっと高い、という結果になっています。 よくわかりませんけれども。 読売新聞から 日…
>>続きを読む

まだ、本当に始動していない、トランプ政権ですが、もう、政権末期の様相を示しています。 いま、アメリカで起きていることは、海の反対側の私たちにとっても、直接、大きな影響があることでもあるのですが、それとは別に、民主主義というものについて考える格好の材料にも…
>>続きを読む

トランプ政権が短命に終わる可能性が出てきたので、TPPが復活する可能性も。 でも、不思議なのは、安倍首相は、TPPには反対だったはず、なのですが。 まあ、いいでしょう。 NHKのニュースサイトから NZ TPP承認を閣議決定 日本と連携強化を TPP=環太平洋パートナーシッ…
>>続きを読む

トランプ政権は、そう長くないかもしれません。 民主党は、代わりの大統領候補を選ぶ作業を始めないといけない、かもしれません。 NHKのニュースサイトから 米 閣僚に何度も質問した記者を逮捕 人権団体が危機感表明 アメリカ南部で、トランプ政権の閣僚に繰り返し質問…
>>続きを読む

トランプ大統領にかけているものは、「説明責任」と感じています。 アメリカ政府の弱体化はすさまじいものがあります。 そうなると、力を出すのが、アメリカ軍、です。 平和を願う世界の人々にとっては、不幸なことかもしれません。 NHKのニュースサイトから トランプ…
>>続きを読む

トランプ氏は、アメリカという国の大統領の器ではない、ということが次第にはっきりしてきていると思います。 トランプ氏が、共和党の大統領候補に選ばれ、また、大統領選挙にも勝てたのは、インターネットという情報ツールがもたらした社会変革によるもの、と、思います。…
>>続きを読む

トランプ政権が、アメリカ軍をコントロールできているのか、非常に疑問に感じています。 もし、そうでないとすれば、アメリカ国民にとってのシビリアンコントロールの危機ですが、平和を求める世界の人々にとっても、大変不幸なことではないか、と、不安に思っています。 …
>>続きを読む

トランプ大統領、まだ、発効していなかったTPPからの離脱表明は、大統領当選後すぐ、でしたが、同じく、選挙公約だった、NAFTAからの離脱については、影響が大きいことから、まだ、表明していません。 離脱表明、できるでしょうか? 朝日新聞から 米、NAFTA離脱表明へ …
>>続きを読む

そもそも、アメリカは移民の国ですから、トランプ政権の政策は、矛盾に満ちたものだと思います。 もちろん、民主主義ですから、それを支持する有権者国民が多数いる、ということですけれど。 内政の行き詰まりは、外交、いや、戦争ですか。 NHKのニュースサイトから 聖域…
>>続きを読む

シリアへの攻撃や、北朝鮮に対する対応、を、みて感じるのですが、トランプ大統領とその側近たち、は、自分たちの国の軍隊、アメリカ軍を、きちんとコントロールできているのでしょうか? これは、アメリカ合衆国のシビリアンコントロールの問題と感じます。 ロシアとの…
>>続きを読む