島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ:外交と政治 > 米大統領選

これが、民主主義の結果、なのかもしれませんが、トランプ氏がアメリカ大統領に選ばれたことが、世界に混乱を引き起こした、と、本当に思います。 すでに、トランプ氏自身には、求心力もないようですけれども。 ツイッター政治を、まず、やめてほしい、と、願っています。…
>>続きを読む

ほとんど、レームダックのような感もあるのですが、それを象徴するようなニュースが流れていました。 自らが設置した、大統領選挙での不正の有無を調査する委員会を、ほとんど活動実績がないままに、解散する大統領令に署名したそうです。 NHKのニュースサイトから アメ…
>>続きを読む

トランプ氏自身が大統領として、また、夫人も「ファーストレディ」として、政治的、社会的、経済的な実権を擁しており、いくら優秀だからといって、家族に国家権力を行使することができる要職につけることは問題がある、と、私は思います。 家族は、大統領に直接、個人的に…
>>続きを読む

クリスマス前に、トランプ政権は、なにを考えているのでしょうか。 私には、パレスチナを挑発しているのではないか、とさえ、思います。 NHKのニュースサイトから 米ペンス副大統領のエルサレム訪問を発表 アメリカのトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認め…
>>続きを読む

この選挙結果は、トランプ政権の舵取りに微妙な影響を与える、と、思います。 求心力が低下しているトランプ大統領としては、国民にわかりやすい業績を、早期に示す必要がある、と、思います。 毎日新聞から トランプ氏に打撃必至、わいせつ疑惑の候補敗北  米南部アラ…
>>続きを読む

中東情勢を不安定化させるだけ、と、私は思います。 これは、あいまいな決着のままにしておいたことを、強引にすることで、野田総理が行った尖閣諸島の国有化措置と同じような問題になってしまう、と、私は心配します。 朝日新聞から エルサレムをイスラエルの「首都」と…
>>続きを読む

国務長官というのは、アメリカ政府の外務大臣であり、アメリカという大国の外交を一手に引き受け、世界のあらゆる紛争や揉め事にも口を出すことができる、そんなすごい権力を持ったポストです。 今回の件で、北朝鮮のICBM開発が、アメリカにとって大変な脅威になっているこ…
>>続きを読む

ツイッターがよくないのか、それとも、トランプ大統領自身の問題か。 このニュースをきいて、とても、さみしく思います。 NHKのニュースサイトから トランプ大統領「とても恩知らずだ」 中国で逮捕の選手帰国で アメリカのトランプ大統領は、中国で万引きの疑いで逮捕さ…
>>続きを読む

北朝鮮の危機をあおり、トランプ大統領が訪日して、結果として、日本からむしり取ったものは、なんだったのか。 安倍首相は、せっせとそれに報いた、という感じがします。 安倍首相は、日米外交では、どちらを向いているのでしょうかね。 もちろん、私たち日本の納税者たち…
>>続きを読む

以前から、私は、安倍首相の政治家として、いや、人間としての器の大きさには疑問をもっていますが、今回のことからもそれが透けて見える、と、私は思います。 大変、長い期間、総理大臣の座にありますが、歴史的な名宰相という称号には程遠い、と、いつも感じています。 …
>>続きを読む

トランプ大統領と安倍首相との間で、日米の貿易について、どんな会話があったのかはよくわかりませんが、ロス商務長官は、アメリカに対する日本車の完成車の輸出を減らすように求めたようです。 日本国内の工場からだけでなく、メキシコやカナダの工場も含めているようです。…
>>続きを読む

大統領補佐官という公的な立場を持っているとはいえ、トランプ大統領の娘への支援が、大統領の歓心を買っていることになる、ということかと思いますけれど、あまり、美しい外交ではないなあ、と、感じます。 もっと、ほかに、大切な使い道がある、と、私は信じています。 ま…
>>続きを読む

アメリカは、他国からの大統領選挙への介入について、大変敏感な対応をしている、と、思います。 もちろん、それはそれで正しいのですが、逆に、アメリカが他国の選挙などに対して行ってきたこと、は、不問になるのでしょうね。 政治的な駆け引きのなかで、捜査が行われて…
>>続きを読む

恥ずかしい大統領だと私は思いますが、選挙で選ばれたのだから仕方がない、ということなんでしょうか。 こんな大統領と「蜜月」という安倍首相にも嫌悪感を感じてしまいます。 河北新報から 米大統領、共和党批判議員を攻撃 与党との溝深まる  トランプ米大統領は25日…
>>続きを読む

電話ですから、記録がありません。録音でもあれば、真偽ははっきりするのですが。 すでに、トランプ大統領には、求心力も働かず、熱狂的な支持層だけが残っているのだろう、と、想像しています。 心配なのは、不人気な大統領が、それを挽回するために、とんでもないことを…
>>続きを読む

トランプ大統領のイランとの核合意破棄発言、びっくりしています。 政権が変わっても、過去の外交結果や他国との約束は、尊重し継続すること、は、最低限のマナーと思います。 そうでなければ、今のトランプ政権と、きちんと真面目に外交交渉をすることに意味がなくなる、…
>>続きを読む

とりあえず、今回は、国務長官側がトランプ大統領に忠誠を誓った、という形になったようです。 でも、ティラーソン国務長官が、バランス良く、アメリカの外交戦略を担っているのだろう、と、感じています。 そもそも、アメリカ人は、世界をあまり知りません。 それは、どこ…
>>続きを読む

トランプ大統領は、国民、いや、自分の支持者たち、の批判に対して敏感なようです。 アメリカの会社経営者たち、にとっては、出張などで、高額なプライベートジェット機を利用することは、普通のことなんだろう、と、思いますけれどね。 朝日新聞から トランプ政権の厚生…
>>続きを読む

トランプ大統領やその支持者ががめざす国家像は、様々な人種が統合された国の形とはかなり違うように思います。 大統領選挙の結果に伴う、社会の混乱は、まだまだ続きそうです。 NHKのニュースサイトから トランプ大統領 アメフト選手非難で波紋広がる アメリカのプロフ…
>>続きを読む

安倍首相の浮かれ具合には、辟易しています。 本当に、日本を守る気概があるのか。 国連の晩餐会で、トランプ大統領の隣に座り、ワイングラスを合わせる映像、恥ずかしい限り、と、私は思いました。 誰も、トランプ大統領の隣には座りたくなかった、のではないでしょうか。…
>>続きを読む

市場に潤沢な資金を供給するために、猛烈な資産を蓄積したようです。 これを、今度は売却する方向に政策を変更する、と、明言したようです。ということは、金利は、しばらくあげることはないだろう、と、思われますね。 トランプ大統領としては、経済が縮小するリスクのあ…
>>続きを読む

ヒラリー・クリントン氏が、大統領選挙時のFBIの政治的な動きを批判したそうです。 当時のFBI長官だったコミー氏を強烈に批判した、と、感じます。 その後、コミー氏は、トランプ大統領に擦り寄りましたが、大統領に選ばれたトランプ氏によって、その任を免じられました。 …
>>続きを読む

トランプ大統領のすることを全て支持し、容認する、という共和党議員はあまりいない、ということでしょうか。 是々非々、なのかな。 議員内閣制の日本とは違い、アメリカの大統領と議会との関係は、なかなか、興味深いものがある、と、思います。 河北新報から 白人至上…
>>続きを読む

トランプ大統領が就任して何ヶ月になるのかなあ。 まだまだ、アメリカ政府は、トランプ体制にはなりきっていない、という感じですね。 しかし、やっぱり、アメリカの中央銀行の理事には、イスラエルの中央銀行の総裁を務めた方がいるんですね。 ここに、日本人がいたら、す…
>>続きを読む

民主主義がきちんと機能するために、もっとも大事なことは、主権者である国民にきちんと知らされていること、です。 もともと、政府やそのリーダーは、大変な発信力を持っています。その権限も絶大です。 だから、政府やリーダーは、自分たちに都合のよい情報だけを国民に…
>>続きを読む

ロシアが、アメリカに対して行った、外交団の人数の削減要求に対抗したもののようです。 トランプ大統領の指示ではなくて、ロシアと近いとされるトランプ大統領へのアメリカ議会からの政治的な圧力でもある、と思います。 経過をしっかりとみておかねばなりません。 NHK…
>>続きを読む

支持率低下と、政権内の求心力低下に悩むトランプ大統領ですが、具体的な政策を実行するにあたり、当初のトランプ大統領に近いメンバーが次々に辞職し、新たに任命された、政策実行能力のある政権内スタッフの多くは、アメリカ軍出身の経歴を持つ方々に入れ替わっているよう…
>>続きを読む

人種差別を公言する政治家が、アメリカ合衆国の大統領に選ばれたこと自体が、この問題の根源にあります。 というか、それ以外にはありません。 トランプ氏が大統領の座にあり続けるつもりであるなら、自らの発言を撤回して詫びるなどの、きちんとしたけじめが必要と思います…
>>続きを読む

まずは、ツイッター政治をやめるべき、と、私は思っています。文字数が少なく、一方的なメッセージにもなりやすいので、説明責任を十分に果たすことができない、からです。 また、演説で、聴衆が喜ぶようなリップサービスのような過激な発言も控えるべき、と、思います。 …
>>続きを読む

トランプ大統領自身は、世界で一番力がある、と、言われる、アメリカ合衆国の大統領の椅子を明け渡すつもりはないだろう、と、思います。バノン氏を切ったことがそれを表していると思います。 ということは、これから、トランプ大統領は、選挙期間中の奇抜な公約の実現はあ…
>>続きを読む