島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ:日本の政治 > アメリカの影

防衛費をあげることが目的にあって、そのための理由を探しているだけに感じます。 今の自衛隊の装備をみれば、専守防衛には過大である、と、私は思っていますから、逆に、防衛費は削減できる、CDP比で1%を目安、ということでいいのではないか、と、思います。 NHKのニュ…
>>続きを読む

写真の艦船は、この事故とは無関係です。 怪我をした1名の乗組員の回復と、連絡がとれない、という7人の方々が元気であることをお祈りしています。 駆逐艦の右側面に、コンテナ船の船首がめり込むようにぶつかったようですが、ということは、駆逐艦が、コンテナ船の進路を…
>>続きを読む

嘉手納基地で、パラシュート降下訓練ができるのであれば、そもそも、普天間基地のアメリカ海兵隊基地を、嘉手納のアメリカ空軍基地に統合する案も可能ではないのか、という疑問がわいてきます。 あのとき、嘉手納には空軍のジェット機が離発着し、普天間の海兵隊はヘリコプ…
>>続きを読む

お亡くなりになった12日は、92歳の誕生日だったそうです。 あの、アメリカ米兵3人による女子小学生への暴行事件は、大変な驚愕をもって、沖縄だけでなく、日本も、また、アメリカでも受け止められました。 あのときの沖縄県知事。 大変なことだったろう、と、思います。 …
>>続きを読む

オスプレイが海岸に不時着した事故のときに明確になったと思いますが、今の、沖縄駐留の米軍トップは、かなり、強行派のようです。 そもそも、稲田氏や安倍氏は、政治家としては、超保守の考え方を持っている政治家、と、思っていましたが、どうして、他国の軍隊が駐留する…
>>続きを読む

辺野古の新基地建設を差し止めするために、期限が切れた、岩礁破壊の許可申請を出し直すよう、沖縄県が求めていますが、国は応じていません。 県は、工事の差し止めを求める裁判を起こす方針だそうです。 NHKのニュースサイトから 辺野古移設 沖縄県 7月にも工事差し止め…
>>続きを読む

オバマ大統領に戻ってもらえないかな、と、願います。 トランプ大統領は、その政治的能力に欠け、求心力が低下しており、そのために、軍の要求を抑制する力が弱い、と、感じます。アメリカ軍のシビリアンコントロールの危機が起きている、と、思っています。 国民から幅広く…
>>続きを読む

アメリカ軍が、即座に行動するだろう。 特殊部隊が、沖縄県庁や警察、それにテレビ局、新聞社、銀行などを強襲し、あっと言う間に制圧して、実権を握るだろうと思います。 民衆がおしかけて、小競り合いが起きることでしょう。 虐殺が起きるかもしれない。 発足する統治機…
>>続きを読む

安倍首相が、安保法制によって、改憲の必要性がなくなった、と、感想をもらしたことが言われています。 ならば、やっぱり、あの安保法制は、今の憲法に違反する内容であることを示している、と、思います。 と、同時に、安倍首相の憲法改正の意欲は、日本人の独立心とか、…
>>続きを読む

写真は、オスプレイ、ですが、今回の夜間バラシュート降下訓練では、別の機材が使われたようですので、無関係です。 沖縄県側の抗議に対して、国側の機関である、沖縄防衛局の中嶋局長も、事前にアメリカ軍からの説明がなかった、と発言したようです。 そもそも、アメリカ…
>>続きを読む

日本政府のシビリアンコントロールの問題とも感じるのですが、自国の自衛隊への支出ではなくて、アメリカのCIAへの支出、というところが、複雑に感じます。 スノーデン氏のことを描いた映画では、このような情報通信機器の活用により、アメリカCIAや軍は、世界の様々な情報…
>>続きを読む

シビリアンコントロールの危機だと思います。 自衛隊は「軍隊」ではありませんが、自国の「軍隊」が、他国の軍隊の司令にもとづいて、軍事的な行動を行う、というのは、例外的なことだと思います。 そのために必要なのは、国民に対する説明と、その行動に対する支持、承認、…
>>続きを読む

日本側と事前に協議する、ということを確認したようですが、アメリカ側のそのレベルはどのあたりでしょうか。 実力部隊のアメリカ軍のレベルか、それとも、国務省の官僚機構か、いやいや、ホワイトハウスの政治側か。 読売新聞から 北攻撃なら事前協議…日本が要請、米側…
>>続きを読む

米軍による、シリア軍へのトマホークミサイル攻撃、びっくりしました。 北朝鮮のミサイルは、以前から、日本列島を射程内に収めており、急に危険になった、のではありません。 それどころか、韓国のソウル市などは、北朝鮮軍が国境を越えて30分以内に、攻撃にさらされる、と…
>>続きを読む

沖縄防衛局に「行政指導」を沖縄県が行ったのですが、それに対して、政府は、「警告」をした、そうです。 沖縄県と政府との泥仕合いが続きます。 政治の知恵、が欲しい、と、願っています。 沖縄タイムスから 沖縄県、防衛局に行政指導 辺野古岩礁破砕の申請を要求  …
>>続きを読む

アメリカUSTRの報告書は、例年通りの内容とのことですが、トランプ大統領の主張に裏付けを与えるものにもなります。 中国との首脳会談の様子も、日本政府にとって参考となる、重要な情報になる、と、思います。 ロイターから 米USTR、日本の農業・自動車市場に更なる開放…
>>続きを読む

翁長知事は、腹を括ったようです。 政府側としては、工事容認派の知事が誕生するよう、次の知事選挙を待つことになるのかもしれませんが、国政選挙の結果をみても、勝てるとは思えず。 つまり、沖縄の民意ははっきりしている、ということなのです。 政府は「粛々と」工事を…
>>続きを読む

世界の人々が、核兵器が使われたら、どんな悲惨な現実が生み出されるか、なぜ、わかっているのか、と、考えると、私たち日本人がとるべき方向性は決まってくると思っています。 残念です。 結局、また、北朝鮮が理由にあげられています。 こういう状況をみていると、アメ…
>>続きを読む

「知事個人に損害賠償を請求する可能性があるかも」と、言われて、「はい、そうですか」と、移設反対の旗を降ろすことができる、と、菅官房長官は本当に思っているのでしょうか。 事態を複雑化し、対立を先鋭化するだけではありませんか。 もっと、政治の知恵を求めたい、…
>>続きを読む

翁長知事は、はっきりと辺野古新基地建設反対を行動でも示した、と、思います。 「埋め立て承認の撤回」が、実際に、具体的に、どのような意味があるのか、私にはよくわからないのですけれど。 しかし、いま、ちょっと弱り目の政府、どうするでしょうか。 先日、保釈され…
>>続きを読む

副知事が交代し、山城議長は保釈されたものの政治活動は禁止され、翁長知事の側も組織の体制が変化している、と、想像しています。 沖縄県の方々の苦しみが軽減されていくようにしなければならない、と、私は思っています。 河北新報から <辺野古移設>翁長知事 反対集…
>>続きを読む

国全体の問題を、特定の地域に負わせると、地方自治の観点からは、このような結果になりやすい、ということがあると思います。 もちろん、それに見合うだけのメリットがあれば、原子力発電所のように、受け入れを容認する地域がある、というのも事実なのですが、今回の、アメ…
>>続きを読む

翁長知事、あくまでも、国との対決姿勢を変えません。 この泥沼の状況を根本的に解決するためには、政治の知恵しかない、と、思います。 沖縄タイムスから 翁長沖縄知事、辺野古工事の差し止め訴訟を検討 無許可の岩礁破砕に対抗  沖縄県の翁長雄志知事は16日午前、県…
>>続きを読む

写真は、オスプレイであり、今回のUH-1ヘリコプターではありませんが。 一応、訓練場の敷地内での落下らしいです。 NHKのニュースサイトから 米軍ヘリからつり下げていた複数のタイヤ落下 沖縄 沖縄県のアメリカ軍キャンプハンセンで訓練を行っていたヘリコプターが8日…
>>続きを読む

あの無謀な戦争の後始末をきっちりやれば ドイツもベトナムも統一されました。 朝鮮半島の分断国家の統一を、日本が率先してやれば きっと、国際社会から尊敬され、そして、国連安全保障理事会の常任理事国入りがかなうかもしれません。 当事国の北朝鮮と韓国だけでなく…
>>続きを読む

毎週土曜日の午前7時から10時まで、議員団が座り込みを行うそうです。 社民党の照屋議員や伊波洋一参院議員がメンバーのようです。伊波氏は、昨年の参院選挙で、現職の自民党島尻安伊子氏に競り勝って当選しました。島尻氏は、選挙のときは、沖縄担当の現職大臣でした。 結…
>>続きを読む

共産党の確固さ、ブレのなさ、には、敬意を表したいと思っています。 もともと自民党系の政治家である翁長知事が、東京の自民党大会の日に、共産党の志位委員長と会談する、というのは、やっぱりびっくりしてしまいます。 志位委員長は、稲嶺名護市長とも会談したそうです…
>>続きを読む

沖縄県と政府との戦いがまた起きています。 政治の知恵で解決を図るべき、ですが、翁長知事、がんばれるでしょうか。 県民の理解と支持が欠かせない、と、思います。 NHKのニュースサイトから 菅官房長官 那覇空港埋め立て工事で沖縄県の対応批判 菅官房長官は、午後の…
>>続きを読む

ポスト安倍をめざす動きとしては、やはり、この岸田外務大臣と、石破氏を軸に進んで行くのかなあ、と、感じています。 総理大臣の座をねらって、閣外に出た石破氏、積極的な活動を繰り返しておられますが、それに比較すると、閣内にいる岸田氏は、外務大臣という重責もあっ…
>>続きを読む

この日程は、アメリカ側が突きつけた「踏み絵」だったのかもしれません。 安倍首相は、本当の「保守」政治家なのか、その言葉はともかく、総理大臣になってからの行動をみていると疑問を感じざるをえません。 アメリカ側は、昨年末に、稲田防衛大臣が行った靖国参拝に、本…
>>続きを読む