島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 官僚機構

安倍首相が、なぜ、稲田氏を重用するのか、そこのところがよくわかりません。 政治信条、価値観が共通するから、ということですか? でも、行政機関、官僚機構のトップとしての資質に、大いに欠ける、ということが証明されてきていると思います。 「ポスト安倍」レースから…
>>続きを読む

さーて、学園側に、返還する資金はあるんでしょうか。 河北新報から 国交省、森友に補助金返還命令へ 30日期限  石井啓一国土交通相は21日の記者会見で、大阪市の学校法人「森友学園」から補助金申請を取り下げる書類が届き、受理したと発表した。同日中に補助金交付…
>>続きを読む

軍隊を海外に出すことに、もっと慎重であってもらいたい、と、思います。 そもそも、自衛隊という実力組織の設置目的ではないことだと思います。 これも、官僚機構の陥穽なのかもしれません。 その存在理由を失う事態になると、別の理由を探し出す。 たとえば、暴力団がい…
>>続きを読む

民進党の野田氏が存在感を示している、と、思います。 天皇陛下の退位問題では、大活躍されましたし、防衛問題では、稲田氏とは比べものにならないぐらいの知見を有しておられる、と、思っています。 まあ、もともと、総理大臣ですからね。 NHKのニュースサイトから 民…
>>続きを読む

安倍政権が、官僚機構になめられている、ということがあるのかと思います。 しかし、統治機構の責任者は、国民が選ぶ、というのが民主主義の基本で、そもそも、責任を負わない官僚たちが自分たちの好き放題にする、というのは、民主主義への挑戦でもある、と、思います。 そ…
>>続きを読む

特別監察が行われる事態となって、やっと、今まで、鳴りを潜めていた自民党の防衛族議員たちが、発言を始めたように思います。 ただ、その発言内容は、稲田防衛大臣を100%支援するようなトーンではなく、やや冷ややかに突き放すような論調には感じます。 さて、この問題の…
>>続きを読む

稲田防衛大臣は辞任し、別の適任者が、この問題の対処にあたるべき、と、私は思います。 大臣と官僚たちとの間の信頼関係が構築されていなかったことが背景にある、と、感じますし、そもそも、稲田氏は、防衛大臣としての資質に欠けることはもう、内外ともに証明されている…
>>続きを読む

やはり、近畿財務局、なのですね。 この国有地の格安払い下げ問題で、国側は、国土交通省の大阪航空局と、財務相の近畿財務局が関わっているのですが、どちらが主導していたのか、ということが次第にわかってきました。 ということは、財務大臣が関わっていたのではないか…
>>続きを読む

読売新聞とNHKが、防衛省関係者への取材でわかった、として、報道しています。 防衛省の官僚機構が、稲田防衛大臣を更迭させようとしている、ということかもしれませんし、その背後には、自民党の防衛族議員たちのサポートがある、と、感じます。 今、これほど、稲田防衛…
>>続きを読む

「卵とにわとりの関係」という表現がありましたが、このことですね。 大阪航空局にしろ、近畿財務局にしろ、優秀な官僚たちが、この一学校法人のために、これほどの便宜をはかる、ということは通常考えられません。 校舎建築の契約書の偽造問題で、司直の手が入りそうな籠…
>>続きを読む

20分で、情報を伝達したことは、かなりの迅速さがある、と、私は感じますけれど、いずれにしても、弾道ミサイルはあっという間に到達しますので、その対処はなかなか、困難です。 NHKのニュースサイトから 北朝鮮ミサイル発射 船舶などへの情報伝達 20分ほど経過後 政府…
>>続きを読む

国会審議をみていて、感じるのですが、今回の森友学園の件で、野党からの猛烈な批判に対し、財務省の理財局長は、耐え続けています。 政治家との面談記録は破棄した、と、答え続けています。 私は、官僚たちが、この大切な証拠を、物理的に完全に破棄しているとは思えませ…
>>続きを読む

この問題は、この独特の教育方針を掲げる学校法人に小学校の運営を任せても良いのか、ということが問われていると思います。 ということは、籠池理事長には、国会の場で、しっかりと、持論を述べてもらいたい、と、思います。 なぜ、自分は、小学校を新しく開校したいのか…
>>続きを読む

同行した公務員は、公費による出張ではなかった、そうです。 変なの。 そもそも、なぜ、安倍昭恵氏は、講演の謝礼をもらっていないのでしょう? 私人で、なにも問題ないのなら、きちんと謝礼をもらうものでは? では、交通費は? この同行した公務員の交通費は、誰が負担…
>>続きを読む

それぞれの省庁は、すでに、書類を廃棄した、と、述べていますが、このような答弁では納得できません。 ならば、強制捜査しかない、ということになります。 そもそも、公文書の保存がなぜ必要かといえば、このような問題が起きた時の説明責任を担保するため、でもあるので…
>>続きを読む

石原氏は、カケに出たのだろう、と、思います。 記者会見の場で、どんなことを暴露するか、しないのか、固唾を飲んで見守る関係者がたくさんいることでしょう。 3月3日までの間に、いろいろな駆け引きが、背後で行われそうです。 もちろん、記者会見のドタキャン、も、可能…
>>続きを読む

文科省が天下りの中間報告を出すことが、衆院通過の条件だったのかもしれません。 自民党と民進党との間で、予算案の衆院通過の手続き日程について合意ができたようです。採決の日程は調整できていない、そうですけれど。 不思議なのは、日本維新の会の対応、かな。 いつも…
>>続きを読む

官僚の天下り、には、社会の厳しい視線が注がれています。 読売新聞が、社説で猛烈に批判しています。 安倍政権は、官僚機構を手なづけるために、この抜け穴の黙認、を、していた、と、感じています。 特に、文科省は、安倍首相の出身派閥の金城湯池のはずでしたので。 ま…
>>続きを読む

尊敬する河野太郎氏は、衆院予算委員会で、国立大学が「文科省の植民地になっている」と、批判したそうです。 「裸の王様」安倍首相のイエスマンでない、硬骨漢であるところを発揮しています。さすがです。 東京新聞から 「出向」の名で「天下り」か 復職翌日に再就職が…
>>続きを読む

民進党には、何人か、パワハラをしそうな議員がいまして、いつも、気になっています。 この件が起きたのは、先週16日木曜日の夜だそうです。 後藤祐一氏は、衆議院神奈川県16区選出の議員で、この選挙区は、自民党と民進党との激しい選挙戦が繰り広げられており、ここ2回は…
>>続きを読む

立場が人を作る、という言葉もありますので、経験の乏しい人を、責任ある立場に抜擢すること自体は問題ではありません。 要は、そのときの、政治信条、価値観、判断力ということだと思います。 政治家に求められる基本的な資質と思います。 そして、稲田氏を、防衛大臣に…
>>続きを読む

物流倉庫の火災ではありませんが、火の手は鎮火どころか、くすぶり続け、さらに、延焼しています。 火消しに失敗した、と、思われます。 文科省の官僚組織は、ガタガタになることでしょう。 文科省の教育やスポーツ行政を背景に、政治力を発揮している森氏、安倍氏の派閥に…
>>続きを読む

安倍首相は、国会で質問され、「関係があれば、首相も国会議員も辞める」と、断言しました。 行政機構のトップである首相の言動は、このような意味になります。 「私が関わっていたというような明白な証拠となるようなものは、絶対に公開するな」 脅しているのです。 今…
>>続きを読む

稲田氏が、防衛大臣として、その任に能わない、ということは、私は、もう就任前から主張しておりますが、その方向になりつつあります。 市民団体から文書の開示請求があり、「戦闘」と書かれた日報の開示への対応をどうするか、防衛省内で調整が行われた時、稲田氏が、安倍…
>>続きを読む

早稲田大学への天下りの話は、早々に問題化したのに、慶応大学のほうは静かな感じがします。 どうしてかな。教授より、参事のほうが、大学経営に大きく関与する立場にあると思います。 まあ、高等教育局長が、大学の教授になった、というのは、確かに問題がありそうな話で…
>>続きを読む

今国会では、安倍首相は、攻め込まれて守勢に回る形勢が多い、と、感じています。 とはいえ、きちんと期限をきって、調査の報告をすべき、と、思います。 朝日新聞から 天下り調査、首相「期限設けず」 予算採決前の公表否定  文部科学省の「天下り」問題を受けた全省…
>>続きを読む

写真は、福島第一です。 あの東京電力の体質と比較すれば、中部電力はまだまし、とはいえます。 あの、福島第一の事故のあと、稼働中だった静岡県の浜岡原発の停止を、当時の菅総理が求めた、と、私は記憶しています。しかも、アメリカ軍の意向をうけたアメリカ政府からの…
>>続きを読む

稲田防衛大臣を守り続けることができるか、という問題でしょうか。 予算案は、衆議院で採決すれば、憲法に衆院の優越の規定があるので、参議院での審議が未了でも、30日たてば、自然成立する、ということになりますが、参議院で審議をしない、ということはないので。 衆議…
>>続きを読む

写真は、福島第一で、柏崎刈羽ではありません。 東京電力が、公務員である国の役所よりも、ずっと、官僚組織的で硬直化し、縦割りになっていることは、もう、何度もみせつけられています。 組織として、不誠実なことを事業として行っていることから、内部での情報共有やコミ…
>>続きを読む

稲田防衛大臣が、その任にない、ということは、もう、証明されていると思います。読売新聞がこんな記事を書くんですから。 ただ、任命責任が出るので、安倍首相としてもカバーせざるを得ませんね。しかし、安倍首相自身、稲田氏への信頼感を失っているのも事実で、自民党の…
>>続きを読む