島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 官僚機構

中途半端な改革なら、国民全体からみれば、共有財産が、一部の関係者に利権としてわたっただけで、かえって、改悪になったのではないか、とさえ、思います。 安倍政権は、大きな政府をめざす政策しかできない、と、私は感じています。 NHKのニュースサイトから 郵便局の…
>>続きを読む

独裁とも言われた安倍政権の末路は、かなり厳しいものになりそうです。 安倍首相は、いろいろな人たちや官僚機構に「借り」を作ってしまっています。 もし、森友問題での財務省や加計学園での内閣府などの官僚、関与した政治家たちが、なにか「本当のこと」を公言したり、な…
>>続きを読む

森友学園との土地取引における財務省の対応は、明らかに特異的なものであり、なんらかの「神風」が吹いた、としか思えないものです。 そこに安倍首相の指示があった、という証拠はなにもない、のでしょうけれども。 財務省の「特異な」対応について、その理由をきちんと説…
>>続きを読む

土地の価格が正当であった、ということを政府は国民にきちんと説明する責任があります。 書類や資料が残っていなくて、それが、できないのであれば、土地の鑑定を再度やりなおすべきではないか、それで、正当な価格であった、と、証明し直すしかない、と、私は思います。 …
>>続きを読む

いったい、財務省は、なにを守っているのでしょう。 もう、安倍首相ではなくて、自分たちの組織の体面、ということかと感じます。 衆院予算委員会の審議では、共産党の宮本氏の追及に、財務省は完敗しているように思います。 次は、参院予算委員会です。 この流れで行く…
>>続きを読む

参院の民進党が、加計学園の獣医学部の問題を審査するために、文教科学委員会と内閣委員会の連合審査会を開催するよう、申し入れたようです。 おそらく、与党側は拒否したいだろう、と、思いますけれど。 NHKのニュースサイトから 加計学園の獣医学部開学認可受け 連合審…
>>続きを読む

今、財務省の理財局長という椅子は、どの官僚も座りたくない、と感じているのではないでしょうか。 国会での森友学園への国有地払い下げ問題で、野党の追及の矢面に立たねばなりません。 不本意な答弁をしなければならない状況に追い込まれることが十分に考えられ、その心労…
>>続きを読む

共産党は、証人喚問を求めているようですが、野党としては、参考人招致を求めたようです。 NHKのニュースサイトから 森友学園問題 衆予算委で野党が参考人招致求める 衆議院予算委員会の与野党の筆頭理事らが会談し、野党側は、来週行われる質疑で森友学園をめぐる問題な…
>>続きを読む

「根拠不十分」という結論で、「不当」という判断はしなかった、ことになるのかと思います。 こういうことを容認すると、官僚機構が書類を残さないことが横行することになりはしないか、と、大変、心配になります。 毎日新聞から 森友問題 8億円下げ「根拠不十分」…会計…
>>続きを読む

公正取引委員会のことを、泣く子も黙る、と、言われたのは、もう、かなり昔の話になったなあ、と、私は感じています。 官僚機構が、この国を仕切っていた時代の昔話なのかな。 久しぶりに、公正取引委員会の活動のニュースを聞いたような。 読売新聞から 民泊サイト大手…
>>続きを読む

探せば、必ず、どこかに書類は残っているはず、役人は簡単に書類は捨てない、と、思うのですが、本当に、完全にない、のでしょうか。 会計検査に必要な書類がないことは、それだけでも、違法である、と、私は思うんですけれどね。 違うんかなあ。 NHKのニュースサイトか…
>>続きを読む

日本医師会の横倉会長が、安倍首相と会談して、来年度の医療保険改定について、直談判をしたようです。 こうやって、トップダウンで、ものごとが決まっていくのがよいかどうか、よく考えておかねばならない、と、思います。 同じトップダウンだった、小泉政権では、医師会…
>>続きを読む

希望の党も、国会での森友学園と加計学園の問題を追及する姿勢を明確にしています。 野党の質問時間を削減する問題とリンクしそうですけれど。 NHKのニュースサイトから 希望 森友学園や加計学園で情報公開求める方針 希望の党は、森友学園や加計学園をめぐる問題の調…
>>続きを読む

安倍首相側は、森友・加計学園問題からは逃げていける、と、目算しているかもしれません。 さて、野党側が、今の特別国会でどこまで追及できるか、ということかと思います。 河北新報 森友、加計学園問題の追及を確認 立憲民主党、調査チーム準備会合  立憲民主党は6日…
>>続きを読む

アベノミクスの第三の矢が、規制緩和であるのなら、まずは、形骸化している規制の撤廃から始めていけばいい、と、思います。 たとえば、今回の日産問題がなげかけたことが当てはまる、と、私は思っています。 よく一緒に取り上げられますが、神戸製鋼の不祥事は、製品の検査…
>>続きを読む

官僚機構としては、既存の認可保育園業界を守りたい、ということになりそうですから、認可外保育園との差別化、は、重要なことになるでしょうね。 安倍政権は、そちらの既得権業界と官僚機構の上に乗っかっているので、認可外保育園を同等に扱うことはない、と、予想します。…
>>続きを読む

加計学園の獣医学部新設、来年4月開学の計画が認可されるようです。 今後の政治的な動きをしっかりとみておきたい、と、思います。 NHKのニュースサイトから 加計学園獣医学部の来年4月開学 認可される見通しに 学校法人「加計学園」の獣医学部に対して、来年4月に開学…
>>続きを読む

外交官としての杉浦千畝氏の行動が、なぜ、賞賛をあびるほど際立っているのか、と、いえば、それは、当時の政府、外務省の指示に反して、個人として行った人道的行為であるから、と、私は思います。 杉浦氏の行為は、当時の外務省の命令に反したものだったので、杉浦氏は帰…
>>続きを読む

衆議院選挙のあとに開催される特別国会が短期間なのは、まあ、許容しなければなりませんが、すぐに臨時国会を開催しない、ということは納得できません。 また、特別国会も8日間あるように見えますが、トランプ大統領の訪日日程とぶつけているので、実質3日間しかないそうです…
>>続きを読む

安倍首相は、官僚が勝手に「忖度」したんだ、と、強弁するのでしょうか。 大阪地検特捜部の捜査の方向もしっかりとみておきたい、と、思います。 東京新聞から 国交省積算ごみ撤去費 森友値引き6億円過大 検査院が疑義  学校法人「森友学園」に大阪府豊中市の国有地…
>>続きを読む

ファントム戦闘機は、大変な古豪の航空機ですが、日本の航空自衛隊では、常に保守点検が行われていて、きちんと維持管理されている、と、信じています。 とはいえ、どんどん、新型の武器が導入される流れの中で、正面装備調達のために、保守点検の予算が削れてはいないか、…
>>続きを読む

ヘリコプターの事故が続いているような印象があります。 墜落したのは、航空自衛隊の浜松基地所属の救難ヘリコプターUH60Jで、訓練中だった、とのことです。 乗っていたのは、4人の自衛隊員だそうです。 助けられることを、祈っています。…
>>続きを読む

安倍首相は、アメリカら、どんどん、高額な武器の導入計画を進めていますが、それらの武器は、本来、アメリカ軍向けに開発されてきたものがほとんどで、「専守防衛」の自衛隊に適した買い物なのかどうか、不安を持っています。 また、そういう高額な新規調達のために、既存…
>>続きを読む

国会で、堂々と、虚偽答弁をした官僚を、わたしたち有権者は許してはならない、と、思います。 毎日新聞から 森友学園 売却問題巡り市民団体が佐川・前理財局長ら告発  学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地売却問題で、学園側との交渉記録の電子データを「復元で…
>>続きを読む

日産自動車の問題に始まり、神戸製鋼の問題は、さらに、企業活動に対する信頼を失うことになっています。 「小さな政府」ではダメなのではないか、財界のいいなりの政府ではだめなのではないか、という疑問がわいてきます。 朝日新聞から 最終関門の品質保証担当まで積…
>>続きを読む

独裁とも言われた、安倍首相の求心力もかなり陰りがみえてきた、と、思います。 それから、小泉進次郎氏は、父親譲りとも言われる、絶妙の政治センスを持っている、と、感じています。 ただ、安倍首相が正直に語ることを選ぶと、官僚機構に影響が少なからず起きると思いま…
>>続きを読む

日産自動車の問題ですが、官僚機構による業界のコントロールを緩和する、という観点からみれば、製造者責任の法整備も進んできた中で、もう、お役所が工業製品の質を管理する、という幻想から脱却すべき機会になるのではないか、と、思いますが、おかしいでしょうか。 そも…
>>続きを読む

安倍政権と官僚機構との力関係に疑問点が出ている、と、私は感じています。 PKOの日報問題は、シビリアンコントロールの問題と考えていますので、その後の処理もしっかりとしておかねばならない、ということもあります。 自民党は、伝統的に、政府の官僚機構とべったり、…
>>続きを読む

なぜ、今頃、発表しているのか、ということを考えると、東京電力の情報公開の姿勢に多いに疑問を感じざるを得ません。 新設された井戸の水位計6カ所で、実際よりも水位が高く表示されるミスが続いていたそうです。 それで、今年の5月には、建屋地下の汚染水の水位が、建屋…
>>続きを読む