島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

カテゴリ: 官僚機構

年金の仕組み、組織が、複雑すぎて、うまくいかない部分があると思われます。 結局、国民一人一人の人生の裏返し、でもあるので、非常に多様に富む、ということが、年金の仕組みが複雑になっている理由の一つだろう、と、思います。 安倍首相は、年金の問題で、国会で野党に…
>>続きを読む

警視庁のトップ、警視総監は、閣議で了承されるポスト、なんですね。他の県警の本部長とは別格。 河北新報から 警視総監に吉田氏 沖田氏は勇退  警視庁の沖田芳樹警視総監(60)が退任し、後任の第94代警視総監に警察庁の吉田尚正刑事局長(56)を起用する人事が8日の…
>>続きを読む

やはり、安倍内閣は、「大きな政府」になっていきます。 これは、財界の求めとは異なることでしょう。 野放図とはいいませんが、官僚機構を制御する力や戦略が弱い、と、思います。 森友学園問題や加計学園問題では、安倍首相自身が、官僚機構にかなりの弱みを握られてしま…
>>続きを読む

加計学園問題に続き、次の臨時国会では、野党側が、成田に新設された医学部について、政治問題化するようです。 仙台に新設された東北医科薬科大学医学部に比べると、議論が広がらず、すーっと決まっていったように、感じています。 なにか、大きな力、が、あったのかもしれ…
>>続きを読む

これは、国税庁などが把握しているものの積算であり、このほかに、租税回避地などでの隠し資金や、税法上の優遇措置などによる企業の剰余金は含まれていない、と、思います。 これらの莫大な資金が、日本経済の活性化に有用に活用されているのであれば、企業がためこんでい…
>>続きを読む

東京電力ほど、官僚的な硬直した組織はない、と、思います。 でも、そうなっているのには、本質的な理由があるわけで、ただ、外部から叩いておればよい、ということでもない、と、最近、思うようになってきました。 いずれにしても、原子力発電を行う事業者としては、不適…
>>続きを読む

北朝鮮の核開発や弾道ミサイル開発を理由に、防衛省自衛隊の予算増の要求が行われています。 アメリカの軍事産業の利益増大のためでもあるかもしれません。 この領域に対する安倍首相の姿勢は、非常に甘い、と感じます。 もし、防衛省自衛隊や自民党の国防族議員たち、が…
>>続きを読む

ずっと、国土交通大臣は、公明党から出ていますので、支持率低下に悩む安倍首相としては、公明党のご機嫌を損ねることができないこともあり、この概算要求がほぼ全額認められるのではないか、と、予想します。 予算は、減らすよりも、増やすほうが、抵抗が少なく、ストレス…
>>続きを読む

屁理屈や難癖をつけて、売却価格を不当に下げさせようとする国有財産の購入希望者は、過去にも、また、今も、たくさんいるのではないか、と、おもいますが、これほどの値引きに成功したのは、異例なことなのだと思っています。 「鬼」などと、交渉相手の役人に暴言を吐いて…
>>続きを読む

北朝鮮がミサイルを発射したかもしれない、というニュースが流れる中、海上自衛隊は、青森県沖で夜間訓練を展開していたようです。 おつかれさまです。 事故の原因はよくわかりませんけれど、行方不明の隊員が早くみつかることをお祈りしております。 NHKのニュースサイト…
>>続きを読む

決断の速さには驚きます。 日本なら、もっと、時間がかかるかと。 私たちは、私たちが作る組織の特性を理解し、得意とする部分と、逆に、弱点となる部分をわかっておかねばならない、と、思っています。 読売新聞から 米海軍、第7艦隊司令官を解任へ…衝突事故続発  米…
>>続きを読む

獣医学部新設を決めた山本地方創生大臣の前任が石破氏であり、大臣交代によって、獣医学部新設の話が進みだした、のではないか、つまり、石破氏がストップをかけていた、のではないか、と、思います。 森友学園の問題で、石破氏が、佐川国税庁長官を批判したようです。 安倍…
>>続きを読む

開示しても問題ない、という財務省側の判断があるのでしょうか。 それとも、1年以内に瓦解する安倍政権を見越して、官僚機構側が判断を変えたのでしょうか。 大阪地検特捜部の捜査の方向性も含めて、今後の展開をしっかりとみておきたい、と、思います。 東京新聞から 近…
>>続きを読む

軍隊については、シビリアンコントロールという言葉が広まっていますが、これは、軍隊に限らず官僚機構全般にあてはめて考えるべき言葉だと思っています。 軍隊は、究極の官僚機構なのですが、それに加えて、自己完結型の実力部隊である、というところが、わたしたちの社会…
>>続きを読む

大学審議会というのは、あくまでも、文科大臣や、ましてや総理大臣の影響からは独立して、専門家として審議して判断する、というのが建前と思います。 実際、判断を保留とした理由も、「高齢の教員が多い」「授業や実習で使う設備が不足しているのではないか」と、記事には…
>>続きを読む

きちんと情報公開することが、主権者に正しい判断をもたらし、民主主義が有効に機能する、ということです。 恣意的な情報公開や、内容の変更などは、国民の知る権利をおかし、結果として、民主主義を歪めることになる、と、思います。 私たちは、私たちの統治機構が行ってい…
>>続きを読む

私たちには、きちんと知らされていないことがたくさんありすぎませんか? やはり、国民に十分に知らせないままに、そっと、話を進めていた、ということではありませんか。 きちんと行政手続きをしている、しっかりと国民に情報公開している、という体裁だけをとりつくろっ…
>>続きを読む

北朝鮮や中国を理由にした、防衛省自衛隊の拡大要求を、私たちはしっかりと押さえ込まねばならない、と、思います。 では、北朝鮮や中国との関係が改善したら、自衛隊は縮小するんですか? ということを、常に考えておかねばならないのです。 大きすぎる軍隊は、強い(と国…
>>続きを読む

「独裁」とも言われた安倍首相は、公私混同をしていた、と、思います。 そのことについての謝罪は聞いてないように思いますが、もし、謝罪をしたとしても、 「誤解を受けたととすれば、」 「疑惑をまねいたとすれば、」 「混乱の責任を感じる」 など、正面からの謝罪はない…
>>続きを読む

この日報隠しの問題の根本は、安倍首相ではないか、と、私は感じています。 「戦闘」という言葉が国会で問題になることを避けたい、という政治的な思惑が、日報の公開をためらった判断につながっている、と、思われます。 それは、稲田氏が、国会審議で、つい口走ってしまっ…
>>続きを読む

安倍首相サイドは、官僚機構に大変な「借り」を作ってしまっていますから、安倍首相は、政治主導どころか、これからは、官僚機構側のイエスマンになってしまう可能性すらあります。 森友学園では、財務省に 加計学園では、内閣府の官僚たちに そして、防衛省自衛隊。 もう…
>>続きを読む

このまま、逃げ続けると、本当に稲田氏には、もう、日の当たる場所で活躍することができない状況になる、と、思います。 質疑時間は与党側が20分、野党側が3時間だそうです。 河北新報から 日報隠蔽10日に衆院閉会中審査 与野党合意、稲田氏招致は平行線  与野党は3日…
>>続きを読む

安倍政権が危機的状況にある、ということを、首相自ら認識しているのだ、ということが伝わる内閣改造だと思います。 外務大臣に加藤勝信氏を選ぶことができなかった、ということが象徴的かと思います。 野田聖子氏や河野太郎氏は、私が大変尊敬している政治家です。 このよ…
>>続きを読む

福田康夫氏が、厳しく、安倍政権を批判したそうです。 「国家の破滅が近づく」 大変、厳しい言葉ですが、福田氏が使った「国家」という言葉、何を指しているのかな、とは思います。 「国」「国家」というものが一体なんなのか、ということ。 私は、安倍首相という政治家の…
>>続きを読む

稲田氏には、自衛隊のシビリアンコントロールについて疑念や危機をもたらした責任があります。 そのことをきちんと説明する責任が、当時の防衛大臣として、あることは間違いありません。シビリアンコントロールが問題なかったことをきちんと説明すること、が、求められます…
>>続きを読む

高市氏は、ポスト安倍への名乗りをしないようですね。 もちろん、派閥のリーダーにならなければならない、のですけれど。 今の総務省は、郵政省が合併して発足しているので、通信関係の行政を担っているのは事実なのですが。 総務省は、もとをたどれば、戦前の「内務省」に…
>>続きを読む

組織を揺るがし、そして、シビリアンコントロールの危機を招いた、という責任をどのように感じているのか、きちんと国民に釈明する責任がある、と、思います。 責任者として、国会で、きちんと説明する責任を果たしてもらいたい、と、思います。 そうでなければ、もう、政…
>>続きを読む

今回の防衛省自衛隊の「日報」問題で、日本国民が学んだことは、シビリアンコントロールとはなにか、ということかと思います。 南スーダンの首都ジュバで、「戦闘」が起きたこと、これは、PKO派遣5原則に抵触する事態だった、ということだと思います。 それを隠そうとした…
>>続きを読む

何をもって「国益」というのか、それをどのように評価するのか、という問題があることはわかっています。 でも、安倍首相がその座にいる限り、どんどん、「国益」が毀損していく、ということは間違いない、と、思います。 安倍首相は、ずっと、いろいろな人たちに大きな「…
>>続きを読む

稲田防衛大臣は、辞任したそうです。 しかし、日報の秘匿問題に、関与していない、のであれば、辞任する必要はない、ということになります。 おかしい。 なにか、裏があると思います。 おそらく。 安倍首相自身が、この陸自の日報隠しに関与していた、のではありませんか…
>>続きを読む