島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

2017年06月

いまの自民党の様子や、また、都議選での小池新党の様子をみていて思うのは、やっぱり、せっかく作った二大政党制、民進党を活用しない手はない、と、感じています。 小池新党が、国政に進出して、新たな政党を作ることは、この国と国民にとって、また、時間とコストがかか…
>>続きを読む

日本経済は、常に、カンフル注射を打ちつづけないと、「成長」はできない状況にあるのではないか、と、思います。 でも、カンフル注射は、消費の先食い、国債発行残高の積み上がり、と、副作用の心配が大きくなってきました。 国民の年金資産を使って、株価の維持をおこなっ…
>>続きを読む

検察や警察は、自分たちが作り上げた事件の「筋」に合う証拠だけを、裁判に提出し、「合わない証拠」「都合が悪い証拠」は、隠してしまいます。 それでは、冤罪事件が発生してしまうのは当然のこと。 しかも、裁判の経過で、弁護側からの証拠開示請求に対する検察官の反論…
>>続きを読む

ツイッターで侮辱したそうです。 もう、「ツイッター政治」はやめたらどうでしょうか。社会が混乱するばかりではないでしょうか。 民主主義が正しく行われるためには、有権者である多数の国民がきちんと知らされ、しっかりと判断して、自由に投票する、というプロセスが担保…
>>続きを読む

乗組員が7人も亡くなった、ということで、大変な事故だったと、思います。 しかも、衝突の状況からは、アメリカ海軍のイージス駆逐艦の方に非があるのではないか、と、思われるのですが、日本の海上保安庁の捜査はできないようです。 お亡くなりになった乗組員の方々のご冥…
>>続きを読む

こんな政治家では、沖縄の問題を解決することは到底無理だろう、と、思います。 木原稔議員、もともと、沖縄県に足を踏み入れる資格のない人だと思います。 あの大田海軍司令官の最後の電報を読めば、こんなことを平気で言えるはずはない、と、私は思います。 沖縄タイム…
>>続きを読む

下村氏は、文科大臣のときから、関連業界との不適切なつきあいがある、と、思っていました。 今回、加計学園からの不正な献金があったのではないか、という疑惑を週刊誌が報道しています。 小分けにして、いわゆる迂回献金の形のものか、と、思われます。 では、なぜ、届…
>>続きを読む

安倍首相、安倍政権は、官僚の政治支配をねらって、内閣人事局の機能を活用しています。 人事権をもつことは、官僚機構を支配することにつながります。 これが、民主的な官僚機構支配になるのであれば、まったく問題ない、と思いますが、そのために必要なのは、政治家が誠実…
>>続きを読む

安倍首相との距離感が、衆議院議員の選挙区にも影響を与えているような感じがしています。 鈴鹿市は、旧2区で、旧1区の川崎氏が事務所を構えることはなかった、のですが、川崎氏の事務所が鈴鹿市内に開設されたことを、私も自分の目でみました。 朝日新聞から 川崎氏、…
>>続きを読む

アベノミクスが、画餅であること、とくに三本の矢のうち、第三の矢がまともに飛んでいないこと、が明らかになったと思います。 獣医学部を新設することが、に本経済に大きなプラスになる、とは、思えないのです。 NHKのニュースサイトから 昨年度税収55兆5000億円 7年ぶり…
>>続きを読む

独裁、とも言われた、安倍首相から、政治家たちが離れだしているようです。 竹下亘氏は、先の国会で、安倍首相の代弁者のように、森友学園の籠池理事長の証人喚問を決めたのに、加計学園問題での証人喚問を拒否したり、という動きをしていたのですが、さすがに、今になって…
>>続きを読む

「印象操作のような野党の質問に対して、つい、強い口調で反論してしまう」 という、おわびのようで、相手に責任をおしつけている発言も、自民党支持者からの「印象操作ではない」という批判を受けて、安倍総理は「印象操作」を封印することにしたようです。 それでも、ま…
>>続きを読む

岸田氏、やっと、宏池会のプリンスの存在感を示し始めたようです。 ずっと、安倍政権の外相をつとめ、本来の保守本流の考え方を封印したのか、と、心配していたのですが、ここにきて、石破氏の動きも気にしつつ、本来の政治信条を明確にしだした、と、思われます。 朝日新…
>>続きを読む

もう、だれも、ポスト安倍の一人とは思っていない状況になっている、とは思います。 総理大臣どころか、防衛大臣という重責を担当する資質にもかける政治家であることが露わになった、からです。 産経新聞から 「自衛隊としてお願い」都議選応援で稲田朋美防衛相 野党、…
>>続きを読む

その成田の国際医療福祉大学の医学部新設について、土地の取得などに、特別な便宜が図られたのではないか、という疑惑があるようですけれど、大丈夫でしょうか。 朝日新聞から 「獣医学部とは違う」医学部新設は慎重姿勢 地方創生相  山本幸三地方創生相は27日、国家…
>>続きを読む

獣医学部をめぐり、安倍総理と菅官房長官の官邸側と、石破氏や麻生氏が応援についている獣医師側との戦いの状況になっていいますが、これは、総理続投をめざす安倍首相と、ポスト安倍をねらう石破氏との代理戦争であろう、と、思います。 つまり、民進党は安倍首相からみれば…
>>続きを読む

「共謀罪」法律の成立、施行を前に、このような事案があったことが報道されています。 警察が、組織防衛に入れば、裁判であっても、虚偽の証言をする、ということかと思います。 このような警察組織に、「共謀罪」という法律手段が新たに加わったわけで、大変、心配する事態…
>>続きを読む

安倍首相の狙い通りなのかもしれませんが、首相の改憲発言に対し、各所から批判の声が出ています。 自民党の船田氏もだまっていられないようです。 こういうときにきちんと発言する勇気を、政治家としても高く評価するべき、と、私は思います。 イエスマンばかりであるなら、…
>>続きを読む

民進党の細野氏に立候補を期待する声があった、静岡県知事選挙ですが、現職の川勝氏が勝利したそうです。 元スポーツ選手が政治家に転身することについて、ポピュリズムが強まりますし、また、同時に、政治の広告代理店支配が強まるばかりだと、私は危惧を持っておりますの…
>>続きを読む

安倍首相が一番つらいのは、誰の声、でしょうか。 やはり、経団連会長のことばは重いだろうと思います。 でも、そんな政治ではいけないのです。 朝日新聞から 「高支持率に過信、総理の言葉で説明を」経団連会長  経団連の榊原定征会長は26日の記者会見で、朝日新聞社…
>>続きを読む

中途半端な妥協が、今回の疑惑を招く一因なのだそうです。 疑惑が広がったのは、首相サイドの説明責任がきちんと果たされていないから、ではありませんか。 そして、さらに、獣医学部の新設を認める方向で検討? 国民をバカにするのもいいかげんにしてもらいたい、と、思い…
>>続きを読む

ポスト安倍をめぐり、菅官房長官が石破氏と連携する、という筋はない、ということでよいのでしょうか。 石破氏は、菅官房長官の官僚統率力に不信感を持っている、ということでしょうか。 安倍政権は、官僚機構を手なずけた、と思われていますが、その実態は「面従腹背」の…
>>続きを読む

会わない理由、会えない理由は、総理大臣ですから、いくらでも列挙することができると思いますので、逃げた、という批判に対する反論は用意してあることでしょう。 判断するのは、私たち国民、有権者、ですけどね。 でも、攻められると弱い、というのは、安倍氏の基本にあ…
>>続きを読む

やはり、韓国の新しい大統領は、オバマ大統領のような、革新的な大統領のようです。 さて、安倍首相を担ぐ、日本人は、どう感じるのでしょうか。 隣国同士、互いに引っ越すことはできませんのでね。 河北新報から 文氏「日本の軍備拡大に憂慮」 韓国、歴史でも批判  …
>>続きを読む

今日は、沖縄慰霊の日、です。 沖縄防衛のために派遣された海軍の司令官、大田実氏が、最後に、東京の海軍省次官に送った電報は大変、有名なものですが、改めて、紹介したいと思います。 大田氏が自決する直前の1945年6月6日午後8時16分に発信されたそうです。 Wikipedia…
>>続きを読む

石破氏らしい発言と思います。 ここが岸田氏との違い、になるかもしれません。 私は、今の自衛隊の規模は、すでに違憲状態と思っています。 現状追認のための憲法改正論議は、本末転倒な議論である、と、思っています。 NHKのニュースサイトから 自民 石破氏 憲法9条2項…
>>続きを読む

今回の獣医学部新設の話は、政府としては、街で犬猫病院を開業している獣医を増やしたい、のではなくて、畜産業に関わる獣医師、公的な責務を果たす獣医師、を、増やしたい、ということと説明されているように思います。 でも、今後、日本では、畜産業が拡大する、という…
>>続きを読む

安倍首相のお友達が経営する加計学園の岡山医科大学獣医学部の新設ですが、まだ、文科省の正式認可はおりていません。 この夏以降に、認可するかの審査が行われるのだそうですが、認可されない方向性が出てきたように思います。 今まで、新設が認可される方向で内定され、そ…
>>続きを読む

離党するだけ、では、収拾つかない、と、思います。 とりあえず、都議選で、一敗地に塗れるまで負けることがないと、安倍首相サイドには伝わらない、だろうとは思います。 そして、自民党の河村建夫代議士によれば、男性の代議士なら、あんな議員は、いっぱいいる、のだそう…
>>続きを読む

自衛隊が誇る最新の90式戦車、素晴らしい性能であると私も思っています。 大きな砲を搭載していますが、それでも、重心が高い、横転しやすい車体とは思えないので、現場の地形なども関係したのかもしれません。 お亡くなりになった隊員のご冥福をお祈りいたします。おそらく…
>>続きを読む