島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

2017年05月

いつのまにか、私たちの国は、世界から警戒される存在になってしまったのでしょうか。 NHKのニュースサイトから 「日本ではメディアに政府から圧力」国連特別報告者勧告 国連の人権理事会の特別報告者が、日本での表現の自由についての報告書をまとめ、法律を改正してメ…
>>続きを読む

官房長官である菅氏が、その記者会見で、前川前文科省事務次官を個人攻撃したこと、本当に醜悪な姿だった、と、思います。 その情報をどうやって収集したのか、そして、その情報をどのように「活用」しようとしたのか、きちんと知らしてもらいたい、と、私は思います。 自分…
>>続きを読む

政府が、その正当性を主張するあまり、主張内容が論理破綻を起こしつつある、と、感じています。 山本幸三地方創生相によれば、 日本の獣医学部は、新設を認めなかったことで、質が落ちている のだそうです。 本当ですか? そもそも、加計学園が新設を計画している獣医…
>>続きを読む

金田法務大臣が答弁で述べたそうです。 質問者は、自民党や日本維新の会の議員ですので、法相がそのような答弁をした、ということは、衆院での審議とは異なり、参院では審議をどんどん進めていくことになっている、ということであり、残りの短い期間で、一気に成立へ持ってい…
>>続きを読む

小池都知事が、都民ファーストの会の代表に就任する予定だそうです。 自民党籍が残ったまま、だと、思いますが、そのあたりがわかりにくい、と、感じています。 二階氏の判断なのかなあ、と、思っていますが。 都議会選挙後は、自民党と合同するんではないでしょうね?…
>>続きを読む

辺野古の新基地建設を差し止めするために、期限が切れた、岩礁破壊の許可申請を出し直すよう、沖縄県が求めていますが、国は応じていません。 県は、工事の差し止めを求める裁判を起こす方針だそうです。 NHKのニュースサイトから 辺野古移設 沖縄県 7月にも工事差し止め…
>>続きを読む

きっと、天皇陛下は、民進党の野田幹事長の尽力に勇気を感じているのではないか、と、思います。 しかし、まだまだ、巻き返しがあると思います。 野田幹事長、がんばってください。 読売新聞から 付帯決議「女性宮家検討」明記へ…自民受け入れ  佐藤勉衆院議院運営委…
>>続きを読む

橋下氏の行動が、全く、理由のないもの、とは思えないのですが、その本当の理由はよくわかりません。 とりあえず、日本維新の会には痛手かもしれません。 朝日新聞から 橋下氏、維新の会顧問退任の意向 「公平性保つため」  橋下徹・前大阪市長が、5月末で日本維新の…
>>続きを読む

この辺りの動きは、大変、わかりにくい、と、思います。 小池都知事の自民党籍の問題も同様に思います。 自民党を批判するのであれば、自民党を離党しないとおかしい、と、思うのです。進退伺も、なんだか、よくわかりません。 選挙を意識した、政治的な行動に感じます。 …
>>続きを読む

野田幹事長は、防衛問題についても理解の深い政治家、と思っています。 私は、なし崩し的に、自衛隊の参加範囲が広がっていくことに不安を感じています。 ここはひとつ、しっかりとシビリアンコントロールが必要と思います。 NHKのニュースサイトから 民進 幹事長 PKOへ…
>>続きを読む

トランプ大統領を支持する共和党の候補者、とのことですので、トランプ大統領自身が行ったことではない、のですが。 これも、トランプ大統領の支持率を低下させる要因になるのかもしれません。 河北新報から 米共和党候補が記者に暴行 下院補選に影響も  25日投開票の…
>>続きを読む

これは、民主主義の結果、誕生した新しい大統領への、司法調査機関、情報機関などの官僚機構からの反逆なのでしょうか。 それとも、人種差別や政治の公平性を担保するための必要な捜査、なのでしょうか。 トランプ大統領の政策実行力には黄色信号がともっています。 NHKの…
>>続きを読む

最高裁の判事の構成が、共和党側にシンパシーを感じている保守的な考え方の裁判官が増えたのなら、最高裁で逆転できるのかもしれませんけれども。 混乱が続いています。 朝日新聞から トランプ氏の入国禁止令、連邦控訴裁も執行停止を支持  中東・アフリカ6カ国の国民…
>>続きを読む

安倍首相は、国会審議が大嫌いです。野党の追及が生理的にも嫌いのようです。それが、理詰めで攻めてくる場合にはさらに。そして、その相手の野党議員が女性であれば、さらに嫌悪するようです。 このような価値観、政治信条の政治家が、ずっと、私たちの国の政府の首班を務…
>>続きを読む

警察という組織の政治利用には、嫌悪感を感じています。 前の文部科学事務次官である前川氏が、反安倍の政治的な活動を行うにあたり、警察からの情報と思われる個人的な行動についての情報が、政府によって活用されたように感じています。 警察出身の官僚が独断で行ったこ…
>>続きを読む

安倍首相や昭恵夫人の意向に沿うよう、周囲がお膳立てをする忖度。 官僚機構がそれを行い、行政が歪められたのではないか、と、疑惑が指摘されているわけですが、もっと、広く考えると、中央官庁ではなくて、民間企業ではどうでしょう? 銀行で、融資案件などの基準が不当…
>>続きを読む

オバマ大統領に戻ってもらえないかな、と、願います。 トランプ大統領は、その政治的能力に欠け、求心力が低下しており、そのために、軍の要求を抑制する力が弱い、と、感じます。アメリカ軍のシビリアンコントロールの危機が起きている、と、思っています。 国民から幅広く…
>>続きを読む

「貿易と安全保障は切り離すべき」 という考えは、大変危険な考えと思います。 特に、安全保障政策の専門家とされるアーミテージ氏が、そんなことを述べて、現職の大統領の政策の批判を公言することは大きな問題がある、と、思います。しかも、日本で。 NHKもNHKだと思いま…
>>続きを読む

自衛隊という大きな実力組織が、政治力を持つことに危機感を感じています。 すでに、防衛大臣のシビリアンコントロールは効いていない、と、私は感じています。 災害派遣や国連PKOでの援助活動など、大変ありがたい活動をしているのは確かですが、そもそも、そのようなこ…
>>続きを読む

まったく、恐ろしい性格の政権だと思います。 菅官房長官は、ずっと、強弁や詭弁を重ねていますが、これ以上、続けると、菅氏自身の政治家としての人徳にも影を落とすことになる、と、私は心配します。 攻めは強いが、守りに入るとガタガタですね。 なんでかな。 安倍首相…
>>続きを読む

首相の友人が運営する学校法人に対して、有利になる扱いをするよう、公務員たちに指示したのではないか、というのが、この問題の本質だと思いますが、次第に、そのようなことがあった、ということを証明する証拠や証言が表面化しつつある、と、思います。 森友学園は、小学…
>>続きを読む

先日、辞任した前川氏が、趣味にしていたお店についての情報が報道されていましたが、特に、明確な法律違反をしていたわけではないので、なぜ、そんな情報が流れたのか、と、いぶかしく思っていました。お店の性格上、警察関係の情報ラインから、と、思われます。 証言封じ…
>>続きを読む

アメリカ軍が、即座に行動するだろう。 特殊部隊が、沖縄県庁や警察、それにテレビ局、新聞社、銀行などを強襲し、あっと言う間に制圧して、実権を握るだろうと思います。 民衆がおしかけて、小競り合いが起きることでしょう。 虐殺が起きるかもしれない。 発足する統治機…
>>続きを読む

疑惑を全否定し続けているのですが、大丈夫でしょうか。 森友学園の問題でも、政府の説明は、全否定を重ねていましたが、その説明にほころび目立つようになってきています。 NHKのニュースサイトから 獣医学部新設 方針決定前の打ち合せを否定 内閣府など 国家戦略特区で…
>>続きを読む

安倍首相が、安保法制によって、改憲の必要性がなくなった、と、感想をもらしたことが言われています。 ならば、やっぱり、あの安保法制は、今の憲法に違反する内容であることを示している、と、思います。 と、同時に、安倍首相の憲法改正の意欲は、日本人の独立心とか、…
>>続きを読む

独裁とも批判される安倍内閣の「暴走」を後ろ盾しているのは、まぎれもなく公明党である、と、思います。 今の日本の政治状況が、混迷している理由の一つに、公明党の無節操さがある、と、私は思います。 公明党は、都議会選挙では、自民党不利、とみて、小池都知事に擦り…
>>続きを読む

これは、国連の「内政干渉」なのか、それとも。 よい世界を実現すること、そのために必要なこと、について、しっかりと議論を続けていく必要がある、と、思います。 政府は、もっと、国会で、この法律案について、しっかりと説明をしていくべき、と、思います。 東京新聞…
>>続きを読む

このような制度を認めるわけにはいきません。 改革を旗印に、自分たちの都合のいいように制度を作ろうとしていることが見え見え。 これは、私立大学の経営を国が支援するしくみであり、本来の自由経済のしくみに反するものだと思います。全てを国立大学化する、ということ…
>>続きを読む

慰安婦の日韓合意について、国連の拷問禁止委員会が、その見直しを勧告していたそうです。 知りませんでした。 というか、日本のマスコミ、ジャーナリズムは、このことを報道していなかったのではないですか。 知らされていない国民による民主主義は、大変危険な結果をもた…
>>続きを読む