島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

2017年01月

官僚機構を、いかに使いこなすか、が、政治家の大切な役割と思います。 政治と行政の力関係を明確にすべきことだと思うのです。 もう、日本社会は、骨格では成熟しており、アメリカのように、高級官僚のほとんどが入れ替わる、というような制度がよいのかもしれない、とも…
>>続きを読む

沖縄問題の解決には、アメリカの理解と協力が不可欠なわけで、沖縄県の翁長知事が、訪米して、アメリカの政府高官などとパイプを作るのは大切なことと、私は思います。 たぶん、日本政府は、それに協力しないどころか、その邪魔をしているのではないか、と、想像しています…
>>続きを読む

今、政権交代期のため、アメリカ政府は混乱が続いています。 現在の司法長官代理は、オバマ大統領のときに起用された方だそうで、トランプ大統領が司法長官に指名したセッションズ上院議員が連邦議会で承認されるまで、が、任期だそうです。 トランプ大統領が、その政権人…
>>続きを読む

安倍首相は、日米同盟のことを語るときには、以下のフレーズをよく使います。 「自由と民主主義を守る普遍的価値観を共有する」 ならば、トランプ大統領の失政には、しっかりと意見をいうことが、盟友としての責務ではないか、と、私は思います。 言うべきときにきちんと意…
>>続きを読む

共謀罪についての政府答弁の修正が行われるようです。 民進党の有力な議員の成果だと思います。 26日の衆院予算員会での山尾志桜里氏と、30日の参院予算委員会での福山哲郎氏による、的確で厳しい政府説明の矛盾追及に、政府側がこのままでは審議ができない、と、危機感を持…
>>続きを読む

特区では、家政婦のほか、農業分野でも、外国人の受け入れを拡大するそうです。 日本社会の貧富の差の拡大を感じさせるニュースとも思います。 ただ、人種差別にならなければ、と、願っています。 いっそのこと、難民や移民を本格的に受け入れていくのはどうでしょうか。 …
>>続きを読む

1月26日の衆院予算委員会での、民進党の山尾志桜里氏の衆院予算委員会での質疑、聞き応えがありました。 山尾氏は、共謀罪についての質問を舌鋒鋭く、政府へ行いました。 実は、まだ、法案は国会へ出てませんので、安倍首相側も逃げようとし、議論がどうも空論になりそうに…
>>続きを読む

本日、参院の予算委委員会での議論をきいいて感じたのですが、政府は、日銀の黒田総裁の再任は考えていない、ように思いました。 今の黒田東彦総裁は、2013年4月からの任期途中ですが、日銀総裁の任期は、原則5年間ですので、任期の終わりは2018年3月になるのかな、と、思い…
>>続きを読む

トランプ大統領により、オバマ前大統領の「善政」が、どんどん改悪されていきます。 残念なことです。 イランが、アメリカの挑発に乗らずに、知恵を働かせてもらえたら、と、願っていますが、報復合戦になっていくとしたら、もう、残念としか言いようがありません。 キュ…
>>続きを読む

激しい銃撃戦で、米兵1名死亡のほか、救出に向かったヘリが着陸にも失敗し、と、まるで、映画「ブラックホークダウン」のような。 *その後の報道で、着陸に失敗したのは、ヘリコプターではなくて、オスプレイだそうです。 しかも、敵の襲撃があって、着陸に失敗したのでは…
>>続きを読む

残業の法律上の上限規定が、このような甘い数字では、規制になりませんし、働き方改革にはなりません。 しかも、労働組合は、骨抜き状態。 この問題で問われているのは、財界寄りの安倍政権ではなくて、連合、です。 労働者が、統治機構になめられている、としか思えませ…
>>続きを読む

私は、日本の天皇制の問題は、皇族の人権問題の面がある、と、感じています。 今の私たちの社会の人権感覚にそぐわない部分が多いこともありますが、そもそも、天皇陛下には日本国民に認められている人権があるのか、ということが根本にある、と、思います。 石破氏、がんば…
>>続きを読む

東芝の件では、政治の影は見えにくいですが、原子力発電に深く関わっている企業ですし、原発の輸出は今の安倍政権の政策の一つでもあり、この会社が政治と無関係、ということは絶対にない、と、思いますけれど。 歴代社長の逮捕が行われていないところに、政治の影があるの…
>>続きを読む

暴力によって政治的な利益を得る、というやり方は絶対に認められるものではありません。 しかし。 ミャンマーが民主化した、といっても、今の与党が、その反対勢力を過度に政治的に抑圧しているのであれば、攻守が入れ替わっただけで、本当の民主化とはいえない、と、私は…
>>続きを読む

メキシコとの国境の壁の建設費は、メキシコからの輸入品への関税をあてる、と、トランプ大統領は考えをのべたそうです。 メキシコに進出している日本企業にとっては、とんでもない、ということでしょう。 もちろん、NAFTAという、正式な国際協定が結ばれていますから、アメリ…
>>続きを読む

TPPからの永久離脱を決定したトランプ政権と、2国間での経済交渉をする、ということになれば、TPPで連携した、環太平洋の他の諸国が日本を見る目に疑心暗鬼が生まれる、という心配があります。 もちろん、アメリカの大統領が交代し、TPP自体、その発足が不可能な状態になっ…
>>続きを読む

「関西電力は翌日、報道各社に対し、5トンの重りで固定することで、42メートルの瞬間風速まで耐えられると評価した」と説明しているそうですが、これが、まったくの虚偽、偽りの可能性が出ています。 重り5トンで瞬間風速42メートル、というデータに根拠はない、と、私は信…
>>続きを読む

安倍政権が、未曾有の大規模な赤字予算を組み続けている理由がわかってきました。 経済指標、特に、物価指数がよくない、のです。 それで、予算を増大する、というカンフル注射を打ち続けている、ということですね。 アベノミクスの「第一の矢」大規模な財政出動、ばかり…
>>続きを読む

さすが、法政。 関西大学も同様の決定をした、と、記憶しています。 こういうことを言いだすことの重さ、大変さ、を、考えますと、その勇気に敬意を表したいと思います。 今の日本学術会議(Science Council of Japan)の会長は、東京大学工学部の大西 隆氏と思いますが、…
>>続きを読む

かなり思い切った発言と思います。 「専守防衛」ですから、敵地攻撃能力の保持はありえません。憲法違反です。 歴史上、多くの戦争が、「国家防衛」を理由に行われてきたことも、私たちは忘れてはなりません。 あの真珠湾攻撃すら、防衛的な理由で行われた、のです。 また…
>>続きを読む

イギリスの大英博物館やフランスのルーブル美術館にも、エジプトなどの中東諸国などから、当時、略奪してきたものが展示されていますが、それらについて、返還を要求する意見があります。 それらとは違い、今回の場合、そもそも、倭寇が略奪したかどうか、を、具体的に、明…
>>続きを読む

大統領が変わると、社会まで変わるぐらいの変化が起きるのがすごいと思います。 公正な選挙の結果のことだから、それでよいとするのか、普遍的な価値観は変わらずに尊重すべき、とも、私は思うのですが。 NHKのニュースサイトから トランプ大統領 テロ容疑者への水責め尋…
>>続きを読む

18歳から成人、というのは、高齢化社会となった私たちの国にとって、必要な改革なのでしょうか。 いまだによくわかりません。 アルコールやタバコの売り上げをあげるため、ではないか、と、かんぐっています。 なので、法案の提出見送りは、考える時間がもらえるのであり…
>>続きを読む

安倍政権の政策は、反対しなければならないものや、違和感を感じるものがほとんどなのですが、これは、私としては、賛成に思う政策ですけれど、地方創生担当大臣の下に有識者会議の設置、ですから、まだまだ、実現するのは先のこと、と、感じます。 文科省は抵抗しているの…
>>続きを読む

どんどん、ネガティブな情報が明らかになってきています。 官僚機構により、長年、隠蔽されてきたものが明るみに出ているのだろうと思いますが、この責任、どこに持っていけばいいんでしょうかね。 朝日新聞から 豊洲移転で年100億円赤字 市場の収支、東京都が試算  東…
>>続きを読む

社会保障費は、超高齢化社会のため、自然に増加してしまいます。ここを過度に抑制すると、医療や介護の現場が荒れます。小泉首相のころがそうでした。 安倍内閣のものとでは、防衛費が特別に増大していますし、また、国交省や農林省関係の予算も増えています。建設国債も発…
>>続きを読む

もちろん、口利きをしたことはよくないことです。 それは、間違いありませんので、安慶田氏が副知事を辞職したことは当然と思います。 でも、同じようなことは、日本中で、自民党の議員もやっていませんかね。 沖縄の自民党の動きをみれば、今回の件をもとに、政府と自民…
>>続きを読む

私たちの政府が、その権力を使って、なにをしているのか、私たちはしっかりと知る必要があります。 日本国民が、このことをアメリカの新聞報道から知るというのはどうなんでしょうか。 日本のマスコミ、ジャーナリストは、なにをしているのでしょう。権力にすりより、責務を…
>>続きを読む

まず、手始めが、日韓のようです。 日韓がぎくしゃくすると、困るのはアメリカ、なので。 ただし、韓国のほうは、大統領が死に体状態で、統治機構としての力は弱まっているのですが。 新しいアメリカの国防長官が、韓国で、誰に会うのか、ということも大切な情報になる、と…
>>続きを読む