島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

2016年10月

日本にとっては、大統領が誰になるか、ということも重要なのですが、国務長官にだれがなるか、も、大変重要なニュースです。 新しい大統領が決まれば、そのつぎは、その組閣人事が重要になります。 早めにニュースになる、ということは、本命ではない、のかもしれませんが…
>>続きを読む

たぶん、日本の野党第1党の党首が訪中しても、習国家主席とは会えない、と、思います。 それだけ、台湾というのは、中国にとって、最重要の課題である、ということでしょう。 NHKのニュースサイトから 台湾の野党党首 訪中し国家主席と会談へ 台湾で、独立志向が強いとさ…
>>続きを読む

野党第1党の党首が参議院議員であることは、やはり適切ではない、と思います。 代表を衆議院議員から選べばよかった、または、蓮舫氏が衆議院議員になってから、代表選に出るべきだった、とは思いますが、まあ、しかたないのかな。 公明党に遠慮している、というところが…
>>続きを読む

今回の韓国の政変は、中国べったりの政策を続けていた韓国朴大統領に対する、アメリカ側の制裁である、と、思っています。 同様のことが、日本でも起きました。 田中角栄のロッキード事件、それに、小沢一郎氏の陸山会事件、です。 つぎは、フィリピンですか。 状況からし…
>>続きを読む

処分をきちんとできない組織は、そのガバナンスが崩壊していることを示しています。 そもそも、自民党の推薦候補がいるにもかかわらず都知事選挙に立候補した小池氏を処分できなかったことから問題が起きている、と思いますけれど。 区議7人は、その人数も印象的であること…
>>続きを読む

本当の独立国家であるためには、外国の軍隊が駐留している現状を変える必要があると思います。 そうでなければ、国連の安全保障理事会の常任理事国にはなれない、とも感じます。 そのために必要な、国内の政治的努力も含めた、アメリカとの交渉のコストは莫大で、ロシアとの…
>>続きを読む

小池氏がもともとアナウンサーだったという経歴から、その政治手腕について疑問を持つ人もいますが、小池都知事は、かなりの政治家である、ということがよくわかります。 次第にいろいろとわかってきました。 平成23年(2011年)8月の会議。 石原氏が4期目の都知事になっ…
>>続きを読む

その手がありましたね。 国会会期延長。 安倍政権は、アメリカが求める政策は、何が何でも実現する、という姿勢があらわだと思います。 それが、「日本を取り戻す」ことにつながるのかどうか、そこのところは、私はまだ理解できていません。 衆院通過をあせる与党側が、30…
>>続きを読む

韓国には、民主主義がまだまだ根津ていないのか、という感をあらためてしているのと、それとともに、韓国において本来の民主主義が根付くことを妨害してきたものは何か、ということも考えています。 祖国が分断されて、北朝鮮という専制的な体制国家と隣接していること アメ…
>>続きを読む

急に、衆議院の解散風の火消しが始まりましたが、なぜかな。 やっぱり、自民党の総裁任期延長が決まったから、でしょうか。 もともと、今の国会は、TPPの国会承認があり、さらに、南スーダンのPKO部隊に新任務追加、もやるなら、選挙は苦戦する、と、思われますから、おか…
>>続きを読む

安倍政権になってから、政治の場において、味方と敵を明確に峻別することが行われるようになったように思います。 特に、米軍基地を抱える沖縄や、原子力発電所が立地している地域で、このような光景がよくみられるようになった、と、感じています。 朝日新聞から 沖縄県…
>>続きを読む

今回の自民党を二分した衆院福岡6区補選での旗色を鮮明にすることができなかった、ということかと思います。 しかし、福岡県の小川知事は、県民党である、とのことで現在二期目ですが、もともと、自民党福岡県連の一部が推し、前任の麻生知事が後継として指名した、という経…
>>続きを読む

原型炉のもんじゅの失敗から、実証炉へのステップは困難、つまり、高速増殖炉の開発自体が不可能、となるのが、普通の考えではありませんか。 なぜ、そのような結論になるのか、飲み込めません。 もんじゅは、あくまでも、高速増殖炉の実用化に向けた技術を開発するための…
>>続きを読む

「唯一の戦争被爆国」というフレーズを安倍首相は述べることがありますが、そのとき、なんだか、プライドのようなものを感じることが多いです。 でも、果たしてそうかしら。 で、その「唯一の戦争被爆国」というタイトルに恥ずかしい外交行動をした、というように私は思い…
>>続きを読む

前原氏が、すぐにでも総理大臣を務めることができるぐらいに、知識と経験、それに、判断力と行動力を備えている、と、私は思っています。 いまのまやかしの政治を、誠実で信頼できる政治にかえてもらえたら、と、願っています。 NHKのニュースサイトから 民進 アベノミク…
>>続きを読む

三笠宮さまのご冥福をお祈りしております。 皇族の減少が、社会や経済に大きな不安や影響を与える事態は避けたいと思いますし、そもそも、天皇をはじめ、皇族の方々にも、きちんと、日本国民が持っている基本的人権を保証してあげたい、と、思うのです。 こんな、非人道的な…
>>続きを読む

安倍首相が、以前に、「日本を取り戻す」と言っていたのは、なにから取り戻すつもりだったのでしょう。 私は、その保守的な政治信条、価値観から、対米従属から取り戻す、ということだと勝手に想像していました。 第二次安倍政権になって、その主要な政策をみていますと、従…
>>続きを読む

千葉県浦安市は、ディズニーランドがある街として有名ですが、以前から、世間の話題になる施策をしており、興味を持っていました。 その市長は、いま、5期目だそうです。 来年4月に予定されている千葉県知事選挙に出馬することを検討している、との報道がありました。 読…
>>続きを読む

若狭議員の言動の後ろには、小池知事がいるのは間違いないと思います。 小池知事は、豊洲新市場問題で、都の幹部を処分しましたので、これで、都庁の官僚機構の主導権を石原氏から奪い取ることに成功した、と、思います。 そして、次にとりかかっているのが、自民党東京都連…
>>続きを読む

韓国という国のことを考えるときに、つねに北朝鮮の存在を念頭に入れておかねばなりませんし、また、地理的にも歴史的にも、中国と日本に挟まれて、翻弄されてきた、ということがあります。 韓国には本当の意味で民主主義があるのか、ということが疑問ですが、同様に、私た…
>>続きを読む

民進党の新しい代表になった蓮舫氏が直面している問題がこのことかもしれません。 連合が、労働者や市民が求めている責務を果たそうとしているのか、ということが問われているのだと思います。 連合が、その存在意義を忘れ、財界や与党のコントロールを受けている状態にあ…
>>続きを読む

安倍首相にとっては、まずは、いまの衆院をいつ解散するか、そして、その総選挙に勝利できるか、が、基準ともなり、やはり、来年3月の自民党大会までに、衆院の解散総選挙がある、と、予想されます。 朝日新聞から 自民総裁「3期9年」 高村副総裁が判断示す  自民党総…
>>続きを読む

違法で、危険な反捕鯨活動をしているシーシェパードの主張に与するつもりはありませんが、しかし、私たち日本人は、もう、商業捕鯨を中止してもいいのではないか、と、思っています。 伝統的な沿岸捕鯨だけ、小規模に継続する、という形であれば、国際社会の容認が得られる…
>>続きを読む

浅学で、インド国内の共産党毛沢東主義派が、いまも中国政府の支援を受けているのかどうか、正確には知らないのですが、いまもつながっている、と感じます。 「敵の敵は味方」ですから。 インドと中国が、互いに競り合う関係で、その状況がさらに強まっている、ということは…
>>続きを読む

政府の側は、これも、中国の影響下にある団体の発言、と、いうのでしょうか。 中国の人権抑制政策や非民主的な政治を批判する資格が日本政府にあるのか、という問題になる、と、私は思います。 もちろん、日本国民の人権が、自分たちの政府によって脅かされている、という…
>>続きを読む

安倍自民党が、説明責任を果たさずに、政策を強行する場合の多くが、アメリカの影がある政策である、という感じがしています。 つまり、アメリカの方を向いて、アメリカのために政治を行っているので、国民の側を見る必要がない、という状況に陥るのだろうと思います。 衆院…
>>続きを読む

絶大な権力を掌握し、長らく東京都政を牛耳ってきた石原院政の終焉が近づいてきています。 きちんと説明責任を果たす必要があります。 でなければ、司法による強制捜査しかなくなります。 朝日新聞から 石原元知事に再度協力要請へ 豊洲めぐる聞き取り調査  東京都の…
>>続きを読む

参院選と衆院選は、意味合いが異なることを国民もよくわかっていますので、機械的にあてはめるのは乱暴とは思います。 衆院選は、政権選択、与党が入れ替わる可能性がある選挙なので、国民の選択も慎重になる、という傾向があるからです。 自民党には、伝統的に、圧倒的に選…
>>続きを読む

民進党で社会保障制度の専門家、といえば、長妻氏、というイメージがあります。 前原氏の国会での質疑の様子をみておりますと、稲田防衛大臣など霞んでしまうぐらいの存在感がありました。すばらしい政治家と思っています。 前原氏に社会保障制度の専門家というイメージが…
>>続きを読む

本当にアベノミクスや安倍政治が信任されたのか、と、いえば、それは微妙だと思います。 福岡6区は、鳩山邦夫氏の死去に伴う「弔合戦」に、候補者をめぐっての福岡県連と自民党本部との公認 問題があり、結局、地元の福岡県連が推す候補が、故鳩山邦夫氏の息子に負けた、と…
>>続きを読む