島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

2016年09月

蓮舫氏の民進党のもとで、枝野氏がどんな役割を果たすのか、に興味を持っておりましたが、憲法調査会長の方向だそうです。 今後の議論を楽しみにしています。 河北新報から 憲法調査会長に枝野前幹事長 民進、改憲慎重対応  民進党の蓮舫代表は、憲法改正に関する論議…
>>続きを読む

稲田氏は、首相の座を目指していることを公言されている政治家です。 そして、安倍首相は、今回、防衛大臣に任命しました。 私は、稲田氏の政治信条、価値観は、首相はもとより、防衛大臣にはあり得ない、と、思っております。 そして、本日の衆院予算委員会の審議を聞いて…
>>続きを読む

今日から、衆院予算委員会が始まりましたが、大変、聞き応えがある内容で、興味深いものでした。 民進党の細野豪志氏の憲法や生前退位に関する質問、江田憲司氏によるアベノミクスや日本経済と財政についての質問は、問題の本質に鋭く迫り、安倍総理大臣や麻生財務大臣の答弁…
>>続きを読む

もし、東京五輪の開催のために、この法律が必要なら、順序は逆であり、東京五輪の開催は返上すべき、と、さえ、私は思います。 この国の刑事司法のあり方は、諸外国と違いますので、警察権力を強める法律を新設することには、慎重さが必要なのです。 つまり、多くの外国で…
>>続きを読む

2020年の東京五輪後の反動による経済冷却を危惧する声があり、その「起爆剤」の候補として、2025年の「大阪万博」の構想がある、と、菅官房長官が述べたそうです。 ひどいものです。 政治の私物化、ここに極まれり、という感がします。 この発想も、広告代理店の匂いがプン…
>>続きを読む

菅野 完氏が、膨大な調査と研究、そして、インタビューをもとに書かれた労作です。 そして、とても、興味深いことが満載の本でした。 ぜひ、一読されることをおすすめします。 しかし、私たちの国や社会の民主主義、というものが、こんなに、はかないもの、だったのか、と…
>>続きを読む

辞職が早すぎる感じがするので、この発言は根も葉もないでっちあげ、ではなく、政府自民党側の選択肢として想定内のこと、という印象を強く持ちます。 つまり、言ってはいけないことを、うっかり言ってしまった、ということにすぎないのか、と。 朝日新聞から TPP「強行採…
>>続きを読む

写真は、福島第一で、伊方原発ではありません。 松山地裁、広島地裁に続いて、大分地裁にも運転差し止めを求める裁判が提訴されたそうです。 読売新聞から 愛媛の伊方原発停止を…対岸の大分県民らが提訴  四国電力伊方原子力発電所(愛媛県伊方町)について、大分県内…
>>続きを読む

北朝鮮問題が、中国の問題ともリンクしてしまうことがこういうことからもわかります。 ただ、経済取引などの問題について、外国企業が外国で行ったことを、自国の法律で処罰できるのか、という大きな疑問はあります。 朝日新聞から 米国が北朝鮮めぐり中国企業訴追、中国…
>>続きを読む

写真は、福島第一で、柏崎刈羽とは関係ありません。 民進党から次期衆院選に立候補する予定だったが、離党し、無所属で、今回の知事選挙に立候補したそうです。 「泉田路線を継承し、新しいエネルギー産業で地域経済を活性化させたい」 と、訴えているそうです。 読売新聞…
>>続きを読む

オランダとウクライナなど5カ国で構成された合同捜査チームが特定したそうです。 ロシアは反発しています。 これで、国際情勢が、反ロシアの流れができてくると、プーチン大統領との蜜月をアピールしている安倍首相は、中国の南シナ海での活動を「力による現状変更に反対」…
>>続きを読む

この災害の多い、狭い国土で、原子力発電を安心、安全に運用することは困難、と、私は思っています。 当サイトの関連記事 2016/09/23 福島第一の地下水面のレベルが、地表面を超える コントロール不能では http://politic.blog.jp/archives/1061236078.html 2016/09/21 …
>>続きを読む

新潟県の泉田知事は、注目している政治家の一人だったのですが、立候補できない状態に追い込まれたようで、残念です。 すべてが終わったら、立候補を断念した理由を明らかにしてもらえるでしょうか? それとも、墓場まで持っていくような話、なのでしょうか。 投票日は10月…
>>続きを読む

久しぶりに、OPECという言葉をしっかりと耳にした、と、思います。 これで、日本のデフレも緩和するでしょうか。 読売新聞から OPEC、減産決定…大きなサプライズに  サウジアラビアやイランなど14か国が加盟する石油輸出国機構(OPEC)は28日、アルジェリアの首都アル…
>>続きを読む

自民党内で非主流派を自認する石破氏も、あのグロテスクな自民党憲法草案に疑問を呈しました。 私は、何度も読み直してみましたが、あの憲法草案は、世界の政治、人権の確立の歴史を否定する、というか、そういう知性を無視した、大変ひどい内容だと思います。 民主主義が行…
>>続きを読む

安倍首相サイドで、アメリカの議会演説での拍手を真似てのことを企画したのだろうと思います。 実際に映像を見てみると、さっと立ち上がった議員が多数あり、それを受けて、そろそろと立ち上がった議員があり、大きく2つに分けられるのです。 事前に、首相と近い議員グルー…
>>続きを読む

若狭氏が、離党するぞと、明言したようです。 東京10区の補選は10月23日投開票の予定ですが、区議への離党勧告は、10月末が期限だったと思います。それまでに離党しないなら、除名、という通知があったようです。 この微妙な日付の差、なんだかなあ。 絶対に、自主的に離党…
>>続きを読む

あれ、二階氏、どうしたのでしょうか。 昨日の国会の代表質問でも、ヤジに対して暴言を発していましたが、大事な外交の場面でも、勇み足発言をしてしまいました。 もちろん、中国側からの誘い球に、思わず手を出し空振りしてしまった、という感じですが。 二階氏が、安倍総…
>>続きを読む

東京都庁とその関連団体には、石原都政の申し子のような、イエスマンたちがたくさんばらまかれているのだろうと感じます。また、それらの官僚や元官僚たちと密接につながった都議会議員と、関連業者たち。 お手盛りで、どんどん予算を積み上げ、放漫財政の宴を繰り広げてきた…
>>続きを読む

圧倒的に検察官の力が強い日本の刑事司法制度のもとで、また、警察権力の拡大が政治的にも影響を与えるおそれがある中で、人権侵害の捜査手法が拡充されることに不安を感じます。 これによって、世の中が安全になる、という安心感よりも、統治機構側の権力がより強くなり、…
>>続きを読む

自衛隊の政治力が高まっていることに、危惧を覚えています。というより、今では、不安そのもの。 それに関わっているのが、またまた、広告代理店。 先日の、アメリカのフォートワース工場で、日本の航空自衛隊向けF35Aの1号機のロールアウト式が行われていましたが、そのシ…
>>続きを読む

やはり、間違いなく、フィリピンの大統領は、嫌米のようです。 アメリカの支配を排除し、影響力から脱出しようとしています。 同様の状況にある私たち日本人は、今後、このフィリピンの政治情勢がどのような経過をたどるか、しっかりと見ておかねばならない、と、思います…
>>続きを読む

今日は、第一回のテレビ討論の日だそうですね。 ニューヨークタイムスは、もともと、リベラル系なので、民主党系の候補を支持するのは当然なのですが、トランプ氏が、現代アメリカ史上最悪の候補者だと酷評しているそうです。 原文:We will explain in a subsequent editor…
>>続きを読む

馬場伸幸氏は、違う意味で、その言動に注目している政治家ですが、初めて賛同できる言葉を発してくれた、という気がします。 安倍総理が、民主主義や立憲主義、という、現代政治の基本をきちんと理解しているのか、大いに疑問を持っているのですが、今回のエピソードもそれ…
>>続きを読む

このように、新聞などのマスコミが、反中国キャンペーンを開始するのは、どこかの政治勢力の利益と合致するから、だろうと、思っています。 私たちの日本でも同様のことが行われているのではないか、と、いつも監視しています。 オーストラリアは、前の政権が反中国で、安倍…
>>続きを読む

必ず、開催にこぎつけてもらいたい、と、思います。 そのために、日本政府はしっかりと汗をかかなければなりません。 12月なら、アメリカの新しい大統領も決まっている、というタイミングと思いますので、東アジアの有力3国がしっかりと連携している、という構図は、とても…
>>続きを読む

二階氏の判断でしょうか。 そうだとすれば、二階氏らしい裁定とも思います。 政治とは、こういうことでしょうか。 「勝てば官軍」 ですかね。 小池都知事、若狭衆院議員の処分問題の処理と同じ考え方、と、感じます。 ところで、蔵内氏に自民党公認という「錦の御旗」がな…
>>続きを読む

人間としての天皇陛下のお気持ちを考えれば、当然あるべき議論だと思います。 議論すらしない、というのは、天皇陛下には基本的人権がない、とはいえ、厳しいなあ、と、思います。 天皇も人間であることは間違いないので。 そもそも、ずっと以前には、女性天皇も何代もあっ…
>>続きを読む

安倍首相は、保守政治家として、日本を取り戻す、とのスローガンを掲げ、皇室を大切にする政治をしたい、と、主張してきた、と思います。 しかし、天皇陛下のご意向を知りながら、そのことをいままで放置し、その結果、天皇陛下自らお考えを述べる、という行動を起こしてい…
>>続きを読む

流れがよければ、衆議院を解散し、そうでなくても、解散カードをチラつかせながら、国会運営や自民党内の引き締め、が、できる、ということでしょうか。 首相の解散権についても、もっと、抑制的に運用すべき、そもそも、首相の自由意志による衆院解散は、違憲ではないか、と…
>>続きを読む