島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

2016年08月

アメリカにとって、中国は、その価値観や経済的利益を巡って、対立する関係になっています。アメリカには、中国以外には、ロシアや中東のテロ組織が、敵対関係の存在のように思います。 また、中国もロシアも、国連の安全保障理事会の常任理事国のメンバーですね。 その中国…
>>続きを読む

注目している政治家の一人、山尾志桜里氏ですが、今は、民進党の政調会長に抜擢されています。 蓮舫氏ではなく、前原氏の支持と述べたそうです。 私は、山尾氏が活躍するには、蓮舫氏がかぶるかなあ、と、思っていましたので、当然の流れ、なのでしょうか。 でも、山尾氏の…
>>続きを読む

防衛大臣となった稲田氏から目が離せない感じなのですが、南スーダンを来月にも訪問する予定で調整を始めたそうです。 日本国内も、たくさんの災害が起きていて、自衛隊も忙しいと思います。 南スーダンからはいったん撤退、ということが望ましい、と、私は願っています。 …
>>続きを読む

スターリンを真似ているだけかもしれませんが、いずれにしろ、このような社会体制は長続きするはずもありません。 もうすぐ、北朝鮮の統治機構は崩壊すると思われますが、それまでにどのぐらいの命が失われ、また、統治機構の崩壊による国の混乱で、どのようなことが起きるか…
>>続きを読む

日本訪問は、プーチン大統領にとっても国内の政治的リスクを持ってのことと思います。つまり、プーチン大統領は、訪日を歓迎しない国内の政治勢力の反対を押し切って、日本を訪問することを決めた、ということですが、そのためには、以下のようなことを説明して日本にやって…
>>続きを読む

いわゆる組織力、を背景にする候補者たちに選挙で勝利した小池都知事ですが、その支持者には、いわゆる無党派、とされる有権者が多いわけですが、このように、この力はとても凄いのですが、また、フワフワとしてつかみどころがないところも気持ちが悪いもの、と、思います。 …
>>続きを読む

朝鮮半島の人々の文化、感情の背景には「恨」がある、「恨の文化」という表現もある、と、聞いたことがあります。 今回、ソウル市内に建設された元慰安婦を追悼する公園は、例えば、広島にある原爆資料館、ポーランドのアウシュビッツの遺構、パールハーバーのアリゾナ記念…
>>続きを読む

アメリカの新聞の第一面に、日本のニュースが載ることはめったにありません。 中国に関するニュースは結構掲載されています。 福島第一原発の凍土壁計画について、懐疑的なトーンで書かれています。 津波による電源喪失で停電し事故を起こした原発に、電気が必要な凍土壁で…
>>続きを読む

民進党の代表選挙、立候補者の統合が行われ、興味深い構図になってきた、と、思います。 長島昭久氏は、最後まで、独自の立候補を模索していたようですが、立候補を断念したそうです。 無念だろうと思いますが、前原氏を支援することで、今回の代表選が民進党の今後をしっか…
>>続きを読む

これは、この国や社会の形を大きく変え、家庭の中も変えることにつながる変革になるかと予想します。 自民党内だけでなく、国会でもしっかりと議論をして、できる限り波及問題の少ない形で改革が進むことを希望します。 読売新聞から 配偶者控除、見直しへ…年末の大綱に…
>>続きを読む

沖縄県民の民意は何度も明確に示されています。民主的にきちんと手続きをふんだ選挙の結果により。 しかし、沖縄県警という組織が、沖縄県民の民意に背く警察行動を行うことができる、というところに猛烈な違和感を感じてます。 すでに、国家による、各自治体警察権力の統合…
>>続きを読む

ロシアは、不法に占拠している北方領土を返還するつもりなはい、と思います。 そのための国内の準備を全くしていないどころか、逆に、返還反対派の活動が盛んになっているようにさえ思います。 オバマ大統領は、対ロシアで共同していくことを日本にも求めているのに、その意…
>>続きを読む

もともと、少子化の影響で、教職員の数は、今後10年間で、4万5400人もの自然減となる見通しだそうです。 それを、質の向上をめざし、教職員の自然減を緩和する政策を文科省が考えているようです。 官僚機構の法則、でもありますが。 現場の先生方の負担が軽減し、子供たち…
>>続きを読む

昔の55年体制のときのように、自民党内での疑似政権交代が行われることになるのでしょうか。 石破氏、がんばっておられます。応援しています。 やはり、ここは、なぜ、次は石破氏なのか、自分なのか、を、建設的にアピールすることが大切かと思います。 読売新聞から 石…
>>続きを読む

牧野聖修氏は、元議員で、第45回衆議院議員総選挙で静岡1区から当選していますが、その後は、自民党の上川陽子氏に負け続けています。 次回の選挙から、静岡で弁護士をされている青山雅幸氏に譲る話になっていたところ、東京9区の福村隆氏が国替えの落下傘候補が決定され、…
>>続きを読む

アベノミクスが想定通りに成果をあげていないことを実証する数字の一つと思いますが、大切な年金資産ですから、大切に運用してもらえたら、と願っています。 株式での運用を50%に比率をあげたのですが、それが裏目にでることもあるわけで。 かといって、では、以前のように…
>>続きを読む

非難決議ではなくて、非難声明ではありますが、中国も同意して、国連安全保障理事会が声明の発表にこぎつけました。 読売新聞から 北ミサイル発射、安保理が非難声明…中国も同意  国連安全保障理事会は26日、北朝鮮が発射した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を含む一連…
>>続きを読む

東京から2000km離れた、九州ぐらいの広い海域の、しかも、深さ5500メートルの深海に広がっているという。 資源化するとしても、どうやって、収集するのか、という問題があります。 現状では、コストは釣り合わないようですが、将来的には、解決策が出てくる可能性があるでし…
>>続きを読む

本格的な交戦状態に進展せず、よかった、と、思います。 最初に敵対行為をしたのは、どっち、ということは、もちろん、大切なのですが、いずれにしても、現場の部隊は、互いのメンツもあり、相手を非難し、責任を押し付け、自分たちの正当性を強調する、というのが常だと思…
>>続きを読む

韓国の財閥ロッテグループのスキャンダルについては、興味をもって追いかけていましたが、グループの副会長が、捜査当局の事情聴取の前に、自殺を図ったようです。 NHKのニュースサイトから ロッテグループの副会長が死亡 自殺か 韓国の大手財閥、ロッテグループの裏金作…
>>続きを読む

人権を侵害するおそれがあり、また、恣意的な権力の濫用も危惧されるので、絶対に反対です。 東京オリンピックが理由なら、市民の権利とオリンピックとどっちが大切か、ということになりますから、この法律がないと開催できないのであれば、オリンピックは返上すべき、と…
>>続きを読む

自治体警察が、すでに、国家警察となっているように思います。 今回、警察が排除した新聞記者は、沖縄の地元の新聞社の、琉球新報と沖縄タイムスで、以前自民党の政治家の勉強会で、この2つの新聞社を潰さねばならない、と、意見があったことでも注目されたことがあります。…
>>続きを読む

二階氏には注目をしています。 なかなか、自民党の政治家たちは、自分たちの意見を自由に述べることができない空気があるように思います。 こういう空気が、私は、今の安倍首相は「裸の王様」の状態にあるのではないか、と心配している理由でもあります。 幹事長という立場…
>>続きを読む

私は、このニュースに韓国の司法当局の裏に、アメリカの意図を感じます。 最近、急に、朴大統領が、その中国寄りの政策を変更し、アメリカ寄りになったこと の理由を求めるのです。 あと、韓国の大統領は、歴代、その座をおりたあと、司直の手にかかることがあるのですが…
>>続きを読む

地裁レベルの判決のようですが、戦時中の軍需工場における労働と被曝に対する損害賠償を、三菱重工に命じたそうです。 今後の経緯をみておきたいと思います。 河北新報から <韓国>三菱重工に賠償命令 戦時動員14人  太平洋戦争中に朝鮮半島から動員され、三菱重工業…
>>続きを読む

小泉進次郎氏も注目をしている政治家の一人ですが、ポスト安倍、には、早すぎる、という感じがありますので、次の次、というぐらいでしょうか。 早く、順番を回せ、という意味合いではなく、父親譲りとも言われる、政治家としての天性の勘が、この意見を言わせたのだろう、と…
>>続きを読む

さあて、この問題、どうなっていくのでしょうか。 韓国の反日団体には、中国からの支援が入っているのではないか、と、勝手に想像しているのですが、どうでしょうか。 同様に、アメリカで反日活動を展開している韓国系団体にも、中国側の支援があるのではないか、と、想像し…
>>続きを読む

首脳同士のパイプが強固ではない日中関係ですから、複数のラインでその修復をめざす、というのは間違いではないとは思いますが。 ちょうど、東京で、日中韓の3ヶ国外相会談や日中外相会談が行われていたタイミングで、北京では、国家安全保障局長の谷内局長が、楊国務委員と…
>>続きを読む

新潟県の泉田知事は、なかなか、筋の通った人物、と、感じています。 東京電力が頭をさげたようです。 新潟県の知事選挙が近いうちにあるそうですが、今後の政治情勢もしっかりとみておかねばなりません。 でも、東京電力が謝るべき相手は、新潟県だけではないはずです。 …
>>続きを読む