島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

2016年06月

日本でも、信頼できないが8割を超えていたそうです。 でも、アメリカ人以外は、投票権がないから。 そして、このアンケート結果を気にするような人は、もともと、トランプ氏を支持していない、とも思います。 ふー。 河北新報から <米大統領選>「トランプ不信」世界…
>>続きを読む

中国を牽制するのが目的、とはいうものの、日本政府に対する圧力にもなります。 もっと、中国政府や中国軍に、厳しくあたれ と。 外国の軍隊が駐留し続けていて、しかも、増強される、ということを、喜んでいたらいけない、と、私は思います。 河北新報から 米揚陸艦隊…
>>続きを読む

悪いのは北朝鮮です。 それは、間違いありません。 しかし。 拉致問題を政治利用し、その解決を強く約束して、政治権力を握ったのは、誰でしょうか。 産経新聞から 「人ごと」「本当に全力だったか」…拉致被害者家族から漏れる嘆き  「大事な問題なのになぜ(拉致問…
>>続きを読む

自民党の中には、小池アレルギー、がかなりあるように感じます。 森元首相もそうらしいですが、安倍首相や菅官房長官もそのように感じられます。 そんな中、都知事選への立候補を表明した小池氏ですが、立候補表明の記者会見の様子をみていて、これは、広告代理店が絡んで…
>>続きを読む

私は、今の自衛隊は規模が大きすぎ、すでに、その能力は「専守防衛」の枠を超えていると思っていますし、また、その政治力にも脅威を持っています。もちろん、「人を殺す予算」とは思っていませんが、自衛隊を侮辱する発言だ、とも思いません。 私たちは、自衛隊のような実…
>>続きを読む

都知事選が、短距離走の選挙になってしまうので、広告代理店の支配が続きそうです。 もっと、長い時間をかけて、じっくりと候補者を選んでいくことが求められていると思います。 私は、桜井氏が立候補を決断したら、蓮舫氏が出馬する、と、予想しています。 後出しジャンケ…
>>続きを読む

在日米軍側の数字にも、なんらかの根拠があるのだろうと思いますが、その積算根拠が明らかになっていないので、よくわかりません。 しかし、沖縄に在日米軍駐留の過大な負担を強いていることには間違いはない、と、思います。 NHKのニュースサイトから 在日米軍の記載に…
>>続きを読む

ISILは、かなり追い込まれてきているようですが、そうなればなるほど、紛争地から離れた安全なはずの街で、このようなテロ事件が発生するリスクが高まる、と、思います。 世界の悩める大きな問題、ということになると思います。 また、今の社会経済の構造に不満を持つ若者た…
>>続きを読む

平和の党を自認している公明党が、ずっと、自民党と一緒にやっていけることを不思議に思っています。 自民党側も多くは、もともと、公明党やその支持団体である創価学会と、その価値観などで、距離感を感じている議員が多いと思うのですが。 自民党が野党時代に作成した、憲…
>>続きを読む

8人の判事のうち5人が支持、とのことです。 最高裁の判事が交代したことがあって、このケースの判断に影響を及ぼすだろう、と、言われていましたが、その通りになったようです。 大統領候補のトランプ氏は、中絶した女性には罰を与えよ、と主張していますので、今後の動き…
>>続きを読む

民主主義という手段がきちんと適切な結果を出すために必要なことは、有権者がきちんと知らされ、主体的に判断できる、という状況が必要です。 今回の、英国の国民投票は、その悪い例、として地球の裏側からは見えます。 ひるがえって、私たちの社会ではどうでしょうか。 国…
>>続きを読む

すでに、国からの提訴は解決に向けての手段として、検討はしてきたと思いますので、これは、沖縄県に対する揺さぶり、のニュースだろう、と、想像しています。 私たちの政府は、沖縄に冷淡だと感じています。 その政府を信任しているのは、私たち有権者です。 朝日新聞か…
>>続きを読む

まったくよくわからないので、すいません。 ダボス会議は、夏にも開催されていて、それは、ダボス以外の街で開催されることになっている、ということでよいのでしょうか。 中国天津市で「夏季ダボス会議」が開催されているそうです。 河北新報から 中国首相、国際協調求…
>>続きを読む

先日の沖縄慰霊の日に、安倍首相は沖縄入りしていましたが、現場を訪れる、などのことは一切しなかったようです。 菅官房長官が現場を訪れたことはよかったと思いますが、明らかに遅すぎると私は思います。 つまり、選挙対策、ということでしかない、という感が拭えません。…
>>続きを読む

社民党の吉川元氏の意見は、至極真っ当の考えと思います。 こういうことを大切にしていきたいと思います。 朝日新聞から 「解釈を自在に変更、近代国家でなくなる」社民・吉川氏 ■吉川元・社民党政策審議会長  2年前の7月1日に行政府の長(安倍晋三首相)が、本来自分…
>>続きを読む

早速、台湾の新政権の試金石です。 さあ、どうやって、乗り越えますか。 しかし、国連の安全保障理事会の常任理事国である中国、こんな外交を繰り返していれば、世界からいつまでも尊敬されない、と、思います。 あ、外交問題ではなく、国内問題? NHKのニュースサイトか…
>>続きを読む

多数の人々から集めたお金。 その所有権が不明確で、使途の責任も不明確。 大盤振る舞い 無駄な使途 につながりやすいのです。 政治家は、また、その支援者たちは、お金をつかいたがります。 そのための理由をいつも探しています。 英国がEUから離脱する、ということで…
>>続きを読む

退任を前に、オバマ大統領は、様々な「善政」を行っているように感じます。 このように、国を二分するテーマについて、思い切った決断をできるのも、アメリカの大統領が2期しか勤められない、という憲法の規定があるから、とも思います。3期目があったら、いつまでも決断で…
>>続きを読む

世耕官房副長官が明確に否定をしています。 バイデン副大統領は、「その気になれば、日本は、一晩で核兵器を開発できる」と、述べたそうですが、世耕副長官の言葉は「核兵器を保有することはない」という表現なので、ちょっと、微妙な違いを感じてしまうのですが。 そして、…
>>続きを読む

安倍首相は、沖縄県との認識の違いを、どうやって乗り越えるつもりなのでしょうか。 司法は、逃げ腰、及び腰ですし、このような案件は、政治的に決着するしかない、と、思うのですが。 沖縄県にあるアメリカ海兵隊の基地は、沖縄がアメリカの統治下にあったときに、日本国…
>>続きを読む

バングラデシュは、国際政治の場で、なかなかの発言権を持っている国のように思っています。 国連の安全保障理事会の非常任理事国のアジア枠に立候補する姿勢を見せていたのを、日本が取り下げさせて、非常任理事国の席を得た、ということもありました。そのために、バングラ…
>>続きを読む

沖縄の怒りは大きく、根深いものです。 安倍首相は、そこを軽く見ている、と、私は思いますし、また、沖縄県民と和解するつもりはなく、あきらめている、とも感じています。 ということは、「捨て石」? また? 現職の参議院議員で、かつ、沖縄担当大臣でもある島尻氏が苦戦…
>>続きを読む

資金提供先の意見には反論しにくくなるのが人情ですよね。 「金は出すが、口は出さない」というようなスポンサーがあれば最高ですが、そんな甘い社会ではありません。 国立大学の運営を支援する国の予算が、毎年削減されていることもあり、全国の国立大学は新たな資金提供先…
>>続きを読む

日本学術会議も、福島第一原発事故を検証しているそうです。 どのような内容になるか、その結果をしっかりとみておきたいと思います。 NHKのニュースサイトから 「慢心と想像力の欠如」 日本学術会議が原発事故を批判 東京電力福島第一原子力発電所の事故を検証してきた…
>>続きを読む

もともと、EUは、ヨーロッパ中部諸国の経済的なつながりから始まったもので、フランスとドイツが共通の利益があるとの判断で、その中心的役割を果たしてきました。 イギリスは、通貨ユーロに統一せず、ポンドを残しているように、少し、距離感を持っていたのも事実です。 …
>>続きを読む

東京都知事選挙では、オリンピック誘致での裏金問題は選挙での争点になるのでしょうか。 小池百合子氏が立候補する場合、やはり、自民党の公認候補としての立場が必要と思います。 安倍首相との関係は微妙と感じますが、うまく、調整できますでしょうか。 電通が後ろで調整…
>>続きを読む

各社が電話での投票行動調査の結果を発表しています。 私は、「アベ政治」は、安倍総理一人で行っているのではない、それを支持する国民がいるから、と、思っていますので、それを裏付ける結果と思います。 国民の意思、なのでしょうか。 憲法9条も風前の灯かもしれません…
>>続きを読む

今日、6月23日は、沖縄戦の慰霊の日、です。 沖縄で、旧日本軍による組織的な抵抗が終わった日だそうで、これから、日本がポツダム宣言受諾を国民と世界に表明したのが8月15日という、昭和20年の流れです。 NHKの生中継をみていましたが、「ヤジ」の音声は放送されていなか…
>>続きを読む

私は、57議席よりも、現有議席65より減らしたら、その責任がある、とは思いますけれど。 よほど、今回の選挙は自信がないようです。 なぜ、それが難しい目標になってしまったのか、その原因に、安倍首相自身が行ってきた政治の責任がある、と、思います。 経済政策と安保法…
>>続きを読む

私の好きなアメリカの俳優に、クリント・イーストウッドさんがいます。たくさんの映画の主演、そして、映画監督もしていますが、一番好きな映画は「グラン・トリノ」です。 この映画をみれば、アメリカという国の成立から今にいたる経緯、国内の状況がわかります。 移民ブロ…
>>続きを読む