島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

2015年11月

日本政府が、2015年度中に、南極海での調査捕鯨を再開すると、発表しましたが、それに対して、シー・シェパードが妨害行為をする、と、表明したそうです。 この団体には、国際的な資金源があるはずなのですが、そのあたりは、日本政府もしっかりと把握できているだろうと思…
>>続きを読む

衆参ダブル選挙は、過去に2回、行われていて、いずれも、与党側が勝利をおさめているそうです。 谷垣幹事長の発言は、野党に対するおどしの効果があるのだろうと思いますが、本気かどうかは、まだ、わかりません。 現在、維新の党が、党首選を行っていますから、それに対す…
>>続きを読む

アメリカの最大の社会問題ではないか、と思います。銃規制。 アメリカでは、州によって、かなり、銃の管理については、違いがあります。 ほぼ自由に購入できる州も残っていますが、護身用として、常時保持することも厳しく制限している地域もあります。 銃規制、今度の大統…
>>続きを読む

有権者である私たちは、無罪判決を下した裁判官を批判するのではなく、有罪に足る立証に失敗した検察官を批判すべきだと思います。 東京高等裁判所の大島隆明裁判官は、いままでに、いくつかの裁判で、検察側の立証内容を客観的に判断し、良心に従って判決をくだす裁判官と…
>>続きを読む

来年夏の参院選が、今後の政治の最大の区切り、目標になるようです。 大阪と神奈川は、次回から議席数は4に増える選挙区で、攻めることが可能な選挙区と思いますが、公明党や維新への配慮があるのかもしれません。 大阪の知事選挙と市長選挙を受けて、おおさか維新に完敗し…
>>続きを読む

わが国でも、自衛隊という実力組織が、政治的にも大きな意思を持つようになってきましたが、一般的に、軍という組織は、警察と並んで、統治機構において、大きな権力集団として政治力を発揮します。官僚機構や市民社会がきちんと成立していない、発展途上国においては、軍と…
>>続きを読む

日本政府の首相が、「確固たる決意」を表明したそうですが、その決意の相手は、一体、誰になるのでしょう。 そして、その「確固たる決意」を表明した相手は、アメリカ海兵隊のトップだという。 この国の首相が、どこを向いて政治をしているのか、よくわかる瞬間だと思いま…
>>続きを読む

安倍首相の指導力、求心力に陰りが出始めているのかもしれません。 そもそも、自民党の税制調査会は、自民党の重鎮達、財務省とつながりが深い議員が多いこともありますが、会長のポストを宮沢氏に強引に交代させた経緯もあり、余計に、執行部に反対するような意見が出やすい…
>>続きを読む

日本の首相にはなったことがないし、もちろん、今後もなれませんが(笑)、たぶん、その椅子に座った途端に、アメリカ政府の意向というものを汲み取りながら行政を行うことを求められるのだろう、と、想像しています。 そうしなければ、あっという間に、スキャンダルまみれ、…
>>続きを読む

民主党は、安保法を廃止する法案を国会に提出する、とのことで、旗印がしっかりしてよかった、と、思います。 しかし、この法律を廃止する法案は、アメリカに反対する法案ということになり、アメリカが全力で反対キャンペーンを張りそうです。国民世論は、そちらに誘導され…
>>続きを読む

おおさか維新は、大阪を「副首都」に位置付ける法案を取りまとめて、来年の参院選を戦う方針だそうです。 中央集権、東京一極集中には、私も反対の気持ちを持っています。 そして、関西地方の大阪、京都、奈良、神戸などのユニークで魅力的な街が栄えることを夢見ています…
>>続きを読む

燃えながら墜落していく航空機の映像が世界中に配信されています。 ロシアの威信は傷つきました。 また、捜索救援活動に入ったロシアのヘリコプターが、シリア反政府軍の攻撃を受けて、不時着したそうです。こちらは、政府軍のエリアに落ちたそうですので、乗員が殺害される…
>>続きを読む

自分の国の軍隊(自衛隊は軍隊ではないと法的には位置付けられていますが)を、他国の指揮下に置く、というようなことを決定する国がどこにあるでしょうか。 憲法違反であることは当然ですが、もっと根深い、国の主権に関する基本的な問題だと思います。 両国の制服組同士…
>>続きを読む

内閣法制局のトップは、官僚機構のトップとも言われるポストで、以前、その公邸が作られた時に、総理官邸より豪華だと批判されたことがあるぐらい、官僚機構の中では重要とされている職種です。 結局、この新しい公邸は、競争入札にかけられ、三菱地所が落札したそうです。 …
>>続きを読む

テロ対策には、警察か、防衛省か、それとも外務省か。 各省庁の綱引きが始まっているようです。 いろいろな部署ができると、それぞれの所掌分担、責任範囲、が不明確になりがち、です。 官僚機構というのは、そういう性質をもっている、と、イギリスのパーキンソンという人…
>>続きを読む

権力同士を競い合わせ、牽制させることが、権力の民主的なコントロールになる、とも感じています。 なので、こうやって、警察が自衛隊を牽制することは、よいことだと思います。 最近、自衛隊の政治力、社会への影響力が大きくなりすぎている、と、私は感じています。 今回…
>>続きを読む

代執行訴訟について、第一回の口頭弁論が12月2日に開催されるそうですが、翁長知事が出廷して意見を述べることになりそうです。 注目すべき裁判となります。 また、福岡高裁那覇支部の新しい裁判長が、どのような訴訟指揮を行うか、それをみれば、裁判官が何を目指しいるか…
>>続きを読む

ロシアは、中国へSu35戦闘機を24機輸出することを決定したそうです。 東アジアにおける軍拡競争に、ロシアも利益を得たい、ということもあるのでしょうか。 気にせず、ほっておけばよい、とは思いますが、日本国内でもいろいろな反応があるだろう、と、想像しています。 …
>>続きを読む

最愛の奥様を、今回のテロで亡くなったジャーナリストの方が素晴らしい文章を書かれているそうです。 この方が受けた、悲しみの深さ、大きな苦しみ、に思いをはせながら、文章を読みました。 感動して、涙が。 テロに負けてはいけません。 でも、その方法を誤ってはいけま…
>>続きを読む

表現の自由についての、国連の現地調査について、日本政府が延期を申し入れたそうです。 私たちの国の政府は、いつから、こんなに卑怯で姑息になったのでしょう。 残念でしかたがありません。 河北新報から 国連の表現の自由調査、突然延期 日本政府が要請  表現の自…
>>続きを読む

名誉毀損としての民事裁判ではなく、統治機構の刑事組織が、刑事責任を問う、ということが危険なことだと思うのです。 ソウルの検察庁は、このように説明しているそうです。 「秩序の維持などのためには言論の自由や学問の自由は制限される」 「元慰安婦たちの名誉を侵害し…
>>続きを読む

11月18日は、辺野古新基地建設反対の座り込みを始めてから500日目の節目、だったそうで、1000人を超える反対市民が集まって抗議を行ったそうです。 国会議員や県議会議員、県内各地の市町村議会議員も参加したそうです。 この日は、工事関係車両の出入りもなく、機動隊に…
>>続きを読む

今からでも遅くはないのです。工事の中止を判断すべき、です。 河野洋平氏のおっしゃる通りだと、私も思っています。 去年の沖縄知事選挙で、翁長知事が当選した時点で、日本政府は、辺野古の新基地建設を中止すべきでした。 中止した上で、アメリカ政府やアメリカ軍と話し…
>>続きを読む

脅しに屈する必要はありません。 しかし、私も、安倍首相は、諸外国の首脳に会うたびに、中国の行動を批判する悪口を、いい触れ回っているように感じています。 それが、日本の国益にかなうならいいですが、そうとは思えません。 いろいろな国際会議で、日本の主張が通らない…
>>続きを読む

オバマ大統領は、トルコでのG20のあと、APECに出席するために、フィリピンを訪問しているそうです。まず、フィリピン海軍のフリゲート艦を訪問しています。 フィリピン海軍は、このグレゴリオ・デル・ピラール級フリゲート艦を2隻、保有しているようです。フィリピン海軍、…
>>続きを読む

テロには反対の気持ちを持っています。 平和に暮らす市民の生活の中に、突然、カラシニコフ自動小銃や爆弾を持ち込み、多くを殺傷させることは、許されないことと思っています。 シリアへの空爆が、それと同じ次元のものだと言うと、誤解されるかと思いますが、あの戦争中に…
>>続きを読む

この国の憲法がきちんと守られているのか、骨抜きになっているのではないか、と、心配していますが、それが、今回、露わになったかもしれません。 現在、安倍政権は、国会よりもずっと優位な立場におり、国権の最高機関と位置付けられている国会の行政府に対する監視機構の…
>>続きを読む

民主党内だけでなく、自民党内にも、政治路線対立はあると思います。 簡単に言えば、「大きな政府」と「小さな政府」、このどちらをめざすのか、という政治目標、価値観が、互いの政党内で混線しているのです。 この問題を、できるだけ、スムーズに解消していきたい、と、願…
>>続きを読む

もともとわかっていましたが、安倍首相は、卑怯で弱虫な人格を持っている、ことが、改めてわかりました。 弱小野党の攻撃すらまともに受けられないくせに、地球儀の上で、中国と渡り合っているつもりでいる、「裸の王様」です。世界中を回って、諸外国で、中国の悪口を言い…
>>続きを読む

アメリカ海軍は、イージス駆逐艦「ステザム」を上海に派遣し、中国海軍との親善や合同演習を行う予定だそうです。 アメリカという国が、何を考えているのか、を、私たちはしっかりと知っておかねばなりません。 産経新聞から 米イージス駆逐艦が上海軍港に到着、南シナ派…
>>続きを読む