島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

2015年05月

大怪我をされたようです。 流れがややこしいのですが、イランの大臣と会うために、スイスに滞在していて、その前に、サイクリングを楽しみながら、フランス国内に入り、そこで、事故に遭った、ということのようです。 アメリカの国務長官の重責を負うことができないと判断…
>>続きを読む

シンガポールという国は、第二次大戦後に英国の植民地であったマレーシアが独立するときに、同じように宗主国であった英国が分離独立させて成立させた都市国家ですが、その背景には、中国華僑の影響があったと言われ、シンガポールの国父と言われるリー・クアンユーは中国系…
>>続きを読む

それでも、「under control」なんですよね? 東京電力の原発事故処理でトラブルがあると、政治問題になるので、しっかりと東京電力を監視、指導して、必要な支援や手立てをしっかりと行っていくことが、行政府に求められていると思います。 他人事のようにしていると、とん…
>>続きを読む

日本経済のアキレス腱が痛み出したかもしれません。 日銀の金融緩和政策も続けざるを得ない感じですね。 大丈夫かなあ。 NHKのニュースサイトから 大手銀行の住宅ローン金利 来月から引き上げ 長期金利がいくぶん上昇したことから、大手銀行の10年固定型の住宅ローンの…
>>続きを読む

本日、鹿児島県の口永良部島の新岳が噴火をしましたが、昨年夏から、噴火の前兆のような現象がとらえられており、いつ、噴火があっても不思議はない、ということで、観測体制も強化されていました。 しかし、本日午前10時ごろの噴火を事前に予測することはできなかった、と…
>>続きを読む

ちょうど、口永良部島の火山噴火もありましたので、タイミング的にも仕方ないかもしれません。 実は、気になっていることがありまして、今回の安保法制の審議ですが、集団的自衛権に関する憲法の解釈変更、解釈改憲とも言われていますが、この国の形を決める、とても大切な…
>>続きを読む

一強多弱と呼ばれる政治状況ですが、その自民党内の自由な言論、政治活動が見えず、党内の民主主義が機能不全を起こしていることもあり、多弱の側が連携する動きが明確になってきました。 これも、大阪都構想が頓挫し、橋下大阪市長が政界を引退することが背景にあります。 …
>>続きを読む

人格攻撃のようになってしまうのは本意ではありませんが、一国の首相の座におられる方です。 批判されることは仕方ない、と、お考えください。 安倍首相は、首相の「器」にない 前々から、思っていましたが、連日の国会審議をみて、やはり、そのことを確認する毎日です。 …
>>続きを読む

連日の衆議院安保法制特別委員会での質疑、非常に聞きごたえがあります。 日本国民は、皆、この模様をしっかりと聞いて、胸に刻み込まねばならない、と、思います。 特に、共産党の志位和夫委員長です。 安倍首相をまんまと罠にはめた「ポツダム宣言質問」の党首討論から始…
>>続きを読む

中国の台頭をアメリカの制服組は好ましく思わないとして、政治的な発言が多かったのですが、国防長官も同じ立脚点にたった演説を行ったようです。 文民統制も、好戦的な文民がその責任者につけば、本来の目的と異なる状況になるリスクがあります。 9月に、中国の習主席がア…
>>続きを読む

日本国憲法は、国会を国権の最高機関である、と、規定しています。 今回、国会に提出されている安保法制の法案の一部に、 国際平和支援法案は、迅速な派遣手続きを行うため「首相が国会の承認を求めた後(もしくは先議の議院から議案送付があった後)国会の休会中の期間を…
>>続きを読む

いわゆる「制服組」が、どんな行動をしているか、きちんと国民に知らせることが、シビリアンコントロールにとって、重要なことです。 日本の自衛隊のトップが、いつ、どこで、どんな人と会っているか、特に、アメリカ軍との付き合いについては、きちんと知らせる義務があると…
>>続きを読む

FIFAの幹部を、収賄の容疑で逮捕起訴したアメリカ司法当局の動きには驚きました。 しかも、数日後には、会長選挙が行われるタイミングだそうです。 もともと、お金に綺麗な組織ではないだろうと思っています。 同様の組織には、まず、IOC国際オリンピック委員会がすぐに頭に…
>>続きを読む

アメリカ軍のPTSDや自殺者の問題も大きいようで、映画「アメリカン・スナイパー」にも描かれていました。ベトナム戦争あたりから、社会問題化しているように思います。 安保法制の国会審議をしっかりとみておかねばなりません。 朝日新聞から 派遣自衛隊員の自殺者はイラ…
>>続きを読む

焦点となっていた、フランスがロシアからの注文で建造中だった、強襲揚陸艦の引き渡しを凍結している問題で、受け取りを、ロシアの軍需産業の当局者が断念したことを明らかにしたそうです。 背景にはいろいろあって、結果、今は、こうなっている、ということですが。 私が…
>>続きを読む

石原慎太郎知事時代の悪政を、舛添要一知事が一掃しているようです。 これほど有用な舛添さんを、国政から追い出したことを残念に思っています。 石原前知事の肝いりで始まった、この東京都による銀行経営、結局、なにが目的だったのか、どんな問題が起きたのか、しっかりと…
>>続きを読む

今日から、安保法制に関する国会での審議が始まりましたが、法案を提出した政府側の説明は、かなり苦しく、今後の状況は少し厳しい感じがします。 国会内で、野党は少数ですが、安保法制に懐疑的な世論の後押しがあることが、状況を変えているのだろうと思います。 法案を…
>>続きを読む

地裁の判決なので、東京都側は控訴する可能性がありますが、まずは、すっきりした判決が出て、よかったと思います。 石原慎太郎氏が都知事の間に、この判決が出ていたら、と、思ってしまいました。 NHKのニュースサイトから 君が代斉唱 “不起立で再雇用しないのは違法”…
>>続きを読む

党首討論で安倍首相が明言し、また、中谷防衛大臣も国会答弁で何度も繰り返しているようです。 今回の安保法制で、自衛隊の役割が変わるが、これにより、自衛隊員の任務の危険性が増す、ということはない 安倍首相は、党首討論では、 自衛隊の後方支援では、危険なところを…
>>続きを読む

私たち日本人は、自らの責任をきちんと問うことができない社会なのでしょうか。 東京電力や規制を担当していた管理担当の役所や委員などに、その責任をきちんと問うことが大切と思います。 あの戦争の責任を日本人同士で決着させていないように。 東京新聞から 「想定外…
>>続きを読む

ウクライナ訪問を決めたようです。 プーチン大統領にも事前に伝えたのかどうか。このあたりの機微は、現時点では、よくわかりませんが、今後の経過をみれば、見えてくると思います。 プーチン大統領としては、安倍首相に、ウクライナ訪問を認めることはないと思いますが、安…
>>続きを読む

出口とは、結局、最終的には「強行採決」となることなのでしょうか。 維新の党の新たな代表、松野氏は、今国会での成立に慎重なようですから、与党の強行採決の多数決には、公明党の協力が不可欠。 しかし、このような重要な法案を無理矢理に成立させることは、かなりの政治…
>>続きを読む

ヘイトスピーチに関しては、分水嶺を超えた、ように感じています。 民族に関して、極端な主張をすることが、社会的に受け入れられる余地が狭まってきていると思うのです。 言論の自由とヘイトスピーチの関係を整理しておくことが必要であることと、処罰するかどうか、また、…
>>続きを読む

急に、アメリカ発で、中国の海上脅威論が沸き起こっています。 確かに、中国が南シナ海などで行っている行為は、単なる示威行為を超えた、領土領海の支配権の永続的な拡張を意図した行動であり、看過できないものなのですが、そのことは、すでに、数年前からわかっていたこと…
>>続きを読む

自民党の谷垣幹事長ほど、今の安倍首相の政治信条、価値観とは異なる政治家はいないはずです。 ぜひ、存在感を明確に示してもらいたい、と、願っています。 産経新聞から 安保法制で自民・谷垣氏「自衛隊員のリスクはある」   自民党の谷垣禎一幹事長は22日の記者会見…
>>続きを読む

先日の、CNNの記者を同乗させての、米軍機による、南シナ海の岩礁への接近行為は、かなりの挑発行為で、民間人も犠牲になるかもしれないリスクのある行為だったと思います。 報道されていないけれども、すでに、何度か、そういうトラブルが起きていたのだろうと、予想します…
>>続きを読む

ウクライナ、クリミアの問題で、ロシア包囲網を作りたい欧米諸国と、北方領土や天然ガスなどの資源に関してロシアと関係を持ちたい日本で、微妙な駆け引きが行われているようです。 さあ、独自外交を展開できるでしょうか、安倍政権は。 朝日新聞から 米、プーチン氏訪日…
>>続きを読む

マララさんの活躍にエールを送りたいと思います。 しっかりと英語で書かれた本を読み、そして、きちんと英語で自分の考えを述べることができるようになること、が、12年間の無償教育の最低限の目標になるのかな、と、私は、マララさんをみながら、感じています。 私たち、日…
>>続きを読む