島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

2015年04月

安倍首相の議会演説の内容について、アメリカの外交当事者たちにとっては、期待に届かない内容であったようです。 バイデン副大統領に続いて、ケネディ大使からも、「補足説明」がありました。 安倍首相は、「侵略」「謝罪」を口にしたくないのでしょうが、安倍首相の政治的…
>>続きを読む

訪米中の安倍首相、アメリカ議会での演説を無事にこなされたと思います。 絶対に「謝罪」の単語を口に出さない決意で臨まれたのだろうと思います。その固い信念には、敬服します。 安倍首相の演説について、今後、いろいろな波紋があるかもしれませんが、それについての責任…
>>続きを読む

貴重な人材、かけがえのない人材の消費、ということでもあります。 国が、統治機構が傾くことでしょう。 こんなことでは、誰も、幹部になろうとは思わなくなります。少なくとも、責任の自覚のある、優れた管理職としての人材はいなくなり、イエスマンばかりになることでしょ…
>>続きを読む

安倍首相は、ロシアとの距離をとることに舵取りしたようです。 ということは、「北方領土」の解決をあきらめた、ということになるのでしょう。 ロシア戦勝70周年記念式典への出席とりやめ ウクライナへの巨額支援 など、今回のアメリカ訪問で、その外交方針を明確にしたと…
>>続きを読む

アメリカを訪問中の安倍首相は、ワシントンのホロコースト博物館を訪れ、日本の外交官、故杉浦千畝氏により、命を助けられたユダヤの方に会ったそうです。 安倍首相は、日本のシンドラー、とも言われている、外交官のことを賞賛されたようです。 私は、自分の経済的利益を追…
>>続きを読む

イギリスのタイムス紙が、日本の民主党の岡田代表のインタビュー記事を掲載したそうです。 イギリスは、歴史的に、中国と密接な利害関係を構築してきているので、そのようなことも背景にある、とみておくべきかとは思います。 産経新聞から 英紙タイムズ 民主党岡田代表…
>>続きを読む

安倍首相は、ナチスドイツの蛮行を記録した博物館への訪問は熱心に行っているように思います。 これは、アメリカ合衆国や世界の政治経済に強い影響を与えているユダヤ系の方々へのアピールだと思いますが、少し、割り切れない思いを持ちます。 安倍首相は、欧米のジャーナリ…
>>続きを読む

日本の外務省が、各国の外交官を使って、安倍首相や安倍政権の批判を弱めようと戦略的に行動しています。 ニューヨークタイムスの記事については、当サイトでも扱いました。 安倍首相と会談することが、オバマ大統領にとってリスクに http://politic.blog.jp/archives/1024…
>>続きを読む

訪米中の安倍首相は、ワシントンでオバマ大統領の案内で、リンカーン記念館を訪問したそうです。 そのときは、記者の質問などには答えなかったそうです。 ワシントンポスト紙が、安倍首相の訪米を記事にしていました。 Japan’s wartime past still a volatile issue as p…
>>続きを読む

訪米中の安倍首相は、ハーバード大学で講演をしたそうです。 慰安婦問題については、講演後の質疑応答で質問を受けての回答で述べたそうです。 人身売買の犠牲になっての慰安婦 これは、間違いではありません。 しかし、そうやって業者が集めた慰安婦の仕事場の設置を、旧…
>>続きを読む

東京地検特捜部の捜査は続いているようです。 おそらく、統一地方選挙が終わるのを待っていた(待たされていた)ということでしょうか。 選挙の投票と開票が終わった翌日から、特捜部の捜査についての報道が始まりました。 産経新聞から 小渕優子前経産相から事情聴取 政…
>>続きを読む

政治的にかなり窮地に追い込まれていると思っていましたが、体調も悪化したそうです。 日本の首相の座も大変な重責で、自分などには到底務まらないし、もしなったら、絶対に、長生きできない仕事だと思っていますが、もちろん、誰もなってくれとは言わないが(笑)。 韓国の…
>>続きを読む

また、未成年がからんだ残虐な事件があったようです。 今度は、千葉県で。 今回の殺人事件、実行犯は成人男性のようですが、背後には指示をした未成年の少女がいるようです。 被害者は、その少女の高校の同級生。 構図は、広島の殺人事件に似ているように感じます。 広島県…
>>続きを読む

英国の新聞は、ときに、中国や韓国の立場や主張を代弁することがあるように感じています。 ガーディアン紙が、安倍首相の訪米に関して、慰安婦のことを記事にしていました。 the guardian紙から Wartime sex slave urges Japanese PM to apologise during US trip http://w…
>>続きを読む

安倍首相は、村山談話の「国策を誤り」「植民地支配と侵略」というフレーズを自ら口にすることを避けていると思います。 英語では、 「mistaken national policy」「its colonial rule and aggression」という表現となります。 「全体として引き継ぐ」という表現から、もっ…
>>続きを読む

今年は、1945年から70年ということで、世界各地で戦勝記念の式典が盛大に行われるようです。 ドイツが連合国に対して降伏したのは、5月8日とされています。 降伏文書調印は5月7日ですが、その文書にある停戦の発効日が5月8日でした。しかし、その後、5月8日の深夜(正確には…
>>続きを読む

安倍内閣の、山谷えり子大臣と有村治子大臣が、内閣の率先を切って、春の例大祭を催している靖国神社を参拝したそうです。 安倍内閣は、女性の大臣の数が多いことも特徴なのですが、そして、女性閣僚の方が、より強烈な国家観をお持ちの方々のように感じます。 まるで、安…
>>続きを読む

インドネシアの国際会議での安倍首相の演説内容に大変な注目が集まっていました。 そんな中での演説、大変だったろうと思います。 お疲れ様でした。 発言の内容そのものについて、私は異論はありません。 でも、安倍首相は、もっと、自分が語りたいこと、語りたくないこと…
>>続きを読む

安倍内閣の戦略、戦術が誤っていた、のだろうと思います。 沖縄の現状は、民主主義の正常な機能の発現であることは間違いないので、それを否定しようとすることは、自らの立場を危うくするものだからです。 異なる価値観のぶつかりを調整し、最大の利益を皆にもたらすことが…
>>続きを読む

93歳になった、元親衛隊の被告が、ユダヤ人虐殺の罪に問われて、裁判を受けています。 法廷で、被告人は起訴事実を認め、 「道義的な責任があるのは間違いない。お許しください」 と、述べたそうです。 ドイツが継続して行っているこの努力を尊敬こそすれ、疑問を呈しては…
>>続きを読む

イタリアに駐留しているアメリカ陸軍の空挺団が、ウクライナに現地入りし、ウクライナ政府軍の訓練を始めたそうです。 朝日新聞から 米軍がウクライナ政府軍に訓練…親露派に対抗 ウクライナ西部で20日、現地入りした米軍がウクライナ政府軍に対する訓練を始めた。  同…
>>続きを読む

いったい、自民党は、どうなっているのでしょうか。 社民党の福島瑞穂参議院議員の「戦争法案」という、国会内での発言をつかまえて、その修正要求を正式に求めているそうです。 単なる言葉狩り。 こんなに反発するのは、「図星」だったから、でしょうね。きっと。 以前は…
>>続きを読む

安倍首相が、インドネシアで開催される国際会議で、どんな発言をするか、ということ、と、その会合で、中国の習近平国家主席と会談できるかどうか、が、オバマ大統領にとっても重要なポイントになってきているように思います。 ワシントンポスト紙やニューヨークタイム紙の…
>>続きを読む

安倍首相の訪米が近いこともあり、アメリカの新聞は、日本の記事を増やしているように思います。 ワシントンポスト紙は、安倍首相が、戦後70年談話について述べていることを、記事にしていました。 Abe urged to uphold Japan’s apology for wartime aggression http://w…
>>続きを読む

韓国の朴大統領にとって、大きな痛手と思います。 首相がなかなか固定しません。 最終判断するしかないところまで来ているのではないでしょうか。 大統領制の困ったところは、不人気な大統領でも所定の任期を全うすることができることかもしれませんが、民主主義の仕組みが…
>>続きを読む

安倍首相が、2014年8月に、広島と長崎での原爆追悼式典で述べた式辞が、2013年のものと酷似していたことが話題になったことがあります。 その安倍首相、今回、戦後70年談話は、新しい文言を使うことを明言しました。 これは、今月末に予定されているオバマ大統領との会談も…
>>続きを読む

政府が、「軍隊」のような実力組織を海外に派遣することができるようにする法案の準備が行われていますが、国が戦争経済で潤ったり、覇権主義に陥ってしまうことがないように、と、思っています。 報道されているように、「例外なく」国会の事前承認が必要、は必要な条件と思…
>>続きを読む

今日は、欧米の新聞のページに珍しく、日本の記事が載りました。 でも、人口減、若者減、の、先の見通しの暗いニュース記事でした。 「投資対象」としては不適格、というイメージを、読むものに感じさせるニュースと思います。 米 ワシントンポスト紙 In Japan, schools so…
>>続きを読む