島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

2015年03月

アメリカの財務長官は、今、北京を訪問しているようです。 AIIBへの参加について、中国側と折衝をしているものと予想します。 そんな中、すでに、日本政府は参加を見送ると、麻生副総理兼財務大臣が明言しました。 タイミング的にはやや早い感じがしますが、明言しています…
>>続きを読む

沖縄県で行われた度重なる選挙で、その民意がわかりやすく明らかにされたわけですが、その結果を一切受け入れない国の対応に、忸怩たる思いで経過をみています。 もし、選挙の結果が、国の望む方向であったなら、「民意は示された」として、その選挙結果を最大限に活用してい…
>>続きを読む

講演会やインターネットでの発言内容をみれば、片山さつき氏が参議院の外交防衛委員長という重責にふさわしい人材なのかどうか、は、自ずからわかると思います。 今回、読売新聞では「2分ほど」、毎日新聞では「3分間」、の遅刻、を問題視されて、その責任を果たせない事態…
>>続きを読む

あの吉野文六氏が亡くなったそうです。 西山事件で、重要な証言をなされました。 「国は嘘をつく」 しかも、 「平気で嘘をつく」 ということの実例を示してもらったと思っています。 特定秘密保護法が効力を発揮したときを同じくして、また、辺野古の新基地建設をめぐり…
>>続きを読む

中東の問題に、日本も首をつっこむことになるのでしょうか。 私は、反対の立場です。 破壊された町のインフラ整備やその人材育成への協力ならどんどんすべきと思っていますが。 記事では「四輪駆動車」と表現されていますが、どの車種でしょう。普通に市販されている、製造…
>>続きを読む

東アジアの緊張状態が緩和の方向に進みだしたようです。 この芽がしっかりと成長するように私たちもみていかねばなりません。 NHKのニュースサイトから 国葬参加の日韓首脳がことばを交わす シンガポールのリー・クアンユー元首相の国葬に参列した安倍総理大臣と韓国のパ…
>>続きを読む

大きすぎる軍隊、強すぎる軍事力を保持することが、一番、国の平和を壊す要因になる、と、私は確信しています。 いまの安倍政権を支持する勢力には、自衛隊の軍備拡張、機能拡大を志向する勢力がある、と、感じています。 国を守ること、大切だと思いますが、そのための準備…
>>続きを読む

アメリカの意向が働いているのか、日中韓、急に、雪解けムードになってきたように感じます。 よかったとは思いますが、結局、仕切っているのは、アメリカかい、って気持ちもあります。 引越しすることはできない隣国同士ですから、会って話をしていかねばなりません。 まさ…
>>続きを読む

大変な量の放射性物質が、最終的に海に流れて出ている状態が続いている、ということを、東京電力が発表していました。 この発表を行った意図は、先日、明るみになって大問題となった、雨水に混じって、排水路から外洋に直接流出していたという放射線物質の量が環境に与える…
>>続きを読む

欧米の新聞に、日本のことがニュースで載るのは実は珍しいのです。 それに引き換え、中国のことは、連日、複数の記事が掲載されています。 アメリカのワシントンポスト紙が、日本の記事を掲載していました。 日本政府からの巨額の援助によって、インド、バングラデッシュ、…
>>続きを読む

安倍首相が、厚労大臣を、活躍されていた前の田村憲久氏から、今の塩崎恭久氏に交代させたのは、年金積立金の管理運用の改革をするため、と聞いていたように思います。 読売新聞の記事によれば、改革を進めたい塩崎大臣に、見送りを指示したのが安倍首相、とのことで、ちょっ…
>>続きを読む

沖縄側の対抗策の一つの動きが明らかになってきました。 辺野古の新基地の埋め立てに使う土砂の半分以上が、県外から持ち込む計画だそうで、その県外持ち込み分について、県による制限を加えるという条例の制定を、沖縄県議会の与党会派が、検討しているそうです。 沖縄タ…
>>続きを読む

オバマ大統領、再選のない二期目の最後に、やり残した仕事を片付けるつもりのようです。 イスラエルのネタニヤフ首相が否定した、パレスチナ国家の承認に向けて、大きく舵をとるかもしれません。いままでは、イスラエルに遠慮して、アメリカ合衆国としては、パレスチナ国家を…
>>続きを読む

中国と日本は、戦争状態にあるのでしょうか? フランスとドイツの例をあげるまでもなく、戦後の日本政府、現政府は、戦前の大日本帝国政府とは異なるものですから、中国の戦勝記念式典への招待を受けて、参加したらよい、と、私は思います。 というか、妙な理屈をつけて、…
>>続きを読む

わたしも、自衛隊の現状は、他の国の軍隊と比べても、十分に「軍隊」と考えてもよいものと思っています。 でも、それを、統治者側が「わが軍」と、言い切ってしまっては、元も子もありません。 「それを言ったら、おしまいよ〜」 です。 自衛隊は軍隊ではない、という理屈…
>>続きを読む

またまた、カジノ法案が提出されたそうです。 安倍首相の了解も得てのことだと思いますが、「美しい国」にはふさわしくない、と、思います。 今回は、日本人は禁止とするらしいので、これは、あのモナコも同じような制度です。 あ、中国の富豪たちを招き入れるつもりなら、…
>>続きを読む

徴税当局はしっかりとその責務を果たしたもらいたいと思います。 今回、2億円を超える所得税の脱税とのことですが、平均的なサラリーマンの所得税なら数千人分の額となるのではないか、と思います。 社会から得た利益は、きちんと応分の負担をして、社会に戻してもらい、より…
>>続きを読む

沖縄県知事が許可を取り消した、という岩礁破砕許可の権限は、もともと、農水省からの受託事務だったそうです。 防衛省は、農水省に対して、沖縄県の取り消し決定が不当である、と、申立書を提出したそうです。 おそらく、農水省は、沖縄県の取り消し決定が不当である、とし…
>>続きを読む

ギリシャのアレクシス・ツィプラス首相が、今、ドイツを訪問しているようです。 メルケル首相との記者会見で、ナチスのギリシャ侵攻の際の戦争賠償について要求した、と、報道されています。 先日、来日して、日本政府に対して戦後処理をしっかりとするように、と、話してい…
>>続きを読む

イギリスのガーディアン紙が、日本の太地町のイルカ漁の様子を撮影した動画を掲載しています。 ガーディアン紙の国際面のアジア地域のページは、シンガポールの元首相がなくなった記事で埋め尽くされているのですが、その苦しい紙面やりくりの中で、わざわざ、この動画を大き…
>>続きを読む

東京のマスコミは、報道していませんが、辺野古の新基地建設反対活動については、米軍側が態度を硬化しています。かなり政治的な発言があるように思います。 ただし、これは、いわゆる「制服組」が硬化している状況で、国務省や大統領サイドはそれほど硬化していないように…
>>続きを読む

国費のほか、東京電力が負担している費用もあります。そちらは、電気代の形で、東京電力のエリアはもちろん、日本中の電気代負担者が支払っている形になっています。 原子力発電が、コスト的に経済的、というのは、あてはまらない、と、私は思います。 河北新報から 廃炉…
>>続きを読む

自民党のリベラル派の谷垣幹事長が、公明党の井上幹事長と、訪中しています。 いろいろ、約束をしてくることになるだろうと思いますが、戦後70年談話については、外堀も内堀も埋められてきたように思いますので、いままで使われてきた文言を使わない、ということはできず、そ…
>>続きを読む

右翼系の「ティーパーティ」から、テッド・クルーズ氏が共和党の候補者指名選挙への立候補を表明したそうです。 もし、この政治勢力からの政治家が大統領になれば、 シリア、イラクの内戦への陸軍の本格的出兵 ウクライナへの進駐 イランとの交渉中断 などを行う可能性があ…
>>続きを読む

安倍首相は、歴史を学んでいない、というより、歴史の偏った見方からの知識を得てきた、のだろうと思います。 私たちが、政治家を選出するとき、歴史についての知識もしっかりとした方を選ばなければならない、ということです。 安倍首相は、自分の信念に基づいて、その政治…
>>続きを読む

プラカードを持ってのデモ行進などは、民主主義の基盤である表現の自由、行動の自由、発言の自由の保証によるものであり、これらの行動を取り締まることを統治機構が行うようなことは絶対に避けなければなりません。 首都東京の政治経済の中心部で、このような行動を行うこ…
>>続きを読む

翁長沖縄県知事が、23日午後、記者会見を行うそうです。 しっかりと説明責任を果たしながら、今後の政治的な決断をしていってもらえれば、と、思います。 それに対して、日本政府も、しっかりと話し合いをしてもらえれば、と。 やはり、ここは、安倍総理が、沖縄県を訪問し…
>>続きを読む

憲法改正について、妥協せず、しっかりと主張をしたい、との決意からの判断でしょうか。 公明党が、ずっと主張していた環境権の「加憲」の主張をとりやめて、9条についての主張に集中することに方針転換したえそうです。 憲法改正は、統治機構の権力拡大が主眼の自民党に対…
>>続きを読む

沖縄の意思を無視したままでよいのか、と、不安に思っています。 この件に関して、アメリカ軍の意向というのは硬いもののように感じています。それを受けて、日本政府も軽挙はできない、ということでしょうけれども、扱いを誤ると、誰のための、誰の政府か、ということに話が…
>>続きを読む

姜尚中先生のことは、大変、尊敬申し上げています。 なにがあったのか、明らかになることはないのかもしれませんが、今後の経過をみていれば、わかるかもしれません。 今後も、さらに、一層、私たちの社会が良くなるよう、刺激し続けていただけることを期待しています。 産…
>>続きを読む