島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

2014年12月

外務事務次官が韓国を訪問し、韓国の外務次官と協議を行なったことはとてもよかったと思います。 事務次官の会談の次は、外務大臣同士の会談、そして、その次は、両国政府のトップ会談ということになりますから。 残念なのは、日本の外務次官が乗った車の走行を妨害する活動…
>>続きを読む

海江田前代表の衆議院選挙落選によって、民主党は代表選が行なわれることになっています。 「野党再編」という言葉が1つのキーワードですが、これは、イデオロギーをもとにして、新たな政治勢力の再結集を求めるもの、と、とらえるべきかと思っています。 つまり、数年後の…
>>続きを読む

アンジェリーナ・ジョリー監督の映画「Unbrokenアンブロークン」が話題になってきています。 この映画を「反日映画」とレッテルを貼ることに違和感を感じます。 あの太平洋戦争中に、旧日本軍が行なった捕虜虐待行為を描いたもので、戦争中の不法行為を批判するものであって…
>>続きを読む

東京駅開業100周年を記念した限定のスイカの販売が混乱し、販売中止となった問題ですが、結局、JR東日本は、希望する人全てに行き渡るように、該当スイカの追加販売を行なうことになるそうです。 よかったと思います。 もともと、殺到した購入希望者というのは、個人収集を…
>>続きを読む

警察権のスムーズな執行に不可欠なものは、市民の信頼、しかないと思います。 それを考えると、現在のアメリカ合衆国の状況は、憂慮すべき事態になっていると心配しています。 白人の警官が、黒人を射殺し、そのことについて、法による審査を受けることがない、というのは、…
>>続きを読む

パキスタンのペシャワルで起きた惨劇、言葉を失いました。 今年のノーベル平和賞が、子どもや女性への教育の大切さなどを訴えてきた2人に贈られたことを無にする蛮行と思います。 子どもや学校を標的にする行為は、現代の人間の行為とは思えません。 もちろん、今までにパ…
>>続きを読む

世界の兵器売上高上位100社を、ストックホルム国際平和研究所が発表したそうです。 なお、中国の企業は、データが信頼できない、ことから、調査対象に含まれていないそうです。 100社の兵器売上総額は、なんと、47兆円を超えるそうです。 これだけの経済規模の実体をなくす…
>>続きを読む

戦後最低の投票率だったそうです。 過去2回の選挙をみれば、「危機感」や「目的意識」を持てば、この国の有権者は投票行動を起こすことは証明されていると思います。 今回、それが起きなかった。故土井たか子さんの言葉を借りれば「山は動かなかった」ということになります…
>>続きを読む

特定秘密保護法が施行されました。 指定される特定秘密は40万件を超える見込みだそうです。すごい量ですね。 河北新報から 特定秘密は最終的に40万超か 政府、年末の件数集約  政府は10日、特定秘密保護法施行に伴い、運用状況を指揮・監督する事務次官級の「内閣保全…
>>続きを読む

最高裁が、自らを「憲法の番人」としての役割を自覚していることに安堵しています。 でも、最高裁の出番が多過ぎるようにも感じます。 もっと、私たちの社会は知恵があると信じています。 読売新聞から ヘイトスピーチ、賠償確定…在特会の上告棄却  朝鮮学校周辺で街頭…
>>続きを読む

この国の刑事司法のあり方が大きく変わる最高裁決定になったかと感じます。 身柄を拘留されたら、「疑わしきは罰せず」の原則がゆるぎます。拘留中止と引き換えの安易な「自供」という、本来、日本では認められていない司法取り引きのような状況が生まれますし、それは、冤罪…
>>続きを読む

12月7日、ワシントンポスト紙は、日本経済が悪化している、と、特派員からの記事を載せています。 Japan’s economy is in even worse shape than feared, data shows (日本の経済は、データによれば、予測よりもより悪化している) http://www.washingtonpost.com/world/j…
>>続きを読む

日本の外交は、成功しているのか? 安倍首相は「地球儀を俯瞰する外交」とのキャッチフレーズで、世界中を飛び回り、そして、国連の安全保証理事会の常任理事国入りをめざしている、とのことですが、現在、国連の事務総長は韓国出身の方であり、そもそも、中国は拒否権を持…
>>続きを読む

将来的には人口が減る、しかも、労働人口が減る、さらに、国内の工業生産は減少する、という見通しの中で、消費税をあげなければならない、という論理は理解できるのですが、他にとるところがないのか、といえば、やはり、相続税の課税強化、また、不労利得とも言えるキャピ…
>>続きを読む

安倍首相は、ホルムズ海峡が機雷封鎖されるなどの、ペルシャ湾からの石油輸入がストップするような事態は、先日の集団的自衛権の閣議決定にある、「国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆されるという急迫、不正の事態」にあてはまる、と、明言しています。 その…
>>続きを読む

経済を理由に政治を語るのは、本来の民主主義の機能を害することではないか、と、疑いを持っていますので、経済統計値が悪いことを紹介するのは不本意ですが、衆議院総選挙の選挙運動期間中に発表された統計値ですので、紹介しておきます。 読売新聞から GDP悪化、年1.9%…
>>続きを読む

アメリカの新聞の姿勢は、ワシントンポストは保守的、ニューヨークタイムスは個人主義的、民主的な感じがすると私は感じています。(私の勝手な個人的印象です。) そのニューヨークタイムスは、論説のページで、日本の政治社会における「歴史修正主義」について、危惧をい…
>>続きを読む

警察庁が文書に明記したそうです。 「極端な民族主義・排外主義的主張に基づき活動する右派系市民グループ」 警察庁は裁判所ではないので、特定の団体について、予断を持っている、それを公表する、というのは疑問を持つところもあります。 しかし、安倍首相がその座にいる…
>>続きを読む

先日解散された衆議院の選挙が、本日公示されました。 なにか、大きな改革や国民に対して負担を強いるような政策を行なう場合、できるだけ多数の国民の支持がある政権でないと、それをやり遂げることはできない、と思います。 もし、今の政権が、今度の衆議院総選挙の投票…
>>続きを読む

停戦後の機雷掃海は、戦闘行為ではない、と思います。 そもそも、停戦に合意しているのですから、戦闘はないと考えるべきですし、その合意の内容にもよりますが、傷ついた国土を回復していくために、航海の安全を取り戻すことは基本的なことで、そう考えると、その場合の機雷…
>>続きを読む