島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

2014年10月

恥ずかしながら、映画「ホテル・ルワンダ」を観ていませんでした。 カンボジアの虐殺を描いた映画「キリング・フィールド」は観ていましたが。 映画としても素晴らしい作品と聞いて、中古のDVDを手に入れ、観てみました。 心に響く、すばらしい映画でした。 ルワンダの虐殺…
>>続きを読む

元日本遺族会会長でもある古賀誠氏が会長をつとめる福岡県遺族連合会が、靖国神社に合祀されているA級戦犯を分祀するように求める決議を採択したそうです。 あの戦争を終わらせるために、昭和天皇がポツダム宣言受諾をご聖断され、それを日本国民の多くが冷静に受け入れるこ…
>>続きを読む

日本の戦後政治のあり方、社会のあり方に、疑問を呈し続けられていた、あの岡崎久彦さんがお亡くなりになったそうです。 元外交官の方で、学歴は、東京大学法学部中退。 つまり、東大生のときに外交官試験をパスして、大学を辞めた、という、外務省でのエリート中のエリート…
>>続きを読む

韓国のフェリー沈没事故は、衝撃的な事故だったと思います。 その事故が、事件となったのも当然とは思います。 しかし、船長に死刑が求刑された、とは、驚きです。 あの船長が死刑なら、船会社の「実質的なオーナー」は? あ、死体が発見されていたんでしたか。 私は「未…
>>続きを読む

今年は、第一次大戦からちょうど100年、とのことで、ヨーロッパではいろいろ行事も行われているようです。 あの有名なサラエボ事件が、1914年6月28日に起きたからです。 オーストリア・ハンガリー帝国の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の皇太子、フランツ・フェルディナント大公…
>>続きを読む

先進国の普通の街中が、テロリストが暗躍する危険な場所に変わりつつあるようです。 これは、鍵カッコつきの「イスラム国」が、先進国の若者からの一定の支持を得ていることが背景にあります。彼らのもとに、先進国から、たくさんの若者が集まっているそうです。 本来、な…
>>続きを読む

福沢諭吉は、国民が平等な選挙で大統領を選ぶという、アメリカの政治社会体制を知ったとき、尋ねたそうです。 「あの偉大な初代大統領ワシントンの子孫は、いま、なにをしているのか?」 それを聞いた、アメリカ人は、 「さあ?」 と、答えたとか。 初代徳川家康から綿々…
>>続きを読む

経済のグローバル化は、一体化した市場で活躍する巨大企業ができあがっています。 このような巨大企業が及ぼす全世界的な影響を考えると、私たちの社会防衛の対象とせざるを得ないのではないか、と、危惧しています。 朝日新聞から 国外へ本社移す節税「待った」 米、海…
>>続きを読む

今の政権が好きそうな表現をしますと、「伝統的に」わが国では賭博は好ましくないもの、として位置づけられてきました。なんでも「続日本紀」の記載によれば、飛鳥時代には、すでに、賭け事が取り締まりの対象だったそうです。 今、この国の経済の問題解決として、カジノの…
>>続きを読む

日本政府は、北朝鮮の拉致再調査について、9月初めまでに最初の報告という約束が果たされていないため、北朝鮮側が求めていた、平壌に日本の担当者が出向いて、説明を受ける、ということを受け入れると、発表しました。 これは、日本の「国益」を損じる、危険な賭け、と、私…
>>続きを読む

安倍内閣の2人の女性閣僚が、本日、辞職されました。 私は、政治家を処罰する法律を作りすぎた、と、感じています。 公職選挙法だけでなく、政治資金規正法(この法律名は、「規制」でなく「規正」と書きます)です。 選挙に関して不正があってはいけないことは当然のことな…
>>続きを読む

私は、政治の世界に、安易に司法当局を介入させるべきではない、と、思っています。 特に、政治的な目的のために、司法権力を利用することは避けるべきと思います。 それでなくても、司法権力による政治介入が少なくない、と、危惧しているからです。 特に、今回の案件は、…
>>続きを読む

国立競技場の敷地内に、戦時中の学徒出陣の石碑が設定されていたのですが、新たな競技場建設のために、秩父宮ラグビー場に移設されたそうです。 学業半ばに、国家危急の時ということで、戦地に赴くことになった若者たち。 高等教育を受けていた、ということから、速成のパイ…
>>続きを読む

高市早苗大臣が、記者会見で述べたそうです。 もともと、この政治家が、このような活動を熱心にされていることは周知の事実であって、改めて、驚くことはありません。 しかし、問題は、総務大臣(この役所は、直前は「自治省」という名称でしたが、その源流を戦前までたどれ…
>>続きを読む

個人が生まれながらにして有するとされる基本的人権。 それを脅かす存在としては、統治機構、宗教やイデオロギー、そして、経済至上主義があると考えています。 それらは、憲法などの法治主義、健全な民主主義の制度運用で抑制できるとよいのですが、3つ目の経済至上主義が基…
>>続きを読む

相変わらずのカギカッコつきの「イスラム国」を巡る問題ですが、空爆では十分な効果がないと言われ始めています。 もちろん、そんなことは始めからわかっていることであって、改めてそのことを言う勢力というのは、軍事行動の拡大により経済的、政治的利益を得るから、です。…
>>続きを読む

私は、日本にカジノを認可することに反対の立場です。 日本経済のために、ということなら、さらに。 出張などで、地方に行きますとテレビCMがパチンコ会社ばかり、ということがあります。 民放テレビ局が2−3局しかないような、そういう地域では。 私自身、パチンコもしま…
>>続きを読む

権力を持つ側に、ジャーナリズムから批判があるのは、民主主義が健全に機能していることを示していると私は思っています。 名誉を毀損した、とのことで、記者を逮捕したり、取り調べたり、そして、起訴したりするのは、権力の濫用とも言え、民主主義に対する挑戦と思います。…
>>続きを読む

日本の「ドラえもん」に政治的意図があるはずはないですが、日本政府の「アニメ文化大使」に起用していることは政治的な意図がないとは言い切れないと思います。 でも、それを言うなら、中国には「パンダ外交」を指摘しておきたいと思います。 世界中で、そして、日本の子ど…
>>続きを読む

2014年のノーベル物理学賞が、「日本人」3人に贈られることになった、とのニュース、大変、うれしく思います。おめでとうございます。 中村修二 米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授が、現在、アメリカ国籍ではないか、との指摘もあるようですが、現在どうなのか、は、…
>>続きを読む

長く、日本国民として、日本の政治と社会をみてきました。 もちろん、その社会の一員として、内部から、ですが。 いつも、思うんですが、国会が開催されると、なぜか、汚職事件の捜査が始まります。 今回も、今年3月には明らかになっている事件のようです。 舞台は、公益財…
>>続きを読む

予想があまり「当たらない」予想者が、今年のノーベル平和賞の予想を発表し、日本国民を第1位にあげたそうです。憲法第九条に対して、だそうです。 予想が当たればいいですけど。 わが国の政府が、「イスラム国」への爆撃に参加することを提案しないのも、この憲法条文があ…
>>続きを読む