島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

2014年05月

医学の本質とはかなり距離のある報道ですが、気になるので、紹介します。 アメリカの製薬会社ファイザーは、イギリスの製薬会社アストラゼネカの買収に動いているそうです。 最初に提示した金額は、 1060億ドル! もちろん、ドルですよ。 日本の製薬企業の規模が、このよう…
>>続きを読む

今日は、日曜日ですし、また、個人的な意見の場であるブログですから、政治的な意見を述べさせていただくこと、許していただきたいと思います。 集団的自衛権の行使を認めるのかどうか。 安倍首相が本気であること、個人的信条からの政治的決断であること、先日の記者会見…
>>続きを読む

自分の国のことは、あまり客観的にみることができないように感じますが、他の国のことは、なんだか、引いて見ることができ、全体像を見ることができるような気がします。 韓国のフェリーの沈没事故で思うのは、あの国の安全安心のための行政組織、公務員機構が有名無実化し…
>>続きを読む

あの、気の毒な高校生たちの映像、忘れられません。 沈み行くフェリーの船内で、救命胴衣をつけて、ならんで壁に立っている姿。 けなげに、整然と、次の指示を待っている。その後に彼らを襲ったであろう恐怖の瞬間を考えると、本当に、胸が痛みます。 なぜ、フェリーの船員…
>>続きを読む