島国ひのもとの住人

今は「戦前」ではないか、と、心配しています。 世界の東端の島国で、戦争の惨禍を防ぐため、 また、この狭い島の上で、人々が自分らしく、いきいきと暮らせる社会の実現のために、 私見を述べていきたいと思っています。(旧 君死にたまふことなかれ)

2012年08月

北京市内で、日本大使が乗る車が、何者かの車に停められ、前に掲げてある日の丸の小旗が奪われた事件。 正直、日本国民として、不快に、腹立たしく思います。これが、私の正直な感情。日本人としての誇り、日本という国に対する思い、これは、大切にしています。 丹羽大使に…
>>続きを読む

領土問題は、ナショナリズムをかきたてます。 「毅然とした態度」を、国民は日本政府に求めます。 その昔、日本が、あの戦争に突き進むことになったプロセスをみると、何回かの分水嶺を越えていたことがわかります。引き返すチャンスがありました。 その一つが、国際連盟脱…
>>続きを読む

ロンドンオリンピックの男子サッカー三位決定戦で、韓国チームが、日本チームに快勝しました。午前3時すぎに起きて、テレビの前で観戦、応援していた、日本国民の一人として、とても残念でしたが、私たちの国の男子サッカーチーム、次第に強くなっていく姿に頼もしさを感じま…
>>続きを読む