Unknown
島根県知事の言動に注目をしています。
聖火リレーを中止すべき、と、言っていたのですが、それを修正して、聖火リレーの実施は認めるが、大会スポンサー企業の車両は参加すべきではない、ということを言い出しました。

島根県知事の言いたいことは、現在のオリンピックの過剰な商業主義への批判、と、感じますが、実際のところはどうでしょうか。

さて、どうなるかな。


NHKのニュースサイトから


島根県丸山知事 聖火リレー実施決定も“スポンサー車両なし”

島根県の丸山知事が感染拡大を抑え込めないかぎり中止せざるをえないという考えを示していた東京オリンピックの県内での聖火リレーについて、実施を決めたことが関係者への取材でわかりました。一方で、多くのスタッフを伴う大会スポンサーの車両などは参加すべきではないとして6日、大会組織委員会に申し入れることにしています。

島根県では、5月15日に聖火リレーがスタートする予定ですが、丸山知事はことし2月、政府や東京都が感染拡大を抑え込めないかぎり、中止せざるをえないという考えを示したうえで、政府に新型コロナウイルス対策の強化や飲食店などへの支援を要望してきました。
こうした中、コロナ対策をめぐって、与党内から必要があれば、政府が補正予算案の編成を検討すべきといった声が出ていることなどを受けて、丸山知事が県内での聖火リレーの実施を決めたことが関係者への取材でわかりました。
一方で、丸山知事は、感染拡大が続き、県民に行動の自粛や制限を求めざるをえない状況の中、多くのスタッフを伴う大会スポンサーの車両などがリレーに加わるのは、県民の理解を得られず、参加すべきではないとして6日、東京の大会組織委員会を訪れ、こうした考えを申し入れることにしています。