imagesこのような事態が起きても、まだ、日本政府は、原子力発電所の利用を進めていく、という方針を変更するつもりはない、のでしょうか。


読売新聞から


南三陸の野生キノコから基準値超すセシウム、震災後で初…出荷自粛要請

 宮城県は10日、南三陸町の野生キノコから国の基準値(1kg当たり100ベクレル)を超える580ベクレルの放射性セシウムが検出され、町に出荷を自粛するよう要請したと発表した。出荷前の検査で判明し、市場には流通していない。

 県によると、基準値を超えたのは11月10日に採取されたコウタケで、同町の野生キノコが出荷自粛になるのは東日本大震災後、初めて。気仙沼市でもコウタケから基準値を超える放射性セシウムが検出され、11月9日に震災後で初めて出荷自粛が要請された。
 コウタケは土壌から放射性セシウムを吸い上げやすいという。震災から9年以上が経過してから県北地域の野生キノコで基準値超の放射性セシウムが相次いで検出された原因について、県林業振興課は、放射線量が局所的に高い「ホットスポット」が存在している可能性があるなどとしている。県内では4市町(仙台市、大崎市、栗原市、村田町)で野生キノコの出荷が制限されている。

(引用終わり)

原子力発電所ゼロを主張することについて、無責任と批判する声がありますが、原子力災害の結果をみれば、原子力発電所を利用し続けることにも責任放棄の指摘ができる、と、私は思います。


NHKのニュースサイトから


立民 基本政策作成は「原発ゼロ」実現巡り難航 年明け以降に

立憲民主党は、次の衆議院選挙を見据えて、年内に、基本政策をまとめたい考えでしたが「原発ゼロ」の実現を盛り込むかどうかで意見集約が難航し、年明け以降にずれ込むことになりました。

旧立憲民主党と旧国民民主党が合流して、ことし9月に結党した立憲民主党は、次の衆議院選挙を見据えて、基本政策の検討を進めていて、年内にまとめたいとしていました。
しかし、これまでの党内での議論では「原発ゼロ」の実現を盛り込むかどうかについて賛否両論が出され、意見集約が難航してきました。
「原発ゼロ」をめぐっては、合流に至るまでの間も、早期実現を主張した旧立憲民主党に対し、民間の労働組合に比較的近い旧国民民主党が慎重な姿勢を示し、協議が長引きました。
こうした意見対立が、新党でも根強く残っていることが浮き彫りとなり、党執行部は丁寧に調整を図る考えで、基本政策の取りまとめは、年明け以降にずれ込むことになりました。