svg
このような姿勢を公言する方が、アメリカ政府からの大使として、日本に駐在するそうです。
トランプ大統領の考え方に合致するもの、と、思います。

北朝鮮や中国の脅威を煽ることが、アメリカ政府にとっても、メリットがある、ということで、日本に対する政策では、アメリカ自身が、敵対する中国に依存している、ということになるのは、大いなる矛盾の構図ですね。

私たち日本人、日本政府の主権者としては、このような政策に呼応したような政治勢力には注意が必要だ、と、思っています。

なお、アメリカ議会では、在日米軍の駐留負担について、沖縄の負担が重くバランスが悪い、と、されたようですが。


河北新報から


次期駐日米大使が外交委で証言 「日本により大きな責任を」

 トランプ米大統領が次期駐日米大使に指名したケネス・ワインスタイン氏(58)は5日、上院外交委員会の人事承認公聴会に臨み、中国や北朝鮮を念頭に「北東アジアでわれわれが共に直面する重大な課題に対し、日本がより大きな責任を担うよう促す」と証言し、日米同盟における日本の能力向上の必要性に言及した。

 公聴会の書面証言では、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設を含め「在日米軍再編の着実な履行に向け日本と協力を続ける」と説明した。
 公聴会では、在日米軍基地が集中する沖縄に「不釣り合いな(重い)負担がのしかかっている」と配慮を示した。