images
安倍首相がもつ、絶大な権力は、主権者から委任されているもの、です。
安倍首相には、主権者に対して、説明する責任がある、と、思います。

それが、民主主義、です。


東京新聞から


安倍首相、野党の臨時国会召集要求について明言避ける 会見にも消極的

 安倍晋三首相は31日、憲法53条に基づく野党の臨時国会の召集要求について「課題を整理した上で、与党とよく相談しながら対応したい」と述べた。官邸で記者団の質問に答えた。国会対応を巡っては「通常国会は先月閉幕したが、その後もほぼ毎週、閉会中審査を行っており、コロナ対応、集中豪雨対策等についてタイムリーに審議が行われた」と語った。

 憲法53条に基づく臨時国会召集については、那覇地裁が6月、内閣に召集する義務があると、訴訟の判決で指摘したが、政府高官は「全然影響しない」と、判決を考慮しない姿勢だ。
 首相は、新型コロナウイルス感染が再拡大する中、通常国会閉会翌日の6月18日を最後に記者会見を1カ月以上開いていない。官邸の出入りの際、記者団の声掛けに1、2問答える程度で、衆参両院の閉会中審査にも出席していない。
 これに関し、菅義偉官房長官は記者会見で、自身や西村康稔経済再生担当相らが連日、説明していると指摘し、首相会見の開催に消極的な考えを示した。
 菅氏は、首相が7月22日の政府対策本部会合で感染状況の評価や当面の対策を説明したと強調。首相の会見については「今後、適切な機会、いろんな変動があった際には当然、丁寧に説明をさせていただきたい」と話し、開催時期は明言しなかった。
 本紙は31日付朝刊で「首相は直ちに記者会見を開くか臨時国会の召集に応じ、誠実に自らの言葉で語るべきだ。国民への説明責任から逃げることなど許されない」と指摘した。