玉木雄一郎国民民主党には、選択の余地はない、のですが、「立憲民主党」という旗の下に参集する形になることにこだわりがある、のでしょう。

でも、今回の新党構想には「排除」の論理はありませんから、あの「希望の党」への移籍騒ぎとは、異なる、と、思います。立憲民主党の議員たち、つまり、「排除」された議員たちからの意趣返し、ということでもない、と、思います。


NHKのニュースサイトから


国民 立民との新党設立に賛同 党名は両党で協議へ

立憲民主党から示された合流の提案に対し、国民民主党は新党の設立などに賛同するとしたうえで、党名は民主的な手続きで決めるべきだと文書で回答し、今後、党名の扱いをめぐって両党で協議することになりました。

立憲民主党は先週、国民民主党との合流に向けて、それぞれの党を解散して新党を結成し、党名を「立憲民主党」にするなどとした新たな案を示し、速やかな回答を求めました。
これを受けて、立憲民主党の福山幹事長と国民民主党の平野幹事長が22日会談し、平野氏は、両党の解散による新党の設立などに賛同するとしたうえで、党名は民主的な手続きで決めるべきだと文書で回答しました。
これに対し福山氏は「おおむね賛同いただいたことを歓迎したい」と応じ、今後、党名の扱いをめぐって両党で協議することになりました。
また、平野氏は合流する場合の新党の綱領の作成にあたって、消費税や憲法をめぐる考え方をすり合わせたいと口頭で要請し、両党の政策責任者の間で扱いを検討することになりました。
会談のあと、福山氏は記者団に対し「ほぼ9合目近くまできているという認識だ。しこりが残らない形で新党を結党するための知恵を出したい」と述べました。
平野氏は「党名の決め方は、『この方法でなければだめだ』と限定はしないが、お互いに納得できる民主的な手続きで決めるべきだ」と述べました。