a5fd968c.png
破れた現職の横倉会長は、安倍政権とのパイプが太く、それが、いいことも、わるいこともありました。
まだ、ポスト安倍のほうははっきりしませんが、新しい中川俊男会長が、日本医師会をどのような方向に引っ張っていくか、ポスト安倍政権とどのようにつきあっていくのか、その手腕に期待したいと思います。

日本の医療制度、医療保険制度は、投資家、資本家たちからみると、未開拓のフロンティアに見えていることでしょう。


NHKのニュースサイトから


日本医師会新会長に中川氏 コロナ対応続く中 内部の結束課題に

日本医師会の新しい会長に、5期目を目指した現職を破って、中川俊男副会長が選ばれました。新型コロナウイルスへの対応が続く中、激しい選挙戦が行われた医師会内部をいかにまとめていけるかが課題となります。

日本医師会は、27日、任期満了に伴う会長選挙を行い、371人の代議員による投票の結果、副会長の中川俊男氏(69)が、4期8年、会長を務めてきた現職の横倉義武氏(75)を17票差で破り、新しい会長に選ばれました。
中川新会長は、「国民の健康と命を守るためなら、どんな圧力にも決して負けず、堂々と、ものを言える新しい日本医師会に変えていきたい」と決意を述べました。
また中川氏は、医師会に新たに名誉会長のポストを設け、横倉氏に就任を要請する考えを示しました。
新型コロナウイルスへの対応が続く中、激しい選挙戦が行われたことを受け、中川新体制では、横倉氏を支援した勢力の協力をいかにとりつけ、医師会内部をまとめていけるかが課題となります。
また、横倉氏が、安倍政権との太いパイプをいかして、政策実現を図ってきたのに対し、中川氏は、是々非々の姿勢で臨む考えを示しており、今後、政府・与党とどのような関係を築いていくかも焦点です。
中川氏は、記者会見で、「政権与党の自民党を支持することはもちろんだが、そのうえで、どのような主張をどういう場面でするのか考えたい」と述べました。