images
安倍首相の秘書が、河井案里氏の選挙を応援していたことについて、安倍首相が記者の質問に答えたそうです。
「秘書が広島に入った」「私は河井候補と溝手候補の応援のため」という表現ですが、実際には、河井案里氏の選挙応援を行い、もう一人の自民党の立候補者の溝手氏の選挙を手伝っていない、のは事実ですので、正確な表現ではありません。
というか、ごまかし、まやかしのコメントであると思います。


NHKのニュースサイトから


安倍首相 “私の指示により秘書が広島入り” 去年の参院選で

河井克行前法務大臣と妻の案里参議院議員が逮捕されたことに関連して、安倍総理大臣は去年の参議院選挙の際、みずからの指示で秘書が案里氏の支援に入っていたことを明らかにするとともに、求められれば国会で説明する考えを示しました。

安倍総理大臣は、18日の記者会見で時間内に応じきれなかった報道各社からの質問に対し、19日、書面で回答しました。
この中で、安倍総理大臣は河井前法務大臣と妻の案里参議院議員が逮捕されたことに関連して、去年の参議院選挙の際、みずからの事務所の秘書が案里氏の支援のため広島を訪れたのかと問われたのに対し、「私は河井候補と溝手候補の応援のため、広島を1度訪問し、また、私の指示により秘書が広島に入ったことは事実だ」としています。
そのうえで、秘書を派遣したことや、選挙の際に自民党本部から1億5000万円を案里氏側に振り込んだことについて、国会などで詳しく説明する考えはあるのか問われたのに対し、「国会審議は国会でお決めいただくことであり、私自身、国会に求められれば出席し、説明することは当然のことだと考えている」としています。

(引用終わり)

石破茂氏が、この広島選挙区のことについて、述べているようです。
7年前、石破氏は、自民党の幹事長だったのですね。

その頃から、石破氏は安倍氏の人格について、疑問を持っていたに違いありません。


朝日新聞から

石破氏「7年前も首相は広島に…。私は反対」

■自民党の石破茂元幹事長(発言録)
 (公職選挙法違反容疑で逮捕された河井案里容疑者が当選した昨年の参院選で)広島選挙区であえて(自民党は)2人立てた。現職のベテラン、溝手顕正先生が落選してしまったが、あの選挙は一体何だったのか。
 (2013年の参院選で)私が幹事長だったが、やはり広島に2人立てたいという強い意向を安倍晋三首相はお持ちだった。広島は極めて難しい選挙区。中国地方で一番大きな都市で、労働組合の皆さん方の力も強い。今まで自民党が2議席取れたことは一度もない。そこにあえて2人を立てることになると、結局1議席しか取れなくて分断と怨念だけが残るのではないかと、私はその時はずいぶん反対した覚えがある。もう7年も前のことですがね。