93bccc17.jpg
日本政府が、諸外国と比べて、PCR検査数を抑制する政策をとっていることはしれわたっていますが、今回、タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国との出入国を緩和するにあたり、PCR検査での陰性証明を求める方向であることがわかりました。

なんだか、ダブルスタンダードな。
日本政府の方針が、諸外国からどのようにみられているか、気になります。


河北新報から


政府、出入国緩和へPCR検査 陰性証明、4カ国と調整

 政府は新型コロナウイルス感染拡大による出入国制限の緩和策について基本方針案をまとめた。ウイルス感染の有無を調べるPCR検査の陰性証明と、訪問国への行動計画書の提出を求めるのが柱。ビジネス目的の往来を優先し、先行して緩和を検討していたタイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国と具体的な調整に入った。政府関係者が5日、明らかにした。

 政府は4カ国に関し、感染が抑えられており、相互に出入国を緩和できる状況と判断した。
 当面はビジネス目的や、医療従事者らの往来を優先する。今後、4カ国の検査体制なども踏まえ、協議を進めて早期に緩和を実現したい考えだ。