01077227.png
河井案里氏自身は、秘書が有罪確定すれば、連座制が適用される可能性があり、参議院議員を失職する見通しだったのですが、検察は、河井案里氏自身も立件する方向だ、とのことです。

そして、国会が閉会する見通しのことから、河井克行氏に対する検察からの国会への逮捕許諾請求は出されない見通し、とのことです。


毎日新聞から


河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

 自民党の河井案里参院議員(46)=広島選挙区=が初当選した2019年参院選を巡り、検察当局が、夫で自民党の克行前法相(57)=衆院広島3区=に加え、案里氏についても、公職選挙法違反(買収)容疑での立件を検討していることが関係者への取材で判明した。通常国会閉会後の本格捜査を見据え、2人の共謀関係が問えるかなどについて、最高検が最終的な検討を重ねているとみられる。

 地元議員らによると、克行氏は、案里氏が党公認を得た2019年3月以降、複数の広島県議や首長、後援会関係者らに現金を配ったという。検察当局は、克行氏が案里氏の票の取りまとめを依頼する趣旨で現金を配り、案里氏も認識していたとみて、詰めの捜査を進めている模様だ。
 国会議員には、国会開会中に逮捕されない不逮捕特権があり、広島地検は逮捕許諾請求も視野に捜査を進めてきた。東京地検特捜部の応援検事も加わり、大型連休中には克行氏と案里氏を任意で聴取した。
 ただ、国会は、新型コロナウイルス感染拡大への対策や検察庁法改正案の審議で日程が詰まっており、5月には黒川弘務・前東京高検検事長が知人と賭けマージャンをしていた問題も発覚。国会が混乱したことも踏まえ、国会閉会を待って捜査に乗り出すとみられる。
 事件関係者の多くは広島に住居がある。一方、現職国会議員の克行氏や案里氏は東京に拠点を置く。最高検は東京と広島の地検、高検の意見も踏まえ、捜査態勢を整える方針だ。
 2019年参院選を巡っては、違法な報酬を車上運動員に支払っていたとして、広島地検が案里氏の公設第2秘書、立道浩被告(54)ら2人を公職選挙法違反(運動員買収)で起訴し、公判中。
 関係者によると、捜査の過程で、克行氏が現金を配っていた疑いが浮上。現金の提供先が記されたリストを押収したとされる。1人当たり数万~数十万円で、大半は克行氏が配っていたが、案里氏が持参したケースもあったという。