svg週刊文春によれば、黒川東京高検検事長が、新聞記者の自宅で、新聞記者たちと賭麻雀をしていた、という。

このタイミングで、文春砲炸裂、って感じですが、このニュースの背景が気になります。

参加していた新聞記者は、産經新聞から2名、朝日新聞から1名で、集まっていた場所は、産經新聞の記者の自宅だそうです。

産經新聞の記者と朝日新聞の記者が一緒に麻雀をしていることにも、驚きますが。
まあ、個人的なつながり、ということでは、新聞社の政治的スタンスは関係ないのかな。

とりあえず、この文春砲で、黒川氏の辞任は避けがたい見通しとなりました。
誰が政治的利益を得て、誰が政治的利益を失ったか、ということも考えたいと思いますが、そうではなくて、誰が政治的リスクから抜け出せたのか、ということかもしれませんが。