images財政がガタガタになっているこの国の政府にとって、消費税は、神聖不可侵のもののようです。

ということは、私たち主権者にとっては、これを取り戻すことは、統治機構への強力なプレッシャーにできる、とういうことでもありますね。

議員たちにどんどん意見をぶつけたらいいのか、と、思います。私たちは主権者で、議員は私たちの代弁者なのですから。



朝日新聞から


「消費税を軽々にいじるつもりはない」自民・甘利氏

自民党の甘利明税制調査会長(発言録)
 (新型コロナウイルス感染症に対応する経済対策として消費税減税を求める党内の意見に対して)消費税は社会保障を支える財源で、それによって社会保障の安定を図れるし、社会保障が安定することは、将来の不安が払拭(ふっしょく)されるということだ。その安心、安定のために我々は色々な政治的犠牲を払いながら今日までやってきた。消費税を軽々にいじるつもりはない。

 景気対策にはいろいろなツールがある。社会の安定の土台を削ることはふさわしくない。消費税は上げたり下げたりすることが極めて難しい税だ。建物でいえば基礎にあたるところ。基礎が揺らぐと上物が傾くということを考えないといけない。